教育のヒントTeaching tip

教育のヒントは、コンテキスト情報を提供する半永続的で内容豊富なポップアップです。A teaching tip is a semi-persistent and content-rich flyout that provides contextual information. これはユーザーのエクスペリエンスを高める可能性がある重要および新規の機能についてユーザーに通知したり、リマインドしたり、説明したりする場合によく使用されます。It is often used for informing, reminding, and teaching users about important and new features that may enhance their experience.

重要な API: TeachingTip クラスImportant APIs: TeachingTip class

教育のヒントは、簡易非表示にすることも、閉じるために明示的な操作を必要とすることもできます。A teaching tip may be light-dismiss or require explicit action to close. 教育のヒントはテールを使用して特定の UI 要素をターゲットにすることができますが、テールやターゲットがなくても使用できます。A teaching tip can target a specific UI element with its tail and also be used without a tail or target.

適切なコントロールの選択Is this the right control?

TeachingTip コントロールを使用して、新規または重要な更新および機能にユーザーの注意を向けたり、重要ではないがユーザーのエクスペリエンスを改善できるオプションをユーザーにリマインドしたり、タスクの完了方法をユーザーに説明したりします。Use a TeachingTip control to focus a user's attention on new or important updates and features, remind a user of nonessential options that would improve their experience, or teach a user how a task should be completed.

教育のヒントは一時的なものであるため、エラーまたは重要な状態変更をユーザーに知らせるためのコントロールとしては推奨されません。Because teaching tip is transient, it would not be the recommended control for prompting users about errors or important status changes.

Examples

XAML コントロール ギャラリーXAML Controls Gallery
XAML controls gallery

XAML コントロール ギャラリー アプリがインストールされている場合、こちらをクリックしてアプリを開き、TeachingTip の動作を確認してください。If you have the XAML Controls Gallery app installed, click here to open the app and see the TeachingTip in action.

教育のヒントには、以下の主なものを含むいくつかの構成を指定できます。A teaching tip can have several configurations, including these notable ones.

教育のヒントは、表示する情報のコンテキスト上の明確さを高めるために、そのテールを使用して特定の UI 要素をターゲットとすることができます。A teaching tip can target a specific UI element with its tail to enhance contextual clarity of the information it is presenting.

保存ボタンをターゲットに指定した教育のヒントが表示されているサンプル アプリ。

表示される情報が特定の UI 要素に関連しない場合、テールを削除することによって、ターゲットを指定しない教育のヒントを作成できます。When the information presented does not pertain to a particular UI element, a nontargeted teaching tip can be created by removing the tail.

教育のヒントが右下隅に表示されているサンプル アプリ。

教育のヒントでは、ユーザーが上の隅にある [X] ボタンまたは下部にある [閉じる] ボタンを使用して閉じることを必須にできます。A teaching tip can require the user to dismiss it via an "X" button in a top corner or a "Close" button at the bottom. 教育のヒントでは、簡易非表示を有効にすることもでき、この場合は閉じるボタンが表示されません。代わりに、教育のヒントは、ユーザーがスクロールしたりアプリケーションの他の要素とやり取りしたりすると閉じられます。A teaching tip may also be light-dismiss enabled in which case there is no dismiss button and the teaching tip will instead dismiss when a user scrolls or interacts with other elements of the application. このような動作であるため、スクロール可能な領域にヒントを配置する必要がある場合は、簡易非表示のヒントが最適なソリューションとなります。Because of this behavior, light-dismiss tips are the best solution when a tip needs to be placed in a scrollable area.

簡易非表示の教育のヒントが右下隅に表示されているサンプル アプリ。

教育のヒントを作成するCreate a teaching tip

ここでは、タイトルとサブタイトルが付いた TeachingTip の既定の外観を示す、ターゲットを指定した教育のヒント コントロールの XAML を扱います。Here's the XAML for a targeted teaching tip control that demonstrates the default look of the TeachingTip with a title and subtitle. なお、教育のヒントは要素ツリーまたはコード ビハインドの任意の場所に表示できます。Note that the teaching tip can appear anywhere in the element tree or code behind. 以下の例では ResourceDictionary 内に配置されます。In this example below, it's located in a ResourceDictionary.

XAMLXAML

<Button x:Name="SaveButton" Content="Save">
    <Button.Resources>
        <controls:TeachingTip x:Name="AutoSaveTip"
            Target="{x:Bind SaveButton}"
            Title="Save automatically"
            Subtitle="When you save your file to OneDrive, we save your changes as you go - so you never have to.">
        </controls:TeachingTip>
    </Button.Resources>
</Button>

C#C#

public MainPage()
{
    this.InitializeComponent();

    if(!HaveExplainedAutoSave())
    {
        AutoSaveTip.IsOpen = true;
        SetHaveExplainedAutoSave();
    }
}

ボタンと教育のヒントを含むページが表示される場合の結果を次に示します。Here's the result when the Page containing the button and teaching tip is shown:

保存ボタンをターゲットに指定した教育のヒントが表示されているサンプル アプリ。

ターゲット非指定のヒントNon-targeted tips

すべてのヒントが画面の要素に関連しているわけではありません。Not all tips relate to an element onscreen. これらのシナリオでは Target プロパティを設定しないでください。代わりに、教育のヒントは XAML ルートの端を基準として表示されます。For these scenarios, do not set the Target property and the teaching tip will instead display relative to the edges of the xaml root. ただし教育のヒントでは、TailVisibility プロパティを "Collapsed" に設定することによって、UI 要素を基準とした配置を維持しながらテールを削除することができます。However, a teaching tip can have the tail removed while retaining placement relative to a UI element by setting the TailVisibility property to "Collapsed". 次の例は、ターゲット非指定の教育のヒントを表しています。The following example is of a non-targeted teaching tip.

XAMLXAML

<Button x:Name="SaveButton" Content="Save" />

<controls:TeachingTip x:Name="AutoSaveTip"
    Title="Saving automatically"
    Subtitle="We save your changes as you go - so you never have to.">
</controls:TeachingTip>

この例では、TeachingTip が ResourceDictionary やコード ビハインドではなく要素ツリー内にあることに注意してください。Note that in this example the TeachingTip is in the element tree rather than in a ResourceDictionary or in code behind. これは動作に影響せず、TeachingTip は開いたときにのみ表示され、レイアウト スペースを占有しません。This has no effect on behavior; the TeachingTip only displays when opened, and takes up no layout space.

教育のヒントが右下隅に表示されているサンプル アプリ。

推奨される配置Preferred placement

教育のヒントは TeachingTipPlacementMode プロパティを使用して、ポップアップの FlyoutPlacementMode 配置動作を複製します。Teaching tip replicates Flyout's FlyoutPlacementMode placement behavior with the TeachingTipPlacementMode property. 既定の配置モードでは、ターゲット指定の教育のヒントはターゲットの上に配置しようとし、ターゲット非指定の教育のヒントは XAML ルートの下部中央に配置しようとします。The default placement mode will try to place a targeted teaching tip above its target and a non-targeted teaching tip centered at the bottom of the xaml root. ポップアップと同様に、優先配置モードでは教育のヒントを表示するスペースがない場合は、別の配置モードが自動的に選択されます。As with Flyout, if the preferred placement mode would not leave room for the teaching tip to show, another placement mode will be automatically chosen.

ゲームパッド入力を予測するアプリケーションの場合は、「ゲームパッドとリモコンの操作」を参照してください。For applications that predict gamepad input, please see gamepad and remote control interactions. アプリの UI で考えられるすべての構成を使用して、それぞれの教育のヒントについてのゲームパッドのアクセシビリティをテストすることをお勧めします。It is encouraged to test gamepad accessibility of each teaching tip using all possible configurations of an app's UI.

PreferredPlacement が "BottomLeft" に設定されたターゲット指定の教育のヒントは、テールがターゲットの下部中央に配置され、教育のヒントの本文が左寄せされた状態で表示されます。A targeted teaching tip with its PreferredPlacement set to "BottomLeft" will appear with the tail centered at the bottom of its target with the teaching tip's body shifted toward the left.

XAMLXAML

<Button x:Name="SaveButton" Content="Save">
    <Button.Resources>
        <controls:TeachingTip x:Name="AutoSaveTip"
            Target="{x:Bind SaveButton}"
            Title="Saving automatically"
            Subtitle="We save your changes as you go - so you never have to."
            PreferredPlacement="BottomLeft">
        </controls:TeachingTip>
    </Button.Resources>
</Button>

左下隅の教育のヒントによってターゲットに指定された [保存] ボタンがあるサンプル アプリ。

PreferredPlacement が "BottomLeft" に設定されたターゲット非指定の教育のヒントが、XAML ルートの左下隅に表示されます。A non-targeted teaching tip with its PreferredPlacement set to "BottomLeft" will appear in the bottom left corner of the xaml root.

XAMLXAML

<Button x:Name="SaveButton" Content="Save" />

<controls:TeachingTip x:Name="AutoSaveTip"
    Title="Saving automatically"
    Subtitle="We save your changes as you go - so you never have to."
    PreferredPlacement="BottomLeft">
</controls:TeachingTip>

教育のヒントが左下隅に表示されているサンプル アプリ。

次の図は、ターゲット指定の教育のヒントに対して設定できる 13 個の PreferredPlacement モードすべての結果を示しています。The diagram below depicts the result of all 13 PreferredPlacement modes that can be set for targeted teaching tips. それぞれ異なるターゲット指定の配置モードを示す、13 個の教育のヒントを含む図。Illustration containing 13 teaching tips, each demonstrating a different targeted placement mode. 個々の教育のヒントには、それぞれが表すモードを示すラベルが付いています。Each teaching tip is labeled with the mode it represents. 配置モードの最初の単語は、教育のヒントが中央に表示されるターゲットの面を示しています。 The first word of a placement mode indicates the side of the target that the teaching tip will appear centered on. 教育のヒントのテールはターゲットのその面の中央に常に配置され、ターゲットの方向を向きます。The tail of the teaching tip will always be located at the center of that side of the target and will point towards the target. 配置モードに 2 番目の単語がある場合、教育のヒントの本文は中央揃えされず、指定された方向にシフトされます。If there is a second word in the placement mode, the body of the teaching tip will not be centered, but will instead be shifted in the specified direction. たとえば、配置モードが "TopRight" の場合、教育のヒントはターゲットの上方で右にシフトされて表示され、テールはターゲットの上端の中央で下向きに表示されます。For example, the placement mode "TopRight" will make the teaching tip appear above the target and shifted right, with its tail pointing down at the center of the target's top edge. 本文が右にシフトされているため、テールは教育のヒントの本文のほぼ左端にあり、教育のヒントはターゲットの右端を越えて延びています。Because the body is shifted right, the tail is almost on the leftmost edge of the body of the teaching tip, and the teaching tip extends past the right edge of the target. 配置モード "Center" は独特で、教育のヒントのテールがターゲットの中央を指し、教育のヒントはターゲットの上半分で中央揃えされます。The placement mode "Center" in unique and will make the teaching tip's tail point at the center of the target and the teaching tip will be centered over the top half of the target.

次の図は、ターゲット非指定の教育のヒントに対して設定できる 13 個の PreferredPlacement モードすべての結果を示しています。The diagram below depicts the result of all 13 PreferredPlacement modes that can be set for non-targeted teaching tips. それぞれ異なるターゲット非指定の配置モードを示す、9 個の教育のヒントを含む図。Illustration containing nine teaching tips, each demonstrating a different non-targeted placement mode. 個々の教育のヒントには、それぞれが表すモードを示すラベルが付いています。Each teaching tip is labeled with the mode it represents. 配置モードの最初の単語は、教育のヒントが中央に表示される XAML ルートの面を示しています。 The first word of a placement mode indicates the side of the xaml root that the teaching tip will appear centered on. 配置モードに 2 番目の単語がある場合、教育のヒントは XAML ルートのその指定された隅の方向に配置されます。 If there is a second word in the placement mode, the teaching tip will position itself toward that specified corner of the xaml root. たとえば、配置モードが "TopRight" の場合、教育のヒントは XAML ルートの右上隅に表示されます。For example, the placement mode "TopRight" will make the teaching tip appear in the top right corner of the xaml root. ターゲット非指定の配置モードでは、2 つの単語の順序は配置に影響しません。For non-targeted placement modes, the order of the two words does not affect the placement. TopRight は RightTop と同じです。TopRight is equivalent to RightTop. 配置モード "Center" は独特で、教育のヒントは XAML ルートの垂直方向および水平方向の中央に表示されます。 The placement mode "Center" in unique and will make the teaching tip appear in the vertical and horizontal center of the xaml root.

配置の余白を追加するAdd a placement margin

ターゲット指定された教育のヒントをターゲットからどの程度離すか、およびターゲット非指定の教育のヒントを XAML ルートの端からどの程度離すかを、PlacementMargin プロパティを使用して制御できます。You can control how far a targeted teaching tip is set apart from its target and how far a non-targeted teaching tip is set apart from the edges of the xaml root by using the PlacementMargin property. Margin と同じように、PlacementMargin には left、right、top、および bottom の 4 つの値があり、関連する値のみが使用されます。Like Margin, PlacementMargin has four values – left, right, top, and bottom – so only the relevant values are used. たとえば、ヒントがターゲットの左側にあるか、XAML ルートの左端にある場合は PlacementMargin.Left が適用されます。For example, PlacementMargin.Left applies when the tip is left of the target or on the left edge of the xaml root.

次の例では、PlacementMargin の Left/Top/Right/Bottom がすべて 80 に設定された場合のターゲット非指定のヒントを示しています。The following example shows a non-targeted tip with the PlacementMargin’s Left/Top/Right/Bottom all set to 80.

XAMLXAML

<Button x:Name="SaveButton" Content="Save" />

<controls:TeachingTip x:Name="AutoSaveTip"
    Title="Saving automatically"
    Subtitle="We save your changes as you go - so you never have to."
    PreferredPlacement="BottomLeft"
    PlacementMargin="80">
</controls:TeachingTip>

右下隅の方向 (完全に右下隅ではない) に配置されている教育のヒントを表示するサンプル アプリ。

コンテンツを追加するAdd content

Content プロパティを使用して、教育のヒントにコンテンツを追加できます。Content can be added to a teaching tip using the Content property. 教育のヒントのサイズで収納できるコンテンツよりも多くのコンテンツを表示する場合、ユーザーがコンテンツ領域をスクロールできるスクロール バーが自動的に有効になります。If there is more content to show than what the size of a teaching tip will allow, a scrollbar will be automatically enabled to allow a user to scroll the content area.

XAMLXAML

<Button x:Name="SaveButton" Content="Save">
    <Button.Resources>
        <controls:TeachingTip x:Name="AutoSaveTip"
            Target="{x:Bind SaveButton}"
            Title="Saving automatically"
            Subtitle="We save your changes as you go - so you never have to.">
                <StackPanel>
                    <CheckBox x:Name="HideTipsCheckBox" Content="Don't show tips at start up" IsChecked="{x:Bind HidingTips, Mode=TwoWay}" />
                    <TextBlock>You can change your tip preferences in <Hyperlink NavigateUri="app:/item/SettingsPage">Settings</Hyperlink> if you change your mind.</TextBlock>
                </StackPanel>
        </controls:TeachingTip>
    </Button.Resources>
</Button>

保存ボタンをターゲットに指定した教育のヒントが表示されているサンプル アプリ。

ボタンを追加するAdd buttons

既定では、標準の閉じるボタン "X" が、教育のヒントのタイトルの横に表示されます。By default, a standard "X" close button is shown next to the title of a teaching tip. 閉じるボタンは CloseButtonContent プロパティを使用してカスタマイズできます。その場合、ボタンは教育のヒントの下部に移動します。The Close button can be customized with the CloseButtonContent property, in which case the button is moved to the bottom of the teaching tip.

注:簡易非表示が有効なヒントの場合、閉じるボタンは表示されませんNote: No close button will appear on light-dismiss enabled tips

ActionButtonContent プロパティ (および必要に応じて、ActionButtonCommand および ActionButtonCommandParameter プロパティ) を設定して、カスタム アクション ボタンを追加できます。A custom action button can be added by setting ActionButtonContent property (and optionally the ActionButtonCommand and the ActionButtonCommandParameter properties).

XAMLXAML

<Button x:Name="SaveButton" Content="Save">
    <Button.Resources> 
        <controls:TeachingTip x:Name="AutoSaveTip"
            Target="{x:Bind SaveButton}"
            Title="Saving automatically"
            Subtitle="We save your changes as you go - so you never have to."
            ActionButtonContent="Disable"
            ActionButtonCommand="DisableAutoSave"
            CloseButtonContent="Got it!">
                <StackPanel>
                    <CheckBox x:Name="HideTipsCheckBox" Content="Don't show tips at start up" IsChecked="{x:Bind HidingTips, Mode=TwoWay}" />
                    <TextBlock>You can change your tip preferences in <Hyperlink NavigateUri="app:/item/SettingsPage">Settings</Hyperlink> if you change your mind.</TextBlock>
                </StackPanel>
        </controls:TeachingTip>
    </Button.Resources>
</Button>

保存ボタンをターゲットに指定した教育のヒントが表示されているサンプル アプリ。

ヒーロー コンテンツHero content

HeroContent プロパティを設定することによって、端から端までのコンテンツを教育のヒントに追加できます。Edge to edge content can be added to a teaching tip by setting the HeroContent property. ヒーロー コンテンツの場所は、HeroContentPlacement プロパティを設定して教育のヒントの上または下に設定できます。The location of hero content can be set to the top or bottom of a teaching tip by setting the HeroContentPlacement property.

XAMLXAML

<Button x:Name="SaveButton" Content="Save">
    <Button.Resources> 
        <controls:TeachingTip x:Name="AutoSaveTip"
            Target="{x:Bind SaveButton}"
            Title="Saving automatically"
            Subtitle="We save your changes as you go - so you never have to.">
            <controls:TeachingTip.HeroContent>
                <Image Source="Assets/cloud.png" />
            </controls:TeachingTip.HeroContent>
        </controls:TeachingTip>
    </Button.Resources>
</Button>

保存ボタンをターゲットに指定した教育のヒントが表示されているサンプル アプリ。

アイコンを追加するAdd an icon

IconSource プロパティを使用して、タイトルおよびサブタイトルの横にアイコンを追加できます。An icon can be added beside the title and subtitle using the IconSource property. 推奨されるアイコンのサイズは 16px、24px、および 32px です。Recommended icon sizes include 16px, 24px, and 32px.

XAMLXAML

<Button x:Name="SaveButton" Content="Save">
    <Button.Resources>
        <controls:TeachingTip x:Name="AutoSaveTip"
            Target="{x:Bind SaveButton}"
            Title="Saving automatically"
            Subtitle="We save your changes as you go - so you never have to."
            <controls:TeachingTip.IconSource>
                <controls:SymbolIconSource Symbol="Save" />
            </controls:TeachingTip.IconSource>
        </controls:TeachingTip>
    </Button.Resources>
</Button>

保存ボタンをターゲットに指定した教育のヒントが表示されているサンプル アプリ。

簡易非表示を有効にするEnable light-dismiss

簡易非表示機能は既定では無効になっていますが、これを有効にすることで、たとえばユーザーがスクロールしたり、アプリケーションの他の要素とやり取りしたりしたときに、教育のヒントが閉じるようにすることができます。Light-dismiss functionality is disabled by default but it can enabled so that a teaching tip will dismiss, for example, when a user scrolls or interacts with other elements of the application. このような動作であるため、スクロール可能な領域にヒントを配置する必要がある場合は、簡易非表示のヒントが最適なソリューションとなります。Because of this behavior, light-dismiss tips are the best solution when a tip needs to be placed in a scrollable area.

簡易非表示が有効な教育のヒントからは、閉じるボタンが自動的に削除され、簡易非表示の動作であることがユーザーに示されます。The close button will be automatically removed from a light-dismiss enabled teaching tip to identify its light-dismiss behavior to users.

XAMLXAML

<Button x:Name="SaveButton" Content="Save" />

<controls:TeachingTip x:Name="AutoSaveTip"
    Title="Saving automatically"
    Subtitle="We save your changes as you go - so you never have to."
    IsLightDismissEnabled="True">
</controls:TeachingTip>

簡易非表示の教育のヒントが右下隅に表示されているサンプル アプリ。

XAML ルートの境界をエスケープするEscaping the xaml root bounds

Windows のバージョン 19H1 以上では、ShouldConstrainToRootBounds プロパティを設定することによって、教育のヒントは XAML ルートと画面の境界をエスケープすることができます。On Windows version 19H1 and above, a teaching tip can escape the bounds of the xaml root and the screen by setting the ShouldConstrainToRootBounds property. このプロパティを有効にすると、教育のヒントは XAML ルートの境界の内側または画面に留まろうとせず、PreferredPlacement モードで設定された位置に常に配置されます。When this property is enabled, a teaching tip will not attempt to stay in the bounds of the xaml root nor the screen and will always position at the set PreferredPlacement mode. 最適なユーザー エクスペリエンスを確保するには、IsLightDismissEnabled プロパティを有効にして、XAML ルートの中央に最も近い PreferredPlacement モードを設定することをお勧めします。It is encouraged to enable the IsLightDismissEnabled property and set the PreferredPlacement mode nearest to the center of the xaml root to ensure the best experience for users.

以前のバージョンの Windows では、このプロパティは無視され、教育のヒントは常に XAML ルートの境界内に配置されます。On earlier versions of Windows, this property is ignored and the teaching tip always stays within the bounds of the xaml root.

XAMLXAML

<Button x:Name="SaveButton" Content="Save" />

<controls:TeachingTip x:Name="AutoSaveTip"
    Title="Saving automatically"
    Subtitle="We save your changes as you go - so you never have to."
    PreferredPlacement="BottomRight"
    PlacementMargin="-80,-50,0,0"
    ShouldConstrainToRootBounds="False">
</controls:TeachingTip>

教育のヒントがアプリの右下隅の外に出ているサンプル アプリ。

クローズのキャンセルおよび延期Canceling and deferring close

Closing イベントを使用して、教育のヒントのクローズをキャンセルしたり延期したりすることができます。The Closing event can be used to cancel and/or defer the close of a teaching tip. これは教育のヒントを開いたままにしたり、アクションの実行またはカスタム アニメーションの表示の時間を確保するために使用できます。This can be used to keep the teaching tip open or allow time for an action or custom animation to occur. 教育のヒントのクローズをキャンセルすると、IsOpen は true に戻りますが、延期の間は false のままになります。When the closing of a teaching tip is canceled, IsOpen will go back to true, however, it will stay false during the deferral. プログラムによるクローズもキャンセルできます。A programmatic close can also be canceled.

注:教育のヒントの完全な表示を許可する配置オプションが存在しない場合、教育のヒントは、使用可能な閉じるボタンのない状態で表示されるのではなく、閉じることを強制するためにイベントのライフ サイクルを通じて繰り返されます。アプリが Closing イベントをキャンセルした場合、教育のヒントは使用可能な閉じるボタンがない状態で開いたままになることがあります。Note: If no placement option would allow a teaching tip to fully show, teaching tip will iterate through its event lifecycle to force a close rather than display without an accessible close button. If the app cancels the Closing event, the teaching tip may remain open without an accessible Close button.

XAMLXAML

<controls:TeachingTip x:Name="EnableNewSettingsTip"
    Title="New ways to protect your privacy!"
    Subtitle="Please close this tip and review our updated privacy policy and privacy settings."
    Closing="OnTipClosing">
</controls:TeachingTip>

C#C#

public void OnTipClosing(object sender, TeachingTipClosingEventArgs args)
{
    if (args.Reason == TeachingTipCloseReason.CloseButton)
    {
        using(args.GetDeferral())
        {
            bool success = await UpdateUserSettings(User thisUsersID);
            if(!success)
            {
                //We were not able to update the settings! Don't close the tip and display the reason why.
                args.Cancel = true;
                ShowLastErrorMessage();
            }
        }
    }
}

注釈Remarks

推奨事項Recommendations

  • ヒントは一時的なものであるため、アプリケーションのエクスペリエンスにとって重要な情報やオプションを含めるべきではありません。Tips are impermanent and should not contain information or options that are critical to the experience of an application.
  • 教育のヒントを過剰な頻度で表示しないようにしてください。Try to avoid showing teaching tips too often. 教育のヒントは、長いセッションまたは複数のセッションで時間をずらして表示された場合に、個人の注意を惹く可能性が最も高くなります。Teaching tips are most likely to each recieve individual attention when they are staggered throughout long sessions or across multiple sessions.
  • ヒントは簡潔にし、トピックを明確にしてください。Keep tips succinct and their topic clear. 調査によると、ユーザーはヒントを活用するかどうかを決める前に、平均して 3 つから 5 つの単語しか読まず、2 つから 3 つの単語しか理解していません。Research shows users, on average, only read 3-5 words and only comprehend 2-3 words before deciding whether to interact with a tip.
  • 教育のヒントのゲームパッド アクセシビリティは保証されません。Gamepad accessibility of a teaching tip is not guaranteed. ゲームパッド入力を予測するアプリケーションの場合は、「ゲームパッドとリモコンの操作」を参照してください。For applications that predict gamepad input, please see gamepad and remote control interactions. アプリの UI で考えられるすべての構成を使用して、それぞれの教育のヒントについてのゲームパッドのアクセシビリティをテストすることをお勧めします。It is encouraged to test gamepad accessibility of each teaching tip using all possible configurations of an app's UI.
  • 教育のヒントが XAML ルートをエスケープすることを有効にするときは、IsLightDismissEnabled プロパティも有効にして、XAML ルートの中央に最も近い PreferredPlacement モードを設定することをお勧めします。When enabling a teaching tip to escape the xaml root, it is encouraged to also enable the IsLightDismissEnabled property and set the PreferredPlacement mode nearest to the center of the xaml root.

開いている教育のヒントを再構成するReconfiguring an open teaching tip

一部のコンテンツおよびプロパティは、教育のヒントが開いているときに再構成でき、すぐに有効になります。Some content and properties can be reconfigured while the teaching tip is open and will take effect immediately. アイコン プロパティ、アクション ボタン、閉じるボタン、および簡易非表示と明示的非表示との間での再構成など、その他のコンテンツおよびプロパティの場合はいずれも、これらのプロパティの変更を有効にするには、教育のヒントを閉じて再び開く必要があります。Other content and properties, such as the icon property, the Action and Close buttons, and reconfiguring between light-dismiss and explicit-dismiss will all require the teaching tip to be closed and reopened for changes to these properties to take affect. 教育のヒントが開いているときに手動非表示から簡易非表示に非表示動作を変更すると、簡易非表示の動作が有効になる前に、教育のヒントから閉じるボタンが削除され、ヒントが画面に表示されたままになることがあるため注意してください。Note that changing dismissal behavior from manual-dismiss to light-dismiss while a teaching tip is open will cause the teaching tip to have its Close button removed before the light-dismiss behavior is enabled and the tip can remain stuck on-screen.