アプリのヘルプのガイドラインGuidelines for app help

アプリケーションが複雑な場合には、ユーザーに効果的なヘルプを提供することにより、ユーザー エクスペリエンスを大幅に改善できます。Applications can be complex, and providing effective help for your users can greatly improve their experience. すべてのアプリケーションがユーザーにヘルプを提供する必要があるとは限らず、また提供する必要のあるヘルプの種類もアプリケーションによって大きく異なります。Not all applications need to provide help for their users, and what sort of help should be provided can vary greatly, depending on the application.

ヘルプを提供する場合には、その作成時に次のガイドラインに従います。If you decide to provide help, follow these guidelines when creating it. 有用でないヘルプを提供するくらいなら、ヘルプを提供しないほうがましであるという場合もあります。Help that isn't helpful can be worse than no help at all.

直感的なデザインIntuitive Design

ヘルプのコンテンツをどれだけ充実させたとしても、アプリがユーザーに優れたエクスペリエンスを提供するには、ヘルプに依存することはできません。As useful as help content can be, your app cannot rely on it to provide a good experience for the user. ユーザーは、アプリの重要な機能がすぐに見つからずに使えない場合には、アプリの使用をやめてしまいます。If the user is unable to immediately discover and use the critical functions of your app, the user will not use your app. ヘルプの質と量がどれだけ優れていても、第一印象を変えることはできません。No amount or quality help will change that first impression.

直感的でわかりやすいデザインは、有用なヘルプを作成するための最初の手順です。An intuitive and user-friendly design is the first step to writing useful help. ユーザーが関心を持ち続けて、やがてより高度な機能を使うようになるだけではありません。アプリの主要機能の知識を提供することにより、アプリを使用してその習得を継続するにつれて、知識が蓄積されていきます。Not only does it keep the user engaged for long enough for them to use more advanced features, but it also provides them with knowledge of an app's core functions, which they can build upon as they continue to use the app and learn.

一般的な手順General instructions

ユーザーは問題が発生していない場合には、ヘルプ コンテンツを探すことはありません。ヘルプは問題に対する回答をすばやく効果的に提供する必要があります。A user will not look for help content unless they already have a problem, so help needs to provide a quick and effective answer to that problem. ヘルプが即座に有用でない場合や、ヘルプが複雑すぎる場合は、ユーザーはそれを無視する可能性が高くなります。If help is not immediately useful, or if help is too complicated, then users are more likely to ignore it.

あらゆるヘルプは、次の原則に従う必要があります。All help, no matter what kind, should follow these principles:

  • 理解しやすい: ヘルプがまったく役に混乱させことはありません。Easy to understand: Help that confuses the user is worse than no help at all.

  • 簡単ヘルプを探しているユーザーは、回答をクリアしたいと考えています。Straightforward: Users looking for help want clear answers presented directly to them.

  • 関連ユーザーは、特定の問題を検索する必要はありません。Relevant: Users do not want to have to search for their specific issue. ユーザーはその場面に最も関連があって適切なヘルプ (コンテキスト ヘルプと呼ばれます) がすぐに表示されることを求めています。または容易なナビゲーションのためのインターフェイスが必要です。They want the most relevant help presented straight to them (this is called "Contextual Help"), or they want an easily navigated interface.

  • 接続ユーザーがヘルプを検索すると、ヘルプが表示されます。Direct: When a user looks for help, they want to see help. アプリのヘルプの中に、バグの報告、フィードバックの送信、サービス規定の表示などの機能へのリンクが含まれていてもかまいませんが、If your app includes pages for reporting bugs, giving feedback, viewing term of service, or similar functions, it is fine if your help links to those pages. それらはメインのヘルプ ページの補足として含むものであり、メインのヘルプのコンテンツとなるものではありません。But they should be included as an afterthought on the main help page, and not as items of equal or greater importance.

  • 種類に関係なく、ヘルプは依然としてアプリの一部であり、UI の他の部分として扱う必要があります。Consistent: No matter the type, help is still a part of your app, and should be treated as any other part of the UI. アプリの他の部分と同じ設計原則による、操作性、アクセシビリティ、スタイルが、ヘルプでも採用されている必要があります。The same design principles of usability, accessibility, and style which are used throughout the rest of your app should also be present in the help you offer.

ヘルプの種類Types of help

ヘルプ コンテンツには 3 つの主要なカテゴリがあり、それぞれにメリットと適性があります。There are three primary categories of help content, each with varying strengths and suitable for different purposes. アプリの必要に応じて、これらを組み合わせて使用します。Use any combination of them in your app, depending on your needs.

説明 UIInstructional UI

通常の場合、ユーザーはアプリの主要な機能のすべてを、操作手順を読まなくても使える必要があります。Normally, users should be able to use all the core functions of your app without instruction. 場合によっては、アプリが特定のジェスチャの使用に依存していたり、すぐには自明ではない別の機能がある場合もあります。But sometimes, your app will depend on use of a specific gesture, or there may be secondary features of your app which are not immediately obvious. そのような場合には、説明 UI によってユーザーに特定のタスクの使い方を教えることができます。In this case, instructional UI should be used to educate users with instructions on how to perform specific tasks.

指示 UI のガイドラインを参照してください。See guidelines for instructional UI

アプリ内ヘルプIn-app help

ヘルプを表示する標準的な方法では、ユーザーの要求に応じて、アプリケーション内で表示します。The standard method of presenting help is to display it within the application at the user's request. これを実装するにはいくつかの方法があります。たとえば、ヘルプ ページや、情報の説明などの方法があります。There are several ways in which this can be implemented, such as in help pages or informative descriptions. この方法は、複雑でないユーザーの質問に直接回答する、一般的なヘルプに適しています。This method is ideal for general-purpose help, that directly answers a user's questions without complexity.

アプリ内ヘルプのガイドラインを参照してください。See guidelines for in-app help

外部のヘルプExternal help

詳細なチュートリアル、高度な機能、ヘルプ トピックのライブラリなど、アプリケーション内に収めるには大きすぎるコンテンツは、外部の Web ページへのリンクとすることが適切です。For detailed tutorials, advanced functions, or libraries of help topics too large to fit within your application, links to external web pages are ideal. これらのリンクは、ユーザーをアプリケーションから切り離すため、できる限り慎重に使用します。These links should be used sparingly if possible, as they remove the user from the application experience.

外部ヘルプに関するガイドラインを参照してください。See guidelines for external help