Visual Studio を使った Surface Hub アプリのテストTest Surface Hub apps using Visual Studio

Visual Studio シミュレーターは、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリの設計、開発、デバッグ、テストを行える環境を提供します。これには Microsoft Surface Hub 用に作成されたアプリを含みます。The Visual Studio simulator provides an environment where you can design, develop, debug, and test Universal Windows Platform (UWP) apps, including apps that you have built for Microsoft Surface Hub. シミュレーターが Surface Hub、として、同じユーザー インターフェイスを使用しないが、アプリの外観し、動作、Surface Hub の画面サイズと解像度をテストするために便利です。The simulator does not use the same user interface as Surface Hub, but it is useful for testing how your app looks and behaves with the Surface Hub's screen size and resolution.

シミュレーターのツールの詳細については一般に、表示シミュレーターでアプリの実行の UWPします。For more information on the simulator tool in general, see Run UWP apps in the simulator.

Surface Hub の解像度をシミュレーターに追加するAdd Surface Hub resolutions to the simulator

Surface Hub の解像度をシミュレーターに追加するには、次の手順を実行します。To add Surface Hub resolutions to the simulator:

  1. 55"の構成の作成という名前のファイルに次の XML コードを保存することによって、Surface Hub HardwareConfigurations SurfaceHub55.xmlします。Create a configuration for the 55" Surface Hub by saving the following XML code into a file named HardwareConfigurations-SurfaceHub55.xml.

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <ArrayOfHardwareConfiguration xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"
                                  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
        <HardwareConfiguration>
            <Name>SurfaceHub55</Name>
            <DisplayName>Surface Hub 55"</DisplayName>
            <Resolution>
                <Height>1080</Height>
                <Width>1920</Width>
            </Resolution>
            <DeviceSize>55</DeviceSize>
            <DeviceScaleFactor>100</DeviceScaleFactor>
        </HardwareConfiguration>
    </ArrayOfHardwareConfiguration>
    
  2. 84"の構成の作成という名前のファイルに次の XML コードを保存することによって、Surface Hub HardwareConfigurations SurfaceHub84.xmlします。Create a configuration for the 84" Surface Hub by saving the following XML code into a file named HardwareConfigurations-SurfaceHub84.xml.

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <ArrayOfHardwareConfiguration xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"
                                  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
        <HardwareConfiguration>
            <Name>SurfaceHub84</Name>
            <DisplayName>Surface Hub 84"</DisplayName>
            <Resolution>
                <Height>2160</Height>
                <Width>3840</Width>
            </Resolution>
            <DeviceSize>84</DeviceSize>
            <DeviceScaleFactor>150</DeviceScaleFactor>
        </HardwareConfiguration>
    </ArrayOfHardwareConfiguration>
    
  3. 2 つの XML ファイルをコピー C:\Program Files (x86) \common Shared\Windows シミュレーター\<バージョン番号>\HardwareConfigurationsします。Copy the two XML files into C:\Program Files (x86)\Common Files\Microsoft Shared\Windows Simulator\<version number>\HardwareConfigurations.

    注意

    このフォルダーにファイルを保存するのには、管理者特権が必要です。Administrative privileges are required to save files into this folder.

  4. Visual Studio シミュレーターでアプリを実行します。Run your app in the Visual Studio simulator. パレットの [解像度の変更] をクリックし、一覧から Surface Hub の構成を選択します。Click the Change Resolution button on the palette and select a Surface Hub configuration from the list.

    Visual Studio シミュレーターの解像度

    ヒント

    タブレット モードを有効にSurface Hub のエクスペリエンスをより正確にシミュレートします。Turn on Tablet mode to better simulate the experience of a Surface Hub.

Visual Studio から Surface Hub のデバイスにアプリをデプロイします。Deploy apps to a Surface Hub device from Visual Studio

Surface hub アプリの手動展開は、単純なプロセスです。Manually deploying an app to a Surface Hub is a simple process.

開発者モードを有効にするEnable developer mode

既定では、Surface Hub はのみ Microsoft Store からアプリをインストールします。By default, Surface Hub only installs apps from the Microsoft Store. 他のソースによって署名されたアプリをインストールするには、開発者モードを有効にする必要があります。To install apps signed by other sources, you must enable developer mode.

注意

開発者モードが有効にすると、再度無効にする場合は、Surface Hub をリセットする必要があります。After developer mode has been enabled, you will need to reset the Surface Hub if you wish to disable it again. デバイスをリセットすると、すべてのローカル ユーザーのファイルと構成が削除され、Windows が再インストールされます。Resetting the device removes all local user files and configurations and then reinstalls Windows.

  1. Surface Hub のスタート メニューから設定アプリを開きます。From the Surface Hub's Start menu, open the Settings app.

    注意

    Surface Hub で [設定] アプリへのアクセスには、管理者特権が必要です。Administrative privileges are required to access the Settings app on Surface Hub.

  2. 移動します更新とセキュリティ>開発者向けします。Navigate to Update & security > For developers.

  3. [開発者モード] を選択し、警告メッセージに同意します。Choose Developer mode and accept the warning prompt.

Visual Studio からアプリを展開するDeploy your app from Visual Studio

一般に、表示、展開プロセスの詳細についてはの展開と UWP アプリのデバッグします。For more information on the deployment process in general, see Deploying and debugging UWP apps.

注意

この機能では、最新の最新バージョンの Visual Studio を使用することをお勧めします。 ただし、Visual Studio 2015 Update 1 以降が必要です。This feature requires Visual Studio 2015 Update 1 or later, however we recommend that you use the latest most up to date version of Visual Studio. 最新の Visual Studio インスタンスには、する最新のすべての開発とセキュリティ更新プログラムを gibe は。An up to date Visual Studio instance will gibe you all the latest development and security updates.

  1. [デバッグの開始] ボタンの横にあるデバッグ ターゲットのドロップダウンに移動し、 [リモート コンピューター] を選択します。Navigate to the debug target dropdown next to the Start Debugging button and select Remote Machine.

    Visual Studio のデバッグ ターゲットのドロップダウン

  2. Surface Hub ハブの IP アドレスを入力します。Enter the Surface Hub's IP address. [ユニバーサル] 認証モードが選択されていることを確認します。Ensure that the Universal authentication mode is selected.

    ヒント

    開発者モードを有効にした後は、[ようこそ] 画面 Surface Hub の IP アドレスが見つかります。After you have enabled developer mode, you can find the Surface Hub's IP address on the welcome screen.

  3. 選択デバッグ (F5) で開始を展開し、Surface Hub でアプリをデバッグまたは単にアプリをデプロイするには、Ctrl + F5 キーを押します。Select Start Debugging (F5) to deploy and debug your app on the Surface Hub, or press Ctrl+F5 to just deploy your app.

    ヒント

    Surface Hub は、ようこそ画面を表示している場合は、いずれかのボタンを選択して閉じます。If the Surface Hub is displaying the welcome screen, dismiss it by choosing any button.