デスクトップ ブリッジDesktop Bridge

既存のデスクトップ アプリを利用して、Windows 10 ユーザー向けの最新のエクスペリエンスを追加します。Take your existing desktop app and add modern experiences for Windows 10 users. Microsoft Store を通じてアプリを配布し、国際市場でのリーチを拡大します。Then, achieve greater reach across international markets by distributing it through the Microsoft Store. Store に直接組み込まれている機能を活用することで、より簡単に、アプリの収益化ができます。You can monetize your app in much simpler ways by leveraging features built right into the store. もちろん、ストアを使用する必要はありません。Of course, you don't have to use the store. 既存のチャンネルを自由に使用してください。Feel free to use your existing channels.

デスクトップ ブリッジ

デスクトップ ブリッジは、最新の Windows アプリ パッケージを使用して開発者が Windows フォーム、WPF、または Win32 デスクトップ アプリやゲームを効率的に配布できるようにするため、プラットフォームに組み込まれているインフラストラクチャです。The Desktop Bridge is the infrastructure that we’ve built into the platform that lets you distribute your Windows Forms, WPF, or Win32 desktop app or game efficiently by using a modern Windows App package.

このパッケージは、アプリに ID を提供します。デスクトップ アプリは、その ID を使用してユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) API にアクセスできます。This package gives your app an identity and with that identity, your desktop app has access to Windows Universal Platform (UWP) APIs. これを利用して、ライブ タイルや通知など、現代的で魅力的なエクスペリエンスを実現できます。You can use them to light up modern and engaging experiences such as live tiles and notifications. アプリが Windows 10 で実行される場合にのみ、単純な条件付きコンパイルとランタイム チェックを使用して、UWP コードを実行します。Use simple conditional compilation and runtime checks to run UWP code only when your app runs on Windows 10.

Windows 10 エクスペリエンスを実現するために使用するコード以外は、アプリは元のままです。引き続き、そのアプリを既存の Windows 7、Windows Vista、または Windows XP のユーザーに配布できます。Aside from the code that you use to light up Windows 10 experiences, your app remains unchanged and you can continue to distribute it to your existing Windows 7, Windows Vista, or Windows XP user base. Windows 10 では、このアプリを現在のアプリと同じように、完全な信頼ユーザー モードで引き続き実行できます。On Windows 10, your app continues to run in full-trust user mode just like it’s doing today.

重要

デスクトップ ブリッジは、Windows 10 Version 1607 で導入されており、Windows 10 Anniversary Update (10.0、ビルド 14393) 以降のリリースをターゲットとする Visual Studio プロジェクトでのみ使用できます。The Desktop Bridge was introduced in Windows 10, version 1607, and it can only be used in projects that target Windows 10 Anniversary Update (10.0; Build 14393) or a later release in Visual Studio.

注意

Microsoft Virtual Academy から公開されている、このシリーズの短いビデオをご覧ください。Checkout this series of short videos published by the Microsoft Virtual Academy. これらのビデオでは、デスクトップ アプリをユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) に移行するプロセスをすべて説明しています。These videos walk you through the entire process of bringing your desktop app to the Universal Windows Platform (UWP).

メリットBenefits

以下に、デスクトップ アプリケーションの Windows アプリ パッケージを作成する理由を示します。Here's some reasons to create a Windows App package for your desktop application:

✔️ スムーズな展開プロセス✔️ Streamlined deployment. ブリッジを使用しているアプリやゲームでは、優れた展開エクスペリエンスが提供されます。Apps and games that use the bridge have a great deployment experience. このエクスペリエンスにより、ユーザーが安心してアプリのインストールおよび更新を行うことができます。This experience ensures that users can confidently install an app and update it. ユーザーがアプリをアンインストールすると、跡形なく完全に削除されます。If a user chooses to uninstall the app, it's removed completely with no trace left behind. このため、セットアップ エクスペリエンスの設計や、更新プログラムの配信にかかる時間を削減できます。This reduces time authoring setup experiences and keeping users up-to-date.

✔️ 自動更新とライセンス✔️ Automatic updates and licensing. アプリは、Microsoft Store の組み込みライセンスと自動更新機能に参加できます。Your app can participate in the Microsoft Store's built-in licensing and automatic update facilities. 自動更新機能は、ファイルの変更された部分だけがダウンロードされるため、非常に信頼性が高く効率的なメカニズムです。Automatic update is a highly reliable and efficient mechanism, because only the changed parts of files are downloaded.

✔️ リーチの拡大とシンプルな決済。✔️ Increased reach and simplified monetization. Microsoft Store からの配布なら、数百万人の Windows 10 ユーザーにリーチを拡大できます。ユーザーは、アプリとゲームの購入や、アプリ内での購入に各地域の支払い方法を使用できます。Choosing to distribute through the Microsoft Store expands your reach to millions of Windows 10 users, who can acquire apps, games and in-app purchases with local payment options.

✔️ UWP 機能の追加✔️ Add UWP features. 自分のペースで、XAML ユーザー インターフェイス、ライブ タイルの更新、UWP バックグラウンド タスク、アプリ サービスなどの多くの UWP 機能をアプリのパッケージに追加できます。At your own pace, you can add UWP features to your app's package, like a XAML user-interface, live tile updates, UWP background tasks, app services, and many more.

✔️ 対応デバイスの拡大✔️ Broadened use-cases across device. ブリッジを使用すると、徐々にコードをユニバーサル Windows プラットフォームに移行して、電話、Xbox One、HoloLens など、すべての Windows 10 デバイスを対象にできます。Using the bridge, you can gradually migrate your code to the Universal Windows Platform to reach every Windows 10 device, including phones, Xbox One and HoloLens.

利点の完全な一覧については、「デスクトップ ブリッジ」をご覧ください。To view a more complete list of benefits, see Desktop Bridge.

準備Prepare

まず、「アプリのパッケージ化の準備」を読み、アプリに該当する点があれば、Windows アプリ パッケージを作成する前に対処することで、アプリケーションを準備します。First, prepare your application by reviewing the article Prepare to package your desktop app, and then addressing any of the issues that apply to your app before you create a Windows app package for it. パッケージを作成する前に、多くの変更を加える必要はないかもしれません。You might not have to make many changes to your app before you create the package. ただし、状況によっては、パッケージを作成する前にアプリへの調整が必要になる場合があります。However, there are some situations that might require you to tweak your app before you create a package for it.

パッケージ化Package

アプリの Windows アプリ パッケージを作成するには、以下のようなツールを使用できます。Here's some tools that you can use to create a Windows app package for your app.

Desktop App ConverterDesktop App Converter

このツールの名前には "Converter" という用語が含まれますが、実は、アプリの変換は行いません。While the term "Converter" appears in the name of this tool, it doesn't actually convert your app. アプリは変更されません。Your app remains unchanged. しかし、Windows アプリ パッケージが生成されます。However, this tool generates a Windows app package for you. アプリによって多くのシステム変更が行われる場合や、インストーラーの処理について不明確な点がある場合に便利です。It can be very convenient in cases where your app makes lots of system modifications, or if you have any uncertainty about what your installer does.

Desktop App Converter は、インストーラーの操作を、アプリのパッケージ バージョンで使用される仮想ファイルとレジストリ システムに変換します。The Desktop App Converter translates the actions of your installer to the virtual file and registry system that the packaged version of your app will use. また、Desktop App Converter には、変換以外にも役に立つ機能があります。The Desktop App Converter also does a few extra things for you. その一部を次に示します。Here's a few of them.

✔️ プレビュー ハンドラー、サムネイル ハンドラー、プロパティ ハンドラー、ファイアウォール規則、URL フラグを自動的に登録する。✔️ Automatically register your preview handlers, thumbnail handlers, property handlers, firewall rules, URL flags.

✔️ ファイルの種類のマッピングを自動的に登録する。これによりユーザーは、エクスプローラーの [種類] 列を使ってファイルをグループ化できるようになります。✔️ Automatically registers file type mappings that enable users to group files by using the Kind column in File Explorer.

✔️ 公開 COM サーバーを登録する。✔️ Registers your public COM servers.

✔️ アプリの実行に使用できる証明書を生成する。✔️ Generates a certificate to that you can use to run your app.

✔️ デスクトップ ブリッジと Microsoft Store の要件に照らしてアプリを検証する。✔️ Validates your app against Desktop Bridge and Microsoft Store requirements.

Desktop App Converter を使用する別の優れた理由は、Visual Studio とは別の開発環境を使ってアプリを管理する場合です。Another great reason to use the Desktop App Converter is if you maintain your app by using a different development environment other than Visual Studio. Desktop App Converter は、アプリにインストーラーがなくても使うことができます。You can use the Desktop App Converter even if your app doesn't have an installer.

Desktop App Converter を使用してアプリをパッケージ化する (デスクトップ ブリッジ)」をご覧ください。See Package an app using the Desktop App Converter (Desktop Bridge)

Visual StudioVisual Studio

Visual Studio を使ってアプリケーションを管理しており、アプリケーションにインストーラーがないか、インストーラーが非常に多数の複雑なタスクを実行しない場合、代わりに Visual Studio の使用を検討してください。If you maintain your application by using Visual Studio, and your application doesn't have an installer or your installer doesn't perform too many complicated tasks, consider using Visual Studio instead.

Visual Studio を使うと、パッケージをかなり簡単に作成できます。Visual Studio makes it abundantly easy to create a package. パッケージ プロジェクトを追加して、デスクトップ プロジェクトを参照し、F5 キーを押してアプリをデバッグします。You'll add a packaging project, reference your desktop project, and then press F5 to debug your app. 手動で調整する必要はありません。No manual tweaks necessary. この新しい効率化されたエクスペリエンスは、以前のバージョンの Visual Studio のエクスペリエンスから大幅に向上しています。This new streamlined experience is a vast improvement over the experience that was available in the previous version of Visual Studio. 他にも以下のような処理を実行できます。Here's a few other things you can do with it.

✔️ ビジュアル アセットを自動的に生成する。✔️ Automatically generate visual assets.

✔️ ビジュアル デザイナーを使ってマニフェストに変更を加える。✔️ Make changes to your manifest by using a visual designer.

✔️ ウィザードを使ってパッケージを生成する。✔️ Generate your package by using a wizard.

✔️ Windows デベロッパー センター ダッシュボードで既に予約している名前からアプリに ID を割り当てる。✔️ Easily assign an identity to your app from a name that you've already reserved in the Windows Dev Center dashboard.

Visual Studio を使った .NET アプリのパッケージ化 (デスクトップ ブリッジ)」をご覧ください。See Package a .NET app by using Visual Studio (Desktop Bridge)

サードパーティ インストーラーThird-party installer

いくつかのポピュラーなサード パーティ製品やインストーラーでは、デスクトップ ブリッジがサポートされるようになりました。Several popular third-party products and installers now support the Desktop Bridge. これらを使用すると、わずか数クリックで MSI インストーラーやアプリ パッケージを生成することができます。You can use them to generate MSI installers or app packages with only a few clicks. これらのツールの使用方法について詳しくは、それぞれの製品の Web サイトをご覧ください。While we don't produce documentation on how to use these tools, visit their websites to learn more.

Advanced InstallerAdvanced Installer

Caphyon は、わずか数回のクリックでアプリケーションの Windows アプリ パッケージを生成できる、GUI ベースのデスクトップ アプリ パッケージ作成ツールを無料で提供しています。Caphyon provides a free, GUI-based, desktop app packaging tool that helps you to generate a Windows app package for your application with only a few clicks. このツールでは、サイレント モードで実行されるものも含めて、どのようなインストーラーでもパッケージ化できます。また、アプリがパッケージ化に適しているかどうかを判断するための妥当性チェックも実行できます。It can use any installer; even ones that run in silent mode, and performs a validation check to determine whether the app is suitable for packaging. Desktop App Converter は、Hyper-V および VMware にも統合できます。The Desktop App Converter also integrates with Hyper-V and VMware. つまり、独自の仮想マシンを使用することができるため、サイズが 3 GB を超える可能性がある Docker イメージをダウンロードする必要はありません。This means that you can use your own virtual machines, without having to download a matching Docker image that can be over 3GB in size.

Advanced Installer を使用すると、既存のプロジェクトから MSI と Windows アプリ パッケージを生成できます。You can use Advanced Installer to generate MSI and Windows app packages from existing projects. また、Advanced installer では、Microsoft Desktop App Converter を使用して生成した Windows アプリ パッケージをインポートすることもできます。You can also use Advanced installer to import Windows app packages that you generate by using the Microsoft Desktop App Converter. インポートしたアプリ パッケージは、UWP アプリ用に設計されたビジュアル ツールを使用して管理できます。Once imported, you can maintain them by using visual tools that are specifically designed for UWP apps.

Advanced Installer では、Visual Studio 2017 および 2015 用の拡張機能も提供されており、これらはデスクトップ ブリッジ アプリのビルドとデバッグに使用できます。Advanced Installer also provides an extension for Visual Studio 2017 and 2015 that can use to build and debug Desktop Bridge apps.

簡単な紹介については、こちらのビデオをご覧ください。See this video for a quick overview.

ヒント

最近リリースされた Advanced Installer Express Edition をチェックしてみてください。Be sure to checkout the recently released Advanced Installer Express Edition.

Cloudhouse 互換性コンテナーCloudhouse Compatibility Containers

Windows 10 および Windows 10 S と互換性のない基幹業務アプリケーションを利用している企業ユーザーの場合、Cloudhouse の互換性コンテナーを使用すると、ソース コードを変更することなく Windows XP アプリケーションと Windows 7 アプリケーションを Windows 10 で実行することや、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) で実行できるように変換して、ビジネス向け Microsoft Store や Microsoft InTune を通じて配布することができます。For Enterprise customers who have line of business applications that are incompatible with Windows 10 and 10 S, Cloudhouse’s Compatibility Containers enable Windows XP and 7 apps to run on Windows 10 and then converts them to run on the Universal Windows Platform (UWP) for delivery through Microsoft Store for Business, or Microsoft InTune without changing the source code. 無料試用版に登録してください。Register for a Free Trial.

Cloudhouse が提供する Auto Packager は、アプリケーションが現在実行されているオペレーティング システム (Windows XP など) で、基幹業務アプリケーションをパッケージ化して互換性コンテナーを作成し、UWP に変換できるようにアプリを準備します。Cloudhouse provides an Auto Packager for packaging line of business applications into Compatibility Containers on the operating systems that the apps runs on today (For example: Windows XP), and then prepare it for conversion to UWP. コンテナーはその後、Microsoft の Desktop App Converter ツールと統合して新しい Windows アプリ パッケージ形式に変換されます。The Container is then converted to the new Windows app package format by integrating it with Microsoft’s Desktop App Converter tool.

Auto Packager では、インストール/キャプチャおよび実行時分析を使用して、アプリケーションを Windows 10 で実行できるようにするために必要なアプリケーションのファイル、レジストリ、ランタイム、依存関係、および互換性とリダイレクト エンジンを含む、アプリケーションのコンテナーを作成します。The Auto Packager uses install / capture and runtime analysis to create a Container for the application which includes the application’s files, registry, runtimes, dependencies, and the compatibility and redirection engine required to enable the application to run on Windows 10. コンテナーは、アプリケーションとそのランタイムの分離を実現し、ユーザーのデバイスで実行されている他のアプリケーションへの影響や競合を回避できます。The Container provides isolation for the application and its runtimes, so that that they do not affect or conflict with other applications running on the user’s device.

ビジネス向け Microsoft Store を通じてビジネス アプリケーションを提供する方法の詳細については、リリースに関するブログの記事をご覧ください。Find out more about how you can deliver business applications through the Microsoft Store for Business Read in our Release blog.

FireGiantFireGiant

FireGiant Appx 拡張機能を使用すると、同一の WiX ソース コードから Windows アプリ パッケージと MSI パッケージを同時に作成できます。The FireGiant Appx extension lets you create Windows app packages and MSI packages simultaneously from the same WiX source code. ビルドするたびに、Windows アプリ パッケージで Windows 10 のデスクトップ ブリッジをターゲットに、MSI で以前のバージョンの Windows ターゲットにすることができます。Every time you build, you can target Desktop Bridge in Windows 10 with a Windows app package and earlier versions of Windows with MSI.

FireGiant Appx 拡張機能では、WiX プロジェクトの静的分析とインテリジェント エミュレーションを使用して、コンテナーや仮想マシンによるディスク領域や実行時のオーバーヘッドが生じることなく、Windows アプリ パッケージを作成します。The FireGiant Appx extension uses static analysis and intelligent emulation of your WiX projects to create Windows app packages without the disk space and runtime overhead of containers or virtual machines.

FireGiant Appx 拡張機能は、実行することでインストーラーを変換するわけではありません。そのため、インストーラーを繰り返し Windows アプリ パッケージに変換する必要はなく、WiX インストーラーをそのまま維持できます。Because the FireGiant Appx extension doesn't convert your installer by running it, you can maintain your WiX installer without having to repeatedly convert it to Windows app packages. さまざまな Windows バージョンのユーザーはすべて、最新の機能強化を入手できます。MSI と Windows アプリ パッケージが同期していないことを開発者が心配する必要はありません。All your users on different versions of Windows get your latest improvements and you don't have to worry about MSI and Windows app packages getting out of sync.

こちらのビデオで、FireGiant CEO の Rob Mensching が数行のコードで人気のオープンソース 7-Zip 圧縮ツールの Appx (Windows アプリ パッケージ) バージョンを作成した方法や、同じ WiX ソース コードに変更を加えて Windows アプリ パッケージと MSI パッケージの両方を強化した方法を確認してください。Check out this video and see how in a couple lines of code FireGiant CEO Rob Mensching creates an Appx (Windows app package) version of the popular open-source 7-Zip compression tool and then how he improves both Windows app and MSI packages with changes in the same WiX source code.

InstallAwareInstallAware

InstallAware は、Microsoft の技術革新をすばやくサポートすることで実績があり、1 つのソースから Windows アプリ パッケージ (デスクトップ ブリッジ)、APP-V (アプリケーションの仮想化)、MSI (Windows インストーラー)、EXE (ネイティブ コード) パッケージを構築します。InstallAware, with a track record of quickly supporting Microsoft's innovations, builds Windows app packages (Desktop Bridge), App-V (Application Virtualization), MSI (Windows Installer), and EXE (Native Code) packages from a single source.

InstallAware は、Visual Studio バージョン 2012 ~ 2017 に無料の InstallAware 拡張機能を提供しています。InstallAware provides free InstallAware extensions for Visual Studio versions 2012-2017. これを使用すると、Visual Studio ツールバーから直接 1 回クリックするだけで、Windows アプリ パッケージを作成できます。You can use them to create Windows app packages with a single click directly from the Visual Studio toolbar.

また、そのセットアップのソース コードがない場合でも、PackageAware (スナップショットなしのセットアップ キャプチャ) または Database Import Wizard (すべての MSI インストーラーと MSM マージ モジュール用) を使用して、任意のセットアップをインポートできます。You can also import any setup, even if you don't have the source code for that setup, by using PackageAware (snapshot-free setup captures), or the Database Import Wizard (for all MSI installers and MSM merge modules). GUI ツールを使用して、視覚的な方法またはスクリプトによって、インポートの保守と強化ができます。You can use GUI tools to maintain and enhance your imports, visually or by scripting.

高度な APPX 作成オプションを利用すると、Microsoft Store 申請のターゲットや、エンドユーザーに配布するサイドロード用の署名付き Windows アプリ パッケージ バイナリの生成が容易になります。Advanced APPX creation options help you target Microsoft Store submissions, or produce signed Windows app package binaries for sideload distribution to end-users. Nano Server に展開することを目的とした WSA (Windows Server アプリケーション) インストーラー パッケージをすべて 1 つのソースからビルドすることもできます。また、GUI に加えて、コマンド ライン自動化の完全なサポートが提供されます。You can even build WSA(Windows Server Applications) Installer packages that target deployments to Nano Server all from a single source, and with full support for command line automation, in addition to a GUI.

InstallAware では、GNU Affero GPL ライセンスの下で APPX Builder Libraryオープン ソースにしており、コマンド ライン アプレットの例と一緒に公開しています。InstallAware also open sourced an APPX builder library, together with an example command line applet, under the GNU Affero GPL license. これらは、WiX などのオープン ソース プラットフォームで使用することを目的としています。These are designed for use with open source platforms such as WiX.

InstallShieldInstallShield

InstallShield は、MSI インストーラーと EXE インストーラーの開発、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) パッケージと Windows Server App (WSA) パッケージの作成、およびアプリケーションの仮想化を最小限のスクリプト作成、コーデイング、および作業のやり直しで実現する単一のソリューションを提供します。InstallShield provides a single solution to develop MSI and EXE installers, create Universal Windows Platform (UWP) and Windows Server App (WSA) packages, and virtualize applications with minimal scripting, coding and rework.

InstallShield プロジェクトを数秒でスキャンし、アプリケーションと UWP/WSA パッケージの間の潜在的な互換性の問題を自動的に特定することで、調査にかかる時間を短縮できます。Scan your InstallShield project in seconds to save hours of investigative work by automatically identifying potential compatibility issues between your application and UWP and WSA packages.

既存の InstallShield プロジェクトから UWP アプリ パッケージをビルドすることで、Microsoft Store に公開する準備をし、Windows 10 におけるソフトウェアのインストール エクスペリエンスを簡略化します。Prepare for the Microsoft Store and simplify your software’s installation experience on Windows 10 by building UWP app packages from your existing InstallShield projects. Windows インストーラーと UWP アプリ パッケージの両方をビルドし、顧客の希望する展開シナリオをすべてサポートします。Build both Windows Installer and UWP App Packages to support all of your customers’ desired deployment scenarios. 既存の InstallShield プロジェクトから WSA パッケージをビルドし、Nano Server と Windows Server 2016 の展開をサポートします。Support Nano Server and Windows Server 2016 deployments by building WSA packages from your existing InstallShield projects.

展開と保守が容易になるように、インストールをモジュール単位で開発します。その後、コンポーネントと依存関係をビルド時にマージして、Microsoft Store 向けの 1 つの UWP アプリ パッケージにします。Develop your installation in modules for easier deployment and maintenance, and then merge the components and dependencies at build time into a single UWP app package for the Microsoft Store. ストア外部で直接配布できるようにするには、UWP アプリ パッケージとその他の依存関係を Suite/Advanced UI インストーラーにバンドルします。For direct distribution outside the store, bundle your UWP App Packages and other dependencies together with a Suite/Advanced UI installer.

詳細はこちらの eBook をご覧ください。Learn more in this eBook.

PACE SuitePACE Suite

PACE Suite は、デスクトップ アプリをユニバーサル Windows プラットフォームに移行するために使うことができるアプリケーション パッケージ ツールです。PACE Suite is an application packaging tool that you can use to bring your desktop apps to the Universal Windows Platform.

PACE Suite を使えば、特別なパッケージ環境を準備したり、追加の Windows SDK コンポーネントをインストールしたりする必要がありません。With PACE Suite, you don't need to prepare special packaging environments or install additional Windows SDK components. PACE Suite は、Windows 10 または Windows Server 2016 の標準パッケージ環境で Windows アプリ パッケージを個別に構築できます。PACE Suite can build Windows app packages independently in your standard packaging environment under Windows 10 or Windows Server 2016. この図入りの例で、PACE Suite が Windows アプリ パッケージへのインストーラーの再パッケージ化を処理する方法について確認してください。Check out this illustrated example to learn how PACE Suite approaches repackaging an installer to a Windows app package.

Windows アプリ パッケージの作成とは別に、Windows インストーラー パッケージ (MSI)、更新プログラム (MSP)、変換 (MST)、App-V パッケージを作成するために PACE Suite を使うことができます。Apart from creating Windows app packages, you can also use PACE Suite to create Windows Installer packages (MSI), patches (MSP), transforms (MST) and App-V packages. MSI をオーサリングする段階になると、PACE Suite はアップグレード、アクセス許可の設定、カスタム アクション、スクリプトなどの管理に役立ちます。When it comes to MSI authoring, PACE Suite helps with managing upgrades, permission settings, custom actions, scripts and others. System Center Configuration Manager に直接アプリケーションを発行することもできます。You can also publish your applications directly to System Center Configuration Manager.

すべてのアプリケーション パッケージ機能を確認するには、PACE Suite の機能に関するページをご覧ください。To review all application packaging capabilities, see PACE Suite features.

RAD StudioRAD Studio

RAD Studio (提供元: Embarcadero) のページをご覧ください。See RAD Studio by Embarcadero

RayPack StudioRayPack Studio

Raynet のパッケージ化ソリューション RayPack Studio では、効率的で構成しやすい変換および再パッケージ化フレームワークの結果の 1 つとして考えられるデスクトップ ブリッジがサポートされます。Raynet's packaging solution, RayPack Studio, supports the Desktop Bridge as one of several possible outcomes of efficient and easy-to-configure conversion and repackaging framework.

既存の仮想環境 (VMware Workstation、Hyper-V) を使って、時間がかかる環境のセットアップを行わなくても自動/一括変換を実行できます。Existing virtual environments (VMware Workstation, Hyper-V) can be used to perform automated/bulk conversion without a lengthy environment setup. Studio のコンポーネント (RayQC Advanced) は、事前変換スクリーニングおよび互換性テストを行って、変換の対象となるソフトウェアを確認できます。A component of the studio (RayQC Advanced) is able to make pre-conversion screening and compatibility tests to verify software that is eligible for conversion. さらに、ユーザーは、Anniversary Update や Creators Update などのさまざまな Windows 10 エディションを使って、包括的な競合および互換性チェックを実行できるようになりました。Additionally, users can now perform comprehensive collision and compatibility checks with various Windows 10 editions including Anniversary and Creators updates.

Windows 10 APPX/UWP 形式のソフトウェア パッケージの作成の次は、RayPack Studio を使って従来の Windows インストーラー パッケージ (MSI)、更新プログラム (MSP)、変換 (MST)、App-V パッケージを作成することもできます。Next to the creation of software packages for Windows 10 APPX/UWP format, RayPack Studio can also be used to create classic Windows Installer packages (MSI), patches (MSP), transforms (MST), and App-V packages. さらに、このソリューションには、一連のソフトウェア製品とプロフェッショナル向けエンタープライズ ソフトウェア パッケージ用のコンポーネントが付属しています。Furthermore, this solution comes with a set of software products and components for professional enterprise software packaging. ソフトウェアのパッケージ化と仮想化に加えて、RayPack Studio では、ソフトウェア アプリケーションとパッケージの競合および互換性チェック (RayQC Advanced)、ソフトウェア評価 (RayEval)、品質保証 (RayQC) というすべてのパッケージ化関連タスクが考慮されます。In addition to software packaging and virtualization, RayPack Studio considers all packaging-related tasks: conflict and compatibility checks of software applications and packages (RayQC Advanced), software evaluation (RayEval), and quality assurance (RayQC).

Raynet のエンタープライズ ワークフロー システムである RayFlow と組み合わせると、ユーザーは、パッケージの注文から評価、分析、パッケージ化、品質保証、ユーザー受入テスト、展開まで、エンタープライズ アプリケーション ライフサイクル全体を通じてソフトウェアで効率的に作業することができます。Combined with RayFlow, Raynet´s Enterprise Workflow System, users can efficiently work on the software through the whole enterprise application lifecycle, from package ordering, through evaluation, analysis, packaging, quality assurance, user acceptance tests and deployment. すべてのパッケージと形式は、SCCM や他のソリューションに直接保存して展開できます。All packages and formats can be stored and deployed directly into SCCM or other solutions. アプリケーション ライフ サイクル プロセス全体が RayFlow によって追跡および管理されます。The entire application lifecycle process is tracked and managed by RayFlow. さらに、ServiceNow などのどの注文システムでも統合することができます。In addition, any order systems such as ServiceNow can be integrated. Raynet では、自社のサービス プロバイダー向けツールを使って世界中でソフトウェア パッケージ ファクトリを作成しています。Raynet builds software packaging factories worldwide with its tools for service providers.

ぜひ、Raynet の RayPack Studio および RayFlow の無料試用版ライセンスを入手してください。Convince yourself and get the free trial license of Raynet's RayPack Studio and RayFlow. 詳しくは、www.raynet.de をご覧ください。For more information, please visit www.raynet.de.

関連リンク:Related links:

手動でのパッケージ化Manual packaging

最後のオプションとして、これらのツールを使わずにアプリを変換できます。As a final option, you can convert your app without using any of these tools. 変換をきめ細かく制御する場合は、マニフェスト ファイルを作成し、MakeAppx.exe ツールを実行して Windows アプリ パッケージを作成します。If you want that granular control over your conversion, you can create a manifest file, and then run the MakeAppx.exe tool to create your Windows app package.

アプリを手動でパッケージ化する (デスクトップ ブリッジ)」をご覧ください。See Package an app manually (Desktop Bridge).

統合Integrate

アプリをシステムと統合する必要がある場合 (ファイアウォール規則を確立する場合など)、アプリのパッケージ マニフェストにそのことを記述すると、システムによって残りの処理が行われます。If your app needs to integrate with the system (For example: establish firewall rules), describe those things in the package manifest of your app and the system will do the rest. これらのタスクのほとんどは、まったくコードを記述する必要がありません。For most of these tasks, you won't have to write any code at all. マニフェストに少し XML を追加するだけで、ユーザーがログオンしたときにプロセスを開始する、アプリをエクスプローラーに統合する、他のアプリに表示される印刷先の一覧に対象アプリを追加する、などの処理を行うことができます。With a bit of XML in the manifest, you can do things like start a process when the user logs on, integrate your app into File Explorer, and add your app a list of print targets that appear in other apps.

Windows 10 にアプリを統合する (Windows デスクトップ ブリッジ)」をご覧ください。See Integrate your app with Windows 10 (Windows Desktop Bridge).

強化Enhance

アプリをパッケージ化すると、ライブ タイルやプッシュ通知などの機能を追加できます。Once you've packaged your app, you can light it up with features such as live tiles, and push notifications. このような機能の中には、ほとんど時間をかけずに追加して、アプリのエンゲージメント レベルを大幅に向上できるものもあります。Some of these capabilities can significantly improve the engagement level of your app and they cost you very little time to add. もう少しコードの追加が必要になるものもあります。Some enhancements require a bit more code.

Windows 10 向けのデスクトップ アプリを強化する」をご覧ください。See Enhance your desktop application for Windows 10.

拡張Extend

一部の Windows 10 エクスペリエンス (タッチ対応 UI ページなど) は、最新のアプリ コンテナー内で実行する必要があります。Some Windows 10 experiences (For example: a touch-enabled UI page) must run inside of a modern app container. 一般的に、UWP API を使用して既存のデスクトップ アプリケーションを強化することでエクスペリエンスを追加できるかどうかを最初に判断する必要があります。In general, you should first determine whether you can add your experience by Enhancing your existing desktop application with UWP APIs. エクスペリエンスを実現するために UWP コンポーネントを使用する必要がある場合、ソリューションに UWP コンポーネントを追加すると、アプリ サービスを使用してデスクトップ アプリと UWP コンポーネントの間で通信を行うことができます。If you have to use a UWP component, to achieve the experience, then you can add a UWP project to your solution and use app services to communicate between your desktop app and the UWP component.

最新の UWP コンポーネントによるデスクトップ アプリケーションの拡張」をご覧ください。See Extend your desktop application with modern UWP components.

移行Migrate

デスクトップ アプリケーションを UWP アプリに変換できるツールはありませんが、多くの既存コードを再利用できるため、UWP アプリの作成コストを削減できます。While there's no tool that can convert a desktop application to a UWP app, you can reuse a lot of your existing code, and that lowers the cost of building one. これは、できるだけ多くのビジネス ロジックを .NET Standard 2.0 ライブラリに移行することで行うことができます。You can do that by moving as much business logic as you can into .NET Standard 2.0 libraries.

.NET Standard 2.0 では、お気に入りの NuGet パッケージとサード パーティ製ライブラリに対する互換性 shim が追加されているだけでなく、.NET API の数が大幅に増えています。The .NET Standard 2.0 includes a massive increase in the number of .NET APIs along with a compatibility shim for your favorite NuGet packages and third party libraries.

お持ちのコードを .NET Standard ライブラリに移行し、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリを作成すると、すべての Windows 10 デバイスをターゲットにすることができます。Migrate your code to .NET Standard libraries, and then create a Universal Windows Platform (UWP) app to reach all Windows 10 devices.

デスクトップ アプリと UWP アプリでコードを共有する」をご覧くださいSee Share code between a desktop app and a UWP app

テストTest

配布用の準備の一環として現実的な設定でアプリをテストするには、アプリに署名し、インストールすることをお勧めします。To test your app in a realistic setting as you prepare for distribution, it's best to sign your app and then install it. アプリのテスト」をご覧ください。See Test your app.

重要

Microsoft Store にアプリを公開する場合は、Windows 10 を S モードで実行するデバイスでアプリが正しく動作することを確認してください。If you plan to publish your app to the Microsoft Store, make sure that your app operates correctly on devices that run Windows 10 in S mode. これは、Microsoft Store 要件です。This is a store requirement. Windows アプリの S モードの Windows 10 をテストする」をご覧ください。See Test your Windows app for Windows 10 in S mode.

検証Validate

作成したアプリを Microsoft Store に公開する、または Windows 認定を受ける最善の方法は、認定のためアプリを提出する前に、ローカルでアプリの検証とテストを行うことです。To give your app the best chance of being published on the Microsoft Store or becoming Windows Certified, validate and test it locally before you submit it for certification.

DAC を使ってアプリをパッケージ化する場合は、新しい -Verify フラグを使用することで、デスクトップ ブリッジとストアの要件に照らしてパッケージを検証できます。If you're using the DAC to package your app, you can use the new -Verify flag to validate your package against the Desktop Bridge and Store requirements. アプリをパッケージ化し、アプリに署名して、ストアへの提出に備える」をご覧ください。See Package an app, sign the app, and prepare it for store submission.

Visual Studio を使用している場合は、アプリ パッケージの作成ウィザードでアプリを検証できます。If you're using Visual Studio, you can validate your app from the Create App Packages wizard. アプリ パッケージ アップロード ファイルの作成に関するページをご覧ください。See Create an app package upload file.

ツールを手動で実行する方法については、「Windows アプリ認定キット」をご覧ください。To run the tool manually, see Windows App Certification Kit.

Windows アプリ認定でアプリの検証に使用されるテストの一覧を確認するには、「Windows デスクトップ ブリッジ アプリのテスト」をご覧ください。To review the list of tests that the Windows App Certification uses to validate your app, see Windows Desktop Bridge app tests.

配布Distribute

他のシステムにサイドローディングするか、Microsoft Store に公開することで、アプリを配布することができます。You can distribute your app by publishing it the Microsoft Store or by sideloading it onto other systems.

パッケージ デスクトップ アプリの配布 (デスクトップ ブリッジ)」をご覧ください。See Distribute a packaged desktop app (Desktop Bridge).

サポートとフィードバックSupport and feedback

質問に対する回答を見つけるFind answers to your questions

ご質問がある場合は、Have questions? Stack Overflow でお問い合わせください。Ask us on Stack Overflow. Microsoft のチームでは、これらのタグをチェックしています。Our team monitors these tags. こちらから質問することもできます。You can also ask us here.

フィードバックの提供または機能の提案を行うGive feedback or make feature suggestions

UserVoice のページをご覧ください。See UserVoice.

このセクションの内容In this section

トピックTopic 説明Description
アプリのパッケージ化の準備Prepare to package an app デスクトップ アプリをパッケージ化する前に確認する項目の一覧を示します。Provides a list of items to review before you package your desktop app.
Desktop App Converter を使用してアプリをパッケージ化する (デスクトップ ブリッジ)Package an app using the Desktop App Converter (Desktop Bridge) Desktop App Converter を実行する方法が説明されています。Shows how to run Desktop App Converter.
アプリを手動でパッケージ化する (デスクトップ ブリッジ)Package an app manually (Desktop Bridge) 手動でアプリ パッケージとマニフェストを作成する方法について説明します。Learn how to create an app package and manifest to by hand.
Visual Studio を使った .NET アプリのパッケージ化 (デスクトップ ブリッジ)Package a .NET app using Visual Studio (Desktop Bridge) Visual Studio を使ってデスクトップ アプリをパッケージ化する方法について説明します。Shows you how to package your desktop app by using Visual Studio.
Windows 10 にアプリを統合する (デスクトップ ブリッジ)Integrate your app with Windows 10 (Desktop Bridge) パッケージ プロジェクトのパッケージ マニフェスト ファイルにタスクを記述することで、アプリを Windows 10 と統合します。Integrate your app with Windows 10 by using by describing tasks in the package manifest file of your packaging project.
Windows 10 向けのデスクトップ アプリを強化するEnhance your desktop application for Windows 10 UWP API を使用して、Windows 10 ユーザーの利便性を高める最新のエクスペリエンスを追加します。Use UWP APIs to add modern experiences that light up for Windows 10 users.
パッケージ デスクトップ アプリで利用可能な UWP API (デスクトップ ブリッジ)UWP APIs available to a packaged desktop app (Desktop Bridge) パッケージ化されたデスクトップ アプリで利用可能な UWP API を確認します。See what UWP APIs are available for your packaged desktop app to use.
最新の UWP コンポーネントによるデスクトップ アプリケーションの拡張Extend your desktop application with modern UWP components UWP アプリ コンテナー内で実行する必要がある高度なエクスペリエンスを追加します。Add advanced experiences that must run within a UWP app container. アプリ サービスを使用してデスクトップ アプリと UWP プロセスを接続します。Connect your desktop app with the UWP process by using app services.
パッケージ デスクトップ アプリの実行、デバッグ、テスト (デスクトップ ブリッジ)Run, debug, and test a packaged desktop app (Desktop Bridge) パッケージ化されたアプリをデバッグするためのオプションについて説明します。Explains options for debugging your packaged app.
パッケージ デスクトップ アプリの配布 (デスクトップ ブリッジ)Distribute a packaged desktop app (Desktop Bridge) 変換済みのアプリをユーザーに配布する方法を確認します。See how you can distribute your converted app to users.
デスクトップ ブリッジの内側 (デスクトップ ブリッジ)Behind the scenes of the Desktop Bridge (Desktop Bridge) デスクトップ ブリッジのバックグラウンドでの処理について詳しく説明します。Take a deeper dive on how the Desktop Bridge works under the covers.
既知の問題 (デスクトップ ブリッジ)Known Issues (Desktop Bridge) デスクトップ ブリッジに関する既知の問題について説明します。Lists known issues with the Desktop Bridge.
デスクトップ ブリッジのコード サンプルDesktop Bridge code samples 変換されたアプリの機能を示す GitHub のコード サンプルです。Code samples on GitHub demonstrating features of converted apps.