スポット広告Interstitial ads

警告

2020年6月1日から、Microsoft Ad 収益化 platform for Windows UWP アプリがシャットダウンされます。As of June 1, 2020, the Microsoft Ad Monetization platform for Windows UWP apps will be shut down. 詳細情報Learn more

このチュートリアルでは、Windows 10 用のユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリとゲームにスポット広告を組み込む方法について説明します。This walkthrough shows how to include interstitial ads in Universal Windows Platform (UWP) apps and games for Windows 10. C# と C++ を使って JavaScript/HTML アプリと XAML アプリにスポット広告を追加する方法を示す完全なサンプル プロジェクトについては、GitHub の広告サンプルをご覧ください。For complete sample projects that demonstrate how to add interstitial ads to JavaScript/HTML apps and XAML apps using C# and C++, see the advertising samples on GitHub.

スポット広告とはWhat are interstitial ads?

アプリやゲームの UI の一部分に表示が限定される標準のバナー広告とは異なり、スポット広告は画面全体に表示されます。Unlike standard banner ads, which are confined to a portion of a UI in an app or game, interstitial ads are shown on the entire screen. 通常、ゲームでは、2 つの基本的な形式が使用されます。Two basic forms are frequently used in games.

  • ペイウォール広告の場合、ユーザーは一定の間隔で広告を視聴する必要があります。With Paywall ads, the user must watch an ad at some regular interval. たとえば、ゲームのレベル間に表示される広告が該当します。For example between game levels:

    whatisaninterstitial

  • 報酬ベースの広告の場合、ユーザーは明示的に特定のメリット (レベルを完了するためのヒントや追加の時間など) を求めていて、アプリのユーザー インターフェイスから広告を初期化します。With Rewards Based ads the user is explicitly seeking some benefit, such as a hint or extra time to complete the level, and initializes the ad through the app’s user interface.

アプリやゲームで使用するために、次の 2 種類のスポット広告が用意されています。ビデオ スポット広告バナー スポット広告です。We provide two types of interstitial ads to use in your apps and games: interstitial video ads and interstitial banner ads.

注意

スポット広告用の API は、ビデオの再生時を除き、どのようなユーザー インターフェイスも処理しません。The API for interstitial ads does not handle any user interface except at the time of video playback. スポット広告をアプリに統合する方法を検討するときは、何をすべきであり何をすべきでないかに関するガイドラインとして、スポットのベスト プラクティスをご覧ください。Refer to the interstitial best practices for guidelines on what to do, and avoid, as you consider how to integrate interstitial ads in your app.

前提条件Prerequisites

スポット広告をアプリに統合するIntegrate an interstitial ad into your app

アプリでスポット広告を表示するには、次のプロジェクトの種類の指示に従います。To show interstitial ads in your app, follow the instructions for project type:

XAML/.NETXAML/.NET

ここでは C# の例を紹介していますが、XAML/.NET プロジェクトでは Visual Basic と C++ もサポートされています。This section provides C# examples, but Visual Basic and C++ are also supported for XAML/.NET projects. 完全な C# コードの例については、「C# を使ったスポット広告のサンプル コード」をご覧ください。For a complete C# code example, see Interstitial ad sample code in C#.

  1. Visual Studio でプロジェクトを開きます。Open your project in Visual Studio.

    注意

    既存のプロジェクトを使用している場合、プロジェクトの Package.appxmanifest ファイルを開き、インターネット (クライアント) 機能が選択されていることを確認します。If you're using an existing project, open the Package.appxmanifest file in your project and ensure that the Internet (Client) capability is selected. アプリでは、テスト広告やライブ広告を受信するためにこの機能が必要になります。Your app needs this capability to receive test ads and live ads.

  2. プロジェクトのターゲットが [Any CPU] (任意の CPU) になっている場合は、アーキテクチャ固有のビルド出力 (たとえば、[x86]) を使うようにプロジェクトを更新します。If your project targets Any CPU, update your project to use an architecture-specific build output (for example, x86). プロジェクトのターゲットが [Any CPU] (任意の CPU) になっていると、次の手順で Microsoft Advertising ライブラリへの参照を正常に追加できません。If your project targets Any CPU, you will not be able to successfully add a reference to the Microsoft advertising library in the following steps. 詳しくは、「プロジェクトのターゲットを "Any CPU" に設定すると参照エラーが発生する」をご覧ください。For more information, see Reference errors caused by targeting Any CPU in your project.

  3. プロジェクトで Microsoft Advertising SDK への参照を追加します。Add a reference to the Microsoft Advertising SDK in your project:

    1. [ソリューション エクスプローラー] ウィンドウで、[参照設定] を右クリックし、[参照の追加] を選択します。From the Solution Explorer window, right click References, and select Add Reference…
    2. [参照マネージャー] で、[Universal Windows] を展開し、[拡張] をクリックして、[Microsoft Advertising SDK for XAML] (バージョン 10.0) の横にあるチェック ボックスをオンにします。In Reference Manager, expand Universal Windows, click Extensions, and then select the check box next to Microsoft Advertising SDK for XAML (Version 10.0).
    3. [参照マネージャー] で、[OK] をクリックします。In Reference Manager, click OK.
  4. アプリの適切なコード ファイル (たとえば、MainPage.xaml.cs またはその他のページのコード ファイル) に、次の名前空間の参照を追加します。In the appropriate code file in your app (for example, in MainPage.xaml.cs or a code file for some other page), add the following namespace reference.

    using Microsoft.Advertising.WinRT.UI;
    
  5. アプリの適切な場所 (たとえば、MainPage またはその他のページ) で、InterstitialAd オブジェクトと、スポット広告のアプリケーション ID および広告ユニット ID を表す複数の文字列フィールドを宣言します。In an appropriate location in your app (for example, in MainPage or some other page), declare an InterstitialAd object and several string fields that represent the application ID and ad unit ID for your interstitial ad. 次のコード例では、myAppId フィールドと myAdUnitId フィールドをスポット広告のテスト値に割り当てています。The following code example assigns the myAppId and myAdUnitId fields to the test values for interstitial ads.

    注意

    InterstitialAd に、対応する広告ユニットがあります。広告ユニットは、コントロールに広告を提供するためにサービスで使用されます。すべての広告ユニットは、広告ユニット IDアプリケーション ID で構成されます。Every InterstitialAd has a corresponding ad unit that is used by our services to serve ads to the control, and every ad unit consists of an ad unit ID and application ID. ここでは、広告ユニット ID とアプリケーション ID のテスト値をコントロールに割り当てます。In these steps, you assign test ad unit ID and application ID values to your control. これらのテスト値は、テスト バージョンのアプリでのみ使用できます。These test values can only be used in a test version of your app. ストアにアプリを発行する前に、 これらのテスト値をパートナーセンターのライブ値に置き換える 必要があります。Before you publish your app to the Store, you must replace these test values with live values from Partner Center.

    InterstitialAd myInterstitialAd = null;
    string myAppId = "d25517cb-12d4-4699-8bdc-52040c712cab";
    string myAdUnitId = "test";
    
  6. 起動時に実行されるコード (たとえば、ページのコンストラクター) 内で、InterstitialAd オブジェクトをインスタンス化し、このオブジェクトのイベント用のイベント ハンドラーを関連付けます。In code that runs on startup (for example, in the constructor for the page), instantiate the InterstitialAd object and wire up event handlers for events of the object.

    myInterstitialAd = new InterstitialAd();
    myInterstitialAd.AdReady += MyInterstitialAd_AdReady;
    myInterstitialAd.ErrorOccurred += MyInterstitialAd_ErrorOccurred;
    myInterstitialAd.Completed += MyInterstitialAd_Completed;
    myInterstitialAd.Cancelled += MyInterstitialAd_Cancelled;
    
  7. ビデオ スポット広告を表示する場合: 広告が必要になる約 30 ~ 60 秒前に、RequestAd メソッドを使用して事前に広告を取得しておきます。If you want to show an interstitial video ad: Approximately 30-60 seconds before you need the ad, use the RequestAd method to pre-fetch the ad. これにより、広告を表示する前に、その広告を要求して準備するための十分な時間が与えられます。This allows enough time to request and prepare the ad before it should be shown. Ad の種類には必ず Adtype. ビデオ を指定してください。Be sure to specify AdType.Video for the ad type.

    myInterstitialAd.RequestAd(AdType.Video, myAppId, myAdUnitId);
    

    バナー スポット広告を表示する場合: 広告が必要になる約 5 ~ 8 秒前に、RequestAd メソッドを使用して事前に広告を取得しておきます。If you want to show an interstitial banner ad: Approximately 5-8 seconds before you need the ad, use the RequestAd method to pre-fetch the ad. これにより、広告を表示する前に、その広告を要求して準備するための十分な時間が与えられます。This allows enough time to request and prepare the ad before it should be shown. Ad 型には必ず Adtype を指定してください。Be sure to specify AdType.Display for the ad type.

    myInterstitialAd.RequestAd(AdType.Display, myAppId, myAdUnitId);
    
  8. ビデオ スポット広告やバナー スポット広告を表示するコード内のポイントで、InterstitialAd を表示する準備ができていることを確認してから、Show メソッドを使用して広告を表示します。At the point in your code where you want to show the interstitial video or interstitial banner ad, confirm that the InterstitialAd is ready to be shown and then show it by using the Show method.

    if (InterstitialAdState.Ready == myInterstitialAd.State)
    {
        myInterstitialAd.Show();
    }
    
  9. InterstitialAd オブジェクトのイベント ハンドラーを定義します。Define the event handlers for the InterstitialAd object.

    void MyInterstitialAd_AdReady(object sender, object e)
    {
        // Your code goes here.
    }
    
    void MyInterstitialAd_ErrorOccurred(object sender, AdErrorEventArgs e)
    {
        // Your code goes here.
    }
    
    void MyInterstitialAd_Completed(object sender, object e)
    {
        // Your code goes here.
    }
    
    void MyInterstitialAd_Cancelled(object sender, object e)
    {
        // Your code goes here.
    }
    
  10. アプリをビルドした後テストして、テスト広告が表示されることを確認します。Build and test your app to confirm it is showing test ads.

HTML/JavaScriptHTML/JavaScript

次の手順では、Visual Studio で JavaScript 用のユニバーサル Windows プロジェクトを作成済みであり、特定の CPU をターゲットとしているものと想定しています。The following instructions assume you have created a Universal Windows project for JavaScript in Visual Studio and are targeting a specific CPU. 完全なコード サンプルについては、「JavaScript を使ったスポット広告のサンプル コード」をご覧ください。For a complete code sample, see Interstitial ad sample code in JavaScript.

  1. Visual Studio でプロジェクトを開きます。Open your project in Visual Studio.

  2. プロジェクトのターゲットが [Any CPU] (任意の CPU) になっている場合は、アーキテクチャ固有のビルド出力 (たとえば、[x86]) を使うようにプロジェクトを更新します。If your project targets Any CPU, update your project to use an architecture-specific build output (for example, x86). プロジェクトのターゲットが [Any CPU] (任意の CPU) になっていると、次の手順で Microsoft Advertising ライブラリへの参照を正常に追加できません。If your project targets Any CPU, you will not be able to successfully add a reference to the Microsoft advertising library in the following steps. 詳しくは、「プロジェクトのターゲットを "Any CPU" に設定すると参照エラーが発生する」をご覧ください。For more information, see Reference errors caused by targeting Any CPU in your project.

  3. プロジェクトで Microsoft Advertising SDK への参照を追加します。Add a reference to the Microsoft Advertising SDK in your project:

    1. [ソリューション エクスプローラー] ウィンドウで、[参照設定] を右クリックし、[参照の追加] を選択します。From the Solution Explorer window, right click References, and select Add Reference…
    2. [参照マネージャー] で、[ユニバーサル Windows] を展開し、[拡張] をクリックして、[Microsoft Advertising SDK for JavaScript] (バージョン 10.0) の横にあるチェック ボックスをオンにします。In Reference Manager, expand Universal Windows, click Extensions, and then select the check box next to Microsoft Advertising SDK for JavaScript (Version 10.0).
    3. [参照マネージャー] で、[OK] をクリックします。In Reference Manager, click OK.
  4. プロジェクトの HTML ファイルの** < 先頭 > **セクションで、プロジェクトの JavaScript による .css および default.js の参照の後に、ad.js への参照を追加します。In the <head> section of the HTML file in the project, after the project’s JavaScript references of default.css and default.js, add the reference to ad.js.

    <script src="//Microsoft.Advertising.JavaScript/ad.js"></script>
    
  5. プロジェクト内の .js ファイルで、InterstitialAd オブジェクトと、スポット広告のアプリケーション ID および広告ユニット ID を含む複数のフィールドを宣言します。In a .js file in your project, declare an InterstitialAd object and several fields that contain the application ID and ad unit ID for your interstitial ad. 次のコード例では、applicationId フィールドと adUnitId フィールドをスポット広告のテスト値に割り当てています。The following code example assigns the applicationId and adUnitId fields to the test values for interstitial ads.

    注意

    InterstitialAd に、対応する広告ユニットがあります。広告ユニットは、コントロールに広告を提供するためにサービスで使用されます。すべての広告ユニットは、広告ユニット IDアプリケーション ID で構成されます。Every InterstitialAd has a corresponding ad unit that is used by our services to serve ads to the control, and every ad unit consists of an ad unit ID and application ID. ここでは、広告ユニット ID とアプリケーション ID のテスト値をコントロールに割り当てます。In these steps, you assign test ad unit ID and application ID values to your control. これらのテスト値は、テスト バージョンのアプリでのみ使用できます。These test values can only be used in a test version of your app. ストアにアプリを発行する前に、 これらのテスト値をパートナーセンターのライブ値に置き換える 必要があります。Before you publish your app to the Store, you must replace these test values with live values from Partner Center.

    var interstitialAd = null;
    var applicationId = "d25517cb-12d4-4699-8bdc-52040c712cab";
    var adUnitId = "test";
    
  6. 起動時に実行されるコード (たとえば、ページのコンストラクター) 内で、InterstitialAd オブジェクトをインスタンス化し、このオブジェクトのイベント ハンドラーを関連付けます。In code that runs on startup (for example, in the constructor for the page), instantiate the InterstitialAd object and wire up event handlers for the object.

    interstitialAd = new MicrosoftNSJS.Advertising.InterstitialAd();
    interstitialAd.onErrorOccurred = errorOccurredHandler;
    interstitialAd.onAdReady = adReadyHandler;
    interstitialAd.onCancelled = cancelledHandler;
    interstitialAd.onCompleted = completedHandler;
    
  7. ビデオ スポット広告を表示する場合: 広告が必要になる約 30 ~ 60 秒前に、RequestAd メソッドを使用して事前に広告を取得しておきます。If you want to show an interstitial video ad: Approximately 30-60 seconds before you need the ad, use the RequestAd method to pre-fetch the ad. これにより、広告を表示する前に、その広告を要求して準備するための十分な時間が与えられます。This allows enough time to request and prepare the ad before it should be shown. 広告の種類として、必ず InterstitialAdType.video を指定してください。Be sure to specify InterstitialAdType.video for the ad type.

    if (interstitialAd) {
        interstitialAd.requestAd(MicrosoftNSJS.Advertising.InterstitialAdType.video, applicationId, adUnitId);
    }
    

    バナー スポット広告を表示する場合: 広告が必要になる約 5 ~ 8 秒前に、RequestAd メソッドを使用して事前に広告を取得しておきます。If you want to show an interstitial banner ad: Approximately 5-8 seconds before you need the ad, use the RequestAd method to pre-fetch the ad. これにより、広告を表示する前に、その広告を要求して準備するための十分な時間が与えられます。This allows enough time to request and prepare the ad before it should be shown. 広告の種類として、必ず InterstitialAdType.display を指定してください。Be sure to specify InterstitialAdType.display for the ad type.

    if (interstitialAd) {
        interstitialAd.requestAd(MicrosoftNSJS.Advertising.InterstitialAdType.display, applicationId, adUnitId);
    }
    
  8. 広告を表示するコード内のポイントで、InterstitialAd の表示準備が整っていることを確認した後、Show メソッドを使用して広告を表示します。At the point in your code where you want to show the ad, confirm that the InterstitialAd is ready to be shown and then show it by using the Show method.

    if (interstitialAd && interstitialAd.state === MicrosoftNSJS.Advertising.InterstitialAdState.ready) {
        interstitialAd.show();
    }
    
  9. InterstitialAd オブジェクトのイベント ハンドラーを定義します。Define the event handlers for the InterstitialAd object.

    function adReadyHandler(sender) {
      // Your code goes here.
    }
    
    function errorOccurredHandler(sender, args) {
      // Your code goes here.
    }
    
    function completedHandler(sender) {
      // Your code goes here.
    }
    
    function cancelledHandler(sender) {
      // Your code goes here.
    }
    
  10. アプリをビルドした後テストして、テスト広告が表示されることを確認します。Build and test your app to confirm it is showing test ads.

C++ (DirectX Interop)C++ (DirectX Interop)

このサンプルでは、Visual Studio で C++ DirectX および XAML アプリ (ユニバーサル Windows) プロジェクトを作成済みであり、特定の CPU アーキテクチャをターゲットとしているものと想定しています。This sample assumes you have created a C++ DirectX and XAML App (Universal Windows) project in Visual Studio and are targeting a specific CPU architecture.  

  1. Visual Studio でプロジェクトを開きます。Open your project in Visual Studio.

  2. プロジェクトで Microsoft Advertising SDK への参照を追加します。Add a reference to the Microsoft Advertising SDK in your project:

    1. [ソリューション エクスプローラー] ウィンドウで、[参照設定] を右クリックし、[参照の追加] を選択します。From the Solution Explorer window, right click References, and select Add Reference…
    2. [参照マネージャー] で、[Universal Windows] を展開し、[拡張] をクリックして、[Microsoft Advertising SDK for XAML] (バージョン 10.0) の横にあるチェック ボックスをオンにします。In Reference Manager, expand Universal Windows, click Extensions, and then select the check box next to Microsoft Advertising SDK for XAML (Version 10.0).
    3. [参照マネージャー] で、[OK] をクリックします。In Reference Manager, click OK.
  3. アプリの適切なヘッダー ファイル (例: DirectXPage.xaml.h) 内で、InterstitialAd オブジェクトと関連するイベント ハンドラー メソッドを宣言します。In an appropriate header file for your app (for example, DirectXPage.xaml.h), declare an InterstitialAd object and related event handler methods.

    Microsoft::Advertising::WinRT::UI::InterstitialAd^ m_interstitialAd;
    void OnAdReady(Object^ sender, Object^ args);
    void OnAdCompleted(Object^ sender, Object^ args);
    void OnAdCancelled(Object^ sender, Object^ args);
    void OnAdError(Object^ sender, Microsoft::Advertising::WinRT::UI::AdErrorEventArgs^ args);
    
  4. 同じヘッダー ファイル内で、スポット広告のアプリケーション ID と広告ユニット ID を表す複数の文字列フィールドを宣言します。In the same header file, declare several string fields that represent the application ID and ad unit ID for your interstitial ad. 次のコード例では、myAppId フィールドと myAdUnitId フィールドをスポット広告のテスト値に割り当てています。The following code example assigns the myAppId and myAdUnitId fields to the test values for interstitial ads.

    注意

    InterstitialAd に、対応する広告ユニットがあります。広告ユニットは、コントロールに広告を提供するためにサービスで使用されます。すべての広告ユニットは、広告ユニット IDアプリケーション ID で構成されます。Every InterstitialAd has a corresponding ad unit that is used by our services to serve ads to the control, and every ad unit consists of an ad unit ID and application ID. ここでは、広告ユニット ID とアプリケーション ID のテスト値をコントロールに割り当てます。In these steps, you assign test ad unit ID and application ID values to your control. これらのテスト値は、テスト バージョンのアプリでのみ使用できます。These test values can only be used in a test version of your app. ストアにアプリを発行する前に、 これらのテスト値をパートナーセンターのライブ値に置き換える 必要があります。Before you publish your app to the Store, you must replace these test values with live values from Partner Center.

    Platform::String^ myAppId = L"d25517cb-12d4-4699-8bdc-52040c712cab";
    Platform::String^ myAdUnitId = L"test";
    
  5. スポット広告を表示するためのコードを追加する .cpp file に、次の名前空間の参照を追加します。In the .cpp file where you want to add code to show an interstitial ad, add the following namespace reference. 次の例では、アプリの DirectXPage.xaml.cpp ファイルにそのコードを追加しているものと想定しています。The following examples assume you are adding the code to DirectXPage.xaml.cpp file in your app.

    using namespace Microsoft::Advertising::WinRT::UI;
    
  6. 起動時に実行されるコード (たとえば、ページのコンストラクター) 内で、InterstitialAd オブジェクトをインスタンス化し、このオブジェクトのイベント用のイベント ハンドラーを関連付けます。In code that runs on startup (for example, in the constructor for the page), instantiate the InterstitialAd object and wire up event handlers for events of the object. 次の例では、InterstitialAdSamplesCpp がプロジェクトの名前空間です。コードでは、必要に応じてこの名前を変更します。In the following example, InterstitialAdSamplesCpp is the namespace for your project; change this name as necessary for your code.

    m_interstitialAd = ref new InterstitialAd();         
    m_interstitialAd->AdReady += ref new Windows::Foundation::EventHandler<Platform::Object ^>
        (this, &InterstitialAdSamplesCpp::DirectXPage::OnAdReady);
    m_interstitialAd->Completed += ref new Windows::Foundation::EventHandler<Platform::Object ^>
        (this, &InterstitialAdSamplesCpp::DirectXPage::OnAdCompleted);
    m_interstitialAd->Cancelled += ref new Windows::Foundation::EventHandler<Platform::Object ^>
        (this, &InterstitialAdSamplesCpp::DirectXPage::OnAdCancelled);
    m_interstitialAd->ErrorOccurred += ref new
        Windows::Foundation::EventHandler<Microsoft::Advertising::WinRT::UI::AdErrorEventArgs ^>
        (this, &InterstitialAdSamplesCpp::DirectXPage::OnAdError);
    
  7. ビデオ スポット広告を表示する場合: スポット広告が必要になる約 30 ~ 60 秒前に、RequestAd メソッドを使用して事前に広告を取得しておきます。If you want to show an interstitial video ad: Approximately 30-60 seconds before you need the interstitial ad, use the RequestAd method to pre-fetch the ad. これにより、広告を表示する前に、その広告を要求して準備するための十分な時間が与えられます。This allows enough time to request and prepare the ad before it should be shown. 広告の種類として、必ず AdType::Video を指定してください。Be sure to specify AdType::Video for the ad type.

    m_interstitialAd->RequestAd(AdType::Video, myAppId, myAdUnitId);
    

    バナー スポット広告を表示する場合: 広告が必要になる約 5 ~ 8 秒前に、RequestAd メソッドを使用して事前に広告を取得しておきます。If you want to show an interstitial banner ad: Approximately 5-8 seconds before you need the ad, use the RequestAd method to pre-fetch the ad. これにより、広告を表示する前に、その広告を要求して準備するための十分な時間が与えられます。This allows enough time to request and prepare the ad before it should be shown. 広告の種類として、必ず AdType::Display を指定してください。Be sure to specify AdType::Display for the ad type.

    m_interstitialAd->RequestAd(AdType::Display, myAppId, myAdUnitId);
    
  8. 広告を表示するコード内のポイントで、InterstitialAd の表示準備が整っていることを確認した後、Show メソッドを使用して広告を表示します。At the point in your code where you want to show the ad, confirm that the InterstitialAd is ready to be shown and then show it by using the Show method.

    if ((InterstitialAdState::Ready == m_interstitialAd->State))
    {
        m_interstitialAd->Show();
    }
    
  9. InterstitialAd オブジェクトのイベント ハンドラーを定義します。Define the event handlers for the InterstitialAd object.

    void DirectXPage::OnAdReady(Object^ sender, Object^ args)
    {
        // Your code goes here.
    }
    
    
    void DirectXPage::OnAdCompleted(Object^ sender, Object^ args)
    {
        // Your code goes here.
    }
    
    void DirectXPage::OnAdCancelled(Object^ sender, Object^ args)
    {
        // Your code goes here.
    }
    
    void DirectXPage::OnAdError(Object^ sender, Microsoft::Advertising::WinRT::UI::AdErrorEventArgs^ args)
    {
        // Your code goes here.
    }
    
  10. アプリをビルドした後テストして、テスト広告が表示されることを確認します。Build and test your app to confirm it is showing test ads.

ライブ広告を表示するアプリをリリースするRelease your app with live ads

  1. アプリでのスポット広告の使用方法がスポット広告のガイドラインに従っていることを確認します。Make sure your use of interstitial ads in your app follows our guidelines for interstitial ads.

  2. パートナーセンターで、 アプリ内広告 ページにアクセスし、 広告ユニットを作成します。In Partner Center, go to the In-app ads page and create an ad unit. 表示するスポット広告の種類に応じて、広告ユニットの種類として、[ビデオ (スポット)] または [バナー (スポット)] を選択します。For the ad unit type, choose Video interstitial or Banner interstitial, depending on what type of interstitial ad you are showing. 広告ユニット ID とアプリケーション ID の両方をメモしておきます。Make note of both the ad unit ID and the application ID.

    注意

    テスト広告ユニットとライブ UWP 広告ユニットでは、アプリケーション ID の値の形式が異なります。The application ID values for test ad units and live UWP ad units have different formats. テスト アプリケーション ID の値は GUID です。Test application ID values are GUIDs. パートナーセンターでライブ UWP ad ユニットを作成すると、ad ユニットの [アプリケーション ID] の値は、常にアプリのストア ID と一致します (たとえば、ストア ID 値は9NBLGGH4R315 のようになります)。When you create a live UWP ad unit in Partner Center, the application ID value for the ad unit always matches the Store ID for your app (an example Store ID value looks like 9NBLGGH4R315).

  3. 必要に応じて、[アプリ内広告] ページの [仲介設定] セクションで設定を構成することで、InterstitialAd の広告仲介を有効にできます。You can optionally enable ad mediation for the InterstitialAd by configuring the settings in the Mediation settings section on the In-app ads page. 広告仲介を使うと、複数の広告ネットワークから広告を表示して、広告収益とアプリ プロモーションの機能を最大限に引き出すことができます。表示される広告には、Taboola や Smaato などの他の有料広告ネットワークからの広告や、Microsoft のアプリ プロモーション キャンペーン用の広告などが含まれます。Ad mediation enables you to maximize your ad revenue and app promotion capabilities by displaying ads from multiple ad networks, including ads from other paid ad networks such as Taboola and Smaato and ads for Microsoft app promotion campaigns.

  4. コードで、テスト ad の単位の値を、パートナーセンターで生成したライブ値に置き換えます。In your code, replace the test ad unit values with the live values you generated in Partner Center.

  5. パートナーセンターを使用して、ストアにアプリを送信します。Submit your app to the Store using Partner Center.

  6. パートナーセンターで、 広告のパフォーマンスレポート を確認します。Review your advertising performance reports in Partner Center.

アプリで複数のスポット広告コントロールの広告ユニットを管理します。Manage ad units for multiple interstitial ad controls in your app

1 つのアプリに複数の InterstitialAd コントロールを使用できます。You can use multiple InterstitialAd controls in a single app. このシナリオでは、各コントロールに異なる広告ユニットを割り当てることをお勧めします。In this scenario, we recommend that you assign a different ad unit to each control. 各コントロールに異なる広告ユニットを使用することで、別々に仲介の設定を構成して、個別の報告データを取得することが可能です。Using different ad units for each control enables you to separately configure the mediation settings and get discrete reporting data for each control. また、これにより、Microsoft のサービスはアプリに提供する広告を最適化できます。This also enables our services to better optimize the ads we serve to your app.

重要

各広告ユニットは 1 つのアプリのみで使用できます。You can use each ad unit in only one app. 同じ広告ユニットを複数のアプリで使うと、その広告ユニットには広告が配信されません。If you use an ad unit in more than one app, ads will not be served for that ad unit.