Active Directory Domain Services

目的

Microsoft Active Directory Domain Services は、ドメインコントローラーを使用する Windows 2000 Server、Windows Server 2003、および Microsoft Windows Server 2008 オペレーティングシステム上に構築された分散ネットワークの基盤です。 Active Directory Domain Services は、ユーザー、コンピューター、プリンター、サービスなどのネットワーク内のオブジェクトに対して、セキュリティで保護された構造化された階層型のデータ記憶域を提供します。 これらのオブジェクトを検索して操作するためのサポートを提供 Active Directory Domain Services。

このガイドでは、サービス公開などのより高度なタスクに対するオブジェクトの検索やプロパティの読み取りなど、基本的なタスクの Active Directory Domain Services とサンプルコードの概要について説明します。

Windows 2000 Server 以降のオペレーティングシステムでは、ユーザーと管理者が Active Directory Domain Services のオブジェクトとデータを操作するためのユーザーインターフェイスを提供しています。 このガイドでは、そのユーザーインターフェイスを拡張およびカスタマイズする方法について説明します。 また、新しいオブジェクトクラスと属性を定義して Active Directory Domain Services を拡張する方法についても説明します。

注意

次のドキュメントは、コンピュータープログラマを対象としています。 印刷エラーまたはホームネットワークの問題をデバッグしようとしているエンドユーザーの場合は、 Microsoft コミュニティフォーラムを参照してください。

 

該当する場合

ネットワーク管理者は、ユーザーとグループの追加、プリンターの管理、ネットワークリソースへのアクセス許可の設定など、一般的な管理タスクを自動化するために Active Directory Domain Services にアクセスするスクリプトとアプリケーションを作成します。

独立系ソフトウェアベンダーやエンドユーザーの開発者は、Active Directory Domain Services プログラミングを使用して、製品とアプリケーションをディレクトリ対応にすることができます。 サービスは Active Directory Domain Services で自身を公開できます。クライアントは Active Directory Domain Services を使用してサービスを検索することができ、どちらも Active Directory Domain Services を使用してネットワーク上の他のオブジェクトを検索して操作できます。

対象となる開発者

Active Directory Domain Services のデータにアクセスするアプリケーションは、 Active Directory サービスインターフェイス Api、 ライトウェイトディレクトリアクセスプロトコル Api、または system.directoryservices 名前空間を使用して書き込むことができます。

実行時の要件

Active Directory Domain Services、Windows 2000 以降のドメインコントローラーで実行されます。 ただし、クライアントアプリケーションは、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP、Windows 2000、Windows NT 4.0、Windows 98、および Windows 95 で作成および実行することができます。

このセクションの内容

Active Directory Domain Services について

Active Directory Domain Services に関する一般情報。

Active Directory Domain Services の使用

Active Directory Domain Services プログラミングガイド」を参照してください。

Active Directory Domain Services リファレンス

Active Directory Domain Services プログラミングリファレンス。