アプリ サービスと拡張機能の使用

このセクションでは、アプリ サービスを UWP アプリに統合して、アプリ間でデータと機能を共有できるようにする方法について説明します。

トピック 説明
App Service の作成と利用 他のユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリにサービスを提供できる UWP アプリを作成する方法と、それらのサービスを利用する方法について説明します。
ホスト アプリと同じプロセスで実行するようにアプリ サービスを変換する 別のバックグラウンド プロセスで実行されたアプリ サービスのコードを、アプリ サービスのプロバイダーと同じプロセス内で実行されるコードに変換します。
アプリ サービス、拡張機能、パッケージでアプリを拡張する アプリを拡張してコンポーネント化するために使用する技術を判断し、それぞれの概要を確認します。
アプリ拡張機能の作成とホスト ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリの拡張機能を作成してホストすると、Microsoft Store からユーザーがインストールできるパッケージを介してアプリを拡張できます。
ホステッドアプリの作成 スタンドアロンの Windows 10 アプリのように動作するパッケージコンポーネント (アプリやスクリプトファイルなど) を作成します。実行するには、別のホストアプリ (UWP またはパッケージデスクトップアプリ) が必要です。