XAML プラットフォームXAML platform

このセクションのトピックでは、プログラミング言語として C#、Microsoft Visual Basic、または Visual C++ コンポーネント拡張機能 (C++/CX) を使い、UI 定義として XAML を使う場合に、作成するアプリ全般に当てはまるプログラミングの概念について説明します。This section includes topics that explain programming concepts that are generally applicable to any app that you write, if you are using C#, Microsoft Visual Basic, or Visual C++ component extensions (C++/CX) as your programming language and XAML for your UI definition. ここでは、プロパティとイベントの使い方や、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリ プログラミングへのその適用法など、基本的なプログラミングの概念について説明します。This includes basic programming concepts such as using properties and events, and how these apply to Universal Windows Platform (UWP) app programming. ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) は、依存関係プロパティ システムを追加することで、C#、Visual Basic、C++/CX のプロパティとその値の概念を拡張します。The Universal Windows Platform (UWP) extends C#, Visual Basic, or C++/CX concepts of properties and their values by adding the dependency property system. このセクションのトピックでは、UWP で使われる XAML 言語についても説明し、XAML を使って UWP アプリの UI を定義する方法に関する基本的なシナリオと高度なトピックも取り上げています。Topics in this section also document the XAML language as it is used by the UWP, and cover basic scenarios and advanced topics explaining how to use XAML to define the UI for your UWP app.

トピックTopic 説明Description
XAML の概要XAML overview ここでは、Windows ランタイム アプリの開発者を対象に、XAML 言語と XAML の概念を紹介し、Windows ランタイム アプリを作成する際に XAML でオブジェクトを宣言したり属性を設定したりするためのさまざまな方法について説明します。We introduce the XAML language and XAML concepts to the Windows Runtime app developer audience, and describe the different ways to declare objects and set attributes in XAML as it is used for creating a Windows Runtime app.
依存関係プロパティの概要Dependency properties overview このトピックでは、C++、C#、または Visual Basic と UI の XAML 定義を使って Windows ランタイム アプリを作成するときに使うことができる依存関係プロパティについて説明します。This topic explains the dependency property system that is available when you write a Windows Runtime app using C++, C#, or Visual Basic along with XAML definitions for UI.
カスタム依存関係プロパティCustom dependency properties C++、C#、または Visual Basic を使った Windows ランタイム アプリでカスタム依存関係プロパティを定義および実装する方法を説明します。Explains how to define and implement custom dependency properties for a Windows Runtime app using C++, C#, or Visual Basic.
添付プロパティの概要Attached properties overview XAML での添付プロパティの概念を説明し、例をいくつか紹介します。Explains the concept of an attached property in XAML, and provides some examples.
カスタム添付プロパティCustom attached properties XAML 添付プロパティを依存関係プロパティとして実装する方法と、添付プロパティを XAML で使うために必要なアクセサー変換を定義する方法を説明します。Explains how to implement a XAML attached property as a dependency property and how to define the accessor convention that is necessary for your attached property to be usable in XAML.
イベントとルーティング イベントの概要Events and routed events overview このトピックでは、Windows ランタイム アプリで、プログラミング言語に C#、Visual Basic、または C++/CX、UI 定義に XAML を使う場合のイベントのプログラミングの概念について説明します。We describe the programming concept of events in a Windows Runtime app, when using C#, Visual Basic or C++/CX as your programming language, and XAML for your UI definition. イベントのハンドラーは、UI 要素の宣言の一部として XAML で割り当てることも、コードで追加することもできます。You can assign handlers for events as part of the declarations for UI elements in XAML, or you can add the handlers in code. Windows ランタイムはルーティング イベントをサポートしており、特定の入力イベントとデータ イベントを、その発生元オブジェクト以外のオブジェクトで処理できます。Windows Runtime supports routed events: certain input events and data events can be handled by objects beyond the object that fired the event. ルーティング イベントは、コントロール テンプレートを定義する際や、ページまたはレイアウト コンテナーを使う際に役立ちます。Routed events are useful when you define control templates, or use pages or layout containers.
WPF および Windows フォーム アプリケーションで UWP コントロールをホストするHost UWP controls in WPF and Windows Forms applications UWP XAML コントロールを使用して、Windows フォームまたは Windows デスクトップ アプリケーションの UI を強化する方法について説明します。Explains how to use UWP XAML controls to enhance the UI of a Windows Forms or WPF desktop application.