スケーリングを無効にする方法How to turn off scaling

アプリケーションは既定で、XAML アプリの場合は 200% に、HTML アプリの場合は 150% に拡大されます。By default, applications are scaled to 200% for XAML and 150% for HTML apps. また、既定の倍率を無効にすることもできます。It is possible to turn off the default scale factor. これにより、アプリケーションをデバイスの実際のピクセル サイズ (1910 x 1080 ピクセル) で使うことができるようになります。This will cause your application to use the actual pixel dimensions of the device (1910 x 1080 pixels).

HTMLHTML

次のコード スニペットを使って倍率を無効にすることができます。You can opt out of scale factor by using the following code snippet:

var result = Windows.UI.ViewManagement.ApplicationViewScaling.trySetDisableLayoutScaling(true);

また、Web 対応の次の方法を使うこともできます。Or, you can use a web-friendly method:

@media (max-height: 1080px) {   
    @-ms-viewport {   
        height: 1080px;   
    }   
}   

XAMLXAML

次のコード スニペットを使って倍率を無効にすることができます。You can opt out of scale factor by using the following code snippet:

bool result = Windows.UI.ViewManagement.ApplicationViewScaling.TrySetDisableLayoutScaling(true);

DirectX/C++DirectX/C++

DirectX/C++ アプリケーションはスケーリングされません。DirectX/C++ applications are not scaled. 自動スケーリングは、HTML アプリケーションと XAML アプリケーションにのみ適用されます。Automatic scaling only applies to HTML and XAML applications.

関連項目See also