EM _ SETAUTOCORRECTPROC メッセージ

現在のオートコレクトのコールバックプロシージャを定義します。

#define EM_SETAUTOCORRECTPROC       (WM_USER + 234)

パラメーター

wParam

AutoCorrectProc callback 関数。

lParam

使用しません。0にする必要があります

戻り値

操作が成功した場合、戻り値は0です。 操作が失敗した場合、戻り値は0以外の値になります。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 8 [デスクトップアプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2012 [デスクトップアプリのみ]
ヘッダー
Richedit. h

関連項目

AutoCorrectProc

EM _ CALLAUTOCORRECTPROC

EM _ GETAUTOCORRECTPROC