Visual Studio で UWP アプリをパッケージ化するPackage a UWP app with Visual Studio

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリを販売、または他のユーザーに配布するには、パッケージ化する必要があります。To sell your Universal Windows Platform (UWP) app or distribute it to other users, you need to package it. Microsoft Store を通じてアプリを配布しない場合は、アプリ パッケージを直接デバイスにサイドローディングしたり、Web インストールを通じて配布したりすることができます。If you don't want to distribute your app through Microsoft Store, you can sideload the app package directly to a device or distribute it via Web Install. この記事では、Visual Studio を使って UWP アプリ パッケージを構成、作成、テストする方法について説明します。This article describes the process of configuring, creating, and testing a UWP app package using Visual Studio. 基幹業務 (LOB) アプリの管理および展開について詳しくは、エンタープライズ アプリ管理に関するページをご覧ください。For more information about managing and deploying line-of-business (LOB) apps, see Enterprise app management.

Windows 10 では、アプリ パッケージやアプリ バンドルでは、パートナー センターへの完全なアプリ パッケージ アップロード ファイルを提出できます。In Windows 10, you can submit an app package, app bundle, or a complete app package upload file to Partner Center. これらのオプションのうち、パッケージ アップロード ファイルの提出が最適なエクスペリエンスになります。Of these options, submitting a package upload file will provide the best experience.

アプリ パッケージの種類Types of app packages

  • アプリ パッケージ (.appx または .msix)App Package (.appx or .msix)
    デバイスにサイドローディングできる形式でアプリが含まれているファイル。A file that contains your app in a format that can be sideloaded on a device. Visual Studio によって作成されたすべての 1 つのアプリ パッケージ ファイルがないパートナー センターに提出するためのものし、サイドローディングおよびテスト目的にのみ使用する必要があります。Any single app package file created by Visual Studio is not intended to be submitted to Partner Center and should be used for sideloading and testing purposes only. パートナー センターにアプリを提出する場合は、アプリ パッケージ アップロード ファイルを使用します。If you want to submit your app to Partner Center, use the app package upload file.

  • アプリ バンドル (.appxbundle または .msixbundle)App Bundle (.appxbundle or .msixbundle)
    アプリ バンドルは、複数のアプリ パッケージを含めることができるパッケージの種類であり、それぞれ特定のデバイス アーキテクチャをサポートするようにビルドされます。An app bundle is a type of package that can contain multiple app packages, each of which is built to support a specific device architecture. たとえば、アプリ バンドルには x86、x64、および ARM 構成用の別個のアプリ パッケージを含めることができます。For example, an app bundle can contain three separate app packages for the x86, x64, and ARM configurations. アプリ バンドルによってできる限り広範なデバイスでアプリが利用できるようになるため、アプリ バンドルは可能であれば必ず生成してください。App bundles should be generated whenever possible because they allow your app to be available on the widest possible range of devices.

  • アプリ パッケージ アップロード ファイル (.appxupload)App Package Upload File (.appxupload)
    さまざまなプロセッサ アーキテクチャをサポートする複数のアプリ パッケージまたは 1 つのアプリ バンドルを含めることができる 1 つのファイルです。A single file that can contain multiple app packages or an app bundle to support various processor architectures. アプリが Microsoft Store に公開されると、アップロード ファイルにはアプリのパフォーマンスを分析するためのシンボル ファイルも含められます。The upload file also contains a symbol file to Analyze app performance after your app has been published in the Microsoft Store. このファイルは自動的に作成するの公開のパートナー センターに提出して目的として Visual Studio を使ってアプリをパッケージ化している場合。This file will be automatically created for you if you are packaging your app with Visual Studio with the intention of submitting it to Partner Center for publishing. ことが重要では、申請だけでは有効なアプリ パッケージ パートナー センター Visual Studio を使って作成できることに注意してください。It's important to note that these are the only valid app package Partner Center submissions that can be created using Visual Studio.

アプリ パッケージを準備して作成する手順の概要は次のとおりです。Here is an overview of the steps to prepare and create an app package:

  1. アプリ パッケージを作成する前にBefore packaging your app. パートナー センターへの申請にパッケージ化する準備ができたらことを確認します。 次の手順に従います。Follow these steps to ensure your app is ready to be packaged for Partner Center submission.
  2. アプリ パッケージを構成するConfigure an app package. Visual Studio マニフェスト デザイナーを使って、パッケージを構成します。Use the Visual Studio manifest designer to configure the package. たとえば、タイル画像を追加し、アプリでサポートされる向きを選びます。For example, add tile images and choose the orientations your app supports.
  3. アプリ パッケージ アップロード ファイルを作成するCreate an app package upload file. Visual Studio のアプリ パッケージ ウィザードを使ってアプリ パッケージを作成してから、Windows アプリ認定キットを使ってそのパッケージを認定します。Use the Visual Studio app package wizard to create an app package, then certify your package with the Windows App Certification Kit.
  4. アプリ パッケージをサイドローディングするSideload your app package. アプリをサイドローディングした後、そのアプリが期待どおりに動作することをテストできます。After sideloading your app to a device, you can test that it works as you expect it to.

これらの手順を完了したら、アプリを配布できるようになります。After you have completed the steps above, you are ready to distribute your app. 内部ユーザー専用であることを販売する予定がない基幹業務 (LOB) アプリの場合は、サイドローディングに任意の windows 10 デバイスにインストールするには、このアプリをできます。If you have a line-of-business (LOB) app that you don't plan to sell because it's for internal users only, you can sideload this app to install it on any Windows10 device.

アプリ パッケージを作成する前にBefore packaging your app

  1. アプリをテストする。Test your app. パートナー センターへの申請用にアプリをパッケージ化する前に、サポートするために予定しているすべてのデバイス ファミリで期待どおりに動作を確認します。Before you package your app for Partner Center submission, make sure it works as expected on all device families that you plan to support. これらのデバイス ファミリには、デスクトップ、モバイル、Surface Hub、Xbox、IoT デバイスなどが含まれる場合があります。These device families may include desktop, mobile, Surface Hub, Xbox, IoT devices, or others.
  2. アプリを最適化する。Optimize your app. Visual Studio のプロファイリングおよびデバッグ ツールを使って、UWP アプリのパフォーマンスを最適化できます。You can use Visual Studio’s profiling and debugging tools to optimize the performance of your UWP app. たとえば、UI 応答のタイムライン ツール、メモリ使用率のツール、CPU 使用率のツールを使えます。For example, the Timeline tool for UI responsiveness, the Memory Usage tool, the CPU Usage tool, and more. これらのコマンド ライン ツールについて詳しくは、プロファイリング機能ツアーに関するページをご覧ください。For more information about these tools, see the Profiling Feature Tour topic.
  3. .NET ネイティブ互換性を確認する (VB と C# のアプリの場合)。Check .NET Native compatibility (for VB and C# apps). ユニバーサル Windows プラットフォームには、アプリの実行時のパフォーマンスを向上させるネイティブ コンパイラがあります。In the Universal Windows Platform, there is a native compiler that will improve the runtime performance of your app. この変更により、新しいコンパイル環境でアプリをテストする必要があります。With this change, you should test your app in this compilation environment. 既定では、リリース ビルド構成により、.NET ネイティブ ツール チェーンが可能であるため、重要なのは、このリリース構成でアプリをテストし、想定どおりにアプリが動作することを確認することです。By default, the Release build configuration enables the .NET native toolchain, so it's important to test your app with this Release configuration and check that your app behaves as expected. .NET ネイティブで発生する可能性のあるいくつかの一般的なデバッグの問題について詳しくは、.NET Native Windows ユニバーサル アプリのデバッグに関するブログをご覧ください。Some common debugging issues that can happen with .NET Native are explained in more detail in Debugging .NET Native Windows Universal Apps.

アプリ パッケージを構成するConfigure an app package

アプリ マニフェスト ファイル (Package.appxmanifest) は、アプリ パッケージの作成に必要なプロパティと設定が含まれている XML ファイルです。The app manifest file (Package.appxmanifest) is an XML file that contains the properties and settings required to create your app package. たとえば、アプリ マニフェスト ファイル内のプロパティには、アプリのタイルとして使う画像や、ユーザーがデバイスを回転するときにアプリでサポートされる向きを定義します。For example, properties in the app manifest file describe the image to use as the tile of your app and the orientations that your app supports when a user rotates the device.

Visual Studio のマニフェスト デザイナーを使えば、生の XML を編集することなくマニフェスト ファイルを更新できます。The Visual Studio manifest designer allows you to update the manifest file without editing the raw XML of the file.

マニフェスト デザイナーを使ってパッケージを構成するConfigure a package with the manifest designer

  1. ソリューション エクスプローラーで、UWP アプリのプロジェクト ノードを展開します。In Solution Explorer, expand the project node of your UWP app.
  2. [Package.appxmanifest] ファイルをダブルクリックします。Double-click the Package.appxmanifest file. マニフェスト ファイルが既に XML コード ビューで開かれている場合は、ファイルを閉じるよう指示するプロンプトが Visual Studio で表示されます。If the manifest file is already open in the XML code view, Visual Studio prompts you to close the file.
  3. この時点で、アプリをどのように構成するかを決めることができます。Now you can decide how to configure your app. 各タブには、アプリについて構成可能な情報や、さらに情報が必要なときのためのリンクがあります。Each tab contains information that you can configure about your app and links to more information if necessary.
    Visual Studio マニフェスト デザイナー

    [ビジュアル資産] タブで、UWP アプリに必要なすべての画像があることを確認します。Check that you have all the images that are required for a UWP app on the Visual Assets tab.

    [パッケージ化] タブで、公開するデータを入力できます。From the Packaging tab, you can enter publishing data. ここで、アプリの署名に使う証明書を選べます。This is where you can choose which certificate to use to sign your app. すべての UWP アプリは証明書で署名する必要があります。All UWP apps must be signed with a certificate.

    重要

    Microsoft Store でアプリを公開する場合、アプリが信頼済み証明書で自動的に署名されます。If you're publishing your app in Microsoft Store, your app will be signed with a trusted certificate for you. これにより、ユーザーは関連付けられているアプリの署名証明書をインストールしなくてもアプリをインストールして実行できます。This allows the user to install and run your app without installing the associated app signing certificate.

    アプリを公開せず、アプリ パッケージをサイドローディングするだけの場合、まずパッケージを信頼する必要があります。If you are not publishing your app and simply want to sideload an app package, you first need to trust the package. パッケージを信頼するには、証明書がユーザーのデバイスにインストールされていなければなりません。To trust the package, the certificate must be installed on the user's device. サイドローディングについて詳しくは、「デバイスを開発用に有効にする」をご覧ください。For more information about sideloading, see Enable your device for development.

  4. アプリに必要な編集を行った後に、Package.appxmanifest ファイルを保存します。Save your Package.appxmanifest file after you have made the necessary edits for your app.

Microsoft Store を使ってアプリを配布する場合、Visual Studio は Microsoft Store でパッケージを関連付けることができます。If you are distributing your app via Microsoft Store, Visual Studio can associate your package with the Store. アプリを関連付けると、マニフェスト デザイナーの [パッケージ化] タブの一部のフィールドが自動的に更新されます。When you associate your app, some of the fields in the Packaging tab of the manifest designer are automatically updated.

アプリ パッケージ アップロード ファイルの作成Create an app package upload file

Microsoft Store を通じてアプリを配布するには、アプリ パッケージ (.appx または .msix)、アプリ バンドル (.appxbundle または .msixbundle)、またはアップロード パッケージ (.appxupload)、およびパートナー センターにアプリをパッケージ化された申請を作成する必要があります。To distribute an app through Microsoft Store you must create an app package (.appx or .msix), app bundle (.appxbundle or .msixbundle), or an upload package (.appxupload) and submit the packaged app to Partner Center. アプリ パッケージまたはアプリ バンドルを単独でパートナー センターに提出することはできますが、アップロード パッケージを提出することをお勧めしています。Although it is possible to submit an app package or app bundle to Partner Center alone, you are encouraged to submit an upload package.

注意

アプリ パッケージ アップロード ファイル (.appxupload) では、Visual Studio を使って作成できるパートナー センターの有効なアプリ パッケージの型だけです。The app package upload file (.appxupload) is the only type of valid app package for Partner Center that can be created using Visual Studio. その他の有効なアプリ パッケージは、Visual Studio を使わずに手動で作成することができますOther valid app packages can be created manually, without Visual Studio.

これはアプリ パッケージの作成ウィザードを使って行えます。You can do that by using the Create App Packages wizard. Visual Studio を使ってパートナー センターへの申請に適したパッケージを作成する手順に従います。Follow these steps to create a package suitable for Partner Center submission using Visual Studio.

アプリ パッケージ アップロード ファイルを作成するにはTo create your app package upload file

  1. ソリューション エクスプローラーで、UWP アプリ プロジェクトのソリューションを開きます。In Solution Explorer, open the solution for your UWP app project.
  2. プロジェクトを右クリックし、[ストア] -> [アプリ パッケージの作成] の順に選択します。Right-click the project and choose Store->Create App Packages. このオプションが無効になっているか、まったく表示されない場合は、プロジェクトがユニバーサル Windows プロジェクトであることを確認します。If this option is disabled or does not appear at all, check that the project is a Universal Windows project.
    コンテキスト メニューと [アプリ パッケージの作成] へのナビゲーション

    アプリ パッケージの作成ウィザードが表示されます。The Create App Packages wizard appears.

  3. パートナー センターにアップロードし、次へのパッケージを作成するかどうかを最初のダイアログ ボックスで [はい] を選択します。Select Yes in the first dialog asking if you want to build packages to upload to Partner Center, then click Next.
    ![[パッケージの作成] ダイアログ ウィンドウ

    いいえ、選択した場合、Visual Studio はパートナー センターへの申請には、アプリ パッケージ アップロード (.appxupload) ファイルを生成されません。If you choose No, Visual Studio will not generate the app package upload (.appxupload) file for Partner Center submissions. アプリをサイドローディングして社内デバイスで実行するだけの場合やテスト目的の場合は、このオプションを選ぶことができます。If you only want to sideload your app to run it on internal devices or for testing purposes, then you can select this option. サイドローディングについて詳しくは、「デバイスを開発用に有効にする」をご覧ください。For more information about sideloading, see Enable your device for development.

  4. パートナー センターに、開発者アカウントでサインインします。Sign in with your developer account to Partner Center. まだ開発者アカウントがない場合は、ウィザードで作成できます。If you don't have a developer account yet, the wizard will help you create one.
  5. パッケージのアプリ名を選択するか、既に予約していないパートナー センターで 1 つの場合は、新しいものを予約します。Select the app name for your package, or reserve a new one if you have not already reserved one in Partner Center.
    [アプリ パッケージの作成] ウィンドウのアプリ名の選択画面
  6. 必ず、[パッケージの選択と構成] ダイアログ ボックスで 3 つのアーキテクチャ構成 (x86、x64、ARM) をすべて選択し、できるだけ広範なデバイスにアプリを展開できるようにしてください。Make sure you select all three architecture configurations (x86, x64, and ARM) in the Select and Configure Packages dialog to ensure that your app can be deployed to the widest range of devices. [アプリケーション バンドルの生成] ボックスで [常に行う] を選びます。In the Generate app bundle listbox, select Always. アプリ バンドル (.appxbundle) は、プロセッサ アーキテクチャの種類ごとに構成されているアプリ パッケージのコレクションが含まれているために、1 つのアプリ パッケージ ファイルを優先します。An app bundle (.appxbundle) is preferred over a single app package file because it contains a collection of app packages configured for each type of processor architecture. アプリ バンドルの生成を選ぶと、デバッグおよびクラッシュ分析情報と共に、アプリ バンドルが最終的なアプリ パッケージ アップロード (.appxupload) ファイルに含められます。When you choose to generate the app bundle, the app bundle will be included in the final app package upload (.appxupload) file along with debugging and crash analytic information. どのアーキテクチャを選べばよいかわからない場合や、各種デバイスにより使用されるアーキテクチャについて詳しく調べる場合は、「アプリ パッケージのアーキテクチャ」をご覧ください。If you're unsure which architecture(s) to choose, or want to learn more about which architectures are used by various devices, see App package architectures.
    [アプリ パッケージの作成] ウィンドウのパッケージ構成画面

  7. アプリが公開された後、完全な PDB シンボル ファイルからパートナー センター分析アプリのパフォーマンスを含めます。Include full PDB symbol files to Analyze app performance from Partner Center after your app has been published. バージョンの番号付けやパッケージの出力場所など、他の詳細情報を構成します。Configure any additional details such as version numbering or the package output location.

  8. [作成] をクリックして、アプリ パッケージを生成します。Click Create to generate the app package. 手順 3 で [はい] を選択し、パートナー センターへの申請のパッケージを作成する場合、ウィザードは、パッケージ アップロード (.appxupload) ファイルを作成します。If you selected Yes in step 3 and are creating a package for Partner Center submission, the wizard will create a package upload (.appxupload) file. 手順 3 で [いいえ] を選んだ場合、手順 6 での選択内容に基づいてウィザードにより単一のアプリ パッケージまたはアプリ バンドルが作成されます。If you selected No in step 3, the wizard will create either a single app package or an app bundle based on your selections in step 6.
  9. アプリが正常にパッケージ化されると、このダイアログ ボックスが表示されます。When your app has been successfully packaged, you will see this dialog.
    [パッケージの作成が完了しました] ウィンドウの検証オプション

    ローカルまたはリモート コンピューター上の認定のパートナー センターに提出する前に、アプリを検証します。Validate your app before you submit it to Partner Center for certification on a local or remote machine. アプリ パッケージのデバッグ ビルドではなくリリース ビルドのみを検証できます。You can only validate release builds for your app package, not debug builds.

  10. アプリをローカルで検証するには、[ローカル コンピューター] オプションを選んだままで、[Windows アプリ認定キットを起動する] をクリックします。To validate your app locally, leave the Local machine option selected and click Launch Windows App Certification Kit. Windows アプリ認定キットでアプリをテストする方法について詳しくは、「Windows アプリ認定キット」をご覧ください。For more information about testing your app with the Windows App Certification Kit, see Windows App Certification Kit.

    Windows アプリ認定キットはさまざまなテストを実行し、結果を返します。The Windows App Certification Kit performs various tests and returns the results. より具体的な情報については、「Windows アプリ認定キットのテスト」をご覧ください。See Windows App Certification Kit tests for more specific information.

    リモート windows 10 デバイスを使用してテストする場合は、そのデバイスに Windows アプリ認定キットを手動でインストールする必要があります。If you have a remote Windows10 device that you want to use for testing, you will need to install the Windows App Certification Kit manually on that device. この手順については、次のセクションで説明します。The next section will walk you through these steps. その後、[リモート コンピューター] を選び、[Windows アプリ認定キットを起動する] をクリックしてリモート デバイスに接続し、検証テストを実行します。After you've done that, then you can select Remote machine and click Launch Windows App Certification Kit to connect to the remote device and run the validation tests.

  11. Wack し、アプリが認定に合格した後は、パートナー センターにアプリを提出する準備ができたらします。After WACK has finished and your app has passed certification, you are ready to submit your app to Partner Center. 必ず正しいファイルをアップロードしてください。Make sure you upload the correct file. ファイルは既定の位置は、ソリューションのルート フォルダー \[AppName]\AppPackages にあり、.appxupload というファイル拡張子が付いています。The default location of the file can be found in the root folder of your solution \[AppName]\AppPackages and it will end with the .appxupload file extension. パッケージ アーキテクチャがすべて選択されたアプリ バンドルを選んだ場合、名前は [AppName]_[AppVersion]_x86_x64_arm_bundle.appxupload の形式になります。The name will be of the form [AppName]_[AppVersion]_x86_x64_arm_bundle.appxupload if you opted for an app bundle with all of the package architecture selected.

パートナー センターにアプリの提出の詳細については、アプリの申請を参照してください。For more information on submitting your app to Partner Center, see App submissions.

リモート windows 10 デバイスでアプリ パッケージを検証します。Validate your app package on a remote Windows10 device

  1. 開発用にデバイスを有効にする」の手順に従って、開発用の windows 10 デバイスを有効にします。Enable your Windows10 device for development by following the Enable your device for development instructions. 重要なwindows 10 のリモート ARM デバイスでアプリ パッケージを検証することはできません。ImportantYou cannot validate your app package on a remote ARM device for Windows10.
  2. Visual Studio のリモート ツールをダウンロードしてインストールします。Download and install the remote tools for Visual Studio. これらのツールを使って Windows アプリ認定キットをリモートで実行します。These tools are used to run the Windows App Certification Kit remotely. これらのツールについてダウンロード場所など詳しくは、リモート コンピューターでの UWP アプリの実行に関するページをご覧ください。You can get more information about these tools including where to download them by visiting Run UWP apps on a remote machine.
  3. 必要なWindows アプリ認定キットをダウンロードして、リモートの windows 10 デバイスにインストールします。Download the required Windows App Certification Kit and then install it on your remote Windows10 device.
  4. パッケージの作成が完了しましたウィザードのページで、[リモート コンピューター] オプション ボタンを選び、[テスト接続] ボタンの横にある省略記号ボタンをクリックします。On the Package Creation Completed page of the wizard, choose the Remote Machine option button, and then choose the ellipsis button next to the Test Connection button. 注:****リモート コンピューター ] オプション ボタンは検証をサポートするソリューション構成を少なくとも 1 つを選択した場合にのみ使用します。NoteThe Remote Machine option button is available only if you selected at least one solution configuration that supports validation. WACK でアプリをテストする方法について詳しくは、「Windows アプリ認定キット」をご覧ください。For more information about testing your app with the WACK, see Windows App Certification Kit.
  5. サブネットの内部にあるデバイスの形式を指定するか、サブネットの外部にあるデバイスのドメイン ネーム サーバー (DNS) 名または IP アドレスを指定します。Specify a device form inside your subnet, or provide the Domain Name Server (DNS) name or IP address of a device that's outside of your subnet.
  6. Windows 資格情報を使ってデバイスにログオンする必要がない場合は、[認証モード] ボックスの一覧で [なし] を選びます。In the Authentication Mode list, choose None if your device doesn't require you to log onto it by using your Windows credentials.
  7. [選択][Windows アプリ認定キットを起動する] の順に選びます。Choose the Select button, and then choose the Launch Windows App Certification Kit button. デバイスでリモート ツールが実行されていれば、Visual Studio がデバイスに接続されてから、検証テストが実行されます。If the remote tools are running on that device, Visual Studio connects to the device and then performs the validation tests. Windows アプリ認定キットのテスト」をご覧ください。See Windows App Certification Kit tests.

アプリ パッケージをサイドローディングするSideload your app package

Windows 10 Anniversary Update 以降では、アプリ パッケージ ファイルをダブルクリックするだけでアプリ パッケージをインストールできます。Introduced in the Windows 10 Anniversary Update, app packages can be installed simply by double clicking the app package file. これを使用するには、アプリ パッケージまたはアプリ バンドルのファイルに移動してダブルクリックします。To use this, navigate to your app package or app bundle file, and double click it. アプリのインストーラーが起動し、アプリの基本情報と、インストール ボタン、インストール進行状況バー、関連するエラー メッセージが表示されます。The App Installer launches and provides the basic app information as well as an install button, installation progress bar, and any relevant error messages.

Contoso というサンプル アプリをインストールするために、アプリのインストーラーが表示されます。

注意

アプリのインストーラーは、アプリがデバイスによって信頼されていることを前提としています。The App Installer assumes that the app is trusted by the device. 開発者アプリまたはエンタープライズ アプリをサイドローディングする場合、デバイス上の信頼されたユーザー ストアまたは信頼された発行元証明機関ストアに署名証明書をインストールする必要があります。If you are sideloading a developer or enterprise app, you will need to install the signing certificate to the Trusted People or Trusted Publishers Certification Authorities store on the device. この方法がわからない場合は、テスト証明書のインストールに関するページをご覧ください。If you're not sure how to do this, see Installing Test Certificates.

以前のバージョンの Windows でアプリをサイドローディングするSideload your app on previous versions of Windows

UWP アプリ パッケージの場合、デスクトップ アプリを使っているときは、アプリがデバイスにインストールされません。With UWP app packages, apps aren't installed to a device as they are with Desktop apps. 通常、Microsoft Store から UWP アプリをダウンロードし、デバイスにアプリをインストールします。Typically, you download UWP apps from Microsoft Store, which also installs the app to your device for you. アプリは Microsoft Store で公開せずにインストールできます (サイドローディング)。Apps can be installed without being published in the Store (sideloading). アプリ パッケージを使ってアプリをテスト ファイルを作成して、インストールできます。This lets you install and test apps using the app package file that you created. 基幹業務 (LOB) アプリのように、ストアで販売しないアプリの場合は、そのアプリをサイドローディングして、社内の他のユーザーが使えるようにできます。If you have an app that you don’t want to sell in the Store, like a line-of-business (LOB) app, you can sideload that app so that other users in your company can use it.

次に示しているのは、アプリをサイドローディングするための要件です。The following list provides requirements for sideloading your app.

デスクトップ、ラップトップ、またはタブレットにアプリをサイドローディングするSideload an app to a desktop, laptop, or tablet

  1. インストールするアプリ バージョンのフォルダーをターゲット デバイスにコピーします。Copy the folders for the app version to install on the target device.

    アプリ バンドルを作成した場合は、バージョン番号に基づいたフォルダーと *_Test フォルダーが必要です。If you've created an app bundle, then you will have a folder based on the version number and a *_Test folder. たとえば、2 つのフォルダーは次のようになります (インストールするバージョンは 1.0.2.0)。For example these two folders (where the version to install is 1.0.2.0):

    • C:\Projects\MyApp\MyApp\AppPackages\MyApp_1.0.2.0
    • C:\Projects\MyApp\MyApp\AppPackages\MyApp_1.0.2.0_Test

    アプリ バンドルがない場合は、適切な構造になっているフォルダーと対応する *_Test フォルダーをコピーします。If you don't have an app bundle, copy the folder for the correct architecture and its corresponding *_Test folder. 次の 2 つのフォルダーは、x64 アーキテクチャのアプリ パッケージとその *_Test フォルダーの例です。These two folders are an example of an app package with the x64 architecture and its *_Test folder:

    • C:\Projects\MyApp\MyApp\AppPackages\MyApp_1.0.2.0_x64
    • C:\Projects\MyApp\MyApp\AppPackages\MyApp_1.0.2.0_x64_Test
  2. ターゲット デバイスで *_Test フォルダーを開きます。On the target device, open the *_Test folder.

  3. Add-AppDevPackage.ps1 ファイルを右クリックします。Right-click on the Add-AppDevPackage.ps1 file. [PowerShell で実行] を選んで、画面の指示に従います。Choose Run with PowerShell and follow the prompts.
    エクスプローラーでの PowerShell スクリプトへのナビゲーション

    アプリ パッケージがインストールされると、PowerShell のウィンドウで "アプリが正常にインストールされました" というメッセージが表示されます。When the app package has been installed, the PowerShell window displays this message: Your app was successfully installed.

    ヒント: タブレットでショートカット メニューを開くを右クリックし、完全な円が表示されるまで、指を放したする画面をタッチします。Tip:To open the shortcut menu on a tablet, touch the screen where you want to right-click, hold until a complete circle appears, then lift your finger. 指を放した後にショートカット メニューが表示されます。The shortcut menu opens once you lift your finger.

  4. スタート ボタンをクリックし、アプリをアプリ名で検索してから起動します。Click the Start button to search for the app by name, and then launch it.