Windows ランタイム コンポーネントWindows Runtime components

Windows ランタイム コンポーネントは自己完結型オブジェクトで、C#、Visual Basic、JavaScript、C++ など、すべての言語からインスタンス化して使用することができます。Windows Runtime components are self-contained objects that you can instantiate and use from any language, including C#, Visual Basic, JavaScript, and C++.

Visual Studio と C#、Visual Basic、または C++ を使って、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリで使用できる Windows ランタイム コンポーネントを作成できます。You can use Visual Studio and C#, Visual Basic, or C++ to create Windows Runtime components that can be used in Universal Windows Platform (UWP) apps.

トピックTopic 説明Description
C++/CX を使用した Windows ランタイム コンポーネントWindows Runtime components with C++/CX このトピックでは、C++/CX を使って Windows ランタイム コンポーネントを作成する方法を示します。このコンポーネントは、Windows ランタイム言語を使って構築しされたユニバーサル Windows アプリから呼び出すことができます。This topic shows how to use C++/CX to create a Windows Runtime component—a component that's callable from a Universal Windows app built using any Windows Runtime language.
C++/CX Windows ランタイム コンポーネントの作成と JavaScript または C# からの呼び出しに関するチュートリアルWalkthrough of creating a C++/CX Windows Runtime component, and calling it from JavaScript or C# このチュートリアルでは、JavaScript、C#、または Visual Basic から呼び出すことができる基本的な Windows ランタイム コンポーネント DLL を作成する方法について説明します。This walkthrough shows how to create a basic Windows Runtime component DLL that's callable from JavaScript, C#, or Visual Basic. このチュートリアルを開始する前に、抽象バイナリ インターフェイス (ABI)、ref クラス、Visual C++ コンポーネント拡張などの概念を必ず理解しておいてください。ref クラスの操作が容易になります。Before you begin this walkthrough, make sure that you understand concepts such as the Abstract Binary Interface (ABI), ref classes, and the Visual C++ Component Extensions that make working with ref classes easier. 詳しくは、「C++ での Windows ランタイム コンポーネントの作成」および「Visual C++ の言語リファレンス (C++/CX)」をご覧ください。For more information, see Creating Windows Runtime components in C++ and Visual C++ Language Reference (C++/CX).
C# および Visual Basic を使用した Windows ランタイム コンポーネントWindows Runtime components with C# and Visual Basic マネージ コードを使って独自の Windows ランタイム型を作成し、Windows ランタイム コンポーネントにパッケージ化することができます。You can use managed code to create your own Windows Runtime types, packaged in a Windows Runtime component. また、C++、JavaScript、Visual Basic、C# を利用することで、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリでコンポーネントを使うことができます。You can use your component in Universal Windows Platform (UWP) apps with C++, JavaScript, Visual Basic, or C#. このトピックでは、コンポーネントを作成するための規則を示し、Windows ランタイム向けの .NET のサポートをいくつか説明します。This topic outlines the rules for creating a component, and discusses some aspects of .NET support for the Windows Runtime. このサポートは、通常、.NET のプログラマが意識しなくても利用できるように設計されています。In general, that support is designed to be transparent to the .NET programmer. ただし、JavaScript や C++ で使うコンポーネントを作成する場合は、これらの言語が Windows ランタイムをサポートする方法の違いに注意する必要があります。However, when you create a component to use with JavaScript or C++, you need to be aware of differences in the way those languages support the Windows Runtime.
C# または Visual Basic Windows ランタイム コンポーネントの作成と JavaScript からの呼び出しに関するチュートリアルWalkthrough of creating a C# or Visual Basic Windows Runtime component, and calling it from JavaScript このチュートリアルでは、Visual Basic または C# で .NET を使って、Windows ランタイム コンポーネントにパッケージ化される独自の Windows ランタイム型を作成する方法と、JavaScript を使って Windows 用にビルドされたユニバーサル Windows アプリからコンポーネントを呼び出す方法について説明します。This walkthrough shows how you can use .NET with Visual Basic or C# to create your own Windows Runtime types, packaged in a Windows Runtime component, and how to call the component from your Universal Windows app built for Windows using JavaScript.
Windows ランタイム コンポーネントでイベントを生成するRaising Events in Windows Runtime components Windows ランタイム コンポーネントを使って、ユーザー定義のデリゲート型のイベントをバック グラウンド スレッド (ワーカー スレッド) で発生させ、このイベントを JavaScript で受け取る場合、以下のいずれかの方法でイベントを実装し、発生させることができます。If your Windows Runtime component raises an event of a user-defined delegate type on a background thread (worker thread) and you want JavaScript to be able to receive the event, you can implement and/or raise it in one of these ways:
サイド ローディングされた UWP アプリのための Windows ランタイム コンポーネント ブローカーBrokered Windows Runtime components for side-loaded UWP apps このトピックでは、Windows 10 更新プログラム以降でサポートされるエンタープライズ向け機能について説明します。この機能では、ビジネス クリティカルな操作を実行する既存のコードを、タッチ対応の .NET アプリで使用できるようにします。This topic discusses an enterprise-targeted feature supported by Windows 10 Update and above, which allows touch-friendly .NET apps to use the existing code responsible for key business-critical operations.