ルーズ ファイルの登録によるアプリの展開Deploy an app through loose file registration

このガイドでは、ルーズ ファイル レイアウトを使用して、Windows 10 アプリをパッケージ化することなく、検証および共有する方法を示します。This guide shows how to use the loose file layout to validate and share Windows 10 apps without needing to package them. ファイルレイアウトを厳密に登録すると、開発者はアプリをパッケージ化してインストールすることなく、アプリをすばやく検証することができます。Registering loose file layouts allows developers to quickly validate their apps without the need to package and install the apps.

圧縮されていないファイルレイアウトとはWhat is a loose file layout?

疎ファイルレイアウトは、パッケージ化プロセスを実行するのではなく、フォルダーにアプリの内容を配置する操作です。Loose file layout is simply the act of placing app contents in a folder instead of going through the packaging process. パッケージの内容は、フォルダーでは使用できず、パッケージ化されません。The package contents are "loosely" available in a folder and not packaged.

警告

厳密でないファイルレイアウト登録は、開発者とデザイナーがアクティブな開発中にアプリをすばやく検証できるようにするためのものです。Loose file layout registration is for developers and designers to quickly validate their apps during active development. この方法を使用して、アプリを "社内リリース" またはフライトすることはできません。This approach shouldn't be used to "dogfood" or flight the app. 最終的な検証は、信頼された証明書で署名されたパッケージアプリで実行することをお勧めします。We recommend that the final validation be performed on a packaged app that is signed with a trusted certificate.

緩いファイル登録の利点Advantages of loose file registration

  • クイック検証-アプリファイルは既にアンパックされているため、ユーザーは簡単にファイルレイアウトを登録してアプリを起動できます。Quick validation - Because the app files are already unpacked, users can quickly register the loose file layout and launch the app. 通常のアプリと同じように、ユーザーはアプリを設計どおりに使用できます。Just like a regular app, the user will be able to use the app as it was designed.
  • ネットワーク内での簡単な配布-圧縮されていないファイルがローカルドライブではなくネットワーク共有に配置されている場合、開発者はネットワーク共有の場所をネットワークにアクセスできる他のユーザーに送信できます。また、これらのユーザーは、圧縮されていないファイルレイアウトを登録してアプリを実行できます。Easy in-network distribution - If the loose files are located in a network share instead of a local drive, developers can send the network share location to other users who have access to the network, and they can register the loose file layout and run the app. これにより、複数のユーザーが同時にアプリを検証することができます。This allows for multiple users to validate the app concurrently.
  • コラボレーション-厳密でないファイル登録により、開発者とデザイナーは、アプリの登録中にビジュアルアセットを操作し続けることができます。Collaboration - Loose file registration allows developers and designers to continue working on visual assets while the app is registered. ユーザーがアプリを起動すると、これらの変更が表示されます。Users will see these changes when they launch the app. この方法で変更できるのは静的アセットのみであることに注意してください。Note that you can only change static assets in this manner. コードまたは動的に作成されたコンテンツを変更する必要がある場合は、アプリを再コンパイルする必要があります。If you need to modify any code or dynamically created content, you must re-compile the app.

圧縮されるファイルレイアウトを登録する方法How to register a loose file layout

Windows には、ローカルデバイスとリモートデバイスに疎ファイルレイアウトを登録するための複数の開発者ツールが用意されています。Windows provides multiple developer tools to register loose file layouts on local and remote devices. WinDeployAppCmd (Windows SDK ツール)、Windows デバイスポータル、PowerShell、 Visual Studioから選択できます。You can choose from WinDeployAppCmd (Windows SDK Tool), Windows Device Portal, PowerShell, and Visual Studio. 以下では、これらのツールを使用して、圧縮されていないファイルを登録する方法について説明します。Below we will go over how to register loose files using these tools. ただし、まず、次のセットアップが完了していることを確認します。But first, ensure that you have following setup:

  • デバイスは、Windows 10 の作成者の更新プログラム (ビルド 14965) 以降である必要があります。Your devices must be on the Windows 10 Creators Update (Build 14965) or later.
  • すべてのデバイスで開発者モードデバイスの検出を有効にする必要があります。You will need to enable developer mode and device discovery on all devices.

重要

圧縮されていないファイルの登録は、ネットワーク共有 (SMB) プロトコルをサポートするデバイス (デスクトップと Xbox) でのみ使用できます。Loose file registration is only available on devices that support the Network Share (SMB) Protocol: Desktop and Xbox.

WinDeployAppCmd に登録するRegister with WinDeployAppCmd

Windows 10 の作成者の更新プログラム (ビルド 14965) 以降に対応する SDK ツールを使用している場合は、コマンドプロンプトで WinDeployAppCmd コマンドを使用できます。If you are using the SDK tools corresponding to the Windows 10 Creators Update (Build 14965) or later, you can use the WinDeployAppCmd command in a Command Prompt.

WinAppDeployCmd.exe registerfiles -remotedeploydir <Network Path> -ip <IP Address> -pin <target machine PIN>

ネットワークパス–アプリの圧縮されていないファイルへのパス。Network Path – the path to the app's loose files.

Ip アドレス–ターゲットコンピューターの ip アドレス。IP Address – the IP Address of the target machine.

ターゲットコンピューターの pin –必要に応じて、ターゲットデバイスとの接続を確立するための pin です。target machine PIN – A PIN, if required, to establish a connection with the target device. 認証が必要な場合は、-pin オプションを使用して再試行するように求められます。You will be prompted to retry with the -pin option if authentication is required. PIN を取得する方法については、「デバイスの検出」を参照してください。See Device Discovery to learn how to get a PIN.

Windows Device PortalWindows Device Portal

Windows デバイスポータルは、すべての Windows 10 デバイスで使用でき、開発者が作業をテストおよび検証するために使用されます。Windows Device Portal is available on all Windows 10 devices and is used by developers to test and validate their work. ブラウザー UX と REST エンドポイントを使用して、開発者コミュニティのすべてのユーザーに対応ます。It caters to all audiences of the developer community with its browser UX and REST endpoints. デバイスポータルの詳細については、「 Windows デバイスポータルの概要」を参照してください。For more information on Device Portal, see the Windows Device Portal overview.

デバイスポータルに圧縮されていないファイルレイアウトを登録するには、次の手順に従います。To register the loose file layout in Device Portal, follow these steps.

  1. Windows デバイスポータルの概要に関するセクションの手順に従って、デバイスポータルに接続します。Connect to Device Portal by following the steps in the Setup section of the Windows Device Portal overview.
  2. [アプリマネージャー] タブで、[ネットワーク共有から登録する] を選択します。In the Apps Manager tab, select Register from Network Share.
  3. 圧縮されていないファイルレイアウトへのネットワーク共有パスを入力します。Enter the network share path to the loose file layout.
  4. ホストデバイスにネットワーク共有へのアクセス権がない場合は、必要な資格情報を入力するように求められます。If the host device doesn't have access to the network share, there will be a prompt to enter the required credentials.
  5. 登録が完了したら、アプリを起動できます。Once the registration is complete, you can launch the app.

デバイスポータルの アプリマネージャー ページで、オプションのパッケージを指定する チェックボックスをオンにして、オプションのアプリのネットワーク共有パスを指定することで、メインアプリに対してオプションの緩いファイルレイアウトを登録することもできます。On the Device Portal's Apps Manager page, you can also register optional loose file layouts for your main app by selecting the I want to specify optional packages checkbox and then specifying the network share paths of the optional apps.

PowerShellPowerShell

また、Windows PowerShell では、ローカルデバイスにのみ、ルースファイルレイアウトを登録できます。Windows PowerShell also enables you to register loose file layouts, but only on the local device. レイアウトをリモートデバイスに登録する必要がある場合は、他の方法のいずれかを使用する必要があります。If you need to register a layout to a remote device, you will need to use one of the other methods.

圧縮されていないファイルレイアウトを登録するには、PowerShell を起動し、次のように入力します。To register the loose file layout, launch PowerShell and enter the following.

Add-AppxPackage -Register <path to manifest file>

[トラブルシューティング]Troubleshooting

マップ済みネットワーク ドライブMapped network drives

現時点では、割り当てられたネットワークドライブは、緩いファイル登録ではサポートされていません。Currently, mapped network drives aren't supported for loose file registrations. ネットワーク共有パスが完全である、マップされたドライブを参照してください。Refer to the mapped drive with full the network share path.

登録エラーRegistration failure

登録が行われているデバイスは、ファイルレイアウトにアクセスできる必要があります。The device on which the registration is taking place will need to have access to the file layout. ファイルのレイアウトがネットワーク共有でホストされている場合は、デバイスにアクセス権があることを確認します。If the file layout is hosted on a network share, ensure that the device has access.

ビジュアルアセットの変更がアプリに読み込まれていませんModifications to visual assets aren't being loaded in the app

アプリは起動時にビジュアルアセットを読み込みます。The app will load its visual assets at launch time. アプリの起動後にビジュアルアセットに変更が加えられた場合、最新の変更を表示するには、アプリを再起動する必要があります。If modifications were made to the visual assets after launching the app, you must re-launch the app to view the latest changes.