アプリからのフィードバック Hub の起動Launch Feedback Hub from your app

フィードバック Hub を起動するユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリにコントロール (ボタンなど) を追加してフィードバックを送信することをユーザーにお勧めできます。You can encourage your customers to leave feedback by adding a control (such as a button) to your Universal Windows Platform (UWP) app that launches Feedback Hub. フィードバック Hub は、Windows およびインストール済みアプリでフィードバックを 1 か所で収集できるようにするプレインストール アプリです。Feedback Hub is a preinstalled app that provides a single place to gather feedback on Windows and installed apps. フィードバック Hub を介してアプリ用に送信されるすべてのユーザーのフィードバックが収集され、問題、提案、賛成票を 1 つのレポートで、ユーザーが送信したを確認できるように、パートナー センターで、フィードバック] レポートでユーザーに表示されます。All customer feedback that is submitted for your app through Feedback Hub is collected and presented to you in the Feedback report in Partner Center, so you can see the problems, suggestions, and upvotes that your customers have submitted in one report.

アプリからフィードバック Hub を起動するには、Microsoft Store Services SDK が提供する API を使用します。To launch Feedback Hub from your app, use an API that is provided by the Microsoft Store Services SDK. この API を使用して、設計ガイドラインに準拠したアプリの UI 要素からフィードバック Hub を起動することをお勧めします。We recommend that you use this API to launch Feedback Hub from a UI element in your app that follows our design guidelines.

注意

フィードバック Hub は、デスクトップとモバイルのデバイス ファミリに基づく Windows 10 OS の バージョン 10.0.14271 またはそれ以降を実行しているデバイスのみで利用できます。Feedback Hub is available only on devices that run version 10.0.14271 or later of a Windows 10 OS that is based on the desktop and mobile device families. フィードバック Hub がユーザーのデバイスで利用できる場合にのみ、アプリにフィードバック コントロールを表示することをお勧めします。We recommend that you show a feedback control in your app only if the Feedback Hub is available on the user's device. このトピックのコードは、これを実行する方法を示しています。The code in this topic demonstrates how to do this.

アプリからフィードバック Hub を起動する方法How to launch Feedback Hub from your app

アプリからフィードバック Hub を起動するには、次の手順に従います。To launch Feedback Hub from your app:

  1. Microsoft Store Services SDK をインストールします。Install the Microsoft Store Services SDK.
  2. Visual Studio でプロジェクトを開きます。Open your project in Visual Studio.
  3. ソリューション エクスプローラーで、プロジェクトの [参照設定] ノードを右クリックし、[参照の追加] をクリックします。In Solution Explorer, right-click the References node for your project and click Add Reference.
  4. [参照マネージャー] で、[ユニバーサル Windows] を展開し、[拡張機能] をクリックします。In Reference Manager, expand Universal Windows and click Extensions.
  5. SDK の一覧で、[Microsoft Engagement Framework] の横にあるチェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。In the list of SDKs, click the check box next to Microsoft Engagement Framework and click OK.
  6. プロジェクトで、フィードバック Hub を起動するために、ユーザーに表示するボタンなどのコントロールを追加します。In your project, add the control that you want to show to users to launch Feedback Hub, such as a button. コントロールを次のように構成することをお勧めします。We recommend that you configure the control as follows:

    • コントロールに表示するコンテンツのフォントを Segoe MDL2 Assets に設定します。Set the font of the content shown in the control to Segoe MDL2 Assets.
    • コントロールのテキストを 16 進数の Unicode 文字コード E939 に設定します。Set the text in the control to the hexadecimal Unicode character code E939. これは、Segoe MDL2 アセット フォントで推奨されるフィードバック アイコンの文字コードです。This is the character code for the recommended feedback icon in the Segoe MDL2 Assets font.
    • コントロールの可視性を非表示に設定します。Set the visibility of the control to hidden.

      注意

      フィードバック Hub がユーザーのデバイスで利用できる場合、既定でフィードバック コントロールを非表示にし、初期化コードのみにフィードバック コントロールを表示することをお勧めします。We recommend that you hide your feedback control by default and show it in your initialization code only if the Feedback Hub is available on the user's device. 次の手順は、この処理を実行する方法を示しています。The next step demonstrates how to do this.

      次のコードは、上記のように構成されているボタンの XAML 定義を示しています。The following code demonstrates the XAML definition of a Button that is configured as described above.

      <Button x:Name="feedbackButton" FontFamily="Segoe MDL2 Assets" Content="&#xE939;" HorizontalAlignment="Left" Margin="138,352,0,0" VerticalAlignment="Top" Visibility="Collapsed"  Click="feedbackButton_Click"/>
      
  7. フィードバック コントロールをホストするアプリのページの初期化コードで、StoreServicesFeedbackLauncher クラスの IsSupported 静的メソッドを使用して、フィードバック Hub がユーザーのデバイスで利用できるかどうかを指定します。In your initialization code for the app page that hosts your feedback control, use the static IsSupported method of the StoreServicesFeedbackLauncher class to determine whether the Feedback Hub is available on the user's device. フィードバック Hub は、デスクトップとモバイルのデバイス ファミリに基づく Windows 10 OS の バージョン 10.0.14271 またはそれ以降を実行しているデバイスのみで利用できます。Feedback Hub is available only on devices that run version 10.0.14271 or later of a Windows 10 OS that is based on the desktop and mobile device families.

    このプロパティが true を返す場合、コントロールを表示にします。If this property returns true, make the control visible. 次のコードは、Button に対してこの処理を実行する方法を示しています。The following code demonstrates how to do this for a Button.

    if (Microsoft.Services.Store.Engagement.StoreServicesFeedbackLauncher.IsSupported())
    {
        this.feedbackButton.Visibility = Visibility.Visible;
    }
    

    注意

    フィードバック Hub は現時点では Xbox デバイスではサポートされていませんが、Windows 10 のバージョン 10.0.14271 およびそれ以降を実行している Xbox デバイスでは IsSupported プロパティは現在 true を返します。Although Feedback Hub is not supported on Xbox devices at this time, the IsSupported property currently returns true on Xbox devices that run version 10.0.14271 or later of Windows 10. これは既知の問題で、Microsoft Store Services SDK の今後のリリースで修正される予定です。This is a known issue that will be fixed in a future release of the Microsoft Store Services SDK.

  8. ユーザーがコントロールをクリックすると実行されるイベント ハンドラーで、StoreServicesFeedbackLauncher オブジェクトを取得し、LaunchAsync の静的メソッドを呼び出して、フィードバック Hub アプリを起動します。In the event handler that runs when the user clicks the control, get a StoreServicesFeedbackLauncher object and call the LaunchAsync method to launch the Feedback Hub app. このメソッドには 2 つのオーバーロードがあります。1 つは、パラメーターのないオーバーロードで、もう 1 つは、フィードバックを関連付けるメタデータが含まれる、キーと値のペアのディクショナリを受け取るオーバーロードです。There are two overloads for this method: one without parameters, and another one that accepts a dictionary of key and value pairs that contain metadata that you want to associate with the feedback. 次の例は、ボタンClick イベント ハンドラーでフィードバック Hub を起動する方法を示しています。The following example demonstrates how to launch Feedback Hub in the Click event handler for a Button.

    private async void feedbackButton_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
    {
        var launcher = Microsoft.Services.Store.Engagement.StoreServicesFeedbackLauncher.GetDefault();
        await launcher.LaunchAsync();
    }
    

フィードバック UI の設計に関する推奨事項Design recommendations for your feedback UI

フィードバック Hub を起動するために、Segoe MDL2 Assets フォントと文字コード E939 から次の標準のフィードバック アイコンを表示する UI 要素 (ボタンなど) をアプリに追加することをお勧めします。To launch Feedback Hub, we recommend that you add a UI element in your app (such as a button) that displays the following standard feedback icon from the Segoe MDL2 Assets font and the character code E939.

フィードバック アイコン

また、アプリでフィードバック Hub にリンクするための次の配置オプションを 1 つ以上使用することをお勧めします。We also recommend that you use one or more of the following placement options for linking to Feedback Hub in your app.

  • アプリ バー内で直接Directly in the app bar. 実装に応じて、アイコンのみを使用するか、テキストを追加できます (以下に示すように)。Depending on your implementation, you may wish to use the icon only or add text (as shown below).

    フィードバック アイコン

  • アプリの設定内In your app's settings. これは、フィードバック Hub へのアクセスを提供するより巧妙な方法です。This is a more subtle way to provide access to Feedback Hub. 次の例では、フィードバック リンクがアプリの下にあるリンクとして表示されています。In the example below, the Feedback link appears as one of the links under App.

    フィードバック アイコン

  • イベント駆動型のポップアップ内In an event-driven flyout. これは、Windows フィードバック Hub を起動する前に、特定の質問についてユーザーにたずねる場合に便利です。This is useful when you want to query your customers about a specific question before launching into the Windows Feedback Hub. たとえば、ユーザーがアプリで特定の機能を使用した後、その機能の満足度に関する特定の質問を表示します。For example, after your app uses a certain feature, you might prompt the customer with a specific question about their satisfaction with that feature. ユーザーが質問に応答した場合、アプリでフィードバック Hub が起動します。If the customer chooses to respond, your app launches Feedback Hub.