Windows 10 ビルド 19041 の開発者向け新着情報What's New for developers in Windows 10 build 19041

Windows 10 ビルド 19041 (SDK バージョン 2004 とも呼ばれる) は、Visual Studio 2019 および関連するツールや機能と組み合わせて使用することにより、優れた Windows アプリを作成するのに必要なものすべてが利用可能になります。Windows 10 build 19041 (also known as SDK version 2004), in combination with Visual Studio 2019 and related tools and features, provide you with everything you need to create remarkable Windows apps. Windows 10 のツールと SDK をインストールすると、新しいユニバーサル Windows アプリを作成したり、Windows の既存のアプリ コードがどのように使えるかを試したりすることができます。Install the tools and SDK on Windows 10 and you’re ready to either create a new Universal Windows app or explore how you can use your existing app code on Windows.

ここには、Windows 開発者にとって重要なこのリリースの新機能、強化された機能、ガイダンスを集めました。This is a collection of new and improved features and guidance of interest to Windows developers in this release. Windows SDK に追加されたすべての新しい名前空間の一覧については、Windows 10 ビルド 19041 API の変更点に関するページをご覧ください。For a full list of new namespaces added to the Windows SDK, see the Windows 10 build 19041 API changes. Windows 10 での注目すべき機能について詳しくは、「Windows 10 の優れた機能」をご覧ください。For more information on the highlighted features of Windows 10, see What's cool in Windows 10.

Windows 10 アプリWindows 10 apps

機能Feature 説明Description
Bluetooth オーディオ再生Bluetooth audio playback Bluetooth に接続されたリモート デバイスからオーディオ再生を有効にする」では、AudioPlaybackConnection を使用して、ローカル コンピューター上のオーディオを Bluetooth に接続されたリモート デバイスで再生できるようにする方法を説明しています。これにより、PC が Bluetooth スピーカーのように動作する構成や、ユーザーが自分の電話でオーディオを聞けるようにするなどのシナリオを実現できます。Enable audio playback from remote Bluetooth-connected devices shows you how to use AudioPlaybackConnection to enable Bluetooth-connected remote devices to play back audio on the local machine, enabling scenarios such as configuring a PC to behave like a Bluetooth speaker and allowing users to hear audio from their phone.
C# アプリの移植C# app porting C# アプリケーションを C++/WinRT に移植するプロセスのドキュメントが用意されました。We’ve documented the process of porting a C# application to C++/WinRT. C# から C++/WinRT への Clipboard サンプルの移植に関するページは、コンテキスト形式のドキュメントで、実際の特定の移植エクスペリエンスに基づいています。Porting the Clipboard sample to C++/WinRT from C# is contextual, and based on a particular real-world porting experience. 関連トピックの「C# から C++/WinRT への移行」は、百科事典的なドキュメントで、移植に関する技術的な詳細と手順について説明しています。Its companion topic Move to C++/WinRT from C# is a more encyclopedic look at the technical details and steps involved in porting.
C++/WinRTC++/WinRT Visual C++ コンパイラ チームとの連携により、C++/WinRT の更新プログラムでビルド時と実行時のパフォーマンス向上が実現しました。詳細については、最新の機能強化および追加のロールアップに関するページをご覧ください。Read about the updates to C++/WinRT regarding build-time and run-time performance improvements (achieved in concert with the Visual C++ compiler team), in Rollup of recent improvements/additions.
C++/WinRT については、C++/CX からの移植に関するページ、C# からの移植に関するページ、「単純な C++/WinRT Windows UI ライブラリの例」、コンカレンシーに関するページ、get_unknown()に関するページ、「C++/WinRT による XAML カスタム (テンプレート化) コントロール」に、詳細な情報が追加されています。For C++/WinRT, we added more info to these topics: porting from C++/CX, porting from C#, Simple C++/WinRT Windows UI Library example, Concurrency, get_unknown(), and XAML custom (templated) controls with C++/WinRT.
DirectXDirectX Creators Update から Windows 10 バージョン 1903 までの過去のいくつかの Windows リリースに関して、DirectX 関連の「新機能」トピックの一部を最新のものに更新しました。We brought several DirectX-related "What's new" topics up to date for several past releases of Windows, from the Creators Update to Windows 10, version 1903. DirectWrite の新機能」、「DXGI 1.6 の改良点」、「Direct3D 12 の新機能」。What's new in DirectWrite, DXGI 1.6 improvements, and What's new in Direct3D 12.
DirectXMathDirectXMath 2 つのマトリックス構造とそのメンバー関数および free 関数について説明した、21 の新しい DirectXMath トピックを公開しました。We published 21 new DirectXMath topics, covering two matrix structures and their member functions and free functions. XMFLOAT3X4 構造」はその一例です。The XMFLOAT3X4 structure is an example.
Direct3DDirect3D ハイ ダイナミック レンジ ディスプレイと高度な色で DirectX を使用する」では、Windows ハイ ダイナミック レンジ アプリのベスト プラクティスをまとめて説明しています。Using DirectX with high dynamic range displays and advanced color provides a list of best practices for Windows high-dynamic-rnge apps.
新しい ID3D11On12Device2 インターフェイスとそのメソッドを使用することにより、Direct3D 11 API を使用して作成されたリソースを取得して、Direct3D 12 で使用できるようになりました。A new ID3D11On12Device2 interface, and its methods, enable you to take resources created through the Direct3D 11 APIs and use them in Direct3D 12.
Direct3D 12Direct3D 12 Direct3D 12 Core 1.0 機能レベルが追加され、"コンピューティング専用" デバイスで使用できるようになりました。The Direct3D 12 Core 1.0 Feature Level has been added, for use by compute-only devices.
ID3D12Debug3 インターフェイスに関する新しいトピックが追加されました。New topics habe been added for the ID3D12Debug3 interface.
Direct MLDirect ML WinML の構築基盤となる低レベルのハードウェア アクセラレータ対応 API である DirectML に、18 個の演算子が追加されました。There 18 operators have been added to DirectML, the low-level hardware-accelerated API on which WinML is built. DML_ACTIVATION_SHRINK_OPERATOR_DESC 構造はその一例です。An example is the DML_ACTIVATION_SHRINK_OPERATOR_DESC structure.
エラー報告Error reporting RoFailFastWithErrorContextInternal2 関数が Win32 に追加されました。これにより、発生した例外に追加のエラー コンテキストが含まれる場合があります。The RoFailFastWithErrorContextInternal2 function has been added to Win32, which raises an exception which can contain additional error context.
Machine LearningMachine Learning Windows Machine Learning で、ONNX バージョン 1.4 および opset 9 がサポートされるようになりました。Windows Machine Learning now supports ONNX version 1.4 and opset 9.
CloseModelOnSessionCreation API を使用すると、不要になった学習モデルを自動的に閉じることにより、メモリを節約できます。The CloseModelOnSessionCreation API allows you to save memory by closing a learning model automatically once it is no longer needed.
Wi-FiWi-Fi WlanDeviceServiceCommand function など、新しいネイティブ WiFi 関数と構造がいくつか追加されました。Several new Native WiFi functions and structures have been added, such as the WlanDeviceServiceCommand function.
Wi-Fi ホットスポット 2Wi-Fi Hotspot 2 Web サイトを使用した Wi-Fi プロファイルのプロビジョニング」では、Wi-Fi ホットスポット 2 の新機能について説明しています。Provision a Wi-Fi profile via a website describes new functionality for Wi-Fi Hotspot 2.
Windows Holographic 相互運用Windows Holographic interop 17 個の Win32 API に加えて、windows.graphics.holographic.interop.h ヘッダーが追加されました。The windows.graphics.holographic.interop.h header has been added, with 17 Win32 APIs. この API は、Win32 と Windows ランタイムの間で相互運用を行うためのものです。The APIs are for interoperating between Win32 and Windows Runtime. API は Windows 10 ビルド 18362 で追加されていましたが、ヘッダーはビルド 19041 で新たに追加されました。While the APIs were added in Windows 10 build 18362, the header is new for build 19041.
Windows ソケットWindows Sockets Windows ソケット 2 SPI コンテンツの機能が強化されました。Enhancements have been made to the Windows Sockets 2 SPI content. LPWSPEVENTSELECT コールバック関数に関するトピックは、機能の強化と拡張がなされた多くのトピックの一例です。An example of one of the many topics we improved and augmented is the LPWSPEVENTSELECT callback function topic.
XAML Islands - 基本XAML Islands - basics XAML Islands を使用すると、UWP XAMl コントロールをデスクトップ Windows アプリでホストできます。Host UWP XAMl controls in your desktop Windows apps with XAML islands. WPF アプリでの標準 UWP コントロールのホストに関するページおよび「C++ Win32 アプリで標準 UWP コントロールをホストする」で方法をご確認ください。Learn how to host a standard UWP control in a WPF app, and host a standard UWP control in a C++ Win32 app.
XAML Islands - カスタム コントロールXAML Islands - custom controls Microsoft.Toolkit.Win32.UI.XamlApplication および Microsoft.Toolkit.Win32.UI.SDK NuGet パッケージを使用すると、カスタム UWP XAML コントロールを .NET アプリや C++ Win32 アプリでホストしやすくなります。The Microsoft.Toolkit.Win32.UI.XamlApplication and Microsoft.Toolkit.Win32.UI.SDK NuGet packages make it easier to host custom UWP XAML controls in .NET and C++ Win32 apps.
詳しい手順については、WPF アプリでのカスタム UWP コントロールのホストに関するページおよび「C++ Win32 アプリでカスタム UWP コントロールをホストする」を参照してください。For step-by-step walkthroughs, see Host a custom UWP control in a WPF app and Host a custom UWP control in a C++ Win32 app.
また、さらに複雑な C++ Win32 シナリオでのガイダンスについては、XAML Islands の高度なシナリオに関するページを参照してください。Finally, for guidance on more complicated C++ Win32 scenarios, see Advanced scenarios for XAML Islands.

Windows でビルドするBuild with Windows

機能Feature 説明Description
Windows の開発環境Windows development environment Windows の開発環境」と題するドキュメントで、Windows を使用してさまざまなプラットフォームで開発を進め、開発に関する目標を達成するためのリソースが提供されています。The Windows development environment docs provide resources for using Windows to develop across a variety of platforms, to accomplish whatever development goals you might have.
Windows での PythonPython on Windows Windows での Pythonに関するセクションでは、Python 言語を初めて使用する開発者向けの情報や、Windows で利用できる他のツールを使って Python 環境を最適化することに関心のある開発者向けの情報が提供されています。The Python on Windows section provides information for developers new to the Python language, as well as devs looking to optimize their Python development with other tools available on Windows. Web 開発データベースの対話式操作のために Python 環境を設定する方法をご確認ください。Learn how to set up your Python environment for web development and database interaction.
Windows での NodeJSNodeJS on Windows Node.js 開発環境での推奨されている設定に関するページでは、Linux サーバーにデプロイする上級開発者向けの詳細なガイドラインが提供されています。The recommended setup for your Node.js development environment provides detailed guidelines for advanced developers deploying to Linux servers. また、一般的な Node.js Web フレームワークデータベースの対話式操作Docker コンテナーのセットアップ手順も説明されています。Also available are setup instructions for popular Node.js web frameworks, database interaction, and Docker containers.
Mac-to-WindowsMac to Windows 開発環境を変更するためのガイドは、開発プラットフォームを Mac から Windows に移行するユーザー向けに準備されたもので、ショートカットや開発ユーティリティを比較できる対応表が用意されています。Our guide to changing your dev environment is geared towards users transitioning their development platform from Mac to Windows, and provides mappings for comparable shortcuts and development utilities.
Windows ターミナルWindows Terminal コマンド プロンプト、PowerShell、Linux 用 Windows サブシステム (WSL) などのコマンド ライン ツールとシェルのユーザー向けの最新のターミナル アプリケーションです。A modern terminal application for users of command line tools and shells like Command Prompt, PowerShell, and Windows Subsystem for Linux (WSL). 主な機能には、複数のタブ、ペイン、Unicode および UTF-8 文字のサポート、GPU で高速化されたテキスト レンダリング エンジン、独自のテーマを作成したり、テキスト、色、背景、およびショートカット キーのバインドをカスタマイズしたりする機能があります。Its main features include multiple tabs, panes, Unicode and UTF-8 character support, a GPU accelerated text rendering engine, and the ability to create your own themes and customize text, colors, backgrounds, and shortcut key bindings.
WSL 2WSL 2 新しいバージョンの Linux 用 Windows サブシステム (WSL) が利用できるようになりました。A new version of the Windows Subsystem for Linux (WSL) is now available. WSL 2 の機能では、Windows 上で実際の Linux カーネルを実行するためのアーキテクチャが再構成されており、ファイル システムのパフォーマンス向上と、システム コールの完全な互換性の追加が実現されています。WSL 2 features reconfigured architecture to run an actual Linux kernel on Windows, increasing file system performance and adding full system call compatibility. この新しいアーキテクチャによって、Linux バイナリと Windows やお使いのコンピューターのハードウェアとの対話方法は変わりますが、ユーザー エクスペリエンスについては以前のバージョンの WSL の場合と同じになっています。This new architecture changes how Linux binaries interact with Windows and your computer's hardware, but still provides the same user experience as in the previous version of WSL. 個々の Linux ディストリビューションは、WSL1 または WSL2 ディストリビューションとして実行することも、並列実行することもでき、いつでも変更できます。Each individual Linux distribution can run as a WSL1 or WSL2 distro, can be run side by side, and can be changed at any time.
使用を開始するには、WSL 2 をインストールします。Install WSL 2 to get started.
詳細については、WSL 1 と WSL 2 の間のユーザー エクスペリエンスの変更に関するページを参照してください。Explore further information on user experience changes between WSL 1 and WSL 2.
WSL 2 に関するよく寄せられる質問に関するページもご確認ください。Check out the Frequently Asked Questions about WSL 2.

MSIX、パッケージ作成、デプロイMSIX, packaging, and deployment

機能Feature 説明Description
MSIXMSIX Windows 10 SDK の前回のリリース以降、MSIX パッケージ形式が大幅に更新されました。Significant updates to the MSIX packaging format have been made since the last release of the Windows 10 SDK.
サービスを含むパッケージ作成Packaging with services MSIX および MSIX パッケージ作成ツールで、サービスを含むアプリ パッケージがサポートされるようになりました。MSIX and the MSIX Packaging Tool now support app packages that contain services.
MSIX パッケージ内でのスクリプトScripts in MSIX packages パッケージ サポート フレームワーク (PSF) を使用して MSIX アプリ パッケージ内でスクリプトを実行することができます。このようにすると、IT 技術者は、MSIX を使用してパッケージ化した後に、アプリケーションをユーザーの環境に合わせて動的にカスタマイズできます。You can use the Package Support Framework (PSF) to run scripts in an MSIX app package, enabling IT Pros to customize an application dynamically to the user's environment after it is packaged using MSIX.
パッケージの整合性の適用Enforced package integrity パッケージ マニフェストで uap10:PackageIntegrity 要素を使用することにより、MSIX パッケージのコンテンツにパッケージの整合性を適用できるようになりました。You can now enforce package integrity on the contents of MSIX packages by using the uap10:PackageIntegrity element in your package manifest. また、MSIX パッケージ作成ツールを使用して MSIX パッケージを作成するときにも、パッケージの整合性を適用できます。You can also enforce package integrity when you create MSIX packages via the MSIX Packaging Tool.
スパース パッケージSparse packages アプリで "スパース パッケージ" をビルドして登録することで、MSIX パッケージにパッケージ化されていないデスクトップ アプリにパッケージ ID を付与できます。You can grant package identity to desktop apps that are not packaged in an MSIX package by building and registering a sparse package with your app. この機能により、デプロイのために MSIX パッケージをまだ導入できないデスクトップ アプリで、パッケージ ID を必要とする Windows 10 拡張機能を使用できるようになります。This feature enables desktop apps that are not yet able to adopt MSIX packaging for deployment to use Windows 10 extensibility features that require package identity.
ホステッド アプリHosted apps ホステッド アプリを作成することができるようになりました。You can now create hosted apps. ホステッド アプリは、親ホスト アプリと同じ実行可能ファイルと定義を共有しますが、両者の外観と動作はシステム上では別のアプリのようになります。Hosted apps share the same executable and definition as a parent host app, but they look and behave like a separate app on the system. ホステッド アプリは、コンポーネント (実行可能ファイルやスクリプト ファイルなど) がスタンドアロンの Windows 10 アプリのように動作する必要があるものの、そのコンポーネントを実行するためにホスト プロセスが必要な場合に役立ちます。Hosted apps are useful for scenarios where you want a component (such as an executable file or a script file) to behave like a standalone Windows 10 app, but the component requires a host process in order to execute. ホステッド アプリには、独自のスタート タイルや ID を指定できるほか、バックグラウンド タスク、通知、タイル、共有ターゲットなどの Windows 10 の機能と緊密に統合することもできます。A hosted app can have its own start tile, identity, and deep integration with Windows 10 features such as background tasks, notifications, tiles, and share targets.

Windows UI ライブラリ (WinUI)Windows UI Library (WinUI)

機能Feature 説明Description
WinUI 2.4WinUI 2.4 WinUI 2.4 は、Windows UI ライブラリの最新のパブリック リリースです。WinUI 2.4 is the latest public release of the Windows UI Library. どのバージョンの WinUI も、Windows アプリ用のさまざまな公式 UI コントロールを提供しており、Windows SDK とは独立した NuGet パッケージとして提供されているので、以前のバージョンの Windows 10 で動作します。All versions of WinUI provide a wide assortment of official UI controls for your Windows apps, and are suppplied as a NuGet package independent of the Windows SDK, so they work on earlier versions of Windows 10. こちらの手順に従って WinUI をインストールします。Follow these instructions to install WinUI.
RadialGradientBrushRadialGradientBrush WinUI 2.4 で新しく利用できるようになった RadialGradientBrush は、Center、RadiusX、RadiusY プロパティによって定義される楕円内に描画されます。New in WinUI 2.4, a RadialGradientBrush is drawn within an ellipse defined by Center, RadiusX, and RadiusY properties. グラデーションの色は楕円の中心から始まり、半径の位置で終了します。Colors for the gradient start at the center of the ellipse and end at the radius.
ProgressRingProgressRing WinUI 2.4 で新しく利用できるようになった ProgressRing コントロール はモーダル操作向けに使われ、ProgressRing が消えるまでユーザーはブロックされます。New in WinUI 2.4, the ProgressRing control is used for modal interactions where the user is blocked until the ProgressRing disappears. ある操作で、その操作が完了するまで、アプリとのほとんどのやり取りを中断する必要がある場合は、このコントロールを使用します。Use this control if an operation requires that most interaction with the app be suspended until the operation is complete.
TabViewTabView TabView コントロールの更新プログラムにより、タブの表示方法をより詳細に制御できるようになります。Updates to the TabView control provide you with more control over how to render tabs. 選択されていないタブの幅を設定し、アイコンのみを表示して画面領域を節約することや、選択されていないタブの [閉じる] ボタンを、ユーザーがタブにカーソルを合わせるまで非表示にすることができます。You can set the width of unselected tabs and show just an icon to save screen space, and can also hide the close button on unselected tabs until the user hovers over the tab.
TextBox コントロールTextBox controls ダーク テーマが有効になっている場合、テキストの挿入時に TextBox ファミリ コントロールの背景色が既定でダークのままになります。When dark theme is enabled, the background color of TextBox family controls now remains dark by default on text insertion. 影響を受けるコントロールは、TextBoxRichEditBoxPasswordBoxEditable ComboBoxAutoSuggestBox です。Affected controls are TextBox, RichEditBox, PasswordBox, Editable ComboBox, and AutoSuggestBox.
NavigationViewNavigationView NavigationView コントロールで、階層型ナビゲーションがサポートされるようになりました。このコントロールには、Left、Top、LeftCompact の表示モードが含まれています。The NavigationView control now supports hierarchical navigation and includes Left, Top, and LeftCompact display modes. 階層構造の NavigationView は、ページのカテゴリの表示、関連する子ページを含むページの識別、またはハブ スタイルのページが他の多くのページにリンクしているアプリ内での使用に役立ちます。A hierarchical NavigationView is useful for displaying categories of pages, identifying pages with related child-pages, or using within apps that have hub-style pages linking to many other pages.
Windows UI ギャラリーWindows UI Gallery 各 WinUI 機能の例については、XAML コントロール ギャラリーでご確認いただけます。Examples of each WinUI feature are available in the XAML Controls Gallery. Microsoft Store でダウンロードするか、Github でソース コードを参照できます。Download it on the Microsoft Store, or view the source code on Github.
以前のバージョンPrevious versions Windows 10 SDK の前回のメジャー リリース以降、WinUI 2.3 および WinUI 2.2 もリリースされ、Windows 開発者向けの新しい UI 機能がさらに提供されました。Since the previous major release of the Windows 10 SDK, WinUI 2.3 and WinUI 2.2 were also released, providing further new UI features for Windows devs.

サンプルSamples

次のサンプル アプリは、Windows 10 ビルド 19041 を対象として更新されました。The following sample apps have been updated to target Windows 10 build 19041.

ビデオVideos

Windows ターミナル: コマンド ライン活用の秘訣Windows Terminal: the secret to command line happiness!

ワークフローに合わせて Windows ターミナルをカスタマイズする方法について説明し、機能を実際にデモンストレーションします。Learn about how to customize the Windows Terminal for your workflow, and see demos of its features in action. ビデオをご覧ください。詳細については、ドキュメントでご確認いただけます。Check out the video, then read the docs for more information.

WSL2:Linux 用 Windows サブシステムの高速コードWSL2: Code faster on the Windows Subsystem for Linux

新しいバージョンの Linux 用 Windows サブシステムである WSL2 の詳細、およびパフォーマンス向上のためになされた変更について説明します。Learn all about WSL2, the new version of the Windows Subsystem for Linux, and what changes have been made to improve performance. ビデオをご覧ください。詳細については、ドキュメントでご確認いただけます。Check out the video, then read the docs for more information.

MSIX:Windows 10 用デスクトップ アプリをパッケージ化し、MSIX: Package desktop apps for Windows 10. 古いインストーラーを置き換えるReplace outdated installers.

Windows アプリをインストールするためのパッケージ形式である MSIX について説明します。Visual Studio で既存のコードをパッケージ化する方法や、アプリをデプロイして配布する方法も説明します。Learn about MSIX, the package format for installing Windows apps, including how to package your existing code with Visual Studio and how to deploy and distribute your app. ビデオをご覧ください。詳細については、ドキュメントでご確認いただけます。Check out the video, then read the docs for more information.