プロファイリングとパフォーマンスに関するツールTools for profiling and performance

Microsoft には、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリのパフォーマンスを改善する際に役立つツールがいくつか用意されています。Microsoft provides several tools to help you improve the performance of your Universal Windows Platform (UWP) app. 以下のリンクをクリックすると、これらのツールの使い方について学習することができます。Follow these links to learn how to use these tools.

Visual Studio の XAML UI の応答ツールXAML UI Responsiveness tool in Visual Studio. アプリ内でのパフォーマンスの影響を測定するために使用する最適なツールの 1 つは、XAML UI の応答ツールです。One of the best tools to use for measuring performance impact within your app is the XAML UI Responsiveness Tool. このツールは、さらに多くのシナリオに対応できるように更新されましたThis has been updated to support even more scenarios.

関連項目:See also:

Visual Studio 診断ツールを使用して UWP アプリのパフォーマンスを分析します。Analyze the performance of UWP apps using Visual Studio diagnostic tools Visual Studio プロファイラーには、プログラムの実行時に時間がかかっているアプリのコードの場所が表示されるため、アプリ、関数、アルゴリズムのパフォーマンスのボトルネックを見つけることができます。By showing you where the code of your app spends its time as your program executes, the Visual Studio profilers can help you find the performance bottlenecks in your apps, functions, and algorithms.
XAML のパフォーマンス:XAML でユニバーサル Windows アプリのエクスペリエンスを最大化するための手法の構築XAML Performance: Techniques for Maximizing Universal Windows App Experiences Built with XAML この //build セッションでは、新しいプラットフォーム機能、新しいツール機能、XAML ベースのユニバーサル Windows アプリのパフォーマンスを大幅に高める新しい手法について説明します。In this //build session, you will learn about the new platform features, new tooling features and new techniques to dramatically increase the performance of your XAML-based Universal Windows app.
Visual Studio の新しい XAML ツールNew XAML Tools in Visual Studio この //build セッションでは、再設計された Blend のエクスペリエンス、UI デバッグ ツール、XAML エディターの拡張機能など、Visual Studio 2015 のいくつかの新機能について説明します。In this //build session, you will learn about some of the new capabilities in Visual Studio 2015, including the re-designed Blend experience, UI debugging tools and the XAML editor enhancements. これらのツールは、Visual Studio 2017 でも使用できます。These tools are also available in Visual Studio 2017