ADSI WinNT プロバイダーADSI WinNT Provider

Microsoft ADSI プロバイダーは、さまざまな ADSI インターフェイスをサポートする一連の ADSI オブジェクトを実装しています。The Microsoft ADSI provider implements a set of ADSI objects to support various ADSI interfaces. Windows プロバイダーの名前空間の名前は "WinNT" であり、このプロバイダーは一般に WinNT プロバイダーと呼ばれます。The namespace name for the Windows provider is "WinNT" and this provider is commonly referred to as the WinNT provider. Winnt プロバイダーにアクセスするには、winnt AdsPathを使用して、 winnt の任意の ADSI オブジェクトにバインドします。To access the WinNT provider, bind to any of the ADSI objects of WinNT, using the WinNT AdsPath.

WinNT プロバイダーは、Windows および Windows Server の ADSI システムコンポーネントに含まれています。The WinNT provider is included in the ADSI system component for Windows and Windows Server.

注意

既定の WinNT プロバイダーは、完全にスレッドセーフであると見なすことはできません。The default WinNT provider cannot be assumed to be completely thread-safe. マルチスレッドアプリケーションのライターは、セマフォ、ミューテックス、クリティカルセクションなどの同期オブジェクトを適切に使用することで、スレッド間のアクセスを適切に調整するためにマルチスレッド処理を行う必要があります。Writers of multithreaded applications should handle multithreading to properly coordinate any access between threads through the proper use of synchronization objects such as semaphores, mutexes, critical sections, and so on.