メッセージのEM_STOPGROUPTYPING

現在の元に戻す操作に追加の入力操作を収集しないように、リッチ エディット コントロールを停止します。 コントロールは、次の入力操作 (ある場合) を元に戻すキューの新しいアクションに格納します。

パラメーター

wParam

使用されていません。は 0 にする必要があります。

lParam

使用されていません。は 0 にする必要があります。

戻り値

戻り値は 0 です。 このメッセージは失敗できません。

注釈

リッチ エディット コントロールは、 BackSpace キーを使用して削除された文字を含む連続した入力操作を、次のいずれかのイベントが発生するまで 1 つの元に戻すアクションにグループ化します。

  • コントロールは 、EM_STOPGROUPTYPING メッセージを受信します。
  • コントロールがフォーカスを失います。
  • ユーザーは、矢印キーを使用するか、マウスをクリックして、現在の選択範囲を移動します。
  • ユーザーが Delete キーを押します。
  • ユーザーは、入力を伴 わない 貼り付け操作など、他の操作を実行します。

EM_STOPGROUPTYPING メッセージを送信すると、連続する入力操作を小さな元に戻すグループに分割できます。 たとえば、各文字の後、または単語区切 りごとにEM_STOPGROUPTYPING を送信できます。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2003 [デスクトップ アプリのみ]
Header
Richedit.h

こちらもご覧ください

EM_UNDO