Bluetooth 低エネルギーBluetooth Low Energy

Bluetooth 低エネルギー (LE) は、検出と電力効率に優れたデバイス間の通信用のプロトコルを定義する仕様です。Bluetooth Low Energy (LE) is a specification that defines protocols for discovery and communication between power-efficient devices. デバイスの検出は、汎用アクセス プロファイル (GAP) プロトコルを使って行われます。Discovery of devices is done through the Generic Access Profile (GAP) protocol. 検出後、汎用属性 (GATT) プロトコルを使ってデバイス間の通信が行われます。After discovery, device-to-device communication is done through the Generic Attribute (GATT) protocol. このトピックでは、UWP アプリでの Bluetooth LE の概要を示します。This topic provides a quick overview of Bluetooth LE in UWP apps. Bluetooth LE の詳細については、Bluetooth LE が導入された Bluetooth コア仕様バージョン 4.0 をご覧ください。To see more detail about Bluetooth LE, see the Bluetooth Core Specification version 4.0, where Bluetooth LE was introduced.

Bluetooth LE の役割

GATT とのギャップの役割は、Windows 10 バージョン 1703 で導入されました。GATT and GAP roles were introduced in Windows 10 version 1703

次の名前空間を使って、UWP アプリで GATT および GAP プロトコルを実装できます。GATT and GAP protocols can be implemented in your UWP app by using the following namespaces.

セントラルとペリフェラルCentral and Peripheral

検出での 2 つの主な役割は、セントラルおよびペリフェラルと呼ばれます。The two primary roles of discovery are called Central and Peripheral. 一般に、Windows はセントラル モードで動作し、さまざまなペリフェラル (周辺機器) デバイスに接続します。In general, Windows operates in Central mode and connects to various Peripheral devices.

属性Attributes

Windows の Bluetooth API でよく使用される略語として GATT (汎用属性) があります。A common acronym you will see in the Windows Bluetooth APIs is Generic Attribute (GATT). GATT プロファイルは、2 つの Bluetooth LE デバイスが通信する際のデータの構造と動作のモードを定義します。The GATT Profile defines the structure of data and modes of operation by which two Bluetooth LE devices communicate. 属性は GATT の主要な構成要素です。The attribute is the main building block of GATT. 主な属性の種類として、サービス、特性、記述子があります。The main types of attributes are services, characteristics and descriptors. これらの属性は、クライアントとサーバーでは動作が異なるため、関連するセクションでクライアントとサーバーの対話について説明する方が効率的です。These attributes perform differently between clients and servers, so it is more useful to discuss their interaction in the relevant sections.

一般的なプロファイルでの一般的な属性階層

心拍数のサービスは GATT Server API の形式で表されますThe heart rate service is expressed in GATT Server API form

クライアントとサーバーClient and Server

接続が確立されると、データを格納しているデバイス (通常、小型の IoT センサーやウェアラブル デバイス) はサーバーと呼ばれます。After a connection has been established, the device that contains the data (usually a small IoT sensor or wearable) is known as the Server. そのデータを使用して機能を実行するデバイスは、クライアントと呼ばれます。The device that uses that data to perform a function is known as the Client. たとえば、Windows PC (クライアント) は心拍数モニター (サーバー) からデータを読み取って、ユーザーが最適な運動をしていることを追跡します。For example, a Windows PC (Client) reads data from a heart rate monitor (Server) to track that a user is working out optimally. 詳しくは、「GATT クライアント」と「GATT サーバー」のトピックをご覧ください。For more information, see the GATT Client and GATT Server topics.

ウォッチャーとパブリッシャー (ビーコン)Watchers and Publishers (Beacons)

セントラルとペリフェラルの役割に加えて、オブザーバーとブロードキャスターの役割があります。In addition to the Central and Peripheral roles, there are Observer and Broadcaster roles. ブロードキャスターは、一般的にビーコンと呼ばれ、通信のためにアドバタイズ パケットで提供されている限られた領域を使用するため、GATT 上では通信しません。Broadcasters are commonly referred to as Beacons, they don't communicate over GATT because they use the limited space provided in the Advertisement packet for communication. 同様に、オブザーバーでは、データを受信するために接続を確立する必要はなく、近くのアドバタイズをスキャンします。Similarly, an Observer does not have to establish a connection to receive data, it scans for nearby advertisements. 近くのアドバタイズを監視するように Windows を構成するには、BluetoothLEAdvertisementWatcher クラスを使用します。To configure Windows to observe nearby advertisements, use the BluetoothLEAdvertisementWatcher class. ビーコン ペイロードをブロードキャストするには、BluetoothLEAdvertisementPublisher クラスを使用します。In order to broadcast beacon payloads, use the BluetoothLEAdvertisementPublisher class. 詳細については、アドバタイズに関するトピックを参照してください。For more information, see the Advertisement topic.

関連項目See Also