WM_CHARTOITEM メッセージ

WM_CHAR メッセージに応答して、LBS_WANTKEYBOARDINPUT スタイルを持つリスト ボックスによって所有者に送信されます。

WM_CHARTOITEM

    WPARAM wParam;
    LPARAM lParam; 

パラメーター

wParam

LOWORD は、ユーザーが押したキーの文字コードを指定します。 HIWORD はキャレットの現在位置を指定します。

lParam

リスト ボックスへのハンドル。

戻り値

戻り値は、メッセージに応答してアプリケーションが実行したアクションを指定します。 戻り値 -1 または -2 は、アプリケーションが項目の選択のすべての側面を処理し、リスト ボックスによるそれ以上のアクションは必要ないことを示します。 戻り値 0 以上は、リスト ボックス内の項目の 0 から始まるインデックスを指定し、リスト ボックスが指定した項目に対してキーストロークの既定のアクションを実行する必要があることを示します。

解説

DefWindowProc 関数は -1 を返します。

このメッセージを受信できるのは、 LBS_HASSTRINGS スタイルを持たない所有者が描画したリスト ボックスのみです。

ダイアログ ボックス プロシージャがこのメッセージを処理する場合は、目的の戻り値を BOOL にキャストし、値を直接返す必要があります。 SetWindowLong 関数によって設定されたDWL_MSGRESULT値は無視されます。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2003 [デスクトップ アプリのみ]
Header
Winuser.h (Windows.h を含む)

関連項目

参照

WM_VKEYTOITEM

その他のリソース

DefWindowProc

HIWORD

LOWORD

WM_CHAR