メディア再生Media playback

このセクションでは、オーディオとビデオを再生するユニバーサル Windows アプリの作成について説明します。This section provides information on creating Universal Windows apps that playback audio and video.

開発者向けメディア再生機能Media playback developer features

次の表に、メディア再生機能をアプリに追加するための詳しいガイダンスを提供するハウツー記事の一覧を示します。The following table lists the how-to articles that provide detailed guidance for adding media playback features to your app.

トピックTopic 説明Description
Media Player とオーディオとビデオの再生します。Play audio and video with MediaPlayer この記事では、UWP アプリ用のメディア再生システムに追加された新しい機能や機能強化を活用する方法について説明します。This article shows you how to take advantage of the new features and improvements to the media playback system for UWP apps. Windows 10 バージョン 1607 以降、メディアの再生で推奨されるベスト プラクティスは、MediaElement ではなく、MediaPlayer クラスを使ってメディアを再生することです。Starting with Windows 10, version 1607,the recommended best practice for playing media is to use the MediaPlayer class instead of MediaElement for media playback. 軽量の XAML コントロールである MediaPlayerElement が導入され、XAML ページのメディア コンテンツをレンダリングできるようになりました。The lightweight XAML control, MediaPlayerElement, has been introduced to allow you render media content in a XAML page. MediaPlayer には、システム メディア トランスポート コントロールとの自動統合や、バックグラウンド オーディオで使用できるシンプルな 1 プロセスのモデルなど、複数の利点があります。MediaPlayer provides several advantages including automatic integration with the System Media Transport Controls and a simpler, one-process model for background audio. この記事では、ビデオを Windows.UI.Composition サーフェスにレンダリングする方法や、MediaTimelineController を使って複数のメディア プレーヤーを同期する方法についても説明します。This article also shows you how to render video to a Windows.UI.Composition surface and how to use a MediaTimelineController to synchronize multiple media players.
メディア項目の再生リスト、およびトラックMedia items, playlists, and tracks この記事では、ローカル ファイルやリモート ファイルなど、さまざまなソースのメディアを参照および再生するための一般的な方法を提供し、基になるメディア形式に関係なく、メディア データにアクセスするための一般的なモデルを公開する MediaSource クラスの使い方について説明します。This article shows you how to use the MediaSource class, which provides a common way to reference and play back media from different sources such as local or remote files and exposes a common model for accessing media data, regardless of the underlying media format. MediaPlaybackItem クラスは、メディア項目に含まれている複数のオーディオ、ビデオ、メタデータ トラックを管理および選択できるようにして、MediaSource の機能を拡張します。The MediaPlaybackItem class extends the functionality of MediaSource, allowing you to manage and select from multiple audio, video, and metadata tracks contained in a media item. MediaPlaybackList 再生項目 1 つまたは複数のメディアからの再生リストを作成することができます。MediaPlaybackList allows you to create playback lists from one or more media playback items.
トランスポート コントロールをシステムのメディアと統合します。Integrate with the System Media Transport Controls この記事では、システム メディア トランスポート コントロール (SMTC) とアプリを統合する方法について説明します。This article shows you how to integrate your app with the System Media Transport Controls (SMTC). Windows 10 バージョン 1607 以降、メディアを再生するために作成した MediaPlayer のすべてのインスタンスは、SMTC によって自動的に表示されます。Starting with Windows 10, version 1607, every instance of MediaPlayer that you create to play media is automatically displayed by the SMTC. この記事では、再生中のコンテンツに関するメタデータを SMTC に提供する方法や、SMTC コントロールの既定の動作を増強または完全に上書きする方法について説明します。This article shows you how to provide the SMTC with metadata about the content you are playing and how to augment or completely override the default behavior of SMTC controls.
時間指定メタデータのシステムでサポートされているキューSystem-supported timed metadata cues この記事では、メディア ファイルやストリームに埋め込まれる可能性がある、タイミングが設定されたメタデータのいくつかの形式を活用する方法について説明します。This article describes how to take advantage of several formats of timed metadata that may be embedded in media files or streams.
作成、スケジュール、およびメディア区切りの管理Create, schedule, and manage media breaks この記事では、メディア再生アプリ用にメディアの中断を作成、スケジュール、管理する方法について説明します。This article shows you how to create, schedule, and manage media breaks to your media playback app. Windows 10 バージョン 1607 以降では、MediaBreakManager クラスを使って、MediaPlayer で再生する任意の MediaPlaybackItem にメディアの中断を簡単かつ迅速に追加できます。Starting with Windows 10, version 1607, you can use the MediaBreakManager class to quickly and easy add media breaks to any MediaPlaybackItem that you play with a MediaPlayer. 通常、メディアの中断は、オーディオ広告やビデオ広告をメディア コンテンツに挿入する目的で使います。Media breaks are typically used to insert audio or video ads into media content. メディアの中断を 1 つ以上スケジュールすると、再生中の指定した時間に、システムがメディア コンテンツを自動的に再生します。Once you schedule one or more media breaks, the system will automatically play your media content at the specified time during playback. MediaBreakManager では、ユーザーがメディアを中断、終了、またはスキップしたときにアプリが反応できるように、イベントが提供されています。The MediaBreakManager provides events so that your app can react when media breaks start, end, or when they are skipped by the user. MediaPlaybackSession にアクセスしてメディアの中断を確認し、ダウンロードや進行状況の更新のバッファリングなどのイベントを監視することもできます。You can also access a MediaPlaybackSession for your media breaks to monitor events like download and buffering progress updates.
バック グラウンドでメディアを再生します。Play media in the background この記事では、アプリをフォアグラウンドからバックグラウンドに移動してもメディアの再生を続行できるように、アプリを構成する方法について説明します。This article shows you how to configure your app so that media continues to play when your app moves from the foreground to the background. バックグラウンドでの再生とは、ユーザーがアプリを最小化してホーム画面に戻った後や、それ以外の方法でアプリから離れた後も、アプリでオーディオの再生を続行できることを意味します。This means that even after the user has minimized your app, returned to the home screen, or has navigated away from your app in some other way, your app can continue to play audio. Windows 10 バージョン 1607 では、バックグラウンドでのメディアの再生用に新しい 1 プロセスのモデルが導入されているため、従来の 2 プロセスのモデルよりも迅速かつ簡単に実装できます。With Windows 10, version 1607, a new single-process model for background media playback has been introduced that is much quicker and easier to implement than the legacy two-process model. この記事には、新しいアプリケーション ライフサイクル イベントである EnteredBackgroundLeavingBackground を使って、バックグラウンドでのアプリの実行中にメモリ使用量を管理することに関する情報が含まれています。This article includes information on handling the new application lifecycle events EnteredBackground and LeavingBackground to manage your app's memory usage while running in the background.
アダプティブ ストリーミングAdaptive Streaming この記事では、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリにアダプティブ ストリーミング マルチメディア コンテンツの再生を追加する方法について説明します。This article describes how to add playback of adaptive streaming multimedia content to a Universal Windows Platform (UWP) apps. 現在、この機能では、HTTP ライブ ストリーミング (HLS) と Dynamic Adaptive Streaming over HTTP (DASH) コンテンツの再生がサポートされています。This feature currently supports playback of Http Live Streaming (HLS) and Dynamic Streaming over HTTP (DASH) content.
メディアのキャストMedia casting この記事では、ユニバーサル Windows アプリからリモート デバイスにメディアをキャストする方法について説明します。This article shows you how to cast media to remote devices from a Universal Windows app.
PlayReady DRMPlayReady DRM このトピックでは、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリに PlayReady で保護されたメディア コンテンツを追加する方法について説明します。This topic describes how to add PlayReady protected media content to your Universal Windows Platform (UWP) app.
PlayReady で暗号化されたメディア拡張機能PlayReady Encrypted Media Extension このセクションでは、以前の Windows 8.1 から、Windows 10 バージョンに加えられた変更をサポートするために、PlayReady Web アプリを変更する方法について説明します。This section describes how to modify your PlayReady Web app to support the changes made from the previous Windows 8.1 version to the Windows 10 version.

メディア再生の SDK サンプルMedia playback SDK samples

次の SDK サンプルでは、Windows 10 の UWP アプリで利用できるメディア再生機能が示されています。The following SDK samples demonstrate the media playback features available to UWP apps on Windows 10. コンテキスト内でメディア再生 API を使用する方法を確認したり、独自のアプリを作成し始める場合は、以下のサンプルをご利用ください。Use these samples to see the media playback APIs used in context or as a starting point for your own app.