Windows 10 にアプリを統合する (デスクトップ ブリッジ)Integrate your app with Windows 10 (Desktop Bridge)

拡張機能を使用すると、あらかじめ定義された方法で Windows 10 にアプリを統合できます。Use extensions to integrate your app with Windows 10 in predefined ways.

たとえば、ファイアウォール例外を作成する、アプリを特定のファイルの種類の既定アプリにする、アプリのパッケージ バージョンをスタート タイルの参照先に指定する、などの操作を拡張機能で行うことができます。For example, use an extension to create a firewall exception, make your app the default app for a file type, or point start tiles to the packaged version of your app. 拡張機能は、アプリのパッケージ マニフェスト ファイルに XML を追加するだけで使用できます。To use an extension, just add some XML to your app's package manifest file. コードは必要ありません。No code is required.

このトピックでは、これらの拡張機能について説明し、拡張機能を使って実行できるタスクについても示します。This topic describes these extensions and the tasks that you can perform by using them.

ユーザーをアプリに移行するTransition users to your app

ユーザーによってパッケージ アプリが使用されるように、移行を促します。Help users transition to your packaged app.

既存のスタート タイルとタスク バー ボタンの参照先をパッケージ アプリに設定するPoint existing Start tiles and taskbar buttons to your packaged app

ユーザーによって、デスクトップ アプリがタスク バーまたはスタート メニューにピン留めされている可能性があります。Your users might have pinned your desktop application to the taskbar or the Start menu. これらのショートカットの参照先を新しいパッケージ アプリに変更できます。You can point those shortcuts to your new packaged app.

XML 名前空間XML namespace

http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10/restrictedcapabilities/3

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.desktopAppMigration">
    <DesktopAppMigration>
        <DesktopApp AumId="[your_app_aumid]" />
        <DesktopApp ShortcutPath="[path]" />
    </DesktopAppMigration>
</Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.desktopAppMigration です。Always windows.desktopAppMigration.
AumIDAumID パッケージ アプリのアプリケーション ユーザー モデル ID。The Application User Model ID of your packaged app.
ShortcutPathShortcutPath アプリのデスクトップ バージョンを起動する .lnk ファイルへのパス。The path to .lnk files that start the desktop version of your app.

Example

<Package
  xmlns:rescap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10/restrictedcapabilities/3"
  IgnorableNamespaces="rescap3">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <rescap3:Extension Category="windows.desktopAppMigration">
          <rescap3:DesktopAppMigration>
            <rescap3:DesktopApp AumId="[your_app_aumid]" />
            <rescap3:DesktopApp ShortcutPath="%USERPROFILE%\Desktop\[my_app].lnk" />
            <rescap3:DesktopApp ShortcutPath="%APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\[my_app].lnk" />
            <rescap3:DesktopApp ShortcutPath="%PROGRAMDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\[my_app_folder]\[my_app].lnk"/>
         </rescap3:DesktopAppMigration>
        </rescap3:Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

WPF picture viewer with transition/migration/uninstallationWPF picture viewer with transition/migration/uninstallation

デスクトップ アプリではなくパッケージ アプリによってファイルが開かれるように設定するMake your packaged app open files instead of your desktop app

ユーザーが特定の種類のファイルを開くときに、アプリのデスクトップ バージョンではなく、新しいパッケージ アプリが既定で開くように設定できます。You can make sure that users open your new packaged app by default for specific types of files instead of opening the desktop version of your app.

これを行うには、ファイルの関連付けを継承するために、関連付けされている各アプリケーションのプログラム識別子 (ProgID) を指定します。To do that, you'll specify the programmatic identifier (ProgID) of each application from which you want to inherit file associations.

XML 名前空間XML namespaces

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
<FileTypeAssociation Name="[AppID]">
         <MigrationProgIds>
            <MigrationProgId>"[ProgID]"</MigrationProgId>
        </MigrationProgIds>
    </FileTypeAssociation>
</Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.fileTypeAssociation です。Always windows.fileTypeAssociation.
名前Name アプリの一意の ID。A unique Id for your app. この ID は、ファイルの種類の関連付けによって関連付けられたハッシュ対象のプログラム識別子 (ProgID) を生成するために内部で使用されます。This Id is used internally to generate a hashed programmatic identifier (ProgID) associated with your file type association. この ID を使って、アプリの今後のバージョンで変更を管理することができます。You can use this Id to manage changes in future versions of your app.
MigrationProgIdMigrationProgId ファイルの関連付けを継承するための、元のデスクトップ アプリの用途、コンポーネント、およびバージョンを示すプログラム識別子 (ProgID)The programmatic identifier (ProgID) that describes the application, component, and version of the desktop app from which you want to inherit file associations.

Example

<Package
  xmlns:uap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/3"
  xmlns:rescap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10/restrictedcapabilities/3"
  IgnorableNamespaces="uap3, rescap3">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <uap:Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
          <uap3:FileTypeAssociation Name="Contoso">
            <rescap3:MigrationProgIds>
              <rescap3:MigrationProgId>Foo.Bar.1</rescap3:MigrationProgId>
              <rescap3:MigrationProgId>Foo.Bar.2</rescap3:MigrationProgId>
            </rescap3:MigrationProgIds>
          </uap3:FileTypeAssociation>
        </uap:Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

WPF picture viewer with transition/migration/uninstallationWPF picture viewer with transition/migration/uninstallation

パッケージ アプリを一連のファイルの種類に関連付けるAssociate your packaged app with a set of file types

パッケージ アプリは、ファイルの種類の拡張機能に関連付けることができます。You can associated your packaged app with file type extensions. ユーザーがファイルを右クリックして [プログラムから開く] オプションを選んだ場合、候補の一覧にアプリが表示されます。If a user right-clicks a file and then selects the Open with option, your app appears in the list of suggestions.

XML 名前空間XML namespace

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
    <FileTypeAssociation Name="[AppID]">
        <SupportedFileTypes>
            <FileType>"[file extension]"</FileType>
        </SupportedFileTypes>
    </FileTypeAssociation>
</Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.fileTypeAssociation です。Always windows.fileTypeAssociation.
名前Name アプリの一意の ID。A unique Id for your app. この ID は、ファイルの種類の関連付けによって関連付けられたハッシュ対象のプログラム識別子 (ProgID) を生成するために内部で使用されます。This Id is used internally to generate a hashed programmatic identifier (ProgID) associated with your file type association. この ID を使って、アプリの今後のバージョンで変更を管理することができます。You can use this Id to manage changes in future versions of your app.
FileTypeFileType アプリでサポートされているファイル拡張子。The file extension supported by your app.

Example

<Package
  xmlns:uap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10"
  xmlns:uap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/3"
  IgnorableNamespaces="uap, uap3">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <uap:Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
          <uap3:FileTypeAssociation Name="Contoso">
            <uap:SupportedFileTypes>
              <uap:FileType>.txt</uap:FileType>
              <uap:FileType>.avi</uap:FileType>
            </uap:SupportedFileTypes>
          </uap3:FileTypeAssociation>
        </uap:Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

WPF picture viewer with transition/migration/uninstallationWPF picture viewer with transition/migration/uninstallation

特定の種類のファイルのコンテキスト メニューにオプションを追加するAdd options to the context menus of files that have a certain file type

ほとんどの場合、ユーザーはファイルをダブルクリックして開きます。In most cases, users double-click files to open them. ユーザーがファイルを右クリックすると、さまざまなオプションが表示されます。If users, right click a file, various options appear.

このメニューには、オプションを追加できます。You can add options to that menu. これらのオプションを使用すると、ファイルの印刷、編集、プレビューなど、ファイルの操作を別の方法で行うことができます。These options give users other ways to interact with your file such as print, edit, or preview the file.

XML 名前空間XML namespaces

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
    <FileTypeAssociation Name="[AppID]">
        <SupportedVerbs>
              <Verb Id="[ID]" Extended="[Extended]" Parameters="[parameters]">"[verb label]"</Verb>
        </SupportedVerbs>
    </FileTypeAssociation>
</Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.fileTypeAssociation です。Always windows.fileTypeAssociation.
名前Name アプリの一意の ID。A unique Id for your app.
VerbVerb エクスプローラーのコンテキスト メニューに表示される名前です。The name that appears in the File Explorer context menu. この文字列は、ms-resource を使用してローカライズできます。This string is localizable that uses ms-resource.
IdId 動詞の一意の ID。The unique Id of the verb. アプリが UWP アプリである場合、アプリがユーザーの選択内容を適切に処理できるように、この ID がアクティブ化イベント引数の一部としてアプリに渡されます。If your app is a UWP app, this is passed to your app as part of its activation event args so it can handle the user’s selection appropriately. 完全信頼のパッケージ アプリは、パラメーターを受け取ります (次の項目をご覧ください)。If your app is a full-trust packaged app, it receives parameters instead (see the next bullet).
ParametersParameters 動詞に関連付けられている引数のパラメーターと値のリスト。The list of argument parameters and values associated with the verb. アプリが完全信頼のパッケージ アプリである場合は、アプリがアクティブ化されたときにイベント引数としてこれらのパラメーターがアプリに渡されます。If your app is a full-trust packaged app, these parameters are passed to the app as event args when the app is activated. アプリの動作は、さまざまなアクティブ化の動詞に基づいてカスタマイズできます。You can customize the behavior of your app based on different activation verbs. 変数にファイル パスが含まれる可能性がある場合は、パラメーター値を引用符で囲みます。If a variable can contain a file path, wrap the parameter value in quotes. これにより、パスにスペースが含まれている場合に発生する問題を回避できます。That will avoid any issues that happen in cases where the path includes spaces. アプリが UWP アプリの場合、パラメーターを渡すことはできません。If your app is a UWP app, you can’t pass parameters. アプリは、代わりに ID を受け取ります (前の項目を参照してください)。The app receives the Id instead (see the previous bullet).
ExtendedExtended ユーザーが Shift キーを押しながらファイルを右クリックすることでコンテキスト メニューを表示した場合にのみ表示される動詞を指定します。Specifies that the verb appears only if the user shows the context menu by holding the Shift key before right-clicking the file. この属性は省略可能であり、指定されていない場合の既定値は False (常に動詞を表示する) です。This attribute is optional and defaults to a value of False (e.g., always show the verb) if not listed. この動作は各動詞について個別に指定します ("開く" は例外で、常に False)。You specify this behavior individually for each verb (except for "Open," which is always False).

Example

<Package
  xmlns:uap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10"
  xmlns:uap2="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/2"
  xmlns:uap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/3"

  IgnorableNamespaces="uap, uap2, uap3">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <uap:Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
          <uap3:FileTypeAssociation Name="Contoso">
            <uap2:SupportedVerbs>
              <uap3:Verb Id="Edit" Parameters="/e &quot;%1&quot;">Edit</uap3:Verb>
              <uap3:Verb Id="Print" Extended="true" Parameters="/p &quot;%1&quot;">Print</uap3:Verb>
            </uap2:SupportedVerbs>
          </uap3:FileTypeAssociation>
        </uap:Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

WPF picture viewer with transition/migration/uninstallationWPF picture viewer with transition/migration/uninstallation

URL を使用して特定の種類のファイルを直接開くOpen certain types of files directly by using a URL

ユーザーが特定の種類のファイルを開くときに、アプリのデスクトップ バージョンではなく、新しいパッケージ アプリが既定で開くように設定できます。You can make sure that users open your new packaged app by default for specific types of files instead of opening the desktop version of your app.

XML 名前空間XML namespaces

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
    <FileTypeAssociation Name="[AppID]" UseUrl="true" Parameters="%1">
        <SupportedFileTypes>
            <FileType>"[FileExtension]"</FileType>
        </SupportedFileTypes> 
    </FileTypeAssociation>
</Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.fileTypeAssociation です。Always windows.fileTypeAssociation.
名前Name アプリの一意の ID。A unique Id for your app.
UseUrlUseUrl URL ターゲットから直接ファイルを開くかどうかを示します。Indicates whether to open files directly from a URL target. この値が設定されていない場合にアプリで URL を使用してファイルを開こうとすると、まずファイルがローカルにダウンロードされます。If you do not set this value, attempts by your app to open a file by using a URL cause the system to first download the file locally.
ParametersParameters 省略可能なパラメーター。optional parameters.
FileTypeFileType 関連するファイル拡張子。The relevant file extensions.

Example

<Package
  xmlns:uap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10"
  xmlns:uap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/3"
  IgnorableNamespaces="uap, uap3">
  <Applications>
      <Application>
        <Extensions>
          <uap:Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
            <uap3:FileTypeAssociation Name="documenttypes" UseUrl="true" Parameters="%1">
              <uap:SupportedFileTypes>
                <uap:FileType>.txt</uap:FileType>
                <uap:FileType>.doc</uap:FileType>
              </uap:SupportedFileTypes> 
            </uap3:FileTypeAssociation>
          </uap:Extension>
        </Extensions>
      </Application>
    </Applications>
</Package>

セットアップ タスクを実行するPerform setup tasks

アプリのファイアウォール例外を作成するCreate firewall exception for your app

アプリがポート経由で通信する必要がある場合は、アプリをファイアウォールの例外の一覧に追加します。If your app requires communication through a port, you can add your app to the list of firewall exceptions.

XML 名前空間XML namespace

http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10/2

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.firewallRules">  
  <FirewallRules Executable="[executable file name]">  
    <Rule
      Direction="[Direction]"
      IPProtocol="[Protocol]"
      LocalPortMin="[LocalPortMin]"
      LocalPortMax="LocalPortMax"
      RemotePortMin="RemotePortMin"
      RemotePortMax="RemotePortMax"
      Profile="[Profile]"/>  
  </FirewallRules>  
</Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に Always windows.firewallRules
ExecutableExecutable ファイアウォールの例外の一覧に追加する実行可能ファイルの名前。The name of the executable file that you want to add to the list of firewall exceptions
DirectionDirection 規則が受信規則か送信規則かを示します。Indicates whether the rule is an inbound or outbound rule
IPProtocolIPProtocol 通信プロトコル。The communication protocol
LocalPortMinLocalPortMin ローカル ポート番号の範囲を示すポート番号の下限。The lower port number in a range of local port numbers.
LocalPortMaxLocalPortMax ローカル ポート番号の範囲を示すポート番号の上限。The highest port number of a range of local port numbers.
RemotePortMaxRemotePortMax リモート ポート番号の範囲を示すポート番号の下限。The lower port number in a range of remote port numbers.
RemotePortMaxRemotePortMax リモート ポート番号の範囲を示すポート番号の上限。The highest port number of a range of remote port numbers.
ProfileProfile ネットワークの種類。The network type

Example

<Package
  xmlns:desktop2="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10/2"
  IgnorableNamespaces="desktop2">
  <Extensions>
    <desktop2:Extension Category="windows.firewallRules">  
      <desktop2:FirewallRules Executable="Contoso.exe">  
          <desktop2:Rule Direction="in" IPProtocol="TCP" Profile="all"/>  
          <desktop2:Rule Direction="in" IPProtocol="UDP" LocalPortMin="1337" LocalPortMax="1338" Profile="domain"/>  
          <desktop2:Rule Direction="in" IPProtocol="UDP" LocalPortMin="1337" LocalPortMax="1338" Profile="public"/>  
          <desktop2:Rule Direction="out" IPProtocol="UDP" LocalPortMin="1339" LocalPortMax="1340" RemotePortMin="15"
                         RemotePortMax="19" Profile="domainAndPrivate"/>  
          <desktop2:Rule Direction="out" IPProtocol="GRE" Profile="private"/>  
      </desktop2:FirewallRules>  
  </desktop2:Extension>
</Extensions>
</Package>

DLL ファイルをパッケージの任意のフォルダーに配置します。Place your DLL files into any folder of the package

拡張機能を使ってそれらのフォルダーを指定します。Use an extension to identify those folders. これにより、システムは配置したファイルを見つけて読み込むことができます。That way, the system can find and load the files that you place in them. この拡張機能は、%PATH% 環境変数の置き換えと考えてください。Think of this extension as a replacement of the %PATH% environment variable.

この拡張機能を使わない場合、システムはプロセスのパッケージの依存関係グラフ、パッケージ ルート フォルダー、システム ディレクトリ (%SystemRoot%\system32) の順で検索します。If you don't use this extension, the system searches the package dependency graph of the process, the package root folder, and then the system directory (%SystemRoot%\system32) in that order. 詳しくは、Windows アプリの検索順序に関するページをご覧ください。To learn more, see Search order of Windows apps.

各パッケージには、これらの拡張機能を 1 つだけ含めることができます。Each package can contain only one of these extensions. つまり、1 つをメイン パッケージに追加し、他の拡張機能はオプション パッケージと関連するセットそれぞれに 1 つずつ追加できます。That means that you can add one of them to your main package, and then add one to each of your optional packages, and related sets.

XML 名前空間XML namespace

http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/6

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

アプリケーション マニフェストのパッケージ レベルでこの拡張機能を宣言します。Declare this extension at the package-level of your app manifest.

<Extension Category="windows.loaderSearchPathOverride">
  <LoaderSearchPathOverride>
    <LoaderSearchPathEntry FolderPath="[path]"/>
  </LoaderSearchPathOverride>
</Extension>
名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.loaderSearchPathOverride です。Always windows.loaderSearchPathOverride.
FolderPathFolderPath dll ファイルが含まれているフォルダーのパス。The path of the folder that contains your dll files. パッケージのルート フォルダーの相対パスを指定します。Specify a path that is relative to the root folder of the package. 1 つの拡張機能で最大 5 つのパスを指定できます。You can specify up to five paths in one extension. システムがパッケージのルート フォルダーにあるファイルを検索するようにする場合、これらのパスのいずれかに空の文字列を使用します。If you want the system to search for files in the root folder of the package, use an empty string for one of these paths. 重複するパスを含めないでください。パスの先頭と末尾にスラッシュや円記号を使わないでください。Don't included duplicate paths and make sure that your paths don't contain leading and trailing slashes or backslashes.

システムはサブフォルダーを検索しないため、システムが読み込む DLL ファイルが含まれている各フォルダーを明示的に一覧表示してください。The system won't search subfolders, so make sure to explicitly list each folder that contains DLL files that you want the system to load.

Example

<Package
  xmlns:uap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/6"
  IgnorableNamespaces="uap6">
  ...
    <Extensions>
      <uap6:Extension Category="windows.loaderSearchPathOverride">
        <uap6:LoaderSearchPathOverride>
          <uap6:LoaderSearchPathEntry FolderPath=""/>
          <uap6:LoaderSearchPathEntry FolderPath="folder1/subfolder1"/>
          <uap6:LoaderSearchPathEntry FolderPath="folder2/subfolder2"/>
        </uap6:LoaderSearchPathOverride>
      </uap6:Extension>
    </Extensions>
...
</Package>

エクスプローラーに統合するIntegrate with File Explorer

ユーザーが慣れた方法でファイルを整理し操作できるようになります。Help users organize your files and interact with them in familiar ways.

ユーザーが複数のファイルを同時に選択して開いた場合のアプリの動作を定義するDefine how your app behaves when users select and open multiple files at the same time

ユーザーが同時に複数のファイルを開いたときに、アプリがどのように動作するかを指定します。Specify how your app behaves when a user opens multiple files simultaneously.

XML 名前空間XML namespaces

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
    <FileTypeAssociation Name="[AppID]" MultiSelectModel="[SelectionModel]">
        <SupportedVerbs>
            <Verb Id="Edit" MultiSelectModel="[SelectionModel]">Edit</Verb>
        </SupportedVerbs>
          <SupportedFileTypes>
                <FileType>"[FileExtension]"</FileType>
        </SupportedFileTypes>
</Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.fileTypeAssociation です。Always windows.fileTypeAssociation.
名前Name アプリの一意の ID。A unique Id for your app.
MultiSelectModelMultiSelectModel 下を参照See below
FileTypeFileType 関連するファイル拡張子。The relevant file extensions.

MultSelectModelMultSelectModel

パッケージ デスクトップ アプリには、通常のデスクトップ アプリと同じ 3 つのオプションがあります。packaged desktop apps have the same three options as regular desktop apps.

  • Player: アプリは、1 回アクティブ化されます。: Your app is activated one time. 選択されているすべてのファイルが、引数パラメーターとしてアプリに渡されます。All of the selected files are passed to your app as argument parameters.
  • Single: アプリは、最初に選択されたファイルに対して 1 回アクティブ化されます。: Your app is activated one time for the first selected file. その他のファイルは無視されます。Other files are ignored.
  • Document: 選択された各ファイルについて、アプリの新しい独立したインスタンスがアクティブ化されます。: A new, separate instance of your app is activated for each selected file.

    ファイルの種類やアクションごとに、さまざまな環境設定項目を設定できます。You can set different preferences for different file types and actions. たとえば、DocumentsDocument モードで開き、ImagesPlayer モードで開くことができます。For example, you may wish to open Documents in Document mode and Images in Player mode.

Example

<Package
  xmlns:uap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10"
  xmlns:uap2="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/2"
  xmlns:uap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/3"
  IgnorableNamespaces="uap, uap2, uap3">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <uap:Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
          <uap3:FileTypeAssociation Name="myapp" MultiSelectModel="Document">
            <uap2:SupportedVerbs>
              <uap3:Verb Id="Edit" MultiSelectModel="Player">Edit</uap3:Verb>
              <uap3:Verb Id="Preview" MultiSelectModel="Document">Preview</uap3:Verb>
            </uap2:SupportedVerbs>
            <uap:SupportedFileTypes>
                <uap:FileType>.txt</uap:FileType>
            </uap:SupportedFileTypes>
        </uap:Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

ユーザーが 15 個以下のファイルを開いた場合、MultiSelectModel 属性の既定値は Player になります。If the user opens 15 or fewer files, the default choice for the MultiSelectModel attribute is Player. それ以外の場合、既定値は Document です。Otherwise, the default is Document. UWP アプリは常に Player として起動されます。UWP apps are always started as Player.

エクスプ ローラーでサムネイル画像のファイル内容を表示するShow file contents in a thumbnail image within File Explorer

ファイルが中アイコン、大アイコン、特大アイコンで表示された場合に、ファイル内容のサムネイル画像をユーザーが確認できるようにします。Enable users to view a thumbnail image of the file's contents when the icon of the file appears in the medium, large, or extra large size.

XML 名前空間XML namespace

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
    <FileTypeAssociation Name="[AppID]">
        <SupportedFileTypes>
            <FileType>"[FileExtension]"</FileType>
        </SupportedFileTypes>
        <ThumbnailHandler
            Clsid  ="[Clsid  ]" />
    </FileTypeAssociation>
</Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.fileTypeAssociation です。Always windows.fileTypeAssociation.
名前Name アプリの一意の ID。A unique Id for your app.
FileTypeFileType 関連するファイル拡張子。The relevant file extensions.
ClsidClsid アプリのクラス ID。The class ID of your app.

Example

<Package
  xmlns:uap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10"
  xmlns:uap2="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/2"
  xmlns:uap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/3"
  xmlns:desktop2="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10/2"
  IgnorableNamespaces="uap, uap2, uap3, desktop2">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <uap:Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
          <uap3:FileTypeAssociation Name="Contoso">
            <uap2:SupportedFileTypes>
              <uap:FileType>.bar</uap:FileType>
            </uap2:SupportedFileTypes>
            <desktop2:ThumbnailHandler
              Clsid  ="20000000-0000-0000-0000-000000000001"  />
            </uap3:FileTypeAssociation>
         </uap::Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

エクスプローラーのプレビュー ウィンドウにファイル内容を表示するShow file contents in the Preview pane of File Explorer

エクスプローラーのプレビュー ウィンドウで、ユーザーがファイルの内容をプレビューできるようにします。Enable users to preview a file's contents in the Preview pane of File Explorer.

XML 名前空間XML namespace

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
    <FileTypeAssociation Name="[AppID]">
        <SupportedFileTypes>
            <FileType>"[FileExtension]"</FileType>
        </SupportedFileTypes>
        <DesktopPreviewHandler Clsid  ="[Clsid  ]" />
    </FileTypeAssociation>
</Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.fileTypeAssociation です。Always windows.fileTypeAssociation.
名前Name アプリの一意の ID。A unique Id for your app.
FileTypeFileType 関連するファイル拡張子。The relevant file extensions.
ClsidClsid アプリのクラス ID。The class ID of your app.

Example

<Package
  xmlns:uap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10"
  xmlns:uap2="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/2"
  xmlns:uap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/3"
  xmlns:desktop2="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10/2"
  IgnorableNamespaces="uap, uap2, uap3, desktop2">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <uap:Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
          <uap3:FileTypeAssociation Name="Contoso">
            <uap2SupportedFileTypes>
              <uap:FileType>.bar</uap:FileType>
                </uap2SupportedFileTypes>
              <desktop2:DesktopPreviewHandler Clsid ="20000000-0000-0000-0000-000000000001" />
           </uap3:FileTypeAssociation>
        </uap:Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

ユーザーがエクスプローラーの [種類] 列を使用してファイルをグループ化できるようにするEnable users to group files by using the Kind column in File Explorer

ファイルの種類に関する 1 つまたは複数の定義済みの値を Kind フィールドに関連付けることができます。You can associate one or more predefined values for your file types with the Kind field.

ユーザーはエクスプローラーでこのフィールドを使用して、ファイルをグループ化できます。In File Explorer, users can group those files by using that field. また、このフィールドは、システム コンポーネントによって、インデックス作成などのさまざまな目的にも使用されます。System components also use this field for various purposes such as indexing.

Kind フィールドの詳細と、このフィールドに使用できる値については、「種類名の使用」をご覧ください。For more information about the Kind field and the values that you can use for this field, see Using Kind Names.

XML 名前空間XML namespaces

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
    <FileTypeAssociation Name="[AppID]">
        <SupportedFileTypes>
            <FileType>"[FileExtension]"</FileType>
        </SupportedFileTypes>
        <KindMap>
            <Kind value="[KindValue]">
        </KindMap>
    </FileTypeAssociation>
</Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.fileTypeAssociation です。Always windows.fileTypeAssociation.
名前Name アプリの一意の ID。A unique Id for your app.
FileTypeFileType 関連するファイル拡張子。The relevant file extensions.
valuevalue 有効な Kind 値A valid Kind value

Example

<Package
  xmlns:uap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10"
  xmlns:rescap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10/restrictedcapabilities/3"
  IgnorableNamespaces="uap, rescap">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <uap:Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
           <uap:FileTypeAssociation Name="Contoso">
             <uap:SupportedFileTypes>
               <uap:FileType>.m4a</uap:FileType>
               <uap:FileType>.mta</uap:FileType>
             </uap:SupportedFileTypes>
             <rescap:KindMap>
               <rescap:Kind value="Item">
               <rescap:Kind value="Communications">
               <rescap:Kind value="Task">
             </rescap:KindMap>
          </uap:FileTypeAssociation>
      </uap:Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

ファイルのプロパティを検索、インデックス、プロパティ ダイアログ、詳細ウィンドウに利用できるようにするMake file properties available to search, index, property dialogs, and the details pane

XML 名前空間XML namespace

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<uap:Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
    <uap:FileTypeAssociation Name="[AppID]">
        <SupportedFileTypes>
            <FileType>.bar</FileType>
        </SupportedFileTypes>
        <DesktopPropertyHandler Clsid ="[Clsid]"/>
    </uap:FileTypeAssociation>
</uap:Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.fileTypeAssociation です。Always windows.fileTypeAssociation.
名前Name アプリの一意の ID。A unique Id for your app.
FileTypeFileType 関連するファイル拡張子。The relevant file extensions.
ClsidClsid アプリのクラス ID。The class ID of your app.

Example

<Package
  xmlns:uap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10"
  xmlns:uap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/3"
  xmlns:desktop2="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10/2"
  IgnorableNamespaces="uap, uap3, desktop2">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <uap:Extension Category="windows.fileTypeAssociation">
          <uap3:FileTypeAssociation Name="Contoso">
            <uap:SupportedFileTypes>
              <uap:FileType>.bar</uap:FileType>
            </uap:SupportedFileTypes>
            <desktop2:DesktopPropertyHandler Clsid ="20000000-0000-0000-0000-000000000001"/>
          </uap3:FileTypeAssociation>
        </uap:Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

クラウド サービスのファイルがエクスプローラーに表示されるようにするMake files from your cloud service appear in File Explorer

アプリに実装するハンドラーを登録するRegister the handlers that you implement in your application. ユーザーがエクスプローラーでクラウド ベースのファイルを右クリックしたときに表示されるコンテキスト メニュー オプションを追加することもできます。You can also add context menu options that appear when you users right-click your cloud-based files in File Explorer.

XML 名前空間XML namespace

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.cloudfiles" >
    <CloudFiles IconResource="[Icon]">
        <CustomStateHandler Clsid ="[Clsid]"/>
        <ThumbnailProviderHandler Clsid ="[Clsid]"/>
        <ExtendedPropertyhandler Clsid ="[Clsid]"/>
        <CloudFilesContextMenus>
            <Verb Id ="Command3" Clsid= "[GUID]">[Verb Label]</Verb>
        </CloudFilesContextMenus>
    </CloudFiles>
</Extension>
名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.cloudfiles です。Always windows.cloudfiles.
iconResourceiconResource クラウド ファイル プロバイダー サービスを表すアイコン。The icon that represents your cloud file provider service. このアイコンは、エクスプローラーのナビゲーション ウィンドウに表示されます。This icon appears in the Navigation pane of File Explorer. ユーザーは、このアイコンを選んでクラウド サービスのファイルを表示します。Users choose this icon to show files from your cloud service.
CustomStateHandler ClsidCustomStateHandler Clsid CustomStateHandler を実装するアプリのクラス ID。The class ID of the app that implements the CustomStateHandler. システムは、このクラス ID を使ってクラウド ファイルのカスタム状態と列を要求します。The system uses this Class ID to request custom states and columns for cloud files.
ThumbnailProviderHandler ClsidThumbnailProviderHandler Clsid ThumbnailProviderHandler を実装するアプリのクラス ID。The class ID of the app that implements the ThumbnailProviderHandler. システムは、このクラス ID を使ってクラウド ファイルの縮小版イメージを要求します。The system uses this Class ID to request thumbnail images for cloud files.
ExtendedPropertyHandler ClsidExtendedPropertyHandler Clsid ExtendedPropertyHandler を実装するアプリのクラス ID。The class ID of the app that implements the ExtendedPropertyHandler. システムは、このクラス ID を使ってクラウド ファイルの拡張プロパティを要求します。The system uses this Class ID to request extended properties for a cloud file.
VerbVerb クラウド サービスによって提供されるファイルのエクスプローラー コンテキスト メニューに表示される名前です。The name that appears in the File Explorer context menu for files provided by your cloud service.
IdId 動詞の一意の ID。The unique ID of the verb.

Example

<Package
    xmlns:desktop="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10"
    IgnorableNamespaces="desktop">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <Extension Category="windows.cloudfiles" >
            <CloudFiles IconResource="images\Wide310x150Logo.png">
                <CustomStateHandler Clsid ="20000000-0000-0000-0000-000000000001"/>
                <ThumbnailProviderHandler Clsid ="20000000-0000-0000-0000-000000000001"/>
                <ExtendedPropertyhandler Clsid ="20000000-0000-0000-0000-000000000001"/>
                <desktop:CloudFilesContextMenus>
                    <desktop:Verb Id ="keep" Clsid=     
                       "20000000-0000-0000-0000-000000000001">
                       Always keep on this device</desktop:Verb>
                </desktop:CloudFilesContextMenus>
            </CloudFiles>
          </Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

さまざまな方法でアプリを起動するStart your app in different ways

プロトコルを使用してアプリを起動するStart your app by using a protocol

プロトコルの関連付けによって、他のプログラムやシステム コンポーネントがパッケージ アプリと相互運用できるようにします。Protocol associations can enable other programs and system components to interoperate with your packaged app. プロトコルを使用してパッケージ アプリを起動する場合、アプリが適切に動作できるように、特定のパラメーターを指定してアプリのアクティブ化イベント引数に渡すことができます。When your packaged app is started by using a protocol, you can specify specific parameters to pass to its activation event arguments so it can behave accordingly. パラメーターは、完全に信頼できるパッケージ アプリでのみサポートされています。Parameters are supported only for packaged, full-trust apps. UWP アプリでは、パラメーターを使用できません。UWP apps can't use parameters.

XML 名前空間XML namespace

http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/3

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension
    Category="windows.protocol">
    <Protocol
      Name="[Protocol name]"
      Parameters="[Parameters]" />
</Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.protocol です。Always windows.protocol.
NameName プロトコルの名前。The name of the protocol.
ParametersParameters アプリアクティブ化するときにイベント引数としてアプリに渡すパラメーターや値のリスト。The list of parameters and values to pass to your app as event arguments when the app is activated. 変数にファイル パスが含まれる可能性がある場合は、パラメーター値を引用符で囲みます。If a variable can contain a file path, wrap the parameter value in quotes. これにより、パスにスペースが含まれている場合に発生する問題を回避できます。That will avoid any issues that happen in cases where the path includes spaces.

Example

<Package
  xmlns:uap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/3"
  IgnorableNamespaces="uap3">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <uap3:Extension
          Category="windows.protocol">
        <uap3:Protocol
          Name="myapp-cmd"
          Parameters="/p &quot;%1&quot;" />
        </uap3:Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

エイリアスを使用してアプリを起動するStart your app by using an alias

ユーザーと他のプロセスは、アプリの完全パスを指定することなく、エイリアスを使用してアプリを起動できます。Users and other processes can use an alias to start your app without having to specify the full path to your app. そのエイリアス名を指定できます。You can specify that alias name.

XML 名前空間XML namespaces

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension
    Category="windows.appExecutionAlias"
    Executable="[ExecutableName]"
    EntryPoint="Windows.FullTrustApplication">
    <AppExecutionAlias>
            <desktop:ExecutionAlias Alias="[AliasName]" />
      </AppExecutionAlias>
</Extension>
名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.appExecutionAlias です。Always windows.appExecutionAlias.
ExecutableExecutable エイリアスが呼び出されたときに起動する実行可能ファイルの相対パス。The relative path to the executable to start when the alias is invoked.
AliasAlias アプリの短い名前。The short name for your app. 常に、拡張子 ".exe" で終わっている必要があります。It must always end with the ".exe" extension. パッケージ内のアプリケーションごとにアプリの実行エイリアスは 1 つだけ指定できます。You can only specify a single app execution alias for each application in the package. 複数のアプリで同じエイリアスが登録されている場合、システムは最後に登録されたアプリを呼び出します。したがって、他のアプリによって上書きされる可能性が低い一意のエイリアスを選んでください。If multiple apps register for the same alias, the system will invoke the last one that was registered, so make sure to choose a unique alias other apps are unlikely to override.

Example

<Package
  xmlns:uap3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/3"
  xmlns:desktop="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10"
  IgnorableNamespaces="uap3, desktop">
  ...
  <uap3:Extension
        Category="windows.appExecutionAlias"
        Executable="exes\launcher.exe"
        EntryPoint="Windows.FullTrustApplication">
        <uap3:AppExecutionAlias>
            <desktop:ExecutionAlias Alias="Contoso.exe" />
        </uap3:AppExecutionAlias>
  </uap3:Extension>
...
</Package>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

ユーザーが Windows にログオンしたときに実行可能ファイルを起動するStart an executable file when users log into Windows

スタートアップ タスクによって、アプリでは、ユーザーがログオンするたびに自動的に実行可能ファイルを実行できます。Startup tasks allow your app to run an executable automatically whenever a user logs on.

注意

このスタートアップ タスクを登録するには、ユーザーが少なくとも 1 回アプリを起動する必要があります。The user has to start your app at least one time to register this startup task.

アプリでは、複数のスタートアップ タスクを宣言できます。Your app can declare multiple startup tasks. 各タスクは独立して起動されます。Each task starts independently. すべてのスタートアップ タスクは、タスク マネージャーの [スタートアップ] タブに、アプリのマニフェストで指定した名前とアプリのアイコンを使って表示されます。All startup tasks will appear in Task Manager under the Startup tab with the name that you specify in your app's manifest and your app's icon. タスク マネージャーによって、タスクの起動への影響が自動的に分析されます。Task Manager will automatically analyze the startup impact of your tasks.

ユーザーは、タスク マネージャーを使用して、アプリのスタートアップ タスクを手動で無効にすることができます。Users can manually disable your app's startup task by using Task Manager. ユーザーがタスクを無効にした場合、プログラムでタスクを再度有効にすることはできません。If a user disables a task, you can't programmatically re-enable it.

XML 名前空間XML namespace

http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension
    Category="windows.startupTask"
    Executable="[ExecutableName]"
    EntryPoint="Windows.FullTrustApplication">
    <StartupTask
      TaskId="[TaskID]"
      Enabled="true"
      DisplayName="[DisplayName]" />
</Extension>
名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.startupTask です。Always windows.startupTask.
ExecutableExecutable 起動する実行可能ファイルへの相対パス。The relative path to the executable file to start.
TaskIdTaskId タスクの一意の識別子。A unique identifier for your task. この識別子を使用して、アプリは Windows.ApplicationModel.StartupTask クラスの API を呼び出し、プログラムでスタートアップ タスクを有効または無効にすることができます。Using this identifier, your app can call the APIs in the Windows.ApplicationModel.StartupTask class to programmatically enable or disable a startup task.
EnabledEnabled 初めて起動したタスクを有効にするか、無効にするかを指定します。Indicates whether the task first starts enabled or disabled. 有効になっているタスクは、(ユーザーが無効にしていない限り) 次回ユーザーがログオンするときに実行されます。Enabled tasks will run the next time the user logs on (unless the user disables it).
DisplayNameDisplayName タスク マネージャーに表示されるタスクの名前。The name of the task that appears in Task Manager. この文字列は、ms-resource を使用してローカライズできます。You can localize this string by using ms-resource.

Example

<Package
  xmlns:desktop="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10"
  IgnorableNamespaces="desktop">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <desktop:Extension
          Category="windows.startupTask"
          Executable="bin\MyStartupTask.exe"
          EntryPoint="Windows.FullTrustApplication">
          <desktop:StartupTask
          TaskId="MyStartupTask"
          Enabled="true"
          DisplayName="My App Service" />
        </desktop:Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
 </Package>

ユーザーがデバイスを自分の PC に接続するときにアプリを起動できるようにするEnable users to start your app when they connect a device to their PC

自動再生は、コンピューターにデバイスが接続されたときのオプションとしてアプリを表示できます。AutoPlay can present your app as an option when a user connects a device to their PC.

XML 名前空間XML namespace

http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10/3

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.autoPlayHandler">
  <AutoPlayHandler>
    <InvokeAction ActionDisplayName="[action string]" ProviderDisplayName="[name of your app/service]">
      <Content ContentEvent="[Content event]" Verb="[any string]" DropTargetHandler="[Clsid]" />
      <Content ContentEvent="[Content event]" Verb="[any string]" Parameters="[Initialization parameter]"/>
      <Device DeviceEvent="[Device event]" HWEventHandler="[Clsid]" InitCmdLine="[Initialization parameter]"/>
    </InvokeAction>
  </AutoPlayHandler>
名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.autoPlayHandler です。Always windows.autoPlayHandler.
ActionDisplayNameActionDisplayName ユーザーが PC に接続したときにデバイスで実行できるアクションを表す文字列 (例: "ファイルのインポート" や "ビデオの再生")。A string that represents the action that users can take with a device that they connect to a PC (For example: "Import files", or "Play video").
ProviderDisplayNameProviderDisplayName アプリまたはサービスを表す文字列 (例: "Contoso ビデオ プレーヤー")。A string that represents your app or service (For example: "Contoso video player").
ContentEventContentEvent ユーザーに ActionDisplayNameProviderDisplayName をプロンプト表示する原因となるコンテンツ イベントの名前。The name of a content event that causes users to be prompted with your ActionDisplayName and ProviderDisplayName. コンテンツ イベントは、カメラのメモリ カード、サム ドライブ、DVD などのボリューム デバイスが PC に挿入されたときに発生します。A content event is raised when a volume device such as a camera memory card, thumb drive, or DVD is inserted into the PC. これらのイベントの詳しい一覧については、ここをご覧ください。You can find the full list of those events here.
VerbVerb [動詞] 設定では、選んだオプションでアプリに渡される値を指定します。The Verb setting identifies a value that is passed to your app for the selected option. 自動再生のイベントの起動アクションは複数指定できます。また、[動詞] 設定を使って、ユーザーがアプリで選んだアクションを確認できます。You can specify multiple launch actions for an AutoPlay event and use the Verb setting to determine which option a user has selected for your app. アプリに渡される起動イベント引数の verb プロパティを調べることでユーザーが選んだオプションを確認できます。You can tell which option the user selected by checking the verb property of the startup event arguments passed to your app. [動詞] 設定には任意の値を使うことができます。ただし、予約されている open を除きます。You can use any value for the Verb setting except, open, which is reserved.
DropTargetHandlerDropTargetHandler IDropTarget インターフェイスを実装するアプリのクラス ID。The class ID of the app that implements the IDropTarget interface. リムーバブル メディアのファイルは、IDropTarget 実装の Drop メソッドに渡されます。Files from the removable media are passed to the Drop method of your IDropTarget implementation.
パラメーターParameters すべてのコンテンツ イベントで IDropTarget インターフェイスを実装する必要はありません。You don't have to implement the IDropTarget interface for all content events. どのコンテンツ イベントにも、IDropTarget インターフェイスを実装する代わりにコマンド ライン パラメーターを指定することができます。For any of the content events, you could provide command line parameters instead of implementing the IDropTarget interface. このようなイベントでは、これらのコマンド ライン パラメーターを使うことで自動再生によってアプリが起動します。For those events, AutoPlay will start your app by using those command line parameters. アプリの初期化コードでそれらのパラメーターを解析して、自動再生によって起動したかどうかを判断し、カスタム実装を提供することができます。You can parse those parameters in your app's initialization code to determine if it was started by AutoPlay and then provide your custom implementation.
DeviceEventDeviceEvent ユーザーに ActionDisplayNameProviderDisplayName をプロンプト表示する原因となるデバイス イベントの名前。The name of a device event that causes users to be prompted with your ActionDisplayName and ProviderDisplayName. デバイス イベントは、デバイスが PC に接続されると発生します。A device event is raised when a device is connected to the PC. デバイス イベントの先頭は文字列 WPD です。一覧についてはここをご覧ください。Device events begin with the string WPD and you can find them listed here.
HWEventHandlerHWEventHandler IHWEventHandler インターフェイスを実装するアプリのクラス ID。The Class ID of the app that implements the IHWEventHandler interface.
InitCmdLineInitCmdLine IHWEventHandler インターフェイスの Initialize メソッドに渡す文字列パラメーター。The string parameter that you want to pass into the Initialize method of the IHWEventHandler interface.

Example

<Package
  xmlns:desktop3="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10/3"
  IgnorableNamespaces="desktop3">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <desktop3:Extension Category="windows.autoPlayHandler">
          <desktop3:AutoPlayHandler>
            <desktop3:InvokeAction ActionDisplayName="Import my files" ProviderDisplayName="ms-resource:AutoPlayDisplayName">
              <desktop3:Content ContentEvent="ShowPicturesOnArrival" Verb="show" DropTargetHandler="CD041BAE-0DEA-4472-9B7B-C98043D26EA8"/>
              <desktop3:Content ContentEvent="PlayVideoFilesOnArrival" Verb="play" Parameters="%1" />
              <desktop3:Device DeviceEvent="WPD\ImageSource" HWEventHandler="CD041BAE-0DEA-4472-9B7B-C98043D26EA8" InitCmdLine="/autoplay"/>
            </desktop3:InvokeAction>
          </desktop3:AutoPlayHandler>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

Microsoft Store から更新プログラムを受信した後、自動的に再起動するRestart automatically after receiving an update from the Microsoft Store

ユーザーがアプリに更新プログラムをインストールするときにアプリが開かれている場合、アプリは終了します。If your app is open when users install an update to it, the app closes.

更新の完了後にアプリを再起動する場合は、再開するすべてのプロセスで RegisterApplicationRestart 機能を呼び出します。If you want that app to restart after the update completes, call the RegisterApplicationRestart function in every process that you want to restart.

WM_QUERYENDSESSION メッセージを受け取るアプリの各アクティブ ウィンドウ。Each active window in your app receives a WM_QUERYENDSESSION message. この時点では、アプリで RegisterApplicationRestart 機能を再度呼び出して、必要に応じてコマンド ラインをアップデートすることができます。At this point, your app can call the RegisterApplicationRestart function again to update the command line if necessary.

アプリの各アクティブ ウィンドウで、WM_ENDSESSION メッセージを受け取ったら、アプリでデータを保存してシャットダウンする必要があります。When each active window in your app receives the WM_ENDSESSION message, your app should save data and shut down.

注意

また、アプリで WM_ENDSESSION メッセージが処理されない場合は、アクティブ ウィンドウにも WM_CLOSE メッセージが届きます。Your active windows also receive the WM_CLOSE message in case the app doesn't handle the WM_ENDSESSION message.

この時点で、アプリが 30 秒内に終了しなければ、プラットフォームによって強制終了されます。At this point, your app has 30 seconds to close it's own processes or the platform terminates them forcefully.

更新が完了したら、アプリが再起動します。After the update is complete, your app restarts.

他のアプリケーションと連携するWork with other applications

他のアプリとの統合、他のプロセスの開始、情報の共有が可能です。Integrate with other apps, start other processes or share information.

印刷をサポートするアプリケーションで印刷先としてアプリを表示するMake your app appear as the print target in applications that support printing

メモ帳など別のアプリからデータを印刷できるようにするには、そのアプリで利用できる印刷先の一覧に、印刷先として対象のアプリが表示されるように設定できます。When users want to print data from another app such as Notepad, you can make your app appear as a print target in the app's list of available print targets.

印刷データを XML Paper Specification (XPS) 形式で受信できるように、アプリを変更する必要があります。You'll have to modify your app so that it receives print data in XML Paper Specification (XPS) format.

XML 名前空間XML namespaces

http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10/2

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.appPrinter">
    <AppPrinter
        DisplayName="[DisplayName]"
        Parameters="[Parameters]" />
</Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.appPrinter です。Always windows.appPrinter.
DisplayNameDisplayName アプリの印刷先一覧に表示する名前。The name that you want to appear in the list of print targets for an app.
ParametersParameters 要求を正しく処理するためにアプリが必要とするパラメーター。Any parameters that your app requires to properly handle the request.

Example

<Package
  xmlns:desktop2="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10/2"
  IgnorableNamespaces="desktop2">
  <Applications>
  <Application>
    <Extensions>
      <desktop2:Extension Category="windows.appPrinter">
        <desktop2:AppPrinter
          DisplayName="Send to Contoso"
          Parameters="/insertdoc %1" />
      </desktop2:Extension>
    </Extensions>
  </Application>
</Applications>
</Package>

この拡張機能を使用するサンプルについては、こちらをご覧ください。Find a sample that uses this extension Here

他の Windows アプリケーションとフォントを共有するShare fonts with other Windows applications

他の Windows アプリケーションとカスタム フォントを共有できます。Share your custom fonts with other Windows applications.

XML 名前空間XML namespaces

http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10/2

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.sharedFonts">
    <SharedFonts>
      <Font File="[FontFile]" />
    </SharedFonts>
  </Extension>

完全なスキーマ リファレンスについては、こちらをご覧ください。Find the complete schema reference here.

名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.sharedFonts です。Always windows.sharedFonts.
FileFile 共有するフォントが格納されたファイル。The file that contains the fonts that you want to share.

Example

<Package
  xmlns:uap4="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10/4"
  IgnorableNamespaces="uap4">
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
        <uap4:Extension Category="windows.sharedFonts">
          <uap4:SharedFonts>
            <uap4:Font File="Fonts\JustRealize.ttf" />
            <uap4:Font File="Fonts\JustRealizeBold.ttf" />
          </uap4:SharedFonts>
        </uap4:Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリから Win32 プロセスを開始するStart a Win32 process from a Universal Windows Platform (UWP) app

完全信頼で実行される Win32 プロセスを開始します。Start a Win32 process that runs in full-trust.

XML 名前空間XML namespaces

http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10

この拡張機能の要素と属性Elements and attributes of this extension

<Extension Category="windows.fullTrustProcess" Executable="[executable file]">
  <FullTrustProcess>
    <ParameterGroup GroupId="[GroupID]" Parameters="[Parameters]"/>
  </FullTrustProcess>
</Extension>
名前Name 説明Description
CategoryCategory 常に windows.fullTrustProcess です。Always windows.fullTrustProcess.
GroupIDGroupID 実行可能ファイルに渡すパラメーターのセットを識別するための文字列。A string that identifies a set of parameters that you want to pass to the executable.
ParametersParameters 実行可能ファイルに渡すパラメーター。Parameters that you want to pass to the executable.

Example

<Package xmlns="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10"
         xmlns:uap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10"
         xmlns:rescap=
"http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10/restrictedcapabilities"
         xmlns:desktop="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/desktop/windows10">
  ...
  <Capabilities>
      <rescap:Capability Name="runFullTrust"/>
  </Capabilities>
  <Applications>
    <Application>
      <Extensions>
          <desktop:Extension Category="windows.fullTrustProcess" Executable="fulltrustprocess.exe">
              <desktop:FullTrustProcess>
                  <desktop:ParameterGroup GroupId="SyncGroup" Parameters="/Sync"/>
                  <desktop:ParameterGroup GroupId="OtherGroup" Parameters="/Other"/>
              </desktop:FullTrustProcess>
           </desktop:Extension>
      </Extensions>
    </Application>
  </Applications>
</Package>

この拡張機能は、すべてのデバイスで実行できるユニバーサル Windows プラットフォームのユーザー インターフェイスを作成する一方で、Win32 アプリのコンポーネントについては完全信頼での実行を継続する場合に便利です。This extension might be useful if you want to create a Universal Windows Platform User interface that runs on all devices, but you want components of your Win32 app to continue running in full-trust.

まず、Win32 アプリのデスクトップ ブリッジのパッケージを作成します。Just create a desktop bridge package for your Win32 app. そのうえで、この拡張機能を UWP アプリのパッケージ ファイルに追加してください。Then, add this extension to the package file of your UWP app. この拡張機能は、デスクトップ ブリッジ パッケージで実行可能ファイルを開始することを示します。This extensions indicates that you want to start an executable file in the desktop bridge package. UWP アプリと Win32 アプリの間でやり取りを行うには、1 つまたは複数のアプリ サービスを設定します。If you want to communicate between your UWP app and your Win32 app, you can set up one or more app services to do that. このシナリオについては詳しくは、こちらをご覧ください。You can read more about this scenario here.

次のステップNext steps

質問に対する回答を見つけるFind answers to your questions

ご質問がある場合は、Have questions? Stack Overflow でお問い合わせください。Ask us on Stack Overflow. Microsoft のチームでは、これらのタグをチェックしています。Our team monitors these tags. こちらから質問することもできます。You can also ask us here.

フィードバックの提供または機能の提案を行うGive feedback or make feature suggestions

UserVoice のページをご覧ください。See UserVoice.