バルーン ヒントを実装する方法

バルーン ツールヒントは標準のツールヒントに似ていますが、ツールを指すステインが付く、テキストスタイルの "バルーン" に表示されます。 バルーン ツールヒントは、単一行または複数行のいずれかです。 これらは、標準のヒントと同じ方法で作成および処理されます。

次の図に、ステインと四角形の既定の位置を示します。 ツールが画面の上部に近すぎると、ツールの四角形の下と右側にツールヒントが表示されます。 ツールが画面の右側に近すぎる場合は、同様の原則が適用されますが、ツールの四角形の左側にツールヒントが表示されます。

ダイアログ ボックスのスクリーン ショット。1 行のテキストを含むバルーン ヒントがターゲットの上と右側に表示されます

ツールヒント TOOLINFO 構造体の uFlags メンバーで TTF _ CENTERTIP フラグを設定することで、既定の配置 を変更できます。 その場合、通常、ステインはツールの四角形の下端の中心を示し、テキスト四角形はツールの直下に表示されます。 上端の中央にあるテキスト四角形に、ステ"が付きます。 ツールが画面の下部に近すぎる場合は、テキスト四角形がツールの中央に表示され、下端の中央に幹がアタッチされます。

次の図は、ツールの中央に配置されたヒントを示しています。

ダイアログ ボックスのスクリーン ショット。1 行のテキストを含むバルーン ヒントがターゲットの中央に表示されます

ステインポイントの場所を指定する場合は、ツールヒント TOOLINFO 構造体の uFlags メンバーに TTF _ TRACK フラグ を設定します。 次に 、lParam 値に x 座標と y 座標を含む TTM _ TRACKPOSITIONメッセージを送信して座標を指定します。 TTF _ CENTERTIP も 設定されている場合、ステm は引き続き TTM TRACKPOSITION メッセージで指定 された位置 _ をポイント します。

知っておくべきこと

テクノロジ

前提条件

  • C/C++
  • Windowsユーザー インターフェイス プログラミング

Instructions

バルーン ヒントを実装する

次のコード例では 、TTS _ BALLOON ツールヒント コントロール スタイルを使用して、中央のバルーン ヒントを実装する方法を示します。

hwndToolTips = CreateWindow(TOOLTIPS_CLASS, NULL, 
                            WS_POPUP | TTS_NOPREFIX | TTS_BALLOON, 
                            0, 0, 0, 0, NULL, NULL, g_hinst, NULL);

if (hwndTooltip)
{
    TOOLINFO ti;

    ti.cbSize   = sizeof(ti);
    ti.uFlags   = TTF_TRANSPARENT | TTF_CENTERTIP;
    ti.hwnd     = hwnd;
    ti.uId      = 0;
    ti.hinst    = NULL;
    ti.lpszText = LPSTR_TEXTCALLBACK;

    GetClientRect(hwnd, &ti.rect);

    SendMessage(hwndToolTips, TTM_ADDTOOL, 0, (LPARAM) &ti );

}
            

ツールヒント コントロールの使用

ヒントのスタイル