ADSI スキーマの使用

スキーマは、ディレクトリに格納されているオブジェクトの universe を定義します。 Active Directory では、スキーマは、ディレクトリサービスオブジェクトが持つことができる属性または必要な属性を指定します。 また、属性の値の範囲と構文、および1つまたは複数の値をサポートするかどうかも指定します。 つまり、スキーマはクラス定義、属性定義、および属性構文によって整理されています。 ADSI には、属性、クラス、および構文データをスキーマから読み取るためのインターフェイスとして、 IADsClassIADsProperty、および IADsSyntaxの3つのインターフェイスが用意されています。

Active Directory では、スキーマオブジェクトのセットを使用して、動的に拡張可能なスキーマ管理を提供します。 不明なオブジェクトの詳細については、関連付けられているスキーマオブジェクトを参照してください。 新しいクラス定義を作成したり、既存のクラス定義を拡張したりするには、適切なスキーマオブジェクトを作成または拡張します。 スキーマオブジェクトは、指定されたディレクトリのスキーマコンテナーに編成されます。 オブジェクトスキーマクラスにアクセスするには、オブジェクトの IADs プロパティを使用して ADsPath 文字列を取得し、その文字列を使用してオブジェクトスキーマクラスの IADsClass インターフェイスにバインドします。

属性の定義 (つまり、値の範囲、構文など) を確認するには、ディレクトリサービスオブジェクトでサポートされている各プロパティのスキーマ属性オブジェクトを調べます。 スキーマ属性オブジェクトにアクセスする方法の詳細については、「 IADsProperty」を参照してください。

ADSI は必要に応じて構文データを抽象化し、 IADsSyntax を使用して、オブジェクトデータを表すために必要な構文を識別できます。

Active Directory スキーマの詳細については、「 Active Directory スキーマ」を参照してください。 を使用してスキーマコンテナーを読み取るコード例については、「 スキーマの読み取り」を参照してください。