Windows アプリ認定キット

アプリ Windows Certified を取得するか、または Microsoft Store への発行の準備をするには、最初にローカルで検証してテストする必要があります。 このトピックでは、Windows アプリ認定キットをインストールして実行し、アプリが安全で効率的であることを確認する方法について説明します。

前提条件

ユニバーサル Windows アプリのテストの前提条件:

  • Windows 10 をインストールして実行する必要があります。
  • Windows 10 用 Windows ソフトウェア開発キット (Windows SDK) に含まれる Windows アプリ認定キットをインストールする必要があります。
  • 開発用にデバイスを有効にする必要があります。
  • テストする Windows アプリをコンピューターに展開する必要があります。

Note

一括アップグレード: より新しい Windows アプリ認定キットをインストールすると、以前にインストールされていたバージョンのキットがすべて置き換えられます。

新着情報

このキットでは、Windows デスクトップ ブリッジ アプリのテストがサポートされるようになりました。 Windows デスクトップ ブリッジ アプリ テストを使用すると、作成したアプリを Microsoft Store に公開し、認定を取得できる可能性が最大限に高まります。

キットは、自動テストに統合できるようになり、対話型ユーザー セッションは使用できなくなりました。

アプリの事前起動の検証テストは、サポートされなくなりました。

既知の問題

Windows アプリ認定キットの既知の問題を次に示します。

テスト中、インストーラーが終了したものの、アクティブなプロセスまたはウィンドウが実行されたままになった場合、インストーラーが処理する必要のある作業がまだ残っていることがアプリ認定キットで検出されることがある。 この場合、キットで "インストール トレース ファイルの処理" タスクの実行に問題が発生しているように表示され、UI で前に進めなくなります。

解決方法: インストーラーが完了したら、インストーラーによって生成されたアクティブなプロセスまたはウィンドウを手動で終了します。

ARM UWA、またはデバイス ファミリ デスクトップまたは OneCore を対象としない UWA アプリの最終的なレポートに、"検証時に一部のテストが実行されませんでした。 Microsoft Store への提出に影響する可能性があります。" というメッセージが表示されることがある。 このメッセージは、ユーザーがテストを手動で選択解除しなかった場合には表示されません。

解決方法: 該当なし

Windows SDK バージョン 10.0.15063 を使用したデスクトップ ブリッジ アプリに対してアプリケーション マニフェストのリソース テストを行った場合に、イメージが予測サイズに適合しないことを示すエラーが発生しても、イメージと予測サイズの差異が 1 ピクセルのみであればそのエラーを無視してください。 このテストでは、本来、+/-1 ピクセルの許容誤差が想定されています。 たとえば、倍率 125 % の小さいタイルは 88.75 x 88.75 ピクセルですが、これを 89 x 89 ピクセルに切り上げた場合、88 x 88 ピクセルの制限に違反します。

解決方法: 該当なし

Windows アプリ認定キットを使った Windows アプリをインタラクティブに検証する

  1. [スタート] メニューから、 [アプリ][Windows キット] の順に進み、 [Windows アプリ認定キット] をクリックします。

  2. [Windows アプリ認定キット] で、実行する検証のカテゴリを選びます。 たとえば、次のように入力します。Windows アプリを検証する場合、 [Validate a Windows app] (Windows アプリの検証) を選択します。

    テストするアプリを直接参照するか、UI で一覧からアプリを選ぶことができます。 Windows アプリ認定キットを初めて実行すると、UI にはコンピューターにインストールされているすべての Windows アプリが一覧表示されます。 以降の実行では、UI には検証済みの最新の Windows アプリが表示されます。 テストするアプリが表示されていない場合は、 [自分のアプリが表示されない] をクリックして、システムにインストールされているすべてのアプリを一覧表示できます。

  3. テストするアプリを入力するか選択したら [次へ] をクリックします。

  4. 次の画面からは、テストするアプリの種類に合ったテスト ワークフローが表示されます。 一覧でテストが淡色されている場合、お使いの環境にはそのテストが適用されません。 たとえば、Windows 7 で Windows 10 アプリをテストする場合、静的テストのみがワークフローに適用されます。 Microsoft Store にはこのワークフローのすべてのテストを適用できる点に注意してください。 実行するテストを選んで [次へ] をクリックします。

    Windows アプリ認定キットによってアプリの検証が開始されます。

  5. テストが終わった後のプロンプトで、テスト レポートを保存するフォルダーのパスを入力します。

    Windows アプリ認定キットによって XML 形式のレポートと共に HTML が作成され、このフォルダーに保存されます。

  6. レポート ファイルを開いて、テストの結果を確認します。

Note

Visual Studio を使っている場合は、アプリ パッケージを作るときに Windows アプリ認定キットを実行できます。 方法については、「UWP アプリのパッケージ化」をご覧ください。

コマンド ラインから Windows アプリ認定キットを使った Windows アプリを検証する

重要

Windows アプリ認定キットは、アクティブなユーザー セッションで実行する必要があります。

  1. 管理者権限でコマンド ウィンドウを開きます ([管理者として実行])。

  2. コマンド ウィンドウで、Windows アプリ認定キットを含むディレクトリに移動します。

    注: 既定のパスは C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\App Certification Kit\ です。

  3. 次のコマンドをこの順序で入力し、テスト コンピューターにすでにインストールされているアプリをテストします。

    appcert.exe reset

    appcert.exe test -packagefullname [package full name] -reportoutputpath [report file name]

    または、アプリがインストールされていない場合は次のコマンドを使うことができます。 Windows アプリ認定キットにパッケージが開き、適切なテスト ワークフローが適用されます。

    appcert.exe reset

    appcert.exe test -appxpackagepath [package path] -reportoutputpath [report file name]

  4. テストが完了したら、[report file name] という名前のレポート ファイルを開いて、テスト結果を確認します。

注: Windows アプリ認定キットはサービスから実行できますが、サービスはアクティブなユーザー セッションでキットのプロセスを開始する必要があり、Session0 では実行できません。

注: Windows アプリ認定キットのコマンド ラインについて詳しく知るには、次のコマンドを入力します。

低電力コンピューターでのテスト

Windows アプリ認定キットで使用するパフォーマンス テストのしきい値は、低電力コンピューターのパフォーマンスに基づいて設定します。

テストを実行するコンピューターの特性がテスト結果に影響することがあります。 アプリのパフォーマンスが Microsoft Store ポリシーを満たしているかどうかを判断するには、アプリを低電力コンピューター (たとえば画面の解像度が 1366x768 またはそれ以上で、ソリッド ステート ハード ドライブではなく回転式ハード ドライブを搭載した Intel Atom プロセッサ ベースのコンピューター) 上でテストすることをお勧めします。

低電力コンピューターの進化に伴い、パフォーマンスの特性が時間の経過と共に変化する可能性があります。 アプリが最新のパフォーマンス要件を満たすように、最新の Microsoft Store ポリシーを参照し、最新版の Windows アプリ認定キットでアプリをテストしてください。