Visual Basicで記述されたデバッグ コンポーネント

特定のシナリオでデバッグに Microsoft Visual Basic 6.0 開発環境を使用できます。 デバッグにVisual Basicを使用すると、プログラマVisual Basic使い慣れたツールにアクセスできます。 一方、デバッグ中Visual BasicコンポーネントはVisual Basic環境のプロセス内で実行されるため、Microsoft Visual C++開発環境を使用してコンパイルした後でコンポーネントをデバッグする必要がある場合があります。

Visual Basic統合開発環境 (IDE) 内でのデバッグの詳細については、「Visual Basic IDE でのデバッグ」を参照してください。 Visual C++ 開発環境を使用してコンパイルした後のVisual Basic コンポーネントのデバッグの詳細については、「コンパイル済みVisual Basic コンポーネントのデバッグ」を参照してください。

また、VISUAL BASIC環境を使用して MTS を使用してコンポーネントをデバッグする場合に関連するいくつかの制限事項が COM+ で解決されました。 詳細については、「COM+ Visual Basic デバッグ サポートと MTS の比較」を参照してください。

注意

COM+ と同じコンピューターでVisual Basicを既に使用している場合は、Visual Basic環境で使用できる Component Services アドインに気付いた可能性があります。 もともと MTS では、この機能は COM+ アプリケーションでコンポーネントを再コンパイルするたびにレジストリを更新するように設計されていました。 ただし、Microsoft Windows レジストリと COM+ 登録データベースの相互作用の性質上、一部の設定が完全に更新されない場合があります。 したがって、このアドインで使用できるコマンドを使用する代わりに、再コンパイル後にコンポーネントを削除して再インストールして設定を更新する必要があります。

 

Visual C++ で記述されたデバッグ コンポーネント