アプリ間通信App-to-app communication

ここでは、共有コントラクトの使用、コピーと貼り付け、ドラッグ アンド ドロップなど、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリ間でデータを共有する方法について説明します。This section explains how to share data between Universal Windows Platform (UWP) apps, including how to use the Share contract, copy and paste, and drag and drop.

共有コントラクトを使うと、データをアプリ間ですばやく交換できます。The Share contract is one way users can quickly exchange data between apps. たとえば、ユーザーがソーシャル ネットワーキング アプリを使って友人と Web ページを共有する場合や、後で参照するためにリンクをメモ帳アプリで保存する場合があります。For example, a user might want to share a webpage with their friends using a social networking app, or save a link in a notes app to refer to later. 別のアプリのコンテキストですばやくコンテンツを受け取ることができるようなシナリオを実現するには、共有コントラクトの利用を検討してください。Consider using a Share contract if your app receives content in scenarios that a user can quickly complete while in the context of another app.

アプリで共有機能をサポートする方法は 2 種類あります。An app can support the Share feature in two ways. 共有するコンテンツを提供する側のソース アプリにする方法と、First, it can be a source app that provides content that the user wants to share. 共有コンテンツを受け取る側のターゲット アプリにする方法ですSecond, the app can be a target app that the user selects as the destination for shared content. (アプリはソース アプリにすることもターゲット アプリにすることもできます)。An app can also be both a source app and a target app. アプリをソース アプリにしてコンテンツを共有する場合は、アプリで提供できるデータ形式を決定する必要があります。If you want your app to share content as a source app, you need to decide what data formats your app can provide.

共有コントラクトに加えて、アプリは、ドラッグ アンド ドロップやコピーと貼り付けなど、データを転送するための従来の手法を統合することもできます。In addition to the Share contract, apps can also integrate classic techniques for transferring data, such as dragging and dropping or copy and pasting. UWP アプリ間の通信だけでなく、こうした手法はデスクトップ アプリケーション間の共有もサポートします。In addition to communication between UWP apps, these methods also support sharing to and from desktop applications.

このセクションの内容In this section

トピックTopic 説明Description
データの共有Share data この記事では、UWP アプリで共有コントラクトをサポートする方法について説明します。This article explains how to support the Share contract in a UWP app. 共有コントラクトは、テキスト、リンク、写真、ビデオなどのデータをアプリ間ですばやく共有するための簡単な方法です。The Share contract is an easy way to quickly share data, such as text, links, photos, and videos, between apps. たとえば、ユーザーがソーシャル ネットワーキング アプリを使って友人と Web ページを共有する場合や、後で参照するためにリンクをメモ帳アプリで保存する場合があります。For example, a user might want to share a webpage with their friends using a social networking app, or save a link in a notes app to refer to later.
データの受信Receive data この記事では、UWP アプリで、共有コントラクトを使って別のアプリから共有されたコンテンツを受け取る方法について説明します。This article explains how to receive content in your UWP app shared from another app using Share contract. 共有コントラクトを使うと、ユーザーが共有機能を呼び出したときに、アプリをオプションとして提示できます。This Share contract allows your app to be presented as an option when the user invokes Share.
コピーと貼り付けCopy and paste この記事では、UWP アプリで、クリップボードを使ってコピーと貼り付けをサポートする方法について説明します。This article explains how to support copy and paste in UWP apps using the clipboard. コピーと貼り付けはアプリ間やアプリ内でデータを交換するための従来の方法であり、クリップボード操作はほとんどすべてのアプリである程度サポートできます。Copy and paste is the classic way to exchange data either between apps, or within an app, and almost every app can support clipboard operations to some degree.
ドラッグ アンド ドロップDrag and drop この記事では、UWP アプリにドラッグ アンド ドロップを追加する方法について説明します。This article explains how to add dragging and dropping in your UWP app. ドラッグ アンド ドロップは、画像やファイルなどのコンテンツを操作するための従来からある自然な方法です。Drag and drop is a classic, natural way of interacting with content such as images and files. ドラッグ アンド ドロップを実装すると、アプリからアプリ、アプリからデスクトップ、デスクトップからアプリなど、あらゆる方向でシームレスに機能します。Once implemented, drag and drop works seamlessly in all directions, including app-to-app, app-to-desktop, and desktop-to app.

関連項目See also