データ バインディングData binding

データ バインディングは、アプリの UI でデータを表示し、必要に応じてそのデータとの同期を保つ方法です。Data binding is a way for your app's UI to display data, and optionally to stay in sync with that data. データ バインディングによって、UI の問題からデータの問題を切り離すことができるため、概念的なモデルが簡素化されると共に、アプリの読みやすさ、テストの容易性、保守容易性が向上します。Data binding allows you to separate the concern of data from the concern of UI, and that results in a simpler conceptual model as well as better readability, testability, and maintainability of your app. マークアップでは、{{x:Bind}} マークアップ拡張{{Binding}} マークアップ拡張のいずれを使うかを選ぶことができます。In markup, you can choose to use either the {x:Bind} markup extension or the {Binding} markup extension. また、同じアプリや同じ UI 要素で、この 2 つを組み合わせて使うこともできます。And you can even use a mixture of the two in the same app—even on the same UI element. {x:Bind} は Windows 10 の新機能で、パフォーマンスが向上しています。{x:Bind} is new for Windows 10 and it has better performance.

トピックTopic 説明Description
データ バインディングの概要Data binding overview このトピックでは、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリで、コントロール (または他の UI 要素) を単一の項目にバインドする方法や、項目コントロールを項目のコレクションにバインドする方法を説明します。This topic shows you how to bind a control (or other UI element) to a single item or bind an items control to a collection of items in a Universal Windows Platform (UWP) app. また、項目のレンダリングを制御する方法、選択内容に基づいて詳細ビューを実装する方法、表示するデータを変換する方法も紹介します。In addition, we show how to control the rendering of items, implement a details view based on a selection, and convert data for display. 詳しくは、「データ バインディングの詳細」をご覧ください。For more detailed info, see Data binding in depth.
データ バインディングの詳細Data binding in depth このトピックでは、データ バインディングの機能について詳しく説明します。This topic describes data binding features in detail.
デザイン サーフェイス上のサンプル データとプロトタイプを作るためのサンプル データSample data on the design surface, and for prototyping (アプリのレイアウト、テンプレート、その他の視覚的なプロパティを操作するため) Visual Studio デザイナーでコントロールにデータを設定できるように、さまざまな方法で設計時のサンプル データを使うことができます。In order to have your controls populated with data in the Visual Studio designer (so that you can work on your app's layout, templates, and other visual properties), there are various ways in which you can use design-time sample data. サンプル データは、スケッチ (プロトタイプ) アプリを開発する場合にも便利で、時間の節約になります。Sample data can also be really useful and time-saving if you're building a sketch (or prototype) app. スケッチやプロトタイプで実行時にサンプル データを使うと、実際のライブ データに接続しなくてもアイデアを実証できます。You can use sample data in your sketch or prototype at run-time to illustrate your ideas without going as far as connecting to real, live data.
階層データをバインドしてマスター/詳細ビューを作る方法Bind hierarchical data and create a master/details view チェーン内でバインドされた CollectionViewSource インスタンスに項目コントロールをバインドすることによって、階層データの複数レベルのマスター/詳細 (リスト/詳細とも呼ばれる) ビューを作成することができます。You can make a multi-level master/details (also known as list-details) view of hierarchical data by binding items controls to CollectionViewSource instances that are bound together in a chain.
データ バインディングと MVVMData binding and MVVM このトピックでは、Model-View-ViewModel (MVVM) UI アーキテクチャの設計パターンについて説明します。This topic describes the Model-View-ViewModel (MVVM) UI architectural design pattern. データ バインディングは MVVM の中核に位置し、これにより UI コードと UI 以外のコードの間の疎結合が実現されます。Data binding is at the core of MVVM, and enables loose coupling between UI and non-UI code.