URI を使ったアプリの起動

このセクションでは、URI (Uniform Resource Identifier) を使って別のアプリから 1 つのアプリを起動し、複数のアプリを使ったシナリオを実現する方法について説明します。

トピック 説明
URI に応じた既定のアプリの起動 URI (Uniform Resource Identifier) に応じて既定のアプリを起動する方法について説明します。 URI を使うと、別のアプリを起動して特定の作業を実行できます。 また、Windows に組み込まれている多くの URI スキームの概要についても説明します。
URI のアクティブ化の処理 URI (Uniform Resource Identifier) スキーム名の既定のハンドラーとしてアプリを登録する方法について説明します。
結果を取得するためのアプリの起動 別のアプリからアプリを起動し、2 つのアプリの間でデータを交換する方法について説明します。 これは、"結果を取得するためのアプリの起動" と呼ばれます。
ms-tonepicker URI スキームを使ったトーンの選択と保存 このトピックでは、ms-tonepicker URI スキームと、このスキームを使ってトーンの選択コントロールを表示し、トーンの選択、トーンの保存、トーンのフレンドリ名を取得する方法について説明します。
Windows 設定アプリの起動 アプリから Windows 設定アプリを起動する方法について説明します。 ここでは、ms-settings URI スキームについて説明します。 Windows 設定アプリを起動して特定の設定ページを表示するには、この URI スキームを使います。
UWP アプリを起動する このトピックでは、ms-windows-store URI スキームについて説明します。 アプリでこの URI スキームを使って、UWP アプリを起動し、Store 内の特定のページを表示できます。
Windows マップ アプリの起動 アプリから Windows マップ アプリを起動する方法について説明します。
People アプリの起動 このトピックでは、ms-people URI スキームについて説明します。 アプリでこの URI スキームを使って People アプリを起動し、特定のアクションを実行できます。
画面切り取りの起動 URI スキームを使用して新しい切り取り領域を開く方法、または切り取りおよびスケッチ アプリを開く方法について説明します。
アプリの URI ハンドラーを使用してアプリを Web サイトで有効にする Web サイト用のアプリ機能をサポートすることで、ユーザーがアプリを利用するように促します。