地図と位置情報の概要

[Windows 10 の UWP アプリ向けに更新。 Windows 8.x の記事については、アーカイブをご覧ください ]

このセクションでは、アプリで地図の表示、マップ サービスの使用、位置情報の検索、ジオフェンスのセットアップを行う方法について説明します。 また、Windows マップ アプリを起動し、特定の地図やルート、ターン バイ ターン方式のルート案内を表示する方法についても説明します。

ヒント アプリで地図と位置情報を使う方法について詳しくは、GitHub の Windows-universal-samples リポジトリから次のサンプルをダウンロードしてください。

地図の表示

Windows.UI.Xaml.Controls.Maps 名前空間の API を使って、アプリで地図を 2D、3D、または Streetside ビューで表示できます。 プッシュピン、画像、図形、XAML UI 要素を使って、関心のあるポイント (POI) を地図に表示できます。 また、タイル画像をオーバーレイしたり、地図の画像を完全に置き換えたりすることもできます。

トピック 説明
マップ認証キーの要求 MapControlWindows.Services.Maps 名前空間のマップ サービスをアプリで使うには、アプリを認証する必要があります。 アプリを認証するには、マップ認証キーを指定する必要があります。 この記事では、Bing Maps Developer Center にマップ認証キーを要求し、アプリに追加する方法について説明します。
2D、3D、Streetside ビューでの地図の表示 MapControl クラスを使って、アプリにカスタマイズできる地図を表示します。 このトピックでは、航空写真 3D ビューと Streetside ビューについても紹介します。
関心のあるポイント (POI) の地図への表示 プッシュピン、画像、図形、XAML UI 要素を使って、関心のあるポイント (POI) を地図に追加します。
地図へのタイル画像のオーバーレイ タイル ソースを使って、地図上にサード パーティ製タイルまたはカスタム タイル画像をオーバーレイします。 タイル ソースを使って、気象データ、人口データ、地質データなどの特殊な情報をオーバーレイすることや、既定の地図を完全に置き換えることができます。

マップ サービスへのアクセス

Windows.Services.Maps 名前空間の API を使って、ルート、ルート案内、ジオコーディング機能をアプリに追加します。 また、ユーザーがオフライン マップを簡単に管理できるように、適切なページで設定アプリを直接起動することもできます。

トピック 説明
マップ認証キーの要求 MapControlWindows.Services.Maps 名前空間のマップ サービスをアプリで使うには、アプリを認証する必要があります。 アプリを認証するには、マップ認証キーを指定する必要があります。 この記事では、Bing Maps Developer Center にマップ認証キーを要求し、アプリに追加する方法について説明します。
関心のあるポイント (POI) の地図への表示 プッシュピン、画像、図形、XAML UI 要素を使って、関心のあるポイント (POI) を地図に追加します。
ルートとルート案内の表示 ルートとルート案内を要求し、アプリで表示します。
ジオコーディングと逆ジオコーディングの実行 住所から地理的な位置への変換 (ジオコーディング) や地理的な位置から住所への変換 (逆ジオコーディング) を行うには、Windows.Services.Maps 名前空間の MapLocationFinder クラスのメソッドを呼び出します。

ユーザーの位置情報の取得

Windows.Devices.Geolocation 名前空間の API を使って、アプリでユーザーの現在の位置情報を取得し、位置情報が変わったときに通知を受けるようにします。 これらの API メンバーは、マップ API のパラメーターでも頻繁に使われます。 Windows.Devices.Geolocation.Geofencing 名前空間の API を使って、ユーザーがジオフェンス (事前定義された地理的領域) に入ったり、ジオフェンスから出たりしたときにアプリで通知を受けるようにします。

トピック 説明
マップ認証キーの要求 MapControlWindows.Services.Maps 名前空間のマップ サービスをアプリで使うには、アプリを認証する必要があります。 アプリを認証するには、マップ認証キーを指定する必要があります。 この記事では、Bing Maps Developer Center にマップ認証キーを要求し、アプリに追加する方法について説明します。
位置認識アプリの設計ガイドライン ユーザーの位置情報にアクセスする必要があるアプリを構築するためのパフォーマンス ガイドラインです。
ユーザーの位置情報の取得 ユーザーの位置情報にアクセスして取得します。
ジオフェンスの設計ガイドライン ジオフェンス機能を利用するアプリのパフォーマンス ガイドラインです。
ジオフェンスのセットアップ アプリでジオフェンスをセットアップし、フォアグラウンドとバックグラウンドで通知を処理する方法について説明します。

Windows マップ アプリの起動

アプリで、ここで示しているように、Windows マップ アプリを起動し、特定の地図やターン バイ ターン方式のルート案内を表示できます。 独自のアプリでマップ機能を直接提供する代わりに、Windows マップ アプリを使ってその機能を提供することを検討してください。 詳しくは、「Windows マップ アプリの起動」をご覧ください。

Windows マップ アプリの例。