x:FieldModifier 属性x:FieldModifier attribute

XAML コンパイルの動作を変更して、名前付きオブジェクトの参照のフィールドが、既定のプライベートの動作ではなくパブリック アクセスとして定義されるようにします。Modifies XAML compilation behavior, such that fields for named object references are defined with public access rather than the private default behavior.

XAML 属性の使用方法XAML attribute usage

<object x:FieldModifier="public".../>

依存関係Dependencies

x:Name attribute は、同じ要素で指定する必要があります。x:Name attribute must also be provided on the same element.

注釈Remarks

x:FieldModifier 属性の値はプログラミング言語によって異なります。The value for the x:FieldModifier attribute will vary by programming language. 有効な値は、privatepublicprotectedinternalfriend です。Valid values are private, public, protected, internal or friend. C#、Microsoft Visual Basic または Visual C コンポーネント拡張 (C +/cli CX)、文字列を与えることができます"public"または「パブリック」の値パーサーは、この属性値の大文字と小文字を強制しません。For C#, Microsoft Visual Basic or Visual C++ component extensions (C++/CX), you can give the string value "public" or "Public"; the parser doesn't enforce case on this attribute value.

既定値は Private アクセスです。Private access is the default.

x:FieldModifier は、x:Name 属性を含む要素にのみ関係します。なぜなら、この名前はパブリックであるときにのみフィールドを参照するために使われるためです。x:FieldModifier is only relevant for elements with an x:Name attribute, because that name is used to reference the field once it is public.

  Windows ランタイムの XAML をサポートしていないX:classmodifierまたはX:subclassします。Note  Windows Runtime XAML doesn't support x:ClassModifier or x:Subclass.