変換 (Java に)

Microsoft Visual J++ development system for Java には、java 構文、Java タイプライブラリウィザード、および JActiveX コマンドラインツールで COM オブジェクトのタイプライブラリ情報を生成するために使用できる2つのツールが用意されています。 これらのツールのいずれかを使用して、COM オブジェクトの Java クラスファイルを生成できます。

Visual J++ バージョン6.0 では、JActiveX ツールによって JavaTLB コマンドラインツールが置き換えられます。 詳細については、Visual J++ のドキュメントを参照してください。

Visual J++ 以外の Java 開発環境を使用している場合、COM 変換ツールについては、その製品のドキュメントを参照してください。

コンポーネントのクラスファイルを生成したら、 import ステートメントを使用して、コンポーネントクラスを Java アプリケーションに追加できます。

その後、Java アプリケーションでオブジェクトのクラスを作成して使用できます。 Java import ステートメントの詳細については、java プログラミング言語のリファレンスを参照してください。

詳細については、次のトピックを参照してください。

変換 (C++ に)

変換 (Visual Basic に)