WinAppDeployCmd.exe ツールを使ったアプリのインストールInstall apps with the WinAppDeployCmd.exe tool

Windows アプリケーションの展開 (WinAppDeployCmd.exe) は、任意の Windows 10 デバイスに Windows 10 PC からユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリをデプロイするために使用できるコマンド ライン ツールです。Windows Application Deployment (WinAppDeployCmd.exe) is a command line tool that can use to deploy a Universal Windows Platform (UWP) app from a Windows 10 PC to any Windows 10 device. このツールを使用すると、そのアプリの Microsoft Visual Studio や、ソリューションがなくても、Windows 10 デバイスが USB で接続されているか、同じサブネットと、アプリ パッケージを展開します。You can use this tool to deploy an app package when the Windows 10 device is connected by USB or available on the same subnet without needing Microsoft Visual Studio or the solution for that app. 最初にパッケージ化することなく、リモート PC や Xbox One にアプリを展開することもできます。You can also deploy the app without packaging first to a remote PC or Xbox One. この記事では、このツールを使って UWP アプリをインストールする方法について説明します。This article describes how to install UWP apps using this tool.

コマンド プロンプトまたはスクリプト ファイルから WinAppDeployCmd ツールを実行する Windows 10 SDK で済みます。You just need the Windows 10 SDK installed to run the WinAppDeployCmd tool from a command prompt or a script file. WinAppDeployCmd.exe でアプリをインストールするときにこれは、使用.appx/.msix ファイルまたは AppxManifest (圧縮しないファイル) を Windows 10 デバイスにアプリをサイドローディングします。When you install an app with WinAppDeployCmd.exe, this uses the .appx/.msix file or AppxManifest(for loose files) to side-load your app onto a Windows 10 device. このコマンドによって、アプリに必要な証明書はインストールされません。This command does not install the certificate required for your app. アプリを実行するには、Windows 10 デバイスは開発者モードになってまたは、証明書をインストールを既にする必要があります。To run the app, the Windows 10 device must be in developer mode or already have the certificate installed.

モバイル デバイスに展開するには、最初にパッケージを作成する必要があります。To deploy to mobile devices, you must first create a package. 詳しくは、こちらをご覧ください。For more information, see here.

WinAppDeployCmd.exeツールは Windows 10 PC:C:\Program Files (x86)\Windows キット\10\bin\<SDK バージョン>\x86\WinAppDeployCmd.exe (基づく、インストール パス、sdk)。The WinAppDeployCmd.exe tool is located here on your Windows 10 PC: C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\<SDK Version>\x86\WinAppDeployCmd.exe (based on your installation path for the SDK).

注意

SDK のバージョン 15063 以降では、SDK はバージョン固有のフォルダー内にサイド バイ サイドでインストールされます。In version 15063 and later of the SDK, the SDK is installed side by side within version-specific folders. 以前の SDK (14393 以前) は、親フォルダーに直接書き込まれます。Previous SDKs (prior to and including 14393) are written directly to the parent folder.

最初に、同じサブネットに、Windows 10 デバイスを接続または USB 接続で Windows 10 コンピューターに直接接続します。First, connect your Windows 10 device to the same subnet or connect it directly to your Windows 10 machine with a USB connection. この記事ではその後、このコマンドの次の構文と例を使って UWP アプリを展開します。Then use the following syntax and examples of this command later in this article to deploy your UWP app:

WinAppDeployCmd の構文とオプションWinAppDeployCmd syntax and options

WinAppDeployCmd.exe で使用される一般的な構文を次に示します。This is the general syntax used for WinAppDeployCmd.exe:

WinAppDeployCmd command -option <argument>

さまざまなコマンドを使用する他の構文例を次に示します。Here are some additional syntax examples for using various commands:

WinAppDeployCmd devices
WinAppDeployCmd devices <x>
WinAppDeployCmd install -file <path> -ip <address>
WinAppDeployCmd install -file <path> -guid <address> -pin <p>
WinAppDeployCmd install -file <path> -ip <address> -dependency <a> <b> 
WinAppDeployCmd install -file <path> -guid <address> -dependency <a> <b>
WinAppDeployCmd uninstall -file <path>
WinAppDeployCmd uninstall -package <name>
WinAppDeployCmd update -file <path>
WinAppDeployCmd list -ip <address>
WinAppDeployCmd list -guid <address>
WinAppDeployCmd deployfiles -file <path> -remotedeploydir <remoterelativepath> -ip <address>
WinAppDeployCmd registerfiles -remotedeploydir <remoterelativepath> -ip <address>
WinAppDeployCmd addcreds -credserver <server> -credusername <username> -credpassword <password> -ip <address>
WinAppDeployCmd getcreds -credserver <server> -ip <address>
WinAppDeployCmd deletecreds -credserver <server> -ip <address>

ターゲット デバイスでアプリをインストール/アンインストールしたり、既にインストールされているアプリを更新したりできます。You can install or uninstall an app on the target device, or you can update an app that's already installed. 既にインストールされているアプリによって保存されたデータや設定を保持するには、install オプションの代わりに update オプションを使います。To keep data or settings saved by an app that's already installed, use the update options instead of the install options.

次の表では、WinAppDeployCmd.exe のコマンドについて説明します。The following table describes the commands for WinAppDeployCmd.exe.

CommandCommand 説明Description
デバイスdevices 利用可能なネットワーク デバイスの一覧を表示します。Show the list of available network devices.
インストールinstall ターゲット デバイスに UWP アプリ パッケージをインストールします。Install a UWP app package to the target device.
updateupdate ターゲット デバイスに既にインストールされている UWP アプリを更新します。Update a UWP app that is already installed on the target device.
listlist ターゲット デバイスに既にインストールされている UWP アプリの一覧を表示します。Show the list of UWP apps installed on the specified target device.
uninstalluninstall 指定したアプリ パッケージをターゲット デバイスからアンインストールします。Uninstall the specified app package from the target device.
deployfilesdeployfiles ターゲット パスにあるルーズ ファイル アプリをデバイスのリモート相対パスにコピーします。Copy over loose file app at the target path to the remote relative path on the device.
registerfilesregisterfiles リモートの展開ディレクトリにルーズ ファイル アプリを登録します。Register the loose file app at the remote deploy directory.
addcredsaddcreds Xbox に資格情報を追加して、アプリを登録するためにネットワークの場所にアクセスすることを許可します。Add credentials to an Xbox to allow it to access a network location for app registration.
getcredsgetcreds ネットワーク共有からアプリケーションを実行するときにターゲットが使用するネットワーク資格情報を取得します。Get network credentials for the target uses when running an application from a network share.
deletecredsdeletecreds ネットワーク共有からアプリケーションを実行するときにターゲットが使用するネットワーク資格情報を削除します。Delete network credentials the target uses when running an application from a network share.

次の表では、WinAppDeployCmd.exe のオプションについて説明します。The following table describes the options for WinAppDeployCmd.exe.

CommandCommand 説明Description
-h (-help)-h (-help) コマンド、オプション、引数を表示します。Show the commands, options and arguments.
-ip-ip ターゲット デバイスの IP アドレス。IP address of the target device.
-g (-guid)-g (-guid) ターゲット デバイスの一意の識別子。Unique identifier of the target device.
-d (-dependency)-d (-dependency) (省略可能) パッケージの依存関係のそれぞれの依存パスを指定します。(Optional) Specifies the dependency path for each of the package dependencies. パスを指定しない場合、ツールはアプリ パッケージのルート ディレクトリと SDK のディレクトリで依存関係を探します。If no path is specified, the tool searches for dependencies in the root directory for the app package and the SDK directories.
-f (-file)-f (-file) インストール、更新、またはアンインストールするアプリ パッケージのファイル パス。File path for the app package to install, update or uninstall.
-p (-package)-p (-package) アンインストールするアプリ パッケージの完全なパッケージ名 The full package name for the app package to uninstall. (list コマンドを使って、デバイスに既にインストールされているパッケージの完全な名前を見つけることができます)。(You can use the list command to find the full names for packages already installed on the device)
-pin-pin ターゲット デバイスとの接続を確立するために求められた場合に指定する PIN。A pin if it is required to establish a connection with the target device. (認証が必要な場合に -pin オプションを指定して再試行するように求められます)(You will be prompted to retry with the -pin option if authentication is required)
-credserver-credserver ターゲットが使用するネットワーク資格情報のサーバー名。The server name of the network credentials for use by the target.
-credusername-credusername ターゲットが使用するネットワーク資格情報のユーザー名。The user name of the network credentials for use by the target.
-credpassword-credpassword ターゲットが使用するネットワーク資格情報のパスワード。The password of the network credentials for use by the target.
-connecttimeout-connecttimeout デバイスに接続するときに使用されるタイムアウト (秒)。The timeout in seconds used when connecting to the device.
-remotedeploydir-remotedeploydir リモート デバイス上のファイルのコピー先の相対ディレクトリ パスと名前。これは既知の自動的に決定されたリモート展開フォルダーになります。Relative directory path/name to copy files over to on the remote device; This will be a well-known, automatically determined remote deployment folder.
-deleteextrafile-deleteextrafile ソース ディレクトリに一致するようにリモート ディレクトリ内の既存のファイルを消去する必要があるかどうかを指定するスイッチ。Switch to indicate whether existing files in the remote directory should be purged to match the source directory.

次の表では、WinAppDeployCmd.exe のオプションについて説明します。The following table describes the options for WinAppDeployCmd.exe.

引数Argument 説明Description
<x><x> タイムアウト (秒単位) Timeout in seconds. (既定値は 10 です)(Default is 10)
<address><address> ターゲット デバイスの IP アドレスと一意の識別子。IP address or unique identifier of the target device.
<a><b> ...<a><b> ... アプリ パッケージの依存関係のそれぞれの依存パス。Dependency path for each of the app package dependencies.
<p><p> 接続を確立するためのデバイス設定に示されている、英数字 PIN。An alpha-numeric pin shown in the device settings to establish a connection.
<パス><path> ファイル システム パス。File system path.
<name><name> アンインストールするアプリ パッケージの完全なパッケージ名。Full package name for the app package to uninstall.
<server><server> ファイル ネットワーク上のサーバー。Server on the file network.
<username><username> ファイル ネットワーク上のサーバーにアクセスできる資格情報のユーザー名。User for the credentials with access to the server on the file network.
<password><password> ファイル ネットワーク上のサーバーにアクセスできる資格情報のパスワード。Password for the credentials with access to the server on the files network.
<remotedeploydir><remotedeploydir> 展開先の場所を基準としたデバイス上のディレクトリ。Directory on device relative to the deployment location

 

WinAppDeployCmd.exe の例WinAppDeployCmd.exe examples

WinAppDeployCmd.exe の構文を使ってコマンド ラインから展開する方法の例を、次に示します。Here are some examples of how to deploy from the command-line using the sytax for WinAppDeployCmd.exe.

展開できるデバイスを表示します。Shows the devices that are available for deployment. コマンドは 3 秒でタイムアウトになります。The command times out in 3 seconds.

WinAppDeployCmd devices 3

お客様の PC のダウンロード ディレクトリに、IP アドレス 192.168.0.1 デバイスとの接続を確立するために A1B2C3 暗証番号 (pin) の使用の Windows 10 デバイスである MyApp.appx パッケージから、アプリをインストールします。Installs the app from MyApp.appx package that is in your PC's Downloads directory to a Windows 10 device with an IP address of 192.168.0.1 with a PIN of A1B2C3 to establish a connection with the device

WinAppDeployCmd install -file "Downloads\MyApp.appx" -ip 192.168.0.1 -pin A1B2C3

指定したパッケージ (その完全な名前に基づく) を、IP アドレスが 192.168.0.1 の Windows 10 デバイスからアンインストールします。Uninstalls the specified package (based on its full name) from a Windows 10 device with an IP address of 192.168.0.1. list コマンドを使って、デバイスにインストールされているパッケージの完全な名前を見つけることができます。You can use the list command to see the full names of any packages that are installed on a device.

WinAppDeployCmd uninstall -package Company.MyApp_1.0.0.1_x64__qwertyuiop -ip 192.168.0.1

IP アドレス 192.168.0.1 が指定されたアプリ パッケージを使用して Windows 10 デバイスに既にインストールされているアプリを更新します。Updates the app that is already installed on the Windows 10 device with an IP address of 192.168.0.1 using the specified app package.

WinAppDeployCmd update -file "Downloads\MyApp.appx" -ip 192.168.0.1

IP アドレスが 192.168.0.1 である PC または Xbox の展開パスの下にある app1_F5 ディレクトリに、AppxManifest と同じフォルダーにあるアプリのファイルを展開します。Deploys the files of an app to a PC or Xbox with an IP address of 192.168.0.1 in the same folder as the AppxManifest to the app1_F5 directory under the deployment path of the device.

WinAppDeployCmd deployfiles -file "C:\apps\App1\AppxManifest.xml" -remotedeploydir app1_F5 -ip 192.168.0.1

IP アドレスが 192.168.0.1 である PC または Xbox の展開パスの app1_F5 ディレクトリにあるアプリを登録します。Registers the app at the app1_F5 directory under the deployment path of the PC or Xbox at 192.168.0.1.

WinAppDeployCmd registerfiles -file app1_F5 -ip 192.168.0.1

WinAppDeployCmd を使用した PC からの Xbox One 展開の実行の設定Using WinAppDeployCmd to set up Run from PC deployment on Xbox One

PC からの実行を利用すると、バイナリをコピーしなくても Xbox One に UWP アプリケーションを展開できます。バイナリは、Xbox と同じネットワーク上のネットワーク共有でホストされます。Run from PC allows you to deploy a UWP application to an Xbox One without copying the binaries over, instead the binaries are hosted on a network share on the same network as the Xbox. そのためには、開発者によりロック解除された Xbox One と、ルーズ ファイル UWP アプリケーションを Xbox がアクセスできるネットワーク ドライブに用意する必要があります。In order to do this, you need a developer unlocked Xbox One, and a loose file UWP application on a network drive that the Xbox can access.

アプリを登録するには、次のコマンドを実行します。Run this to register the app:

WinAppDeployCmd registerfiles -ip <Xbox One IP> -remotedeploydir <location of app> -username <user for network> -password <password for user>

ex. WinAppDeployCmd register files -ip 192.168.0.1 -remotedeploydir \\driveA\myAppLocation -username admin -password A1B2C3