DbgHelp 関数

DbgHelp 関数を次に示します。

全般

一般的なヘルパー関数を次に示します。

EnumDirTree
ImagehlpApiVersion
ImagehlpApiVersionEx
MakeSureDirectoryPathExists
SearchTreeForFile

デバッガー

デバッグ サービス関数は、デバッガーまたはアプリケーションのデバッグ コードで使用するために最も適した関数です。 これらの関数は、シンボル ハンドラー関数と一緒に使用して、使いやすくすることができます。

EnumerateLoadedModules64
EnumerateLoadedModulesEx
FindDebugInfoFile
FindDebugInfoFileEx
FindExecutableImage
FindExecutableImageEx
StackWalk64
SymSetParentWindow
UnDecorateSymbolName

イメージ アクセス

イメージ アクセス関数は、実行可能イメージ内のデータにアクセスします。 関数は、画像のベースへの高レベルのアクセスと、画像のデータの最も一般的な部分への非常に具体的なアクセスを提供します。

GetTimestampForLoadedLibrary
ImageDirectoryEntryToData
ImageDirectoryEntryToDataEx
ImageNtHeader
ImageRvaToSection
ImageRvaToVa

シンボル ハンドラー

シンボル ハンドラー関数を 使用すると、アプリケーションはイメージのシンボリック デバッグ情報に簡単に移植できます。 これらの関数は、シンボリック情報へのアクセスを確保するために排他的に使用する必要があります。 これらの関数はシンボル形式からアプリケーションを分離するために必要です。

SymAddSourceStream
SymAddSymbol
SymCleanup
SymDeleteSymbol
SymEnumerateModules64
SymEnumLines
SymEnumProcesses
SymEnumSourceFiles
SymEnumSourceLines
SymEnumSymbols
SymEnumSymbolsForAddr
SymEnumTypes
SymEnumTypesByName
SymFindDebugInfoFile
SymFindExecutableImage
SymFindFileInPath
SymFromAddr
SymFromIndex
SymFromName
SymFromToken
SymFunctionTableAccess64
SymGetFileLineOffsets64
SymGetHomeDirectory
SymGetLineFromAddr64
SymGetLineFromName64
SymGetLineNext64
SymGetLinePrev64
SymGetModuleBase64
SymGetModuleInfo64
SymGetOmaps
SymGetOptions
SymGetScope
SymGetSearchPath
SymGetSymbolFile
SymGetTypeFromName
SymGetTypeInfo
SymGetTypeInfoEx
SymInitialize
SymLoadModule64
SymLoadModuleEx
SymMatchFileName
SymMatchString
SymNext
SymPrev
SymRefreshModuleList
SymRegisterCallback64
SymRegisterFunctionEntryCallback64
SymSearch
SymSetContext
SymSetHomeDirectory
SymSetOptions
SymSetScopeFromAddr
SymSetScopeFromIndex
SymSetSearchPath
SymUnDName64
SymUnloadModule64

シンボル サーバー

シンボル サーバーを使用 すると、デバッガーは、製品名、リリース、またはビルド番号を使用せずに、正しいシンボル ファイルを自動的に取得できます。 シンボル サーバーでは、次の関数が使用されます。

SymSrvDeltaName
SymSrvGetFileIndexes
SymSrvGetFileIndexInfo
SymSrvGetFileIndexString
SymSrvGetSupplement
SymSrvIsStore
SymSrvStoreFile
SymSrvStoreSupplement

ユーザーモードミニダンプファイル

ミニダンプ関数は、アプリケーションがプロセスコンテキスト全体の有用なサブセットを含むクラッシュダンプファイルを生成する方法を提供します。これは ミニダンプファイルと呼ばれます。 ミニダンプファイルでは、次の関数が使用されます。

MiniDumpCallback
MiniDumpReadDumpStream
MiniDumpWriteDump

[同期元サーバー]

ソースサーバー を使用すると、クライアントは、アプリケーションのビルドに使用されたソースファイルの正確なバージョンを取得できます。 次の関数は、ソースサーバーで使用されます。

廃止された関数

MapDebugInformation
SymEnumerateSymbols64
SymGetSymFromAddr64
SymGetSymFromName64
SymGetSymNext64
SymGetSymPrev64
UnMapDebugInformation