パッケージ リソース インデックス (PRI) API とカスタム ビルド システムPackage resource indexing (PRI) APIs and custom build systems

パッケージ リソース インデックス (PRI) API を使用すると、UWP アプリのリソース用にカスタム ビルド システムを開発することができます。With the package resource indexing (PRI) APIs, you can develop a custom build system for your UWP app's resources. ビルド システムでは、UWP アプリが必要とする複雑さのレベルにかかわらず、パッケージ リソース インデックス (PRI) ファイルを (XML として) 作成、バージョン管理、ダンプすることができます。The build system will be able to create, version, and dump (as XML) package resource index (PRI) files to whatever level of complexity your UWP app needs. 現在 MakePri.exe コマンド ライン ツールを使用しているカスタム ビルド システムがある場合 (「MakePri.exe を使用して手動でリソースをコンパイルする」を参照)、パフォーマンスと制御を向上させるために、MakePri.exe の呼び出しではなく、PRI API の呼び出しに切り替えることをお勧めします。If you have a custom build system that currently uses the MakePri.exe command-line tool (see Compile resources manually with MakePri.exe) then, for increased performance and control, we recommend that you switch over to calling the PRI APIs instead of calling MakePri.exe.

PRI API は、Windows 10 向け Windows SDK のバージョン 1803 で導入されました。The PRI APIs were introduced in the Windows SDK for Windows 10, version 1803. API は、Win32 Windows API の形式になります。つまり、それらを呼び出すオプションがいくつかあります。The APIs take the form of Win32 Windows APIs, which means that you have a few options for calling them. Win32 アプリから直接それらを呼び出すか、または .NET アプリ、さらには UWP アプリからでも platform invoke を介してそれらを呼び出すことができます。You can call them directly from a Win32 app, or you can call them via platform invoke from a .NET app or even from a UWP app.

このトピックのシナリオでは、Win32 Visual C++ Windows Console Application プロジェクトからの PRI API の呼び出しを示します。The scenarios in this topic demonstrate calling PRI APIs from a Win32 Visual C++ Windows Console Application project. 背景情報については、「リソース管理システム」を参照してください。For background info, see Resource Management System.

PRI ファイルのサイズ制限は、64 キロバイトです。The size limit on a PRI file is 64 kilobytes.

注意

おそらくカスタム ビルド システム アプリを Microsoft Store に提出する必要はないため、この注意事項が問題になることはあまりありません。This caveat is unlikely to be an issue, since you probably won't want to submit your custom build system app to the Microsoft Store. ただし、UWP アプリの形式でカスタム ビルド システムを開発するオプションを選択する場合、そのアプリは Microsoft Store に提出することができないという点で通常とは異なる UWP アプリになります。But, if you choose the option to develop your custom build system in the form of a UWP app, then it will be an unusual UWP app in that you won't be able to submit it to the Microsoft Store. これは、プラットフォーム呼び出しを使用する UWP アプリが Microsoft Store 認定に失敗するためです。That's because a UWP app that uses platform invoke fails Microsoft Store certification. この場合、プラットフォームの起動呼び出しは、配布する UWP アプリ (PRI ファイルを作成しているアプリ) ではなくカスタム ビルド システムでのみ行われる点に注意してください。Note that, in this case, platform invoke calls will exist only in your custom build system; not in your shipping UWP app (the one you're building PRI files for).

シナリオのチュートリアルScenario walkthroughs

トピックTopic 説明Description
シナリオ 1: 文字列リソースと資産ファイルからの PRI ファイルを生成します。Scenario 1: Generate a PRI file from string resources and asset files このシナリオでは、カスタム ビルド システムを表す新しいアプリを作成します。In this scenario, we'll make a new app to represent our custom build system. リソース インデクサーを作成し、文字列とその他の種類のリソースを追加します。We'll create a resource indexer and add strings and other kinds of resources to it. 次に、PRI ファイルを生成してダンプします。Then we'll generate and dump a PRI file.

重要な APIImportant APIs