アプリのユーザーに通知を送信するSend notifications to your app's customers

アプリ開発者として成功するには、適切なメッセージを適切なタイミングで送信してユーザーを惹きつけることが重要です。Engaging with your customers at the right time and with the right message is key to your success as an app developer. 通知を使用すると、アプリの評価、アドオンの購入、新機能の試用、別のアプリのダウンロード (場合によっては、プロモーション コードの提供による無料ダウンロード) などの実行をユーザーに促すことができます。Notifications can encourage your customers to take an action, such as rating an app, buying an add-on, trying a new feature, or downloading another app (perhaps for free with a promotional code that you provide).

Windows デベロッパー センターは、通知の送信に使用できる、データドリブンの顧客エンゲージメント プラットフォームを提供しています。すべてのアプリ ユーザーを対象にすることも、顧客セグメントで定義した条件を満たす Windows 10 のアプリ ユーザーだけを対象にすることもできます。Windows Dev Center provides a data-driven customer engagement platform you can use to send notifications to all of your app's customers, or only targeted to a subset of your app's Windows 10 customers who meet the criteria you’ve defined in a customer segment.

重要

これらの通知は、UWP アプリでのみ使用できます。These notifications can only be used with UWP apps.

通知のコンテンツを検討するときは、次の点に注意してください。When considering the content of your notifications, keep in mind:

  • 通知のコンテンツは、ストア コンテンツ ポリシーに準拠する必要があります。The content in your notifications must comply with the Store Content Policies.
  • 通知のコンテンツには、機密情報や機密性が高い可能性のある情報を含めないでください。Your notification content should not include confidential or potentially sensitive info.
  • スケジュールに従って通知を配信するよう努めていますが、配信に影響する待ち時間の問題が発生する可能性があります。While we’ll make every effort to deliver your notification as scheduled, there may occasionally be latency issues that impact delivery.
  • 通知を送信する頻度を必要以上に高くしないでください。Be sure not to send notifications too often. 30 分に 1 回以上の場合、侵入と見なされる可能性があります (多くのシナリオでは、これよりも頻度を低くすることをお勧めします)。More than once every 30 minutes can seem intrusive (and for many scenarios, less frequently than that is preferable).
  • アプリを使用しているユーザーが (セグメント メンバーシップの決定時に自分の Microsoft アカウントでサインインしており)、後でそのデバイスを他のユーザーに使用させた場合、他のユーザーが元のユーザーを対象とした通知を見る可能性があります。Be aware that if a customer who uses your app (and is signed in with their Microsoft account at the time the segment membership is determined) later gives their device to someone to use, the other person may see the notification that was targeted at the original customer. 詳しくは、「ターゲット プッシュ通知用のアプリの構成」をご覧ください。For more info, see Configure your app for targeted push notifications.
  • 複数のアプリのユーザーに同じの通知を送信する場合、セグメントをターゲットすることはできません。通知は、選択したアプリのすべてのユーザーに送信されます。If you send the same notification to customers of multiple apps, you can't target a segment; the notification will be sent to all customers for the apps you select.

通知の使い方の概要Getting started with notifications

通知を使用してユーザーと関わりあうには、次の 3 ステップを実行する必要があります。At a high-level, you need to do three things to use notifications to engage with your customers.

  1. プッシュ通知を受け取るためにアプリを登録します。Register your app to receive push notifications. これを実行するには、アプリで Microsoft Store Services SDK への参照を追加し、デベロッパー センターとアプリ間で通知チャネルを登録するコードを数行追加します。You do this by adding a reference to the Microsoft Store Services SDK in your app and then adding a few lines of code that registers a notification channel between the Dev Center and your app. そのチャネルを使用して、通知をユーザーに配信します。We’ll use that channel to deliver your notifications to your customers. 詳しくは、「ターゲット プッシュ通知用のアプリの構成」をご覧ください。For details, see Configure your app for targeted push notifications.
  2. 対象とするユーザーを決定します。Decide which customers to target. すべてのアプリ ユーザーに通知を送信することも、(単一のアプリ用に作成した通知を) セグメントと呼ばれるユーザー グループに送信することもできます。セグメントは、人口統計や収入の条件に基づいて定義できます。You can send your notification to all of your app's customers, or (for notifications created for a single app) to a group of customers called a segment, which you can define based on demographic or revenue criteria. 詳しくは、「顧客セグメントの作成」をご覧ください。For more info, see Create customer segments.
  3. 通知のコンテンツを作成して送信します。 たとえば、新しいユーザーにアプリの評価を促す通知の作成や、アドオンの購入を促進する特別サービスを含む通知の送信などが考えられます。Create your notification content and send it out. For example, you might create a notification that encourages new customers to rate your app, or send a notification promoting a special deal to purchase an add-on.

通知を作成して送信するにはTo create and send a notification

ダッシュボードで通知を作成し、特定の顧客セグメントに送信するには、以下の手順に従います。Follow these steps to create a notification in the dashboard and send it to a particular customer segment.

注意

アプリでデベロッパー センターからの通知を受信するには、まずアプリ内で RegisterNotificationChannelAsync メソッドを呼び出して、通知の受信用にアプリを登録する必要があります。Before an app can receive notifications from Dev Center, you must first call the RegisterNotificationChannelAsync method in your app to register your app to receive notifications. このメソッドは、Microsoft Store Services SDK に含まれています。This method is available in the Microsoft Store Services SDK. このメソッドを呼び出す方法の詳細 (コード例を含む) については、「ターゲット プッシュ通知用のアプリの構成」をご覧ください。For more information about how to call this method, including a code example, see Configure your app for targeted push notifications.

  1. Windows デベロッパー センター ダッシュボードで、Engage セクションを展開し、[通知] を選びます。In the Windows Dev Center dashboard, expand the Engage section, and then select Notifications.
  2. [通知] ページで、[新しい通知] を選びます。On the Notifications page, select New notification.
  3. [テンプレートの選択] セクションで、送信する通知の種類を選択します。In the Select a template section, choose the type of notification you want to send. 詳しくは、「通知テンプレートの種類」をご覧ください。For details, see Notification template types.
  4. 次のページで、ドロップダウン メニューを使って通知を生成する 1 つのアプリまたは複数のアプリを選びます。On the next page, use the drop-down menu to choose either a Single app or Multiple apps for which you want to generate a notification. アプリを 1 つまたは複数選択します (Microsoft Store Services SDK を使用して通知を受信できるように構成する必要があります)。Select the app or apps (which must be configured to receive notifications using the Microsoft Store Services SDK).
  5. [通知設定] セクションで、通知の [名前] を選択し、該当する場合は、通知の送信先として [顧客グループ] を選択します。In the Notification settings section, choose a Name for your notification and, if applicable, choose the Customer group to which you want to send the notification. (複数のアプリに送信される通知は、アプリのすべてのユーザーにのみ送信できます)。まだ作成していないセグメントを使う場合、[新しい顧客グループの作成] を選びます。(Notifications sent to multiple apps can only be sent to all customers of those apps.) If you wish to use a segment that you haven't created already, select Create new customer group. 通知対象の新しいセグメントを使用できるまでに 24 時間かかることに注意してください。Note that it takes 24 hours before you can use a new segment for notifications. 詳しくは、「顧客セグメントの作成」をご覧ください。For more info, see Create customer segments.
  6. 通知を送信するタイミングを指定する場合は、[すぐに通知する] チェック ボックスをオフにして、特定の日付と時刻を選択します (各ユーザーのローカル タイム ゾーンを使用するように指定しない限り、すべてのユーザーに対して UTC が使用されます)。If you want to specify when to send the notification, clear the Send notification immediately checkbox and choose a specific date and time (in UTC for all customers, unless you specify to use each customer's local time zone).
  7. ある時点で通知を期限切れにする場合は、[通知を無期限にする] チェック ボックスをオフにして、特定の有効期限の日付と時刻 (UTC) を選択します。If you want the notification to expire at some point, clear the Notification never expires checkbox and choose a specific expiration date and time (in UTC).
  8. 単一のアプリへの通知の場合: 受信者にフィルターを適用して、特定の言語を使うユーザーや特定のタイム ゾーンのユーザーにのみ通知が配信されるようにするには、[Use filters] (フィルターを使う) チェック ボックスをオンにします。For notifications to a single app: If you want to filter the recipients so that your notification is only delivered to people who use certain languages or are in specific time zones, check the Use filters checkbox. その後、使う言語とタイム ゾーンのオプションを指定できます。You can then specify the language and/or time zone options you want to use.
  9. 複数のアプリへの通知の場合: 各デバイス (ユーザーごと) の最後のアクティブ アプリにのみ通知を送信するか、各デバイスのすべてのアプリに通知を送信するかを指定します。For notifications to multiple apps: Specify whether to send the notification only to the last active app on each device (per customer), or to all apps on each device.
  10. [通知のコンテンツ] セクションの [言語] メニューで、通知に表示する言語を選択します。In the Notification content section, in the Language menu, choose the languages in which you want your notification to be displayed. 詳しくは、「通知の翻訳」をご覧ください。For more info, see Translate your notifications.
  11. [オプション] セクションで、テキストを入力し、その他の必要なオプションを構成します。In the Options section, enter text and configure any other options you’d like. テンプレートを使用して開始した場合は、既定でこの一部が提供されますが、必要な変更を加えることができます。If you started with a template, some of this is provided by default, but you can make any changes you'd like. 使用している通知の種類に応じて、利用可能なオプションが異なります。The available options vary, depending on which notification type you are using. オプションの一部を次に示します:Some of the options are:

    • アクティブ化の種類 (対話型トースト型)。Activation type (interactive toast type). [フォアグラウンド][バックグラウンド] **、または **[プロトコル] を選択できます。You can choose Foreground, Background, or Protocol.
    • 起動 (対話型トースト型)。Launch (interactive toast type). 通知がアプリを開くか、Web サイトを開くかを選択できます。You can choose to have the notification open an app or website.
    • アプリの起動率の追跡 (対話型トースト型)。Track app launch rate (interactive toast type). 各通知を通じて、効率的に集客しているかを測定する場合は、このチェック ボックスを選択します。If you want to measure how well you’re engaging with your customers through each notification, select this checkbox. 詳しくは、「通知のパフォーマンスの測定」をご覧ください。For more details, see Measure notification performance.
    • 期間 (対話型トースト型)。Duration (interactive toast type). [短い] または [長い] を選択できます。You can choose Short or Long.
    • シナリオ (対話型トースト型)。Scenario (interactive toast type). [既定][アラーム][リマインダー]、または [着信] を選択できます。You can choose Default, Alarm, Reminder, or Incoming call.
    • ベース URI (対話型トースト型)。Base URI (interactive toast type). 詳しくは、「BaseUri」をご覧ください。For more details, see BaseUri.
    • イメージ クエリの追加 (対話型トースト型)。Add image query (interactive toast type). 詳しくは、「addImageQuery」をご覧ください。For more details, see addImageQuery.
    • ビジュアル **。Visual**. イメージ、ビデオ、またはサウンド。An image, video, or sound. 詳しくは、「ビジュアル」をご覧ください。For more details, see visual.
    • 入力/アクション/選択 (対話型トースト型)。Input/Action/Selection (interactive toast type). ユーザーが通知と対話できるようにします。Allows you to let users interact with the notification. 詳しくは、「アダプティブ トースト通知と対話型トースト通知」をご覧ください。For more info, see Adaptive and interactive toast notifications.
    • バインド (対話型タイル型)。Binding (interactive tile type). トースト テンプレート。The toast template. 詳しくは、「バインド」をご覧ください。For more details, see binding.

    ヒント

    アダプティブ タイル通知と対話型トースト通知を設計してテストするには、Notifications Visualizer アプリを試してみてください。Try using the Notifications Visualizer app to design and test your adaptive tiles and interactive toast notifications.

  12. 後で通知の作業を続ける場合は [下書きとして保存] を、すべて完了している場合は [送信] を選択します。Select Save as draft to continue working on the notification later, or select Send if you’re all done.

通知テンプレートの種類Notification template types

さまざまな通知テンプレートから選択できます。You can choose from a variety of notification templates.

  • 空白 (トースト)。Blank (Toast). カスタマイズできる空のトースト通知から始めます。Start with an empty toast notification that you can customize. トースト通知は、ユーザーが別のアプリ内、スタート画面、またはデスクトップ上にいるときに、アプリがユーザーと対話できるようにするために画面に表示されるポップアップ UI です。A toast notification is a pop-up UI that appears on your screen to allow your app to communicate with the customer when the customer is in another app, on the Start screen, or on the desktop.
  • 空白 (タイル)。Blank (Tile). カスタマイズできる空のタイル通知から始めます。Start with an empty tile notification that you can customize. タイルは、スタート画面でのアプリの表示です。Tiles are an app's representation on the Start screen. タイルは "ライブ" にすることができます。つまり、タイルに表示されるコンテンツは、通知に応じて変化させることができます。Tiles can be “live,” which means that the content that they display can change in response to notifications.
  • 評価の依頼 (トースト)。Ask for ratings (Toast). ユーザーにアプリの評価を求めるトースト通知。A toast notification that asks your customers to rate your app. ユーザーが通知を選択すると、アプリのストア評価ページが表示されます。When the customer selects the notification, the Store ratings page for your app is displayed.
  • フィードバックの依頼 (トースト)。Ask for feedback (Toast). ユーザーにアプリのフィードバックを送信するよう求めるトースト通知。A toast notification that asks your customers to provide feedback for your app. ユーザーが通知を選択すると、アプリのフィードバック Hub ページが表示されます。When the customer selects the notification, the Feedback Hub page for your app is displayed.

    注意

    このテンプレートの種類を選択した場合は、[起動] ボックスで、必ず {PACKAGE_FAMILY_NAME} プレースホルダーの値をアプリの実際のパッケージ ファミリ名 (PFN) に置き換えてください。If you choose this template type, in the Launch box, remember to replace the {PACKAGE_FAMILY_NAME} placeholder value with your app’s actual Package Family Name (PFN). アプリの PFN は、アプリ ID ページ ([アプリ管理] > [アプリ ID]) で確認できます。You can find your app’s PFN on the App identity page (App management > App identity).

    フィードバックのトースト起動ボックス

  • クロス プロモーション (トースト)。Cross-promote (Toast). 任意の別のアプリを販売促進するトースト通知。A toast notification to promote a different app of your choosing. ユーザーが通知を選択すると、他のアプリのストア登録情報が表示されます。When the customer selects the notification, the other app’s Store listing is displayed.

    注意

    このテンプレートの種類を選択した場合は、[起動] ボックスで、必ず {ProductId you want to promote here} プレースホルダーの値を相互に販売促進するアイテムの実際のストア ID に置き換えてください。If you choose this template type, in the Launch box, remember to replace the {ProductId you want to promote here} placeholder value with the actual Store ID of the item you want to cross promote. ストア ID は、アプリ ID ページ ([アプリ管理] > [アプリ ID]) で確認できます。You can find the Store ID on the App identity page (App management > App identity).

    クロス プロモーションのトースト起動ボックス

  • 販売の促進 (トースト)。Promote a sale (Toast). アプリのクーポンの通知に使用できるトースト通知。A toast notification that you can use to announce a deal for your app. ユーザーが通知を選択すると、アプリのストア登録情報が表示されます。When the customer selects the notification, your app’s Store listing is displayed.
  • 更新のプロンプト (トースト)。Prompt for update (Toast). 古いバージョンのアプリを実行しているユーザーに最新バージョンをインストールするよう促すトースト通知。A toast notification that encourages customers who are running an older version of your app to install the latest version. ユーザーが通知を選択すると、Microsoft Store アプリが起動し、[ダウンロードと更新] 一覧が表示されます。When the customer selects the notification, the Store app will launch, showing the Downloads and updates list. このテンプレートは単一のアプリのみで使用でき、特定のセグメントを対象にしたり、送信日時を指定することはできません。この通知は常に 24 時間以内にスケジュールされ、アプリの最新バージョンをまだ実行していないすべてのユーザーが可能な限り対象になるように送信されます。Note that this template can only be used with a single app, and you can't target a particular customer segment or define a time to send it; we’ll always schedule this notification to be sent within 24 hours, and making our best effort to target all users who are not yet running the latest version of your app.

通知のパフォーマンスの測定Measure notification performance

各通知を通じて、効率的に集客しているかを測定できます。You can measure how well you’re engaging with your customers through each notification.

通知のパフォーマンスを測定するにはTo measure notification performance

  1. 通知を作成するときに、[通知のコンテンツ] セクションで [アプリの起動率の追跡] チェック ボックスを選択します。When you create a notification, in the Notification content section, select the Track app launch rate checkbox.
  2. アプリで ParseArgumentsAndTrackAppLaunch メソッドを呼び出して、ターゲット通知への応答としてアプリが起動されたことをデベロッパー センターに通知します。In your app, call the ParseArgumentsAndTrackAppLaunch method to notify Dev Center that your app was launched in response to a targeted notification. このメソッドは Microsoft Store Services SDK によって提供されます。This method is provided by the Microsoft Store Services SDK. このメソッドを呼び出す方法について詳しくは、「デベロッパー センターの通知を受け取るようにアプリを構成する」をご覧ください。For more information about how to call this method, see Configure your app to receive Dev Center notifications.

通知のパフォーマンスを表示するにはTo view notification performance

前述のとおり、通知のパフォーマンスを測定するように通知とアプリを構成すると、ダッシュボードを使用して通知のパフォーマンス状態を表示できます。When you’ve configured the notification and your app to measure notification performance as described above, you can use the dashboard to see how well your notifications are performing.

  1. Windows デベロッパー センター ダッシュボードで、[利用率の引き上げ] セクションを展開し、[通知] を選びます。In the Windows Dev Center dashboard, expand the Engage section and select Notifications.
  2. ターゲット プッシュ通知ページで、[進行中] または [完了] を選択し、[配信率] 列と [アプリ起動率] 列を参照して、通知ごとの大まかなパフォーマンスを確認します。On the Targeted push notifications page, select In progress or Completed, and then look at the Delivery rate and App launch rate columns to see the high-level performance of each notification.
  3. さらに詳細なパフォーマンスを確認するには、通知名を選択します。To see more granular performance details, select a notification name. [配信統計] セクションでは、通知に関する以下の状態について、[カウント][割合] の情報を確認できます。In the Delivery statistics section, you can view Count and Percentage info for the following notification Status types:
    • 失敗: 何らかの理由で、通知が配信されませんでした。Failed: The notification was not delivered for some reason. これは、Windows 通知サービスで問題が発生した場合などに発生します。This can happen, for example, if an issue occurs in the Windows Notification Service.
    • チャネルの有効期限エラー: アプリとデベロッパー センター間のチャネルの有効期限が切れているため、通知を配信できませんでした。Channel expiration failure: The notification could not be delivered because the channel between the app and Dev Center has expired. これは、ユーザーが長期間アプリを開いていない場合などに発生します。This can happen, for example, if the customer has not opened your app in a long time.
    • 送信中: 通知がキューで送信待ちになっています。Sending: The notification is in the queue to be sent.
    • 送信済み: 通知が送信されました。Sent: The notification was sent.
    • 起動: 通知が送信され、ユーザーが通知をクリックして、その結果、アプリが開かれました。Launches: The notification was sent, the customer clicked it, and your app was opened as a result. これは、アプリの起動のみを追跡することに注意してください。Note that this only tracks app launches. ストアを起動して評価をするなど、他のアクションを実行するようユーザーに促す通知は、この状態には含まれていません。Notifications that invite the customer to take other actions, such as launching the Store to leave a rating, are not included in this status.
    • 不明: この通知の状態を特定できませんでした。Unknown: We weren’t able to determine the status of this notification.

通知の翻訳Translate your notifications

通知を最大限に活用するには、ユーザーが希望する言語に翻訳することを検討します。To maximize the impact of your notifications, consider translating them into the languages that your customers prefer. デベロッパー センターでは、優れた Microsoft Translator サービスを活用して、通知を簡単に自動的に翻訳できます。Dev Center makes it easy for you to translate your notifications automatically by leveraging the power of the Microsoft Translator service.

  1. 通知を既定の言語で記述したら、[言語の追加] ([通知のコンテンツ] セクションの [言語] メニューの下) を選択します。After you’ve written your notification in your default language, select Add languages (beneath the Languages menu in the Notification content section).
  2. [言語の追加] ウィンドウで、通知を表示する追加の言語を選択し、[更新] を選択します。In the Add languages window, select the additional languages that you want your notifications to appear in, and then select Update. 通知は [言語の追加] ウィンドウで選択した言語に自動的に翻訳され、これらの言語は [言語] メニューに追加されます。Your notification will be automatically translated into the languages you chose in the Add languages window and those languages will be added to the Language menu.
  3. 通知の翻訳を確認するには、[言語] メニューで、追加した言語を選択します。To see the translation of your notification, in the Language menu, select the language that you just added.

翻訳に関する考慮事項:Things to keep in mind about translation:

  • 選択した言語の [コンテンツ] ボックスに別のテキストを入力すると、自動翻訳を上書きできます。You can override the automatic translation by entering something different in the Content box for that language.
  • 自動翻訳を上書きした後に英語バージョンの通知に別のテキスト ボックスを追加した場合は、新しいテキスト ボックスは翻訳済みの通知には追加されません。If you add another text box to the English version of the notification after you’ve overridden an automatic translation, the new text box will not be added to translated notification. その場合、翻訳済みの通知ごとに新しいテキスト ボックスを手動で追加する必要があります。In that case, you would need to manually add the new text box to each of translated notifications.
  • 通知が翻訳された後に英語のテキストを変更した場合は、翻訳済みの通知は変更に合わせて自動的に更新されます。If you change the English text after the notification has been translated, we’ll automatically update the translated notifications to match the change. ただし、初期の翻訳を上書きすることを以前に選択している場合は、この処理は適用されません。However, this won’t happen if you previously chose to override the initial translation.