計算シェーダー (CS) ステージCompute Shader (CS) stage

計算シェーダー (CS) ステージは、高速な汎用コンピューティングを提供し、グラフィックス処理装置 (GPU) 上の多数の並列プロセッサを利用します。The Compute Shader (CS) stage provides high-speed general-purpose computing and takes advantage of the large numbers of parallel processors on the graphics processing unit (GPU). 計算シェーダー ステージは、メモリ共有とスレッド同期機能を提供し、より効果的な並列プログラミング手法を可能にします。The Compute Shader stage provides memory sharing and thread synchronization features to allow more effective parallel programming methods.

計算シェーダーは、多数のスレッドで並列に実行できます。A compute shader can run on many threads in parallel.

計算シェーダーは、DirectCompute テクノロジを使用して、グラフィックス プログラミングを超えて Direct3D を拡張する、HLSL のプログラム可能なシェーダー ステージです。A compute shader is a HLSL-programmable shader stage that expands Direct3D beyond graphics programming, using the DirectCompute technology.

関連トピックRelated topics

計算パイプラインCompute pipeline

グラフィックス パイプラインGraphics pipeline