Windows デスクトップ用 Device PortalDevice Portal for Windows Desktop

Windows Device Portal では、診断情報を表示し、ブラウザー ウィンドウから HTTP 経由でデスクトップを操作することができます。Windows Device Portal lets you view diagnostic information and interact with your desktop over HTTP from a browser window. Device Portal を使用すると、次の操作を実行できます。You can use Device Portal to do the following:

  • 実行されているプロセスの一覧を確認して操作するSee and manipulate a list of running processes
  • アプリをインストール、削除、起動、および終了するInstall, delete, launch, and terminate apps
  • Wi-Fi プロファイルの変更、シグナルの強さの表示、ipconfig の確認を行うChange Wi-Fi profiles, view signal strength, and see ipconfig
  • CPU、メモリ、I/O、ネットワーク、および GPU の使用率のライブ グラフを表示するView live graphs of CPU, memory, I/O, network, and GPU usage
  • プロセス ダンプを収集するCollect process dumps
  • ETW トレースを収集するCollect ETW traces
  • サイドローディングされたアプリの分離ストレージを操作するManipulate the isolated storage of sideloaded apps

Windows デスクトップで Device Portal をセットアップするSet up Device Portal on Windows Desktop

開発者モードをオンにするTurn on developer mode

Windows 10 バージョン 1607 以降では、デスクトップ用の新しい機能の一部は開発者モードが有効なときだけ利用できます。Starting in Windows 10, version 1607, some of the newer features for desktop are only available when developer mode is enabled. 開発者モードを有効にする方法については、「デバイスを開発用に有効にする」をご覧ください。For information about how to enable developer mode, see Enable your device for development.

重要

ネットワークや互換性の問題により、お使いのデバイスに開発者モードが正しくインストールされないことがあります。Sometimes, due to network or compatibility issues, developer mode won't install correctly on your device. これらの問題のトラブルシューティングについては、「デバイスを開発用に有効にする」の関連セクションをご覧ください。See the relevant section of Enable your device for development for help troubleshooting these issues.

Device Portal をオンにするTurn on Device Portal

[設定][開発者向け] セクションで、Device Portal を有効にすることができます。You can enable Device Portal in the For developers section of Settings. Device Portal を有効にするときは、対応するユーザー名とパスワードも作成する必要があります。When you enable it, you must also create a corresponding username and password. Microsoft アカウントやその他の Windows の資格情報を使わないでください。Do not use your Microsoft account or other Windows credentials.

設定アプリの [Device Portal] セクション

Device Portal が有効になると、セクション下部に Web リンクが表示されます。Once Device Portal is enabled, you will see web links at the bottom of the section. 表示される URL の末尾に付加されたポート番号をメモします。このポート番号は、Device Portal が有効になるとランダムに生成されるものですが、デスクトップを再起動するまで同じ番号を使う必要があります。Take note of the port number appended to the end of the listed URLs: this number is randomly generated when Device Portal is enabled but should remain consistent between reboots of the desktop.

これらのリンクから、ローカル ネットワーク (VPN を含む) 経由、またはローカル ホスト経由のいずれかの方法で Device Portal に接続できます。These links offer two ways to connect to Device Portal: over the local network (including VPN) or through the local host.

Device Portal に接続するConnect to Device Portal

ローカル ホスト経由で接続するには、ブラウザー ウィンドウを開き、使用している接続の種類に関して次に示すアドレスを入力します。To connet through local host, open a browser window and enter the address shown here for the connection type you're using.

  • Localhost:http://127.0.0.1:<PORT>または http://localhost:<PORT>Localhost: http://127.0.0.1:<PORT> or http://localhost:<PORT>
  • Local Network: https://<IP address of the desktop>:<PORT>Local Network: https://<IP address of the desktop>:<PORT>

認証とセキュリティで保護された通信には HTTPS が必要です。HTTPS is required for authentication and secure communication.

テスト ラボなど、保護された環境で Device Portal を使っている場合、ローカル ネットワーク上のすべてのユーザーを信頼していて、デバイス上に個人情報が保存されておらず、固有の要件もない場合は、[認証] オプションを無効にできます。If you are using Device Portal in a protected environment, like a test lab, in which you trust everyone on your local network, have no personal information on the device, and have unique requirements, you can disable the Authentication option. これにより、暗号化されていない通信が有効化され、コンピューターの IP アドレスを知っているすべてのユーザーが接続して制御できるようになります。This enables unencrypted communication, and allows anyone with the IP address of your computer to connect to and control it.

Windows デスクトップ上の Device Portal のコンテンツDevice Portal content on Windows Desktop

Windows デスクトップの Device Portal では、標準のページのセットが提供されます。Device Portal on Windows Desktop provides the standard set of pages. これらの詳しい説明については、「Windows Device Portal の概要」をご覧ください。For detailed descriptions of these, see Windows Device Portal overview.

  • アプリ マネージャーApps manager
  • エクスプローラーFile explorer
  • 実行中のプロセスRunning Processes
  • パフォーマンスPerformance
  • デバッグDebug
  • Windows イベント トレーシング (ETW)Event Tracing for Windows (ETW)
  • パフォーマンス トレースPerformance tracing
  • デバイス マネージャーDevice manager
  • ネットワークNetworking
  • クラッシュ データCrash data
  • 機能Features
  • Mixed RealityMixed Reality
  • ストリーミング インストール デバッガーStreaming Install Debugger
  • LocationLocation
  • スクラッチScratch

Device Portal のその他のオプションMore Device Portal options

Device Portal のレジストリ ベースの構成Registry-based configuration for Device Portal

デバイス ポータルのポート番号 (80、443 など) を選択する場合は、次のレジストリ キーを設定することができます。If you would like to select port numbers for Device Portal (such as 80 and 443), you can set the following regkeys:

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WebManagement\ServiceUnder HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WebManagement\Service
    • UseDynamicPorts :必要な DWORD です。UseDynamicPorts: A required DWORD. 選択したポート番号を保持するには、これを 0 に設定します。Set this to 0 in order to retain the port numbers you've chosen.
    • HttpPort :必要な DWORD です。HttpPort: A required DWORD. Device Portal が HTTP 接続をリッスンするポート番号を指定します。Contains the port number that Device Portal will listen for HTTP connections on.
    • HttpsPort :必要な DWORD です。HttpsPort: A required DWORD. Device Portal が HTTPS 接続をリッスンするポート番号を指定します。Contains the port number that Device Portal will listen for HTTPS connections on.

同じレジストリ キー パスの下で、認証要件をオフにすることもできます。Under the same regkey path, you can also turn off the authentication requirement:

  • UseDefaultAuthorizer - 0 無効の場合、1有効になっています。UseDefaultAuthorizer - 0 for disabled, 1 for enabled.
    • これによって、各接続の基本認証要件と HTTP から HTTPS へのリダイレクトの両方が制御されます。This controls both the basic auth requirement for each connection and the redirect from HTTP to HTTPS.

Device Portal のコマンド ライン オプションCommand line options for Device Portal

管理コマンド プロンプトから、Device Portal の各部分を有効にして構成することができます。From an administrative command prompt, you can enable and configure parts of Device Portal. 実行することができます、最新のビルドでサポートされているコマンドのセットを表示するには webmanagement /?To see the latest set of commands supported on your build, you can run webmanagement /?

  • sc start webmanagement または sc stop webmanagementsc start webmanagement or sc stop webmanagement
    • サービスをオンまたはオフにします。Turn the service on or off. ここでも、開発者モードを有効にする必要があります。This still requires developer mode to be enabled.
  • -Credentials <username> <password>
    • Device Portal のユーザー名とパスワードを設定します。Set a username and password for Device Portal. ユーザー名は基本認証の標準に準拠している必要があるため、コロン (:) を含めることはできません。また、ブラウザーは標準的な方法ではすべての文字セットを解析しないため、標準の ASCII 文字 (a-z、A-Z、0-9) で構成されている必要があります。The username must conform to Basic Auth standards, so cannot contain a colon (:) and should be built out of standard ASCII characters e.g. [a-zA-Z0-9] as browsers do not parse the full character set in a standard way.
  • -DeleteSSL
    • このオプションを指定すると、HTTPS 接続に使用される SSL 証明書のキャッシュがリセットされます。This resets the SSL certificate cache used for HTTPS connections. 予期される証明書の警告ではなく、バイパスすることができない TLS 接続エラーが発生した場合は、このオプションで問題が解決される可能性があります。If you encounter TLS connection errors that cannot be bypassed (as opposed to the expected certificate warning), this option may fix the problem for you.
  • -SetCert <pfxPath> <pfxPassword>
  • -Debug <various options for authentication, port selection, and tracing level>
    • 特定の構成と視覚的なデバッグ メッセージを使用して、Device Portal のスタンドアロン バージョンを実行します。Run a standalone version of Device Portal with a specific configuration and visible debug messages. これは、パッケージ プラグインを構築するときに最も役立ちます。This is most useful for building a packaged plugin.
    • これをシステムとして実行して、パッケージ プラグインを完全にテストする方法について詳しくは、MSDN Magazine の記事をご覧ください。See the MSDN Magazine article for details on how to run this as System to fully test your packaged plugin.

一般的なエラーと問題Common errors and issues

デバイスのポータルを設定するときに発生する一般的なエラーを次に示します。Below are some common errors that you may encounter when setting up Device Portal.

WindowsUpdateSearch が更新プログラムの無効な数を返します (0x800f0950 CBS_E_INVALID_WINDOWS_UPDATE_COUNT)WindowsUpdateSearch returns invalid number of updates (0x800f0950 CBS_E_INVALID_WINDOWS_UPDATE_COUNT)

Windows 10 のプレリリース版のビルドに開発者パッケージをインストールしようとするとき、このエラーが発生します。You may get this error when trying to install the developer packages on a pre-release build of Windows 10. これらのオンデマンドで機能 (FoD) パッケージは Windows 更新プログラムでホストされ、プレリリース ビルドをダウンロードするには、フライトを選択することが必要です。These Feature-on-Demand (FoD) packages are hosted on Windows Update, and downloading them on pre-release builds requires that you opt into flighting. フライティング適切なビルドおよびリング組み合わせのために、インストールが選択していない場合、ペイロードはダウンロードされません。If your installation is not opted into flighting for the right build and ring combination, the payload will not be downloadable. 次のことを再確認してください。Double-check the following:

  1. 移動します設定 > 更新とセキュリティ > Windows Insider Programいることを確認し、 Windows Insider アカウントセクションには、正しいアカウント情報。Navigate to Settings > Update & Security > Windows Insider Program and confirm that the Windows Insider account section has your correct account info. そのセクションが表示されない場合は、選択Windows Insider アカウント リンク、電子メール アカウントを追加し、現れることを確認、 Windows Insider アカウント見出し (を選択する必要がありますWindows Insider アカウント リンク実際にリンクする、新しく追加されたアカウント時間を秒)。If you don't see that section, select Link a Windows Insider account, add your email account, and confirm that it shows up under the Windows Insider account heading (you may need to select Link a Windows Insider account a second time to actually link a newly added account).

  2. 受信にどのような種類のコンテンツを指定しては? 、ことを確認しますWindows のアクティブな開発が選択されています。Under What kind of content would you like to receive?, make sure Active development of Windows is selected.

  3. 新しいビルドを取得する速度ですか? 、ことを確認しますWindows Insider Fastが選択されています。Under What pace do you want to get new builds?, make sure Windows Insider Fast is selected.

  4. 今すぐできる、FoDs をインストールします。You should now be able to install the FoDs. Windows Insider Fast にいるとまだことはできません、FoDs をインストール、くださいフィードバックを提供を下に、ログ ファイルのアタッチを確認したら場合C:\Windows\Logs\CBSします。If you've confirmed that you're on Windows Insider Fast and still cannot install the FoDs, please provide feedback and attach the log files under C:\Windows\Logs\CBS.

[SC]StartService:OpenService FAILED 1060:指定されたサービスがインストールされているサービスとして存在しません[SC] StartService: OpenService FAILED 1060: The specified service does not exist as an installed service

開発者のパッケージがインストールされていない場合、このエラーが発生します。You may get this error if the developer packages aren't installed. せず、開発者のパッケージは、web 管理サービスはありません。Without the developer packages, there is no web management service. 開発者のパッケージをもう一度インストールしてください。Try installing the developer packages again.

システムが従量制課金接続 (CBS_E_METERED_NETWORK) 上にあるために、CBS はダウンロードを開始できません。CBS cannot start download because the system is on metered network (CBS_E_METERED_NETWORK)

従量制インターネット接続の場合、このエラーが発生します。You may get this error if you're on a metered internet connection. 従量制課金接続で開発者パッケージをダウンロードすることはできません。You won't be able to download the developer packages on a metered connection.

関連項目See also