アドオン プロパティの入力Enter add-on properties

アドオンを提出するとき、[プロパティ] ページのオプションは、ユーザーに提供される場合のアドオン動作を決めるのに役立ちます。When submitting an add-on, the options on the Properties page help determine the behavior of your add-on when offered to customers.

製品の種類Product type

最初にアドオンを作成するときに、製品の種類を選びます。Your product type is selected when you first create the add-on. ここには、選んだ製品の種類が表示されますが、変更することはできません。The product type you selected is displayed here, but you can't change it.

ヒント

アドオンを公開しておらず、別の製品の種類を選ぶ必要がある場合は、申請を削除して、もう一度選ぶことができます。If you haven't published the add-on, you can delete the submission and start again if you want to choose a different product type.

このページに表示されるフィールドは、アドオンの製品の種類に応じて変化します。The fields you see on this page will vary, depending on the product type of your add-on.

製品の有効期限Product lifetime

製品の種類として [永続的] を選んだ場合、[製品の有効期限] がここに表示されます。If you selected Durable for your product type, Product lifetime is shown here. 永続的なアドオンの [製品の有効期限] の既定値は、[無期限] です。つまり、アドオンの期限は切れません。The default Product lifetime for a durable add-on is Forever, which means the add-on never expires. 必要に応じて、設定した期間の後でアドオンの期限が切れるように [製品の有効期限] を設定できます (1 から 365 日間のオプションがあります)。If you prefer, you can set the Product lifetime so that the add-on expires after a set duration (with options from 1-365 days).

数量Quantity

製品の種類に [ストアで管理されるコンシューマブル] を選択した場合、[数量] がここに表示されます。If you selected Store-managed consumable for your product type, Quantity is shown here. 1 ~ 1000000 の範囲の数値を入力する必要があります。You'll need to enter a number between 1 and 1000000. 顧客が対象アドオンを入手するときにこの数量が付与されます。顧客によるアドオンの消費がアプリによって報告されるたびに、ストアが残量を追跡します。This quantity will be granted to the customer when they acquire your add-on, and the Store will track the balance as the app reports the customer’s consumption of the add-on.

サブスクリプション期間Subscription period

製品の種類として [サブスクリプション] を選んだ場合、[サブスクリプション期間] がここに表示されます。If you selected Subscription for your product type, Subscription period is shown here. サブスクリプション料を課金する頻度を指定するオプションを選びす。Choose an option to specify how frequently a customer will be charged for the subscription. 既定のオプションは、[毎月] ですが、[3 か月][6 か月][毎年][24 か月]** を選ぶこともできます。The default option is Monthly, but you can also select **3 months, 6 months, Annually, or 24 months to

重要

アドオンが公開されると、[サブスクリプション期間] の指定は変更できません。After your add-on is published, you can't change your Subscription period selection.

無料試用版Free trial

製品の種類として [サブスクリプション] を選んだ場合、[無料試用版] もここに表示されます。If you selected Subscription for your product type, Free trial is also shown here. 既定のオプションは [無料の試用版なし] です。The default option is No free trial. 必要に応じて、一定の期間アドオンを無料でユーザーが使えるようにすることもできます ([1 週間] または [1 か月])。If you prefer, you can let customers use the add-on for free for a set period of time (either 1 week or 1 month).

重要

アドオンが公開されると、[無料試用版] の指定は変更できません。After your add-on is published, you can't change your Free trial selection.

コンテンツの種類Content type

アドオンの製品の種類に関係なく、提供するコンテンツの種類を指定する必要があります。Regardless of your add-on's product type, you'll need to indicate the type of content you're offering. ほとんどのアドオンでは、コンテンツの種類は [ソフトウェアのダウンロード] になります。For most add-ons, the content type should be Electronic software download. 一覧の別のオプションがアドオンの説明としてより適している場合 (たとえば、音楽のダウンロードや電子書籍を提供している場合) は、代わりにそのオプションを選びます。If another option from the list describes your add-on better (for example, if you are offering a music download or an e-book), select that option instead.

アドオンのコンテンツの種類として利用可能なオプションを次に示します。These are the possible options for an add-on's content type:

  • ソフトウェアのダウンロードElectronic software download
  • 電子書籍Electronic books
  • 電子雑誌 1 冊Electronic magazine single issue
  • 電子新聞 1 部Electronic newspaper single issue
  • ミュージックのダウンロードMusic download
  • ミュージックのストリーミングMusic streaming
  • オンライン データ ストレージ/サービスOnline data storage/services
  • SaaSSoftware as a service
  • ビデオのダウンロードVideo download
  • ビデオのストリーミングVideo streaming

追加のプロパティAdditional properties

これらのフィールドは、どのアドオンの種類でも省略可能です。These fields are optional for all types of add-ons.

キーワードKeywords

提出するアドオンごとに、それぞれ 30 文字以内のキーワードを最大 10 個指定するオプションがあります。You have the option to provide up to ten keywords of up to 30 characters each for each add-on you submit. そうすると、アプリはキーワードと一致するアドオンを照会できます。Your app can then query for add-ons that match these words. この機能を利用すると、アプリのコードで製品 ID を直接指定しなくても、アドオンを読み込むことができる画面をアプリで構築できるようになります。This feature lets you build screens in your app that can load add-ons without you having to directly specify the product ID in your app's code. その場合、アプリでコードを変更したり、アプリをもう一度提出したりしなくても、いつでもアドオンのキーワードを変更することができます。You can then change the add-on's keywords anytime, without having to make code changes in your app or submit the app again.

このフィールドを照会するには、Windows.Services.Store 名前空間StoreProduct.Keywords プロパティを使用します To query this field, use the StoreProduct.Keywords property in the Windows.Services.Store namespace. (または、Windows.ApplicationModel.Store 名前空間を使用している場合は、ProductListing.Keywords プロパティを使用します)。(Or, if you're using the Windows.ApplicationModel.Store namespace, use the ProductListing.Keywords property.)

注意

キーワードは、Windows 8 と Windows 8.1 を対象とするパッケージでは使うことができません。Keywords are not available for use in packages targeting Windows 8 and Windows 8.1.

カスタムの開発者データCustom developer data

[カスタムの開発者データ] フィールド (以前はタグと呼ばれていました) に最大 3,000 文字を入力して、アプリ内製品について追加のコンテキストを指定できます。You can enter up to 3000 characters into the Custom developer data field (formerly called Tag) to provide extra context for your in-app product. 通常、これは XML 文字列の形式ですが、このフィールドには任意の内容を入力できます。Most often, this is in the form of an XML string, but you can enter anything you'd like in this field. これで、アプリはこのフィールドを照会して内容を読み取ることができます (ただし、アプリからデータを編集したり、変更を書き戻したりすることはできません)。Your app can then query this field to read its content (although the app can't edit the data and pass the changes back.)

たとえば、ゲームのアドオンとして、ユーザーが上のレベルにアクセスできるようになる金貨入りの袋を販売するとします。For example, let’s say you have a game, and you’re selling an add-on which allows the customer to access additional levels. [カスタムの開発者データ] フィールドを使うと、このアドオンをユーザーが所有している場合、どのレベルを利用できるかをアプリから照会できます。Using the Custom developer data field, the app can query to see which levels are available when a customer owns this add-on. 値 (ここでは、設定されているレベル) は、アプリのコードを変更したり、アプリをもう一度提出したりしなくても、アドオンの [カスタムの開発者データ] フィールドで情報を更新し、アドオンの更新された申請を公開することでいつでも調整できます。You could adjust the value at any time (in this case, the levels which are included), without having to make code changes in your app or submit the app again, by updating the info in the add-on's Custom developer data field and then publishing an updated submission for the add-on.

このフィールドを照会するには、Windows.Services.Store 名前空間StoreSku.CustomDeveloperData プロパティを使用します To query this field, use the StoreSku.CustomDeveloperData property in the Windows.Services.Store namespace. (または、Windows.ApplicationModel.Store 名前空間を使用している場合は、ProductListing.Tag プロパティを使用します)。(Or, if you're using the Windows.ApplicationModel.Store namespace, use the ProductListing.Tag property.)

注意

[カスタムの開発者データ] フィールドは、Windows 8 と Windows 8.1 を対象とするパッケージでは使うことができません。The Custom developer data field is not available for use in packages targeting Windows 8 and Windows 8.1.