カスタム アプリ プロモーション キャンペーンの作成Create a custom app promotion campaign

Windows アプリ内で実行されるアプリの広告キャンペーンの作成に加えて、他のチャネルを使ってアプリを宣伝することもできます。In addition to creating an ad campaign for your app that will run in Windows apps, you can also promote your app using other channels. たとえば、サード パーティのアプリ マーケティング プロバイダーを使ってアプリを宣伝したり、ソーシャル メディア サイトにアプリのリンクを投稿したりできます。For example, you can promote your app using a third-party app marketing provider, or you might post links to your app on social media sites. これらの活動はカスタム キャンペーンと呼ばれます。These activities are called custom campaigns.

アプリのカスタム キャンペーンを実行する場合、カスタム キャンペーンごとに異なるキャンペーン ID を含んだ異なる URL を作成することによって、各キャンペーンの相対的な成果を追跡できます。If you run custom campaigns for your app, you can track the relative performance of each campaign by creating a different URL for each custom campaign, where each URL contains a different campaign ID. Windows 10 を実行しているお客様は、キャンペーンの ID を含む URL をクリックすると、Microsoft のクリックを対応するカスタム キャンペーンに関連付けられでこのデータを使用できるようにパートナー センターします。When a customer running Windows 10 clicks a URL that contains a campaign ID, Microsoft associates the click with the corresponding custom campaign and makes this data available to you in Partner Center.

重要

このデータは、Windows 10 でのみお客様に追跡されます。This data is only tracked for customers on Windows 10. 他のオペレーティング システムを使用しているユーザーも、アプリの登録情報へのリンクをたどることはできますが、それらのユーザーの活動に関するデータは含まれません。Customers using other operating systems can still follow the link to your app's listing, but data about those customers' activities will not be included.

カスタム キャンペーンに関連付けられる 2 種類の主要なデータがあります。アプリの Store 登録情報のページ ビューコンバージョンです。There are two main types of data associated with custom campaigns: page views for your app's Store listing, and conversions. コンバージョンとは、カスタム キャンペーン ID を含む URL からアプリのストア登録情報ページを閲覧したユーザーが、結果としてアプリを取得することです。A conversion is an app acquisition that results from a customer viewing your app's Store listing page from a URL that includes a custom campaign ID. コンバージョンについて詳しくは、このトピックの「アプリの取得がコンバージョンとして認められるしくみについて」をご覧ください。For more details about conversions, see Understanding how app acquisitions qualify as conversions in this topic.

次の方法でアプリのカスタム キャンペーンのパフォーマンス データが得られます。You can retrieve custom campaign performance data for your app in the following ways:

  • ページ ビューと、アプリやアドオンからの変換に関するデータを表示することができます、アプリ ページのビューとキャンペーン ID によって変換キャンペーンの変換の合計でグラフが、買収レポートします。You can view data about page views and conversions for your app or add-on from the App page views and conversions by campaign ID and Total campaign conversions charts in the Acquisitions report.
  • アプリがユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリの場合は、Windows SDK の API を使って、コンバージョンの基となるカスタム キャンペーン ID をプログラムによって取得できます。If your app is a Universal Windows Platform (UWP) app, you can use APIs in the Windows SDK to programmatically retrieve the custom campaign ID that resulted in a conversion.

カスタム キャンペーンのシナリオの例Example custom campaign scenario

新しいゲームの作成を終えたゲーム開発者がおり、このゲームをこの開発者の以前のゲームのプレーヤーに宣伝したいと考えているとします。Consider a game developer who has finished building a new game and would like to promote it to players of her existing games. 開発者は、自分の Facebook のページで新しいゲームのリリースに関するお知らせを投稿し、その中にこのゲームの Store 登録情報へのリンクを含めます。She posts the announcement of the new game release on her Facebook page, including a link to the game's Store listing. また、Twitter でも多くのプレーヤーがこの開発者をフォローしているため、このゲームの Store 登録情報へのリンクを含むお知らせをツイートします。Many of her players also follow her on Twitter, so she also tweets an announcement with the link to the game's Store listing.

これらの各プロモーション チャネルの成果を追跡するためには、このゲームの Store 登録情報への URL を 2 種類作成します。To track the success of each of these promotion channels, the developer creates two variants of the URL to the game's Store listing:

  • 彼女は自分の Facebook ページに投稿が URL にキャンペーンのカスタム ID が含まれています my-facebook-campaignThe URL she will post to her Facebook page includes the custom campaign ID my-facebook-campaign

  • Twitter に投稿彼女は URL にキャンペーンのカスタム ID が含まれています my-twitter-campaignThe URL she will post to Twitter includes the custom campaign ID my-twitter-campaign

Facebook や Twitter のフォロワーがその URL をクリックすると、それが記録されて対応するカスタム キャンペーンに関連付けられます。As her Facebook and Twitter followers click the URLs, Microsoft tracks each click and associates it with the corresponding custom campaign. 以降、ゲームおよびアドオンの購入に関して要件を満たすものは、カスタム キャンペーンと関連付けられてコンバージョンとして報告されます。Subsequent qualifying acquisitions of the game and any add-on purchases are associated with the custom campaign and reported as conversions.

取得がコンバージョンとして認められるしくみについてUnderstanding how acquisitions qualify as conversions

カスタム キャンペーンのコンバージョンとは、カスタム キャンペーンによって宣伝された URL をクリックしたユーザーが、結果としてアプリを取得することです。A custom campaign conversion is an acquisition that results from a customer clicking a URL that is promoted via a custom campaign. 変換として修飾するさまざまなシナリオがある、アプリ ページのビューとキャンペーン ID によって変換キャンペーンの変換の合計でグラフが、買収レポートとの変換として修飾キャンペーン ID をプログラムで取得するします。There are different scenarios for qualifying as a conversion for the App page views and conversions by campaign ID and Total campaign conversions charts in the Acquisitions report and for qualifying as a conversion for programmatically retrieving the campaign ID.

修飾買収レポートでの変換Qualifying conversions in the Acquisitions report

[取得] レポート[キャンペーン ID ごとのアプリ ページ ビューとコンバージョン] グラフと [キャンペーンのコンバージョン合計] グラフで、コンバージョンとして認められるシナリオは次のとおりです。The following scenarios qualify as a conversion for the App page views and conversions by campaign ID and Total campaign conversions charts in the Acquisitions report:

  • ユーザー (認識されている Microsoft アカウントを使っているかどうかにかかわらない) が、カスタム キャンペーン ID が含まれているアプリの URL をクリックし、アプリのストア登録情報のページにリダイレクトされ、A customer with or without a recognized Microsoft account clicks an app URL that contains a custom campaign ID and is redirected to the Store listing for the app. その後、同じユーザーが、カスタム キャンペーン ID が含まれている Microsoft Store の URL を最初にクリックしてから 24 時間以内にアプリを取得している。Then, that same customer acquires the app within 24 hours after they first clicked the Microsoft Store URL with the custom campaign ID.

  • カスタム キャンペーン ID が含まれている Windows ストアの URL をクリックしたのとは別のデバイスでアプリを取得した場合には、URL をクリックしたときと同じ Microsoft アカウントを使ってユーザーがサインインしている場合に限り、コンバージョンとしてカウントされる。If the customer acquires the app on a different device than the one on which they clicked the URL with the custom campaign ID, the conversion will only be counted if the customer is signed in with the same Microsoft account as when they clicked the URL.

注意

カスタム キャンペーンのコンバージョンとしてカウントされるアプリの取得については、アプリ内で購入されたアドオンも、同じカスタム キャンペーンのコンバージョンとしてカウントされます。For app acquisitions that are counted as conversions for a custom campaign, any add-on purchases in that app are also counted as conversions for the same custom campaign.

プログラムによってキャンペーン ID を取得する場合にコンバージョンと認められる条件Qualifying conversions when programmatically retrieving the campaign ID

アプリに関連付けられているキャンペーン ID をプログラムによって取得するときに、コンバージョンであると認められるには、次の条件を満たす必要があります。To qualify as a conversion when programmatically retrieving the campaign ID associated with the app, the following conditions must be met:

  • 実行しているデバイスでWindows 10 バージョン 1607、またはそれ以降:顧客 (かどうか、認識されている Microsoft アカウントにサインイン) かどうかをカスタム キャンペーン ID を含み、アプリのストアの一覧ページにリダイレクト URL をクリックします。On a device running Windows 10, version 1607, or later: A customer (whether signed in to a recognized Microsoft account or not) clicks a URL that contains a custom campaign ID and is redirected to the Store listing page for the app. URL をクリックした結果としてストア登録情報を閲覧している最中にアプリを取得している。The customer acquires the app while viewing the Store listing as a result of clicking the URL.

  • 実行しているデバイスでWindows 10 バージョン 1511、またはそれ以前:(認識されている Microsoft アカウントを使用して署名する必要があります) を行った顧客をカスタム キャンペーン ID を含み、アプリのストアの一覧ページにリダイレクト URL をクリックします。On a device running Windows 10, version 1511, or earlier: A customer (who must be signed in with a recognized Microsoft account) clicks a URL that contains a custom campaign ID and is redirected to the Store listing page for the app. URL をクリックした結果としてストア登録情報を閲覧している最中にアプリを取得している。The customer acquires the app while viewing the Store listing as a result of clicking the URL. Windows 10 のこれらのバージョンでは、キャンペーン ID をプログラムによって取得するときに、アプリの取得がコンバージョンであると認められるには、認識されている Microsoft アカウントを使ってユーザーがサインインしている必要があります。On these versions of Windows 10, the user must be signed in with a recognized Microsoft account in order for the acquisition to qualify as a conversion when programmatically retrieving the campaign ID.

注意

ユーザーがストア登録情報ページから離れても、(同じデバイスを使うか、別のデバイスの場合は同じ Microsoft アカウントでサインインした状態で) 24 時間以内にページに再びアクセスし、アプリを取得した場合、これは [取得] レポート[キャンペーン ID ごとのアプリ ページ ビューとコンバージョン] グラフと [キャンペーンのコンバージョン合計] グラフでコンバージョンとして認められますIf the customer leaves the Store listing page, but returns to the page with 24 hours (either on the same device, or on a different device when signed in with the same a Microsoft account) and acquires the app, this will qualify as a conversion in the App page views and conversions by campaign ID and Total campaign conversions charts in the Acquisitions report. ただし、プログラムによってキャンペーン ID を取得した場合にはコンバージョンとして認められませんHowever, this will not qualify as a conversion if you programmatically retrieve the campaign ID.

アプリの Microsoft Store のページの URL にカスタム キャンペーン ID を埋め込むEmbed a custom campaign ID to your app's Microsoft Store page URL

カスタム キャンペーン ID が含まれているアプリの Microsoft Store のページの URL を作成するには、次の手順を実施します。To create a Microsoft Store page URL for your app with a custom campaign ID:

  1. カスタム キャンペーン用の ID 文字列を作成します。Create an ID string for your custom campaign. この文字列は最大 100 文字にできますが、簡単に識別できる短いキャンペーン ID を定義することをお勧めします。This string can contain up to 100 characters, although we recommend that you define short campaign IDs that are easily identifiable.

注意

キャンペーン ID 文字列は、他の開発者がその開発者のアプリの [取得] レポートを閲覧するときに、表示される場合があります。The campaign ID string may be visible to other developers when they view the Acquisitions report for their apps. これは、ユーザーがカスタム キャンペーン ID をクリックしてストアに入り、同じセッション中に別の開発者のアプリを購入した場合、つまり、そのコンバージョンにそのカスタム キャンペーン ID が寄与した場合に発生します。This can occur when a customer clicks your custom campaign ID to enter the Store and purchases another developer’s app within the same session, thus attributing that conversion to your campaign ID. その開発者には、最初にこのキャンペーン ID をクリックした結果として発生したその開発者のアプリのコンバージョン数とキャンペーン ID の名前が表示されますが、このキャンペーン ID をクリックしてキャンペーン ID の所有者 (またはその他の開発者) のアプリを購入したユーザー数についてのデータは表示されません。That developer will see how many conversions of their own app resulted from an initial click on your campaign ID, including the name of the campaign ID, but they will not see any data about how many users purchased your own apps (or apps from any other developers) after clicking your campaign ID.

  1. HTML またはプロトコル形式でアプリの Store 登録情報のリンクを取得します。Get the link for your app's Store listing in HTML or protocol format.

    • どのオペレーティング システムであっても、ユーザーがブラウザーからアプリの Web ベースのストア登録情報に移動できるようにするには、HTML URL を使います。Use the HTML URL if you want customers to navigate to your app's web-based Store listing in a browser on any operating system. Windows デバイスでは、ストア アプリも起動して、アプリの登録情報を表示します。On Windows devices, the Store app will also launch and display your app's listing. この URL の形式は https://www.microsoft.com/store/apps/*your app ID* です。This URL has the format https://www.microsoft.com/store/apps/*your app ID*. たとえば、Skype 用の HTML URL は https://www.microsoft.com/store/apps/9wzdncrfj364 になります。For example, the HTML URL for Skype is https://www.microsoft.com/store/apps/9wzdncrfj364. この URL は、[アプリ ID] ページで確認できます。You can find this URL on your App identity page.

    • UWP アプリがインストールされたデバイスやコンピューター上で実行されている他の Windows アプリ内でアプリを宣伝するか、ユーザーが Microsoft Store をサポートするデバイスを使用していることが確かな場合は、プロトコル形式を使います。Use the protocol format if you are promoting your app from within other Windows apps that are running on a device or computer with the UWP app installed, or when you know that your customers are on a device which supports the Microsoft Store. このリンクは、ブラウザーを開かずに直接アプリのストア登録情報に移動します。This link will go directly to your app's Store listing without opening a browser. この URL の形式は ms-windows-store://pdp/?PRODUCTID=*your app id* です。This URL has the format ms-windows-store://pdp/?PRODUCTID=*your app id*. たとえば、Skype 用のプロトコル URL は ms-windows-store://pdp/?PRODUCTID=9wzdncrfj364 になります。For example, the protocol URL for Skype is ms-windows-store://pdp/?PRODUCTID=9wzdncrfj364.

  2. アプリの URL の末尾に次の文字列を追加します。Append the following string to the end of the URL for your app:

    • HTML 形式の URL の場合は ?cid=?cid=*my custom campaign ID* を追加します。For an HTML format URL, append ?cid=*my custom campaign ID*. たとえば、Skype の紹介、値を持つキャンペーン IDカスタム_キャンペーン、キャンペーンの id を含む新しい URL:https://www.microsoft.com/store/apps/skype/9wzdncrfj364?cid=custom\_campaignします。For example, if Skype introduces a campaign ID with the value custom_campaign, the new URL including the campaign ID would be: https://www.microsoft.com/store/apps/skype/9wzdncrfj364?cid=custom\_campaign.

    • プロトコル形式の URL の場合は &cid=*my custom campaign ID* を追加します。For a protocol format URL, append &cid=*my custom campaign ID*. たとえば、Skype の紹介、値を持つキャンペーン IDカスタム_キャンペーン、キャンペーンの id を含む新しいプロトコル URL:ms-windows-store://pdp/?PRODUCTID=9wzdncrfj364&cid=custom\_campaignします。For example, if Skype introduces a campaign ID with the value custom_campaign, the new protocol URL including the campaign ID would be: ms-windows-store://pdp/?PRODUCTID=9wzdncrfj364&cid=custom\_campaign.

アプリのカスタム キャンペーン ID をプログラムで取得するProgrammatically retrieve the custom campaign ID for an app

アプリが UWP アプリの場合、アプリの取得に関連付けられているカスタム キャンペーン ID を、Windows SDK の API を使ってプログラムで取得できます。If your app is a UWP app, you can programmatically retrieve the custom campaign ID associated with an app's acquisition by using APIs in the Windows SDK. これらの API によって、多くの分析シナリオや収益化シナリオが可能になります。These APIs make many analytics and monetization scenarios possible. たとえば、現在のユーザーが Facebook のキャンペーンによってアプリを見つけた後でアプリを取得したかどうかがわかるので、それに合わせてアプリのエクスペリエンスをカスタマイズできます。For example, you can find out if the current user acquired your app after discovering it through your Facebook campaign, and then customize the app experience accordingly. また、サード パーティのアプリ マーケティング プロバイダーを使っている場合は、プロバイダーにデータを送ることができます。Alternatively, if you are using a third-party app marketing provider, you can send data back to the provider.

これらの API は、ユーザーがキャンペーン ID が埋め込まれた URL をクリックし、アプリの Microsoft Store のページを閲覧し、Store 登録情報ページから離れることなくアプリを取得する場合にのみキャンペーン ID 文字列を返します。These APIs will return a campaign ID string only if the customer clicked your URL with the embedded campaign ID, viewed the Microsoft Store page for your app, and then acquires your app without leaving the Store listing page. ユーザーがこのページから離れ、後で戻ってアプリを取得する場合、これらの API ではコンバージョンとして認められません。If the user leaves the page and then later returns and acquires the app, this will not qualify as a conversion when using these APIs.

アプリが対象とする Windows 10 のバージョンに応じて、異なる API が用意されています。There are different APIs for you to use depending on the version of Windows 10 that your app targets:

  • Windows 10 バージョン 1607、またはそれ以降:使用して、 StoreContext クラス、 Windows.Services.Store名前空間。Windows 10, version 1607, or later: Use the StoreContext class in the Windows.Services.Store namespace. この API を使用するときは、認識されている Microsoft アカウントを使ってユーザーがサインインしているかどうかに関係なく、条件を満たしている取得についてカスタム キャンペーン ID を取得できます。When using this API, you can retrieve custom campaign IDs for any qualified acquisitions, whether or not the user is signed in with a recognized Microsoft account.

  • Windows 10 バージョン 1511、またはそれ以前:使用して、 CurrentApp クラス、 Windows.ApplicationModel.Store名前空間。Windows 10, version 1511, or earlier: Use the CurrentApp class in the Windows.ApplicationModel.Store namespace. この API を使用するときは、認識されている Microsoft アカウントを使ってユーザーがサインインしている場合にのみ、条件を満たしている取得についてカスタム キャンペーン ID を取得できます。When using this API, you can only retrieve custom campaign IDs for qualified acquisitions where the user is signed in with a recognized Microsoft account.

注意

Windows.ApplicationModel.Store 名前空間は、すべてのバージョンの Windows 10 で利用できますが、アプリが Windows 10 バージョン 1607 以降をターゲットにしている場合は、Windows.Services.Store 名前空間の API を使うことをお勧めします。Although the Windows.ApplicationModel.Store namespace is available in all versions of Windows 10, we recommend that you use the APIs in the Windows.Services.Store namespace if your app targets Windows 10, version 1607, or later. これらの名前空間の違いについて詳しくは、「アプリ内購入と試用版」をご覧ください。For more information about the differences between these namespaces, see In-app purchases and trials. 次のコード例は、同じプロジェクトで両方の API を使用するコードを構築する方法を示しています。The following code example shows how to structure your code to use both APIs in the same project.

コードの例Code example

次のコード例は、カスタム キャンペーン ID を取得する方法を示しています。The following code example shows how to retrieve the custom campaign ID. この例では、バージョン アダプティブ コードを使用することによって、Windows.Services.Store 名前空間と Windows.ApplicationModel.Store 名前空間の両方の API のセットを使用しています。This example uses both sets of APIs in the Windows.Services.Store and Windows.ApplicationModel.Store namespaces by using version adaptive code. この手順に従うことで、Windows 10 のすべてのバージョンでコードを実行できます。By following this process, your code can run on any version of Windows 10. このコードを使用するには、プロジェクトのターゲット OS のバージョンが、Windows 10 Anniversary Edition (10.0、ビルド 14394) 以降である必要があります。ただし、最小 OS バージョンは以前のバージョンにすることができます。To use this code, the target OS version of your project must be Windows 10 Anniversary Edition (10.0; Build 14394) or later, although the minimum OS version can be an earlier version.

// This example assumes the code file has using statements for
// System.Linq, System.Threading.Tasks, Windows.Data.Json,
// and Windows.Services.Store.
public async Task<string> GetCampaignId()
{
    // Use APIs in the Windows.Services.Store namespace if they are available
    // (the app is running on a device with Windows 10, version 1607, or later).
    if (Windows.Foundation.Metadata.ApiInformation.IsTypePresent(
         "Windows.Services.Store.StoreContext"))
    {
        StoreContext context = StoreContext.GetDefault();

        // Try to get the campaign ID for users with a recognized Microsoft account.
        StoreProductResult result = await context.GetStoreProductForCurrentAppAsync();
        if (result.Product != null)
        {
            StoreSku sku = result.Product.Skus.FirstOrDefault(s => s.IsInUserCollection);

            if (sku != null)
            {
                return sku.CollectionData.CampaignId;
            }
        }

        // Try to get the campaign ID from the license data for users without a
        // recognized Microsoft account.
        StoreAppLicense license = await context.GetAppLicenseAsync();
        JsonObject json = JsonObject.Parse(license.ExtendedJsonData);
        if (json.ContainsKey("customPolicyField1"))
        {
            return json["customPolicyField1"].GetString();
        }

        // No campaign ID was found.
        return String.Empty;
    }
    // Fall back to using APIs in the Windows.ApplicationModel.Store namespace instead
    // (the app is running on a device with Windows 10, version 1577, or earlier).
    else
    {
#if DEBUG
        return await Windows.ApplicationModel.Store.CurrentAppSimulator.GetAppPurchaseCampaignIdAsync();
#else
        return await Windows.ApplicationModel.Store.CurrentApp.GetAppPurchaseCampaignIdAsync() ;
#endif
    }
}

このコードは、次の処理を実行します。This code does the following:

  1. まず、現在のデバイスで Windows.Services.Store 名前空間の StoreContext クラスが利用可能かどうか (つまり、デバイスで Windows 10 バージョン1607 以降が実行されているかどうか) を確認します。First, it checks to see if the StoreContext class in the Windows.Services.Store namespace is available on the current device (this means the device is running Windows 10, version 1607, or later). 利用可能な場合、コードはこのクラスを使って処理を進めます。If so, the code proceeds to use this class.

  2. 次に、現在のユーザーが認識されている Microsoft アカウントを使っている場合は、カスタム キャンペーン ID の取得を試行します。Next, it attempts to get the custom campaign ID for the case where the current user has a recognized Microsoft account. これを行うために、コードは、現在のアプリの SKU を表す StoreSku オブジェクトを取得した後、CampaignId プロパティにアクセスしてキャンペーン ID (利用可能な場合) を取得します。To do this, the code gets a StoreSku object that represents the current app SKU, and then it accesses the CampaignId property to retrieve the campaign ID, if one is available.

  3. 次に、コードは、現在のユーザーが認識されている Microsoft アカウントを使っていない場合のキャンペーン ID の取得を試行します。The code then attempts to retrieve the campaign ID for the case where the current user does not have a recognized Microsoft account. この場合、キャンペーン ID はアプリのライセンスに埋め込まれています。In this case, the campaign ID is embedded in the app license. コードは、GetAppLicenseAsync メソッドを使用してライセンスを取得した後、ライセンスの JSON コンテンツを解析して customPolicyField1 というキーの値を取得します。The code retrieves the license by using the GetAppLicenseAsync method and then parses the JSON contents of the license for the value of a key named customPolicyField1. この値にキャンペーン ID が含まれています。This value contains the campaign ID.

  4. Windows.Services.Store 名前空間の StoreContext クラスが利用できない場合、コードは、Windows.ApplicationModel.Store 名前空間 (この名前空間は、バージョン 1511 以前を含め、Windows 10 のすべてのバージョンで利用できます) の GetAppPurchaseCampaignIdAsync メソッドを使用する方法にフォールバックして、カスタム キャンペーン ID を取得します。If the StoreContext class in the Windows.Services.Store namespace is not available, the code then falls back to using the GetAppPurchaseCampaignIdAsync method in the Windows.ApplicationModel.Store namespace to retrieve the custom campaign ID (this namespace is available in all versions of Windows 10, including version 1511 and earlier). このメソッドを使用するときは、ユーザーが正式な Microsoft アカウントを持っている場合にのみ、条件を満たしている取得についてカスタム キャンペーン ID を取得できることに注意してください。Note that when using this method, you can only retrieve custom campaign IDs for qualified acquisitions where the user has a recognized Microsoft account.

プロキシ ファイルで Windows.ApplicationModel.Store 名前空間のキャンペーン ID を指定します。Specify the campaign ID in the proxy file for the Windows.ApplicationModel.Store namespace

Windows.ApplicationModel.Store 名前空間には CurrentAppSimulator が含まれています。これは、ストアにアプリを提出する前に、ストアの操作をシミュレートしてコードをテストするための特別なクラスです。The Windows.ApplicationModel.Store namespace includes CurrentAppSimulator, a special class that simulates Store operations for testing your code before you submit your app to the Store. このクラスは、Windows.StoreProxy.xml ファイルという名前のローカル ファイルからデータを取得します。This class retrieves data from a local file named Windows.StoreProxy.xml file. 前のコード例は、プロジェクトのデバッグおよび非デバッグ コードに CurrentAppCurrentAppSimulator の両方を含める方法を示しています。The previous code example shows how to include use both CurrentApp and CurrentAppSimulator in debug and non-debug code in your project. デバッグ環境でこのコードをテストするには、次の例のように、開発用コンピューターの WindowsStoreProxy.xml ファイルに AppPurchaseCampaignId 要素を追加します。To test this code in a debug environment, add an AppPurchaseCampaignId element to the WindowsStoreProxy.xml file on your development computer, as shown in the following example. アプリを実行すると、GetAppPurchaseCampaignIdAsync メソッドは常にこの値を返します。When you run the app, the GetAppPurchaseCampaignIdAsync method will always return this value.

<CurrentApp>
    ...
    <AppPurchaseCampaignId>your custom campaign ID</AppPurchaseCampaignId>
</CurrentApp>

Windows.Services.Store 名前空間には、テスト中にライセンス情報をシミュレートするために使用できるクラスが用意されていません。The Windows.Services.Store namespace does not provide a class that you can use to simulate license info during testing. 代わりに、アプリをストアに公開し、そのアプリを開発用デバイスにダウンロードして、そのライセンスをテストに使用する必要があります。Instead, you must publish an app to the Store and download that app to your development device to use its license for testing. 詳しくは、「アプリ内購入と試用版」をご覧ください。For more information, see In-app purchases and trials.

カスタム キャンペーンをテストするTest your custom campaign

カスタム キャンペーンの URL を宣伝する前に、次の手順でカスタム キャンペーンをテストすることをお勧めします。Before you promote a custom campaign URL, we recommend that you test your custom campaign by doing the following:

  1. テストに使用するデバイスで Microsoft アカウントにサインインします。Sign in to a Microsoft account on the device you are using for testing.

  2. カスタム キャンペーンの URL をクリックします。Click your custom campaign URL. アプリのページに移動することを確認し、UWP アプリまたはブラウザーのページを閉じます。Make sure you are taken to your app page, and then close the UWP app or the browser page.

  3. さらに URL を数回クリックします。アプリのページに移動した後は、毎回 UWP アプリまたはブラウザーのページを閉じます。Click the URL several more times, closing the UWP app or the browser page after each visit to your app's page. アプリのページに移動したいずれかのときに、アプリを取得してコンバージョンを生成します。During one of the visits to your app's page, acquire your app to generate a conversion. URL をクリックした合計回数を覚えておきます。Count the total number of times you clicked the URL.

  4. 予想されるページ ビューとの変換で表示されるかどうかを確認、アプリ ページのビューとキャンペーン ID によって変換キャンペーンの変換の合計でグラフが、買収レポート、し、上記で説明した Api を使用して、キャンペーンの ID を正常に取得できるかどうかを確認する、アプリのコードをテストします。Confirm whether the expected page views and conversions appear in the App page views and conversions by campaign ID and Total campaign conversions charts in the Acquisitions report, and test your app's code to confirm whether it can successfully retrieve the campaign ID using the APIs described above.