アプリケーションの新元号対応Prepare your application for the Japanese era change

注意

2019 年 4 月 1 日に新しい元号名が発表されました。令和です。On April 1, 2019, the new era name was announced: Reiwa (令和). 4 月 25 日、Microsoft は、複数の異なる Windows オペレーティング システム用に、新しい元号名に更新されたレジストリ キーを含むパッケージをリリースしました。On April 25, Microsoft released packages for different Windows operating systems containing the updated registry key with the new era name. お使いのデバイスを更新し、レジストリに新しいキーがあることを確認したうえで、アプリケーションをテストしてください。Update your device and check your registry to see if it has the new key, and then test your application. お使いのオペレーティング システムで更新されたレジストリ キーを受信済みであることを確認するには、このサポート記事をご覧ください。Check this support article to make sure your operating system should have received the updated registry key.

和暦には元号が使用されており、現在のコンピューター時代のほとんどは平成に含まれていました。この元号が、2019 年 5 月 1 日から新元号に変更されます。The Japanese calendar is divided into eras, and for most of the modern age of computing, we've been in the Heisei era; however, on May 1, 2019, a new era will begin. 元号が変わるのは約 30 年ぶりであるため、和暦をサポートしているソフトウェアについてはテストを行い、新元号になっても正しく動作するか確認する必要があります。Because this is the first time in decades for an era to change, software that supports the Japanese calendar will need to be tested to ensure it will function properly when the new era begins.

以下の各セクションでは、新元号への対応としてアプリケーションの準備とテストを実施する方法について説明します。In the following sections, you will learn what you can do to prepare and test your application for the upcoming new era.

注意

テストに使用する変更内容はコンピューター全体の動作に影響するため、テストにはテスト用コンピューターの使用をお勧めします。We recommend that you use a test machine for this, because the changes you make will impact the behavior of the entire machine.

新元号のレジストリ キーを追加するAdd a registry key for the new era

注意

次の手順は、まだ新しいレジストリ キーに更新されていないデバイス用です。The following instructions are meant for devices that have not yet been updated with the new registry key. まず、お使いのデバイスに新しいレジストリ キーが含まれているかどうかを確認し、含まれていない場合は、次の手順を使ってテストします。First check if your device contains the new registry key, and if not, test using the following instructions.

元号が新しくなる前に、互換性の問題が発生しないかテストしておくことが重要です。新しい元号名を使用して、今からテストすることができます。It is important to test for compatibility problems before the era has changed, and you can do so now using the new era name. これを行うには、レジストリ エディターを使用して、新元号のレジストリ キーを追加します。To do this, add a registry key for the new era using Registry Editor:

  1. Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras に移動します。Navigate to Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras.
  2. [編集] > [新規] > [文字列値] を選択し、「2019 05 01」という名前をつけます。Select Edit > New > String Value, and give it the name 2019 05 01.
  3. キーを右クリックし、 [修正] を選択します。Right-click the key and select Modify.
  4. [値のデータ] フィールドに「令和_令_Reiwa_R」と入力します (ここからコピーして貼り付けると簡単です)。In the Value data field, enter 令和_令_Reiwa_R (you can copy and paste from here to make it easier).

これらのレジストリ キーの書式については、「和暦での元号処理」をご覧ください。See Era Handling for the Japanese Calendar to read more about the format for these registry keys.

2019 年 4 月 1 日に新しい元号名が発表されました。On April 1, 2019, the new era name was announced. 4 月 25 日には、サポートされている Windows バージョン用に、その名前を反映した新しいレジストリ キーを含む更新プログラムがリリースされ、アプリケーションで正しく処理できるかどうかを確認できるようになりました。On April 25, an update with a new registry key for supported Windows versions containing the name was released, allowing you to validate that your application handles it properly. この更新は、Windows 10 だけでなく Windows 8 および 7 の以前のサポート対象リリースにも反映されます。This update is being propagated to supported earlier releases of Windows 10, as well as Windows 8 and 7.

プレースホルダーを使用したレジストリ キーは、アプリケーションのテストが終了したら削除できます。You can delete your placeholder registry key once you're finished testing your application. 削除しておくと、Windows の更新時に追加される新しいレジストリ キーに干渉する心配がなくなります。This will ensure it doesn't interfere with the new registry key that will be added when Windows is updated.

デバイスのカレンダー形式を変更するChange your device's calendar format

新元号のレジストリ キーを追加したら、和暦が使用されるようにデバイスを構成する必要があります。Once you've added the registry key for the new era, you need to configure your device to use the Japanese calendar. これを行うために日本語のデバイスは必要ありません。You don't need to have a Japanese-language device to do this. 綿密なテストを行うためには日本語の言語パックをインストールすることもできますが、基本的なテスト用には必須ではありません。For thorough testing, you may want to install the Japanese language pack as well, but it isn't required for basic testing.

和暦が使用されるようにデバイスを構成するには:To configure your device to use the Japanese calendar:

  1. intl.cpl (Windows 検索バーで検索してください) を開きます。Open intl.cpl (search for it from the Windows search bar).
  2. [形式] ドロップダウンから [日本語 (日本)] を選択します。From the Format dropdown, select Japanese (Japan).
  3. [追加の設定] を選択します。Select Additional settings.
  4. [日付] タブを選択します。Select the Date tab.
  5. [カレンダーの種類] ドロップダウンで、 [和暦] ("和暦" とは日本のカレンダーの意味) を選択します。From the Calendar type dropdown, select 和暦 (wareki, the Japanese calendar). 2 番目のオプションが [和暦] ですIt should be the second option.
  6. [OK] をクリックします。Click OK.
  7. [地域] ウィンドウで [OK] をクリックします。Click OK in the Region window.

デバイスは和暦を使用するように構成され、レジストリにある元号が反映されます。Your device should now be configured to use the Japanese calendar, and it will reflect whichever eras are in the registry. 以下は、画面の右下に表示される日付形式の例です。Below is an example of what you might see now in the lower-right corner of the screen:

和暦形式の日付と時刻

デバイスのクロックを調整するAdjust your device's clock

アプリケーションが新元号に対応していることをテストするには、コンピューターのクロックを 2019 年 5 月 1日以降に進める必要があります。To test that your application works with the new era, you must advance your computer's clock to May 1, 2019 or later. 次の手順は Windows 10 用ですが、Windows 8 および 7 でも同様の手順になります。The following instructions are for Windows 10, but Windows 8 and 7 should work similarly:

  1. 画面の右下隅にある日付と時刻の領域を右クリックします。Right-click the date and time area in the lower-right corner of the screen.
  2. [日付と時刻の調整] を選択します。Select Adjust date/time.
  3. 設定アプリの [日付と時刻を変更する] で、 [変更] を選択します。In the Settings app, under Change date and time, select Change.
  4. 日付を 2019 年 5 月 1 日以降に変更します。Change the date to on or after May 1, 2019.

注意

組織の設定により、日付を変更できない場合があります。その場合は、管理者に問い合わせてください。または、プレースホルダーのレジストリ キーを編集して、既に過ぎた日付を設定できます。You may not be able to change the date based on organization settings; if this is the case, talk to your admin. Alternatively, you can edit your placeholder registry key to have a date that has already passed.

アプリケーションをテストするTest your application

では、アプリケーションで新元号を処理できるかどうかをテストしましょう。Now, test out how your application handles the new era. タイムスタンプや日付の選択コントロールなど、日付が表示される場所で表示を確認します。Check places where the date is displayed, such as timestamps and date pickers. 2019 年 5 月 1 日より前の元号 (平成) と 2019 年 5 月 1 日以降の元号 (令和) が正しいことを確認します。Make sure that the era is correct before May 1, 2019 (Heisei, 平成) and after (Reiwa, 令和).

元年Gannen (元年)

和暦の年は通常、 <元号><元号年> という形式で表記します。The format for the Japanese calendar is generally <Era name> <Year of era>. たとえば、2018 年は "平成 30 年" です。For example, the year 2018 is Heisei 30 (平成30年). ただし、各元号の最初の年には特殊な表記法を使用し、" <元号> 1 年" ではなく " <元号> 元年" ** と表記します。However, the first year of an era is special; instead of being <Era name> 1, it is <Era name> 元年 (gannen). このため、平成の最初の年は "平成元年" となります。So, the first year of the Heisei era would be 平成元年 (Heisei gannen). 各アプリケーションでは、新元号の最初の年を適切に処理し、正しく "令和元年" と出力してください。Make sure that your application properly handles the first year of the new era, and correctly outputs 令和元年.

いくつかの WinRT、.NET、Win32 API は、改元を処理できるよう更新されるため、これらを使用する場合にはそれほど心配する必要はありません。There are several WinRT, .NET, and Win32 APIs that will be updated to handle the era change, so if you use them, you shouldn't have to worry too much. ただし、全面的にこれらの API を使用している場合も (解析などの特殊処理を行う場合は特に)、アプリケーションをテストして、動作に問題がないか確認することをお勧めします。However, even if you do rely entirely on these APIs, it's still a good idea to test your application and make sure you get the desired behavior, especially if you are doing anything special with them like parsing.

OS および SDK の最新情報については、「2019 年 5 月の新元号への変更に関する更新」をご覧ください。You can follow along with updates to the OS and SDKs at Updates for May 2019 Japan Era Change.

影響を受けるのは次の API です。The following APIs will be impacted:

WinRTWinRT

.NET.NET

Win32Win32

関連項目See also