製品の宣言

申請プロセス[プロパティ] ページの [製品の宣言] セクションは、アプリが適切に表示され、適切な顧客セットに提供されるようにし、またユーザーがアプリを使用する方法を理解するのに役立ちます。

次のセクションでは、宣言の一部と、各宣言がアプリに適用されるかどうかを検討する際に考慮する必要がある事柄について説明します。 これらの宣言の 2 つが既定でオンになっています (以下で説明します)。製品のカテゴリによっては、追加の宣言が表示される場合があります。 すべての宣言を確認し、申請内容を正確に反映するようにしてください。

This app allows users to make purchases, but does not use the Microsoft Store commerce system (このアプリでは、ユーザーが購入を行うことができますが、Microsoft Store コマース システムを使いません)

ほとんどの申請では、このチェック ボックスはオフのままにします。アプリ内で利用される可能性のあるアイテムの購入機会を提供するアプリは、Microsoft Store アプリ内購入 API を使ってアドオンを作成し、申請する必要があるためです。 「アプリ開発者契約」によると、2015 年 6 月 29 日より前に作成および申請されたアプリでは、Microsoft Store ポリシーに準拠している限り、Microsoft のコマース エンジンを使わずにアプリ内購入機能を実装していてもかまいません。 アプリがこれに該当する場合、このチェック ボックスをオンにする必要があります。 それ以外の場合は、オフのままにします。

このアプリは、アクセシビリティ ガイドラインを満していることがテストされました。

このボックスをオンにすると、ストアでアクセシビリティ対応アプリを明確に探しているユーザーが、そのアプリを見つけることができるようになります。

このチェック ボックスは、次の項目のすべてを行った場合のみオンにしてください。

  • すべての UI 要素に、対応するアクセシビリティ情報 (アクセシビリティに対応した名前など) を設定した。
  • タブ オーダー、キーボードのアクティブ化、方向キーによるナビゲーション、ショートカットを考慮して、キーボードのナビゲーションと操作を実装した。
  • 4.5:1 のテキスト コントラスト比を守っているなど、視覚表現がアクセシビリティに対応していて、ユーザーに情報を伝えるときに色だけに依存していない。
  • Inspect、AccChecker などのアクセシビリティ テスト ツールを使ってアプリを検証し、ツールによって検出された優先度の高いすべてのエラーを解決した。
  • アプリの主要なシナリオの全体にわたって、ナレーター、拡大鏡、スクリーン キーボード、ハイ コントラスト、高 DPI などの機能やツールの動作を確認した。

アプリをアクセシビリティ対応として宣言すると、障碍を持つユーザーも含めてすべてのユーザーがアプリにアクセスできることに同意したことになります。 たとえば、アプリをハイ コントラスト モードやスクリーン リーダーでテストしたことを意味します。 ユーザー インターフェイスがキーボード、拡大鏡、その他のアクセシビリティ ツールで適切に機能することも検証しておく必要があります。

詳しくは、「アクセシビリティ」、「アクセシビリティ テスト」、「ストア内のアクセシビリティ」をご覧ください。

重要

 アクセシビリティのための具体的な設計とテストを行っていない限り、アプリをアクセシビリティ対応として登録しないでください。 アプリをアクセシビリティ対応と宣言しているのにアクセシビリティを実際にサポートしていないと、コミュニティから否定的なフィードバックを受けるおそれがあります。

ユーザーは、代替ドライブやリムーバブル ストレージにこのアプリをインストールできます。

ユーザーが SD カードなどの外部またはリムーバブル記憶域メディアや、外部ドライブなどの非システム ボリューム ドライブにアプリをインストールできるように、このチェック ボックスは既定でオンになっています。

アプリが代替ドライブまたはリムーバブル記憶域にインストールされないようにし、デバイス上の内部ハード ドライブへのインストールのみを許可する場合は、このチェック ボックスをオフにします。 (アプリをリムーバブル記憶域メディア "のみに" インストールできるようにインストールを制限するオプションはありません)。

Windows では、このアプリのデータを OneDrive への自動バックアップに含めることができます。

このボックスは、Windows が OneDrive に自動バックアップすることをユーザーが選んだ場合にアプリのデータを含めることができるように、既定でオンになっています。

アプリのデータが自動バックアップに含まれないようにする場合は、このボックスをオフにします。

このアプリでは、Kinect データが外部サービスに送信されます。

アプリで Kinect データを使い、そのデータを外部サービスに送信する場合は、このチェック ボックスをオンにする必要があります。