UWP アプリのコントロールControls for UWP apps

コントロール

UWP アプリ開発では、コントロールは、コンテンツを表示したり、操作を有効にしたりする UI 要素です。In UWP app development, a control is a UI element that displays content or enables interaction. コントロールとは、ユーザー インターフェイスの構成要素です。Controls are the building blocks of the user interface. パターンとは、いくつかのコントロールを組み合わせて、新しいものを作成するためのレシピです。A pattern is a recipe for combining several controls to make something new.

単純なボタンから、グリッド ビューのような強力なデータ コントロールまで、ユーザーが使用できる 45 種類以上のコントロールが用意されています。We provide 45+ controls for you to use, ranging from simple buttons to powerful data controls like the grid view. これらのコントロールは Fluent Design System の一部です。すべでのデバイスやあらゆる画面サイズで見栄えがよく、力強い、スケーラブルな UI を作成できます。These controls are a part of the Fluent Design System and can help you create a bold, scalable UI that looks great on all devices and screen sizes.

このセクションの記事では、UWP アプリにコントロールとパターンを追加するための設計ガイダンスとコーディングの手順を示します。The articles in this section provide design guidance and coding instructions for adding controls & patterns to your UWP app.

はじめにIntro

XAML と C# でコントロールを追加し、スタイルを指定するための一般的な手順とコード例を示します。General instructions and code examples for adding and styling controls in XAML and C#.

コントロールを追加し、イベントを処理する Add controls and handle events
アプリにコントロールを追加するには、3 つの重要な手順があります。アプリの UI にコントロールを追加し、コントロールのプロパティを設定し、コントロールを動作させるためのコードをコントロールのイベント ハンドラーに追加します。There are 3 key steps to adding controls to your app: Add a control to your app UI, set properties on the control, and add code to the control's event handlers so that it does something.

コントロールのスタイル指定 Styling controls
XAML フレームワークを使って、さまざまな方法でアプリの外観をカスタマイズできます。You can customize the appearance of your apps in many ways by using the XAML framework. スタイルを使うと、コントロールのプロパティに値を設定し、その設定を再利用することで、複数のコントロールの外観を統一できます。Styles let you set control properties and reuse those settings for a consistent appearance across multiple controls.

Windows UI ライブラリを入手するGet the Windows UI Library

一部のコントロールは、Windows UI ライブラリでのみ利用できます。Some controls are only available in the Windows UI Library. これを入手する場合は、Windows UI ライブラリの概要とインストール手順に関するページを参照してください。To get it, see the Windows UI Library overview and installation instructions.

アルファベット順インデックスAlphabetical index

特定のコントロールとパターンに関する詳細情報を説明します。Detailed information about specific controls and patterns. (機能別に並べ替えた一覧については、「機能別コントロールのインデックス」をご覧ください。)(For a list sorted by function, see Index of controls by function.)

Microsoft Store から XAML コントロール ギャラリー アプリを入手し、これらのコントロールおよび Fluent Design System の動作を確認します。Get the XAML Controls Gallery app from the Microsoft Store to see these controls and the Fluent Design System in action. このアプリは、この Web サイトの対話型コンパニオンです。The app is an interactive companion to this website. このアプリがインストールされている場合、個々のコントロール ページのリンクを使用して、アプリを起動し、コントロールの動作を確認することができます。When you have it installed, you can use links on individual control pages to launch the app and see the control in action.

XAML コントロール ギャラリー アプリを入手する (Microsoft Store)Get the XAML Controls Gallery app (Microsoft Store)

ソース コード (GitHub) を入手するGet the source code (GitHub)

XAML Controls Gallery screen

その他のコントロールAdditional controls

UWP 開発用の追加のコントロールは、TelerikSyncFusionDevExpressInfragisticsComponentOneActiPro などの企業から入手できます。Additional controls for UWP development are available from companies such as Telerik, SyncFusion, DevExpress, Infragistics, ComponentOne, and ActiPro. これらのコントロールは、カスタム コントロールおよびサービスによって標準システム コントロールを補うことにより、エンタープライズおよび .NET 開発者に追加のサポートを提供します。These controls provide additional support for enterprise and .NET developers by augmenting the standard system controls with custom controls and services.

これらのコントロールの詳しい情報については、GitHub の顧客注文データベース サンプルをご覧ください。If you're interested in learning more about these controls, check out the Customer orders database sample on GitHub. このサンプルでは、Telerik によるデータ グリッド コントロールおよびデータ入力検証を使っています。これは、UWP スイート用の UI の一部となっています。This sample makes use of the data grid control and data entry validation from Telerik, which is part of their UI for UWP suite. UI for UWP スイートは、.NET Foundation を通じてオープン ソース プロジェクトとして利用できる、20 を超えるコントロールのコレクションです。The UI for UWP suite is a collection of over 20 controls that is available as an open source project through the .NET foundation.