SIS リンクと再解析ポイント

SIS は、重複するファイルを、1 つのバッキング ファイルを指すコピーオンライト リンク (SIS リンクと呼ばれます) に置き換える NTFS フィルター ドライバーであり、これらのファイルのディスクとキャッシュのオーバーヘッドを削減します。 このバッキング ファイルは、 共通ストアに含まれています。 SIS アーキテクチャの実装では、SIS リンクに関する情報を含む 再解析ポイント を使用します。

SIS リンクはスパース ファイルとして実装されます。通常は、ほとんどの範囲のファイルが未割り当てで、再解析ポイントが使用されます。 再解析ポイントの構造と内容は、バックアップおよび復元アプリケーションに対して不透明です。ただし、アプリケーションは、これらの再解析ポイント内のデータを、その中の情報を処理する SIS API 関数との間で送受信します。 再解析ポイントの情報は、実際のファイル データを含む単一のバッキング ファイルを参照します。 このバッキング ファイルは 共通ストア ファイルと呼ばれ、共通ストアに存在します。

SIS リンクを復元するときは、復元アプリケーションで次の手順を実行する必要があります。

  1. SIS リンクが指す共通ストア ファイルを決定します。
  2. ファイルまたはファイルが共通ストアに存在しない場合は、SIS リンクと共にファイルを復元します。
  3. SIS リンクがディスク上に存在する共通ストア ファイルを指している場合は、SIS リンクのみを復元します。 共通ストア ファイル内のデータは変更されないので、特定の共通ストア ファイルが復元時にディスク上に残っている場合は、バックアップ時と同じ内容を持ち、上書きする必要はありません。

SIS 支援バックアップに必要な追加のオーバーヘッドは、バックアップ アプリケーションが SIS リンクとバッキング ファイルに関連付けられているデータをバックアップする必要があるということです。 SIS のバックアップ操作と復元操作はすべて、特定のボリュームに対してローカルです。