教育用のユニバーサル Windows アプリの開発Develop Universal Windows apps for education

テスト アプリのスクリーンショット

以下のリソースは、教育用のユニバーサル Windows アプリの作成に役立ちます。The following resources will help you write a Universal Windows app for education.

アクセシビリティAccessibility

教育アプリでは、アクセシビリティ対応が必要です。Education apps need to be accessible. 詳しくは、「アクセシビリティのためのアプリ開発」をご覧ください。See Developing apps for accessibility for more information.

安全な評価Secure assessments

評価/テストのアプリでは、多くの場合、学生がテスト中に他のコンピューターやインターネットのリソースを使用できないようにするためのロックダウン環境を作成する必要があります。Assessment/testing apps will often need to produce a locked down environment in order to prevent students from using other computers or Internet resources during a test. この機能はテスト API により利用できます。This functionality is available through the Take a Test API. 安全なテストを行うためのオンライン アクセスのロックダウンを使ったテスト環境の例については、Windows IT センターの「テスト」Web アプリをご覧ください。See the Take a Test web app in the Windows IT Center for an example of a testing environment with locked down online access for high-stakes testing.

ユーザー入力User input

ユーザー入力は教育アプリにとって重要です。UI コントロールは、ユーザーの集中を妨げないように、応答性に優れ、直感的である必要があります。User input is a critical part of education apps; UI controls must be responsive and intuitive so as not to break the focus of their users. ユニバーサル Windows アプリで利用可能な入力オプションの一般的な概要については、「操作の基本情報」およびその中のデザインと UI に関するセクションのトピックをご覧ください。For a general overview of the input options available in a Universal Windows app, see the Input primer and the topics below it in the Design & UI section. また、次のサンプル アプリでは、ユニバーサル Windows プラットフォームの基本的な UI 処理を利用しています。Additionally, the following sample apps showcase basic UI handling in the Universal Windows Platform.

  • 基本的な入力のサンプル」では、ユニバーサル Windows アプリで入力を処理する方法を示します。Basic input sample shows how to handle input in Universal Windows Apps.
  • ユーザー操作モードのサンプル」では、ユーザー操作モードを検出して応答する方法を示します。User interaction mode sample shows how to detect and respond to the user interaction mode.
  • フォーカスの視覚効果のサンプル」では、システムによって描画される新しいフォーカスの視覚効果を利用する方法や、システムによって描画される視覚効果がニーズに合わない場合に、独自のカスタム フォーカスの視覚効果を作成する方法を示します。Focus visuals sample shows how to take advantage of the new system drawn focus visuals or create your own custom focus visuals if the system drawn ones do not fit your needs.

Windows Ink プラットフォームの利用によって、学生が慣れ親しんだ入力モードを活用でき、教育用アプリを魅力的なものにすることができます。The Windows Ink platform can make education apps shine by fitting them with an input mode that students are accustomed to. Windows Ink をアプリに実装するための包括的なガイドは、「ペン操作と Windows Ink」およびその中のトピックをご覧ください。See Pen interactions and Windows Ink and the topics below it for a comprehensive guide to implementing Windows Ink in your app. 次のサンプル アプリは、この API の動作の例を示します。The following sample apps provide working examples of this API.

  • インクのサンプル」では、JavaScript を使ってユニバーサル Windows アプリでインク機能 (キャプチャ、操作、インク ストロークの解釈など) を使う方法を示します。Ink sample demonstrates how to use ink functionality (such as capturing, manipulating, and interpreting ink strokes) in Universal Windows apps using JavaScript.
  • 単純なインクのサンプル」では、C# を使ってユニバーサル Windows アプリでインク機能 (ユーザー入力からのインクのキャプチャやインク ストロークでの手書き認識の実行など) を使う方法を示します。Simple ink sample demonstrates how to use ink functionality (such as capturing ink from user input and performing handwriting recognition on ink strokes) in Universal Windows apps using C#.
  • 複雑なインクのサンプル」では、高度な InkPresenter の機能を使ってインクを他のオブジェクトにインターリブしたり、インクを選択したり、コピー/貼り付けしたり、イベントを処理する方法を示します。Complex ink sample demonstrates how to use advanced InkPresenter functionality to interleave ink with other objects, select ink, copy/paste, and handle events. このサンプルは、C++ でユニバーサル Windows プラットフォームに基づいて構築され、デスクトップ SKU とモバイル Windows 10 SKU で実行できます。It is built upon the Universal Windows Platform in C++ and can run on Desktop and Mobile Windows 10 SKUs.

Microsoft StoreMicrosoft Store

教育用アプリは、多くの場合、特定の状況下の特定の組織にリリースされます。Education apps are often released under special circumstances to a specific organization. これについて詳しくは、「LOB アプリの企業への配布」をご覧ください。See Distribute line-of-business apps to enterprises for information on this.