ステータスバーのアイコンのヒントを実装する方法

ステータスバーのアイコンの説明メッセージを表示する非破壊的な方法は、ツールヒントを実装することです。 クリックするとツールヒントが表示されなくなりますが、タイムアウト値を指定することもできます。

知っておくべきこと

テクノロジ

[前提条件]

  • C/C++
  • Windowsユーザーインターフェイスのプログラミング

Instructions

ステータスバーのアイコンにツールヒントを実装する

次のコードフラグメントは、ステータスバーのアイコンにバルーンヒントを追加する方法を示しています。

#define ARRAYSIZE(a) (sizeof(a)/sizeof(a[0]))

NOTIFYICONDATA IconData = {0};

IconData.cbSize = sizeof(IconData);
IconData.hWnd   = hwndNI;
IconData.uFlags = NIF_INFO;

HRESULT hr = StringCchCopy(IconData.szInfo, 
                           ARRAYSIZE(IconData.szInfo), 
                           TEXT("Your message text goes here."));

if(FAILED(hr))
{
  // TODO: Write an error handler in case the call to StringCchCopy fails.
}
IconData.uTimeout = 15000; // in milliseconds

Shell_NotifyIcon(NIM_MODIFY, &IconData);
            

Remarks

ステータスバーの詳細については、 タスクバーの「」を参照してください。

バルーンヒントを表示するには、 _ Notifyicondata 構造体に n 情報フラグを設定し、 szinfo および uTimeout メンバーを使用して、ツールヒントのテキストとタイムアウト期間を指定する必要があります。

ツールヒントコントロールの使用