アプリへのリンク

Windows で Microsoft Store のアプリの登録情報にリンクすると、ユーザーがアプリを見つけやすくなります。

アプリのストア登録情報の URL を取得するには、パートナー センター[プロダクト管理] セクションで、アプリの [製品 ID] ページに移動します。 この URL は https://www.microsoft.com/store/apps/<your app's Store ID> という形式になっています。

ユーザーがこのリンクをクリックすると、アプリの Web ベースの登録情報ページが開きます。 Windows デバイスを使用しているユーザーは、そこから Microsoft Store を起動し、アプリをダウンロードしてインストールできます。

Microsoft ストア バッジを使った、アプリのストア登録情報へのリンク

カスタム バッジを使ってアプリの登録情報に直接リンクすることで、アプリが Microsoft Store にあることをユーザーに知らせることができます。

バッジを作成するには、Microsoft ストア バッジに関するページをご覧ください。 バッジとリンクを生成するには、アプリの 12 文字のストア ID が必要です。 アプリのストア ID は、パートナー センター[製品管理] セクションの [製品 ID] ページで確認できます。

注意

Microsoft Store バッジの使用に関する情報と要件については、アプリのマーケティング ガイドラインに関する記事を参照してください。

Microsoft ストアのアプリへの直接リンク

ms-windows-store: URI スキームを使えば、Microsoft Store を起動して、ブラウザーを開くことなくアプリの登録ページに直接移動できるリンクを作成することができます。

ユーザーが Windows デバイスを使っていることがわかっていて、ストアの登録情報ページにユーザーが直接アクセスできるようにする場合は、このリンクが便利です。 たとえば、ブラウザーのユーザー エージェント文字列を調べてユーザーのオペレーティング システムがストアをサポートしていることを確認した後や、既に UWP アプリを使って通信している場合に、このリンクを利用できます。

この URI スキームを使ってアプリのストア登録情報に直接リンクするには、アプリのストア ID をこのリンクに追加します。

ms-windows-store://pdp/?ProductId=<your app's Store ID>

URI を使用した Microsoft ストア アプリの起動に関する詳細については、Microsoft アプリの起動に関する記事を参照してください。