ミニダンプファイル

アプリケーションでは、クラッシュダンプファイルに含まれる情報の便利なサブセットを含むユーザーモードミニダンプファイルを生成できます。 アプリケーションは、非常に高速かつ効率的にミニダンプファイルを作成できます。 ミニダンプファイルは小さいため、インターネットを介してアプリケーションのテクニカルサポートに簡単に送信できます。

ミニダンプファイルには、完全なクラッシュダンプファイルほど多くの情報が含まれていませんが、基本的なデバッグ操作を実行するのに十分な情報が含まれています。 ミニダンプファイルを読み取るには、バイナリファイルとシンボルファイルをデバッガーで使用できるようにする必要があります。

現在のバージョンの Microsoft Office と Microsoft Windows、お客様のコンピューターの障害を分析するためにミニダンプファイルを作成します。

ミニダンプファイルでは、次の DbgHelp 関数が使用されます。

MiniDumpCallback
MiniDumpReadDumpStream
MiniDumpWriteDump