申請エラーの解決Resolve submission errors

ストアにアプリを提出した後にエラーが発生した場合、「認定プロセス」を続行するためにそれを解決する必要があります。If you encounter errors after submitting your app to the Store, you must resolve them in order to continue the certification process. エラー メッセージには、どのような問題があるのか、問題を修正するために何をする必要があるのかが示されます。The error message will indicate what the problem is and what you might need to do in order to fix the issue. 以下に、これらのエラーの解決に役立つ追加情報をいくつか示します。Here is some additional info that can help you resolve these errors.

UWP アプリUWP apps

UWP アプリを送信する場合、パッケージ ファイル ストアの Visual Studio によって生成された .msixupload または .appxupload ファイルでない場合の前処理中にエラーが表示可能性があります。If you are submitting a UWP app, you may see an error during preprocessing if your package file is not a .msixupload or .appxupload file generated by Visual Studio for the Store. 」の手順に従うことを必ずVisual Studio で UWP アプリをパッケージ化でアプリのパッケージ ファイル、および .msixupload または .appxupload ファイルのアップロードのみを作成するとき、パッケージ送信のページappx .msix/または .msixbundle/appxbundle ではありません。Be sure that you follow the steps in Package a UWP app with Visual Studio when creating your app's package file, and only upload the .msixupload or .appxupload file on the Packages page of the submission, not a .msix/appx or .msixbundle/appxbundle.

コンパイル エラーが表示される場合は、リリース モードでアプリケーションを正常にビルドできることを確認します。If a compilation error is displayed, make sure that you are able to build your application in Release mode successfully. 詳しくは、.NET ネイティブ内部コンパイラ エラーに関するページをご覧ください。For more info, see .NET Native Internal Compiler Errors.

デスクトップ アプリケーションDesktop application

UWP と Win32 の両方のバイナリを含むパッケージを送信する場合は、Visual Studio 2017 Update 4 で使用できる Windows パッケージ プロジェクトを使用して、そのパッケージを作成することを確認します。If you plan to submit a package that contains both Win32 and UWP binaries, make sure that you create that package by using the Windows Packaging Project that is available in Visual Studio 2017 Update 4. UWP のプロジェクト テンプレートを使用してパッケージを作成する場合を送信するパッケージをストアまたはサイドローディングを行う他の Pc にすることができません。If you create the package by using a UWP project template, you might not be able to submit that package to the Store or sideload it onto other PCs. パッケージが正常にパブリッシュする場合でも、ユーザーの PC で予期しない方法でその動作は可能性があります。Even if the package publishes successfully, it might behave in unexpected ways on the user's PC. 詳細については、次を参照してください。 Visual Studio (デスクトップ ブリッジ) を使用してアプリをパッケージ化します。For more info, see Package an app by using Visual Studio (Desktop Bridge).

Windows Phone 8.x 以前のバージョンWindows Phone 8.x and earlier

重要

2018 年 10 月 31 日の時点で、新しく作成された製品が Windows Phone を対象とするパッケージを含めることはできません 8.x 以前のバージョン。As of October 31, 2018, newly-created products cannot include packages targeting Windows Phone 8.x or earlier. 詳細については、「このブログの投稿します。For more info, see this blog post.

前処理中に Windows Phone のパッケージに関する問題が検出されると、エラー 2001 が表示されることがあります。You may see error 2001 when problems with Windows Phone packages are detected during preprocessing. ほとんどの場合は、アプリのパッケージをリビルドしてエラーを修正する必要があります。In most cases, you will need to rebuild your app's package to correct the error. 処理が完了したら、パッケージ ページで古いパッケージを新しいパッケージに置き換えてから、[ストアに提出] をもう一度クリックします。Once you've done that, replace the old package with the new one on the Packages page of the submission before you click Submit to the Store again.

このエラーの原因になる問題はいくつかあります。There are a number of issues that may cause this error. 次の一覧を調べて、どの問題が自分のパッケージに当てはまるか判断してください。Review the list below to determine which might apply to your packages.

  • パッケージ内の 1 つまたは複数のアセンブリが正しく難読化します。 さまざまなツールを使用して、難読化を実行または難読化を削除します。One or more assemblies in the package are obfuscated incorrectly: Use a different tool to perform the obfuscation, or remove the obfuscation. コンパイル プロセスによって暗号化アセンブリが最適化されますが、サポート外の方法で MSIL を変更するツールによって一部のアセンブリが暗号化されているため、エラーが発生する場合があります。The compile process optimizes the obfuscated assemblies, but occasionally some assemblies are obfuscated using a tool that modifies the MSIL in an unsupported way that will cause an error.
  • アプリでメソッドを 1 つまたは複数のサイズは、IL の 256 KB を超えています。 小さな関数には、問題のあるメソッドをリファクタリングします。The size of one or more methods in the app exceeds 256 KB of IL: Refactor the offending method into smaller functions. アセンブリ内のメソッドの MSIL のサイズは、ILDASM ツールを使って判別できます。The size of MSIL for methods in an assembly can be determined by using the ILDASM tool.
  • 1 つまたは複数のアセンブリの厳密な名前の署名の検証に失敗しました。 このエラーは、通常、厳密な名前の署名が、アセンブリのメタデータで想定されるものと異なるキーを使用して実行されたときに発生します。The strong name signature validation failed for one or more assemblies: This error typically occurs when the strong name signing was performed using a key different than the one expected in the assembly metadata. 正しいキーを使用して署名するか、または厳密な名前の署名を削除します。Sign with the correct key, or remove strong name signing.
  • パッケージには、(マネージとネイティブ コード) と混合モードのアセンブリが含まれています。 Windows Phone では、混合モードのアセンブリはサポートされていません。The package contains mixed-mode (with managed and native code) assemblies: Mixed-mode assemblies are not supported on Windows Phone. パッケージから混合モード アセンブリを削除し、アプリを再申請します。Remove the mixed-mode assemblies from the package and resubmit the app.
  • Windows Phone 8.1 XAP または appx/appxbundle アセンブリが無効です。.Winmd ファイルには少なくとも 1 つのパブリック エントリ ポイントを確認します。A Windows Phone 8.1 XAP or appx/appxbundle assembly is not valid: Make sure your .winmd file has at least one public entry point. 必要に応じて、逆コンパイラ アプリケーションを使ってコードを確認し、公開エントリ ポイントがあるかどうかをチェックすることができます。You can use any decompiler application to review the code and check for public entry points if needed.

アプリの提出後に発生する可能性のある他のエラーは、エラー 1300 です。Another error that you might see after submitting your app is error 1300. これは、1 つ以上のアセンブリ (またはパッケージ全体) が既にプリコンパイルされているときに発生します。This occurs when one or more assemblies (or the entire package) is already precompiled. この問題を解決するには、Microsoft Visual Studio でアプリのパッケージをリビルドし、新たに生成されたパッケージを提出します。To fix this issue, rebuild the app's package in Microsoft Visual Studio and then submit the newly-generated package.

名前/ID エラーName/identity errors

かどうかは、エラーが表示されるというパッケージ名が、予約済みのアプリ名のいずれか。アプリケーション名の予約や、この言語の適切なアプリ名、パッケージを更新してくださいパッケージに正しくない名前を入力した可能性があります。If you see an error that says The name found in the package is not one of your reserved app names. Please reserve the app name and/or update your package with the correct app name for this language, it may be because you’ve entered an incorrect name in your package. このエラーは、パートナー センターで予約していないアプリ名を使用している場合にも発生します。This error can also occur if you are using an app name that you haven’t reserved in Partner Center. 通常、このエラーは次の手順に従って解決できます。You can usually resolve this error by following these steps:

  • アプリの [アプリ ID] ページ ([アプリ管理] の下) に移動して、アプリに ID が割り当てられているかどうかを確認します。Go to the App identity page for your app (under App management) to confirm whether your app has an assigned Identity. 割り当てられていない場合は、ID を作成するオプションが表示されます。If it doesn’t, you’ll see an option to create one. ID を作成するためには、アプリの名前を予約する必要があります。You’ll need to reserve a name for your app in order to create the Identity. その名前がパッケージで使用されている名前であることを確認してください。Make sure this is the name you’ve used in your package.
  • アプリに ID が既に割り当てられているときでも、場合によっては、パッケージで使用する名前を予約する必要があります。If your app already has an identity, you might still need to reserve the name that you want to use in your package. [アプリ管理] で、[アプリ名の管理] をクリックします。Under App management, click Manage app names. 使用する名前を入力し、[アプリ名を予約] をクリックします。Enter the name you’d like to use, and click Reserve app name.

重要

必要な名前が利用できない場合、その名前は、他のアプリによって既に予約済みである可能性があります。If the name you want to use is not available, another app might have already reserved that name. アプリがその名前で既に公開されている場合、またはその名前を使用する権利があると考えられる場合は、サポートにお問い合わせくださいIf your app is already published under that name, or if you think you have the right to use it, contact support.