拡張List-Viewスタイル

これらの拡張リスト ビュー コントロール スタイルを使用するには、 LVM_SETEXTENDEDLISTVIEWSTYLE メッセージ、 またはListView_SetExtendedListViewStyle マクロまたは ListView_SetExtendedListViewStyleEx マクロのいずれかを使用します。

常時 説明
LVS_EX_AUTOAUTOARRANGE
Vista 以降Windowsします。 アイコンの位置が設定されていない場合は、アイコンを自動的に配置します (LVS_AUTOARRANGEに似ています)。
LVS_EX_AUTOCHECKSELECT
Vista 以降Windowsします。 シングル クリックでチェック ボックスを自動的に選択します。
LVS_EX_AUTOSIZECOLUMNS
Vista 以降Windowsします。 リストビュー列のサイズを自動的に設定します。
LVS_EX_BORDERSELECT
バージョン 4.71 以降。 項目を強調表示するのではなく、項目を選択したときに罫線の色を変更します。
LVS_EX_CHECKBOXES
バージョン 4.70。 リスト ビュー コントロールの項目のチェック ボックスを有効にします。 このスタイルに設定すると、 コントロールは DrawFrameControl を使用して 2 つのイメージを含む状態イメージ リストを作成および設定します。 状態イメージ 1 はオフのボックスで、状態イメージ 2 はチェック ボックスです。 状態イメージを 0 に設定すると、チェック ボックスが削除されます。
バージョン 6.00 以降 チェック ボックスは表示され、ComCtl32.dll バージョン 6 で導入されたタイル ビュー モードを除くすべてのリスト ビュー モードで機能します。 タイルビューモードでチェックボックスをクリックすると、項目のみが選択されます。状態は変わりません。
ListView_GetCheckStateを使用して、特定のアイテムのチェック ボックスの状態を取得できます。 チェック状態を設定するには、 ListView_SetCheckStateを使用します。 このスタイルを設定すると、ユーザーがチェック ボックスをクリックするか、スペース バーを押したときに、リスト ビュー コントロールによってチェック状態が自動的に切り替わります。
LVS_EX_COLUMNOVERFLOW
ヘッダー項目の完全なセットを表示するのに十分なクライアント幅がない場合は、オーバーフロー ボタンをアイコン/タイル ビューに表示する必要があることを示します。 リスト ビュー コントロールは、オーバーフロー ボタンがクリックされたときにLVN_COLUMNOVERFLOWCLICK通知を送信します。 このフラグは、LVS_EX_HEADERINALLVIEWSも指定されている場合にのみ有効です。
LVS_EX_COLUMNSNAPPOINTS
Vista 以降Windowsします。 ユーザーが列のサイズを変更するときに、列の最小幅にスナップします。
LVS_EX_DOUBLEBUFFER
バージョン 6.00 以降。 二重バッファリングを介してペイントし、ちらつきを軽減します。 この拡張スタイルでは、サポートされているシステムでアルファ ブレンドマーキーを選択することもできます。
LVS_EX_FLATSB
リスト ビューでフラット スクロール バーを有効にします。 リスト ビューのスクロール バーの外観をさらに制御する必要がある場合は、 フラット スクロール バー API を使用して、リスト ビューのスクロール バーを直接操作する必要があります。 システム メトリックが変更された場合は、 FlatSB_SetScrollPropを使用してスクロール バーのメトリックを調整する必要があります。 詳細については、 フラットスクロールバー を参照してください。
LVS_EX_FULLROWSELECT
項目が選択されると、項目とそのすべてのサブ項目が強調表示されます。 このスタイルは、 LVS_REPORT スタイルと組み合わせてのみ使用できます。
LVS_EX_GRIDLINES
項目とサブ項目の周りに枠線を表示します。 このスタイルは、 LVS_REPORT スタイルと組み合わせてのみ使用できます。
LVS_EX_HEADERDRAGDROP
リスト ビュー コントロール内の列のドラッグ アンド ドロップの並べ替えを有効にします。 このスタイルは、 LVS_REPORT スタイルを使用するリスト ビュー コントロールでのみ使用できます。
LVS_EX_HEADERINALLVIEWS
Vista 以降Windowsします。 すべてのビュー モードで列ヘッダーを表示します。
LVS_EX_HIDELABELS
バージョン 6.00 以降。 アイコンおよび小さいアイコン ビューでラベルを非表示にします。
LVS_EX_INFOTIP
リスト ビュー コントロールで LVS_EX_INFOTIP スタイルを使用すると、アイテムのヒントを表示する前に、 LVN_GETINFOTIP 通知コードが親ウィンドウに送信されます。
LVS_EX_JUSTIFYCOLUMNS
Vista 以降Windowsします。 アイコンは、ビュー全体を使用する列に並んでいます。
LVS_EX_LABELTIP
リスト ビュー モードで部分的に非表示になっているラベルにヒント テキストがない場合、リスト ビュー コントロールはラベルを展開します。 このスタイルが設定されていない場合、リスト ビュー コントロールは、大きなアイコン モードに対してのみ、部分的に非表示のラベルを展開します。
LVS_EX_MULTIWORKAREAS
リスト ビュー コントロールに LVS_AUTOARRANGE スタイルがある場合、コントロールは、1 つまたは複数の作業領域が定義されるまでアイコンを自動的に調整しません ( LVM_SETWORKAREASを参照)。 有効にするには、作業領域が定義され、項目がコントロールに追加される前に、このスタイルを設定する必要があります。
LVS_EX_ONECLICKACTIVATE
リスト ビュー コントロールは、ユーザーがアイテムをクリックしたときに 、LVN_ITEMACTIVATE 通知コードを親ウィンドウに送信します。 このスタイルでは、リスト ビュー コントロールでの ホット トラッキング も有効になります。 ホット トラッキングとは、カーソルが項目の上に移動すると強調表示されますが、選択されていないことを意味します。 アイテムのアクティブ化の詳細については、「拡張List-View スタイルの解説」セクションを参照してください。
LVS_EX_REGIONAL
バージョン 4.71 からバージョン 5.80 のみ。 Windows Vista 以降ではサポートされていません。 SetWindowRgn を使用して、項目アイコンとテキストのみを含むようにリスト ビュー ウィンドウ領域を設定します。 項目の一部ではない領域は、ウィンドウ領域から除外されます。 このスタイルは、 LVS_ICON スタイルを使用するリスト ビュー コントロールでのみ使用できます。
LVS_EX_SIMPLESELECT
バージョン 6.00 以降。 アイコン ビューで、コントロールの状態イメージを大きなアイコン レンダリングの右上に移動します。 アイコン ビュー以外のビューでは、変更はありません。 ユーザーがスペース バーを使用して状態を変更すると、選択したすべての項目が、フォーカスのある項目ではなく循環します。
LVS_EX_SINGLEROW
バージョン 6.00 以降。 使用されていません。
LVS_EX_SNAPTOGRID
バージョン 6.00 以降。 アイコン ビューでは、アイコンがグリッドに自動的にスナップされます。
LVS_EX_SUBITEMIMAGES
サブ項目の画像を表示できます。 このスタイルは、 LVS_REPORT スタイルと組み合わせてのみ使用できます。
LVS_EX_TRACKSELECT
リスト ビュー コントロールでホット トラックの選択を有効にします。 ホット トラックの選択とは、カーソルがアイテムの上に一定期間残っている場合に、項目が自動的に選択されることを意味します。 遅延は、 LVM_SETHOVERTIME メッセージを含む既定のシステム設定から変更できます。 このスタイルは、リスト ビュー コントロールのすべてのスタイルに適用されます。 SystemParametersInfo を呼び出すことで、ホット トラックの選択が有効になっているかどうかを確認できます。
LVS_EX_TRANSPARENTBKGND
Vista 以降Windows。 背景は、 WM_PRINTCLIENTを介して親によって描画されます。
LVS_EX_TRANSPARENTSHADOWTEXT
Vista 以降Windows。 透明な背景でのみ影のテキストを有効にします。
LVS_EX_TWOCLICKACTIVATE
リスト ビュー コントロールは、ユーザーが項目をダブルクリックしたときに、 LVN_ITEMACTIVATE 通知コードを親ウィンドウに送信します。 このスタイルでは、リスト ビュー コントロールでの ホット トラッキング も有効になります。 ホット トラッキングとは、カーソルが項目の上に移動したときに強調表示されているが選択されていないことを意味します。 項目のアクティブ化については、「拡張List-Viewスタイル解説」セクションを参照してください。
LVS_EX_UNDERLINECOLD
アクティブ化される可能性があるホットでない項目を下線付きのテキストで表示します。 このスタイルでは、 LVS_EX_TWOCLICKACTIVATE も設定する必要があります。 項目のアクティブ化については、「拡張List-Viewスタイル解説」セクションを参照してください。
LVS_EX_UNDERLINEHOT
アクティブ化される可能性があるホットアイテムを下線付きのテキストで表示します。 このスタイルでは、 LVS_EX_ONECLICKACTIVATE または LVS_EX_TWOCLICKACTIVATE も設定する必要があります。 項目のアクティブ化については、「拡張List-Viewスタイル解説」セクションを参照してください。

解説

Note

Comctl32.dllバージョン 6 は再頒布可能ではありませんが、Windowsに含まれています。 バージョン 6 Comctl32.dll使用するには、マニフェストで指定します。 マニフェストの詳細については、「 Visual スタイルの有効化」を参照してください。

項目の上にマウスポインターを置くと、項目が ホット になります。 ホットトラッキングが有効になっている場合、ホットアイテムは強調表示されますが、ユーザーはアイテムを少なくとも1回クリックして選択する必要があります。 項目をアクティブにすると、リスト ビュー コントロールはLVN_ITEMACTIVATE通知を送信します。 項目が 1 回のクリックで 選択 される状態の場合は、項目を選択できます。

LVS_EX_ONECLICKACTIVATE スタイルが設定されている場合、項目を選択するには 1 回のクリックのみが必要であるため、すべての項目を選択できます。 LVS_EX_TWOCLICKACTIVATE スタイルが設定されている場合、項目を選択するには 2 回クリックする必要があります。 このスタイルでは、項目を 1 回クリックした後にのみ選択できます。

LVS_EX_UNDERLINEHOTスタイルを設定すると、選択できるホットアイテムのテキストに下線が引きます。 LVS_EX_UNDERLINECOLDスタイルを設定すると、ホットではないが選択されている項目のテキストに下線が引きます。

要件

要件
ヘッダー
CommCtrl.h

関連項目

拡張List-View スタイル